lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

新規オープンのデザイナーズホテル「amba台北中山」へチェックイン!

2015/10/04

IMG_2705

今回の台北取材旅行の宿泊先としてお世話になる「amba台北中山(台北中山意舍酒店)」は、
台北の中心地である中山エリアにあります。
街路樹茂る中山北路に沿って、周囲は現代的なオフィスビルやお洒落なショップが立ち並び、
文化的な空気を体感しながらの散策を楽しむことができ、賑わいを見せる街中です。
また、MRTの中山駅(ジョンシャンジャン)まで徒歩約5分。
台北当代芸術館、西門町、台北101、台北世界貿易センターなどへのアクセスも便利なロケーションにあります♪

IMG_2710

この中山エリアは文化の発信地で、至るところにマルチ&クリエイティブな生活の空気が溢れています。
台北当代芸術館、光點台北電影院などアート関連のスポットのほか、
蘑菇咖啡中山本店、田園城市生活風格書店、光點珈琲時光といったお洒落なショップや個性的なレストランも点在。
自然、歴史、アート、文化、音楽、グルメなどが創り出す幸福感が満喫できるエリアです。
AMBASSADOR Taipei アンバサダーホテル台北」前の「國賓飯店」と書かれたバス停で下車し、南下すると、
煌びやかな「GUCCI」の見える大きな交差点に差し掛かります。
横断歩道を渡り、左折し戻る形で北上すると数m先にホテルが見えてきます。
中央分離帯があるため、徒歩の方はこのような経路となります。

IMG_2721
国賓大飯店アンバサダーグループのセカンドブランドとして誕生した新しいホテル「amba アンバー」。
2015年5月には、1970年代の古いオフィスビルをリノベーションさせ「amba台北中山(台北中山意舍酒店)」をオープン!
設計は、エコ建築で有名なデザイナー・郭英釗が担当しています。
中山より先に、2012年にオープンした「amba台北西門町(台北西門町意舍酒店)」同様に
エコ、ハイテク、創作」を3大コンセプトにし、
これまでの伝統的なホテルとは違った概念の新しいホテルとして誕生。

1962年に台北に、台湾で初めて国際基準のデラックスホテルを創設したアンバサダーホテルグループは、
創立50週年を祝し、アンバサダーホテルは「」という温かなコンセプトを基に、社会に対する関心を広げ、
台北、新竹、高雄の3館で様々な地域活動を行い、新たな商品を生み出しています。
時代の最先端を行く建築士、室内設計デザイナー、芸術家、音楽家、バーテンダーなどと共に
エコでクリエイティブな空間を創作、
旅行者に「これまでにない旅&食の体験」をお届けするホテルブランドとして「amba」を2012年に立ち上げています。
amba西門町」は2012年2月23日にオープン。
同年10月に雑誌「Wallpaper*」が「世界で最も優れた新タイプのビジネスホテル」というテーマで
29のホテルを取り上げたとき、「amba」は台湾から唯一選出されました。
こうしてオープンした「amba」は、ビジネスのお客様やシティ派、創作関係の方から高い評価を得ています。

IMG_2779

古いビルに使われていたアルミの窓枠や鉄の窓もリサイクル建材の一部として利用されています。
アルミの窓枠は外した後で、上下左右を切り離し、再び組み合わせることで幾何学模様の芸術的な建材に再生。
お洒落な入口の「amba」の字体もその1つです!
とても1970年代の築40年越えの建物とは思えぬほどの美しい仕上がりとなっています♪

IMG_2716

フロント

入り口正面のフロントは、シンプルでスタイリッシュモダンなスッキリとしたデザインが特徴です。
フロントの壁面には1台のアンティーク自転車がディスプレイされており意味深です!
後程、ホテル見学の際に詳細を記載したいと思います♪

IMG_2723

夜23時30分を回る頃のチェックインではありますが、
日本語が話せるスタッフさんを昼夜共になるべく常駐されるよう心掛けていらっしゃるようで、
言語に困ることなく無事にチェックインを済ますことができました!
ホテル周辺を記したオリジナルマップを参照しながら、周辺のお勧め情報までも丁寧にガイドしてくださるので、
とてもハートフルな対応で大助かりです♪

IMG_2788

チェックインを済まし、宿泊する部屋へ右手のエレベーターで向かいます。
エレベーター入口の壁には、モニターが設置されており、
台北の街並みの背景に巨大な山間から流れる滝の映像アートが映し出されています。
足を留めて目を奪われてしまうほどに美しかったです♪

IMG_2727

フロアーエレベーターホールを抜けた場所は、ラウンジスペースとなっております。
毎階に交流ラウンジがあり、そのラウンジ毎にデザインが異なり、
家具は様々な国々から収集したコレクションをデザイナーの感覚を用いて配置しています。
ホテルを訪れる友人との交流の場として、また、ホテル内での交流の場として、
寛ぎの場を提供しています♪

IMG_2730

今回、お世話になる部屋は3Fの「310」ラージタイプです。
モノトーンのシンプルな造り。
セキュリティは、オートロックでカードキーとなります♪

IMG_2792

それぞれの部屋毎に英語で様々な一言が書かれていました。
わたし達の部屋には、「ENJOY YOUR VACATION(休暇を楽しんでね)」と。
シンプルで無機質な扉のように感じますが、この一言が妙に嬉しく感じました♪
さて、お次は「amba台北中山」の部屋の紹介です♪

amba台北中山(台北中山意舍酒店)amba Taipei Zhongshan
所在地:台湾台北市中山北路二段57-1号
問い合わせTEL:+886 2 2565 2828
予約専用TEL:+886 2 2525 2828
現地フリーダイヤル:0800 88 2828
http://www.amba-hotels.com/jp/zhongshan/

台北市中山北路二段57-1号

amba Taipei Zhongshan Hotel

今だけお得な宿泊キャンペーンを実施中!

とてもスタイリッシュなamba台北中山は宿泊費がリーズナブル!今なら平日限定や、長期連泊、早めの予約などで、さらに宿泊費用が安くなるキャンペーンを実施中です♪ ベストレート保証のamba台北中山公式WEBサイトでの予約はこちらをクリック!



静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「桃園国際空港」へ到着!台湾へ入国し「國光客運」のバスで台北市内へ 「amba台北中山」快適な広さ30㎡を誇るラージルームタイプの部屋紹介
「桃園国際空港」へ到着!台湾へ入国し「國光客運」のバスで台北市内へ
「amba台北中山」快適な広さ30㎡を誇るラージルームタイプの部屋紹介

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます