lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

アリタリア航空でフィウミチーノ空港(ローマ)より国内線に乗り継ぎリナーテ空港(ミラノ)へ

2013/11/20

_RIO0854

フィウミチーノ空港(ローマ)へ無事に19時頃到着し、この日に宿泊予定のホテルがあるリナーテ空港(ミラノ)へ向かうため、航空機の乗り継ぎで国内線乗り場へ移動します。11月初旬のイタリアは、機内の外へ夜に出ても気温は寒くはなく、ストール1枚で程好い状態でした。日本とほぼ気温は変わらないと聞いておりましたが、浜松より風が強くない分、全然暖かく感じます♪

_RIO0857

国内線ターミナルに移動手段として国際線西側サテライトとターミナルを結んでいる無人運行のモノレール「スカイブリッジ」に乗り込みます。一度に大勢の方が利用でき、運行中の音も静かでとても快適なモノレール。揺れが少ないのは、リニアモーターカーのような仕組みをしているからなんだそうです。

_RIO0859

さすがに、このモノレールにはスリはいないと思われますが、海外にいるというだけで身が引き締まる思いで斜め掛けバッグを握り締めていました(笑)

_RIO0860

こちらで手荷物検査です。帽子、上着、ベルト、金属類を外し、他にも国土交通省の指示により底の厚い靴、安全靴、ブーツや金属などの装飾が多い靴などを対象に脱ぐことを要請されます。手荷物かばんの中から携帯やカメラ、iPadなどの電子機器類を出してからカゴの中に入れて通します。そして自身もセキュリティチェックを受けて問題なければ通行可能です。

_RIO0863

そしてローマで入国となります。そのため、パスポートの出入国スタンプはローマのものになります。しかし添乗員さん曰く、イタリア人スタッフはダルイとスタンプを押してくれないこともあるのだそう(驚)これはイタリアだけのことらしいのですが、今回はきちんと押してくれる人で良かったです(笑)

_RIO0864

せっかく空港にいても乗り継ぎ便までの時間に余裕がなく、お買い物をしている暇はありません。最終日のミラノ滞在にかけましょう♪

_RIO0866

空港内には、イタリアに来た!と思わせてくれる素敵なバーカウンターが現れました!美しいミラネーゼ(ミラノ女性)がワイングラスを傾けて白ワインを嗜む姿が素敵ですね♪

_RIO0867

搭乗ゲートB7にてアリタリア航空「AZ2058便」の航空チケットとパスポートを見せてチェックインを済ませます。

_RIO0870

第2次世界大戦後の1947年に設立され、2009年に完全民営化の新会社として生まれ変わったアリタリア航空。ローマのフィウミチーノ空港をハブ空港にしており、機体は国旗の緑、白、赤を基調とし、尾翼には「A」のロゴをデザイン。緑のボディ・ラインが鮮やかです。国内線の「AZ2058便」で、ローマからミラノへ。フィウミチーノ(ローマ)→リナーテ(ミラノ)間のフライト所要時間は、1時間10分。20時半ローマ発なのでミラノ着は21時40分の予定。なぜ直行便ではないのか?という質問に添乗員さんが答えてくれていたのですが、単に「航空券」が安いからだそうです(笑)でも、乗り継ぎやトランジットがあると余分にフライトが楽しめて良いと思ってしまうのはわたし達夫婦だけでしょうか♪

_RIO0871

国内線なので一気に機内は小さくなりますが、ほとんどが日本からのツアー観光客で埋めつくされており、海外気分ゼロです(笑)

_RIO0872

「Cantine Maschio Prosecco Maschio Brut」

ヴェネト州のローリングブドウ畑で栽培プロセッコブドウから作られた古典的なイタリアのスパークリングワイン。フローラルノートと明るい砂糖漬けのフルーツの風味豊かな活気があり、爽やかなワイン。スパークリングワインをオーダーするとこちらが出て来ました♪

_RIO0873

1時間程度のフライトなんて本当にあっという間です。「AZ2058便」は無事にリナーテ空港(ミラノ)に到着しました。

_RIO0875

荷物受取コンベアの前に集合し、各自、自分のスーツケースを受け取ります。ここで添乗員さんが一言発し「スーツケースに損傷がないか確認してください!」とのこと。ツアー旅行で初めて耳にした言葉です。そう、それだけイタリアでは荷物をぞんざいに扱われてしまうということ。スーツケースを放り投げたりすることもあり、中身がバラけてしまうこともあるのだそうです(驚)1ヶ所程度のチョイ傷に関しては免責となってしまうこともありますが、3ヶ所以上などの修復不可能な損傷の場合は、航空会社が保証してくれるケースが多いのでご安心を♪

_RIO0881

ツアー旅行の最大の良いところは、移動手段に困らないことです。リナーテ空港には既にツアーのバスがお迎えに来てくれていたので、スーツケースを預けて乗り込みます。この時点で22時近くとなりますが、空港からおよそ15kmほど離れた場所にある、初日の宿泊先ホテルへ向かいます。次回はミラノのホテルの紹介です♪

Alitalia アリタリア航空
http://www.alitalia.com/jp_ja/

Rome – Fiumicino ローマ・フィウミチーノ空港
別称:Leonardo da Vinci Airport レオナルドダヴィンチ空港
http://www.adr.it/web/languages/japanese

Milano Linate ミラノ・リナーテ空港
http://www.milanolinate.eu/en


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

成田空港よりアリタリア航空のフライトにてローマで乗り継ぎ ミラノ郊外の「THE HUB HOTEL ザ ハブ ホテル」はモダン且つスタイリッシュ
成田空港よりアリタリア航空のフライトにてローマで乗り継ぎ
ミラノ郊外の「THE HUB HOTEL ザ ハブ ホテル」はモダン且つスタイリッシュ

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます