pairing dinner and enjoy the delicacy "aru" hand is French

愛知県豊橋市のJR豊橋駅から徒歩5分圏内の雑居ビル2階に昨年末2017年12月27日に新規オープンされたフランス料理店「aru(アル)」へ! 雑居ビルの階段脇にあるオリーブの木と裸電球が灯す柔らかな光の下にシンプルなサインを施した真鍮の看板が目印となります! 店内のデザイン設計は、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe(ハーグデザイン+ハーグカフェ」が シェフのこだわりを取り入れ手掛けられたとのことでシンプルさの中に柔らかな空気が流れる居心地の良い空間! フロアの様子が伺えるキッチンを右手に配し、With 14 seats and provides 18 seats seats、Sommelierとしてホール経験を経てシェフになられた鈴木 琢 (Takumi Suzuki)さんと奥様の鈴木 彩 (Aya Suzuki)Is it also in the restaurant is run by the Dojo of the Sommelier's wife、Culminating from the open between the foodie、In the shop we married couples also got at least once、既に人気店の仲間入りを果たしております! 前回はランチ訪問でしたがこの日は友人を交えての再訪ディナー! こちらでは、Lunch by appointment only.、And style-only dinner with Chef's choice of incose、So I thankfully staying the driver will、コースに合わせてペアリングワインをオーダー! aruでは、At all times the nearly 700 wine stored in working seller、Japan wines and is about 7 in the、御2人が年月を掛けて収集してきた面白いワインも登場します! 先ずはシャンパーニュ「エドモンドシュルラン カルトノワール」で乾杯! ピノノワール主体となりバランスの取れたエレガントな味わいで清々しさを感じながらスタートです! [aru ” été “"Appetizer plates 3、Fish dishes、Meat dishes、Dessert dish 2、カフェ 5,800円 ①「ズッキーニ サワラ バジル」 サワラは冷やし過ぎると脂の口溶けが悪くなってしまうため、From finished with salt smoked over、Lighten one's face faintly warm, then offer! Source is summer is designed to feel a sense of femininity、Basil in red onion、In a staggered vinegar vinaigrette、Based upon the new garlic olives of Provence and the Zhujiang new town, taste Tapenade served with fresh! Raw Zucchini served with texture accented with color、In the eyes、丁寧な手仕事を感じさせてくれる繊細な前菜! ②「メロン トマト キュウリ」 メロンとトマトの組み合わせを楽しむ頂く一品は鈴木シェフがフランス修行中に「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake Hiroki)Is it the memories was making in the summer when he was working in the food color arrangement of self in addition, provides a rich! Melon mousse-like source the local Earl (mask)-Mellon espuma、A variety of tomato and cucumber、Can serve with Lemon Basil and perilla micro herbs、You can go and eat! Hokkaido large deep-water shrimp, and plus as an element of flavor、果実とは違う甘味を投入することで味に変化を起こし楽しませています! こちらには透明感のある軽やかな瑞々しさと爽やかな味わいが楽しめる「甲斐ワイナリー株式会社」の「かざま甲州シュールリー 2016」を合わせて! ③「フォワグラ プラム メレンゲ」 スペインのフォワグラのポワレに地元のプラムのコンポート、Source jams、Plum syrup、Served with salt meringue。In our fit all、Sour plum and sweet foie gras、1 dish to balance the saltiness of the meringue. By using the short season of plums、日本だからこその季節感を感じてもらえたらと願って作られた一品です! 夏にフォアグラは重いかしら!?という概念をいとも簡単に覆してくれる逸品! こちらには長野の「城戸ワイナリー」の「オータムカラーズ コンコード 2016」のベリー系の優しい甘みとプラムの甘酸っぱさ楽しめ濃厚且つフレッシュなグレープジュースのような味わいと共に楽しみます! ④「イサキ フェンネル オクラ」 魚料理のイサキは、From the skin over high heat, quickly cooked crisp、High-temperature roast in hot oven! The concentrated flavor of the clam broth base、The smoked butter whipped sauce、Effect that intense local herb fennel combined with vinegar or lemon puree with accents! Garnish、Raw red round okra and green quickly blanched okra、Served with zucchini in butter the glass、Dare not just fish、夏野菜の美味しさも楽しませてくれる見事な夏の装いです! 一皿一皿の器にもこだわり愛知県近隣の作家作品を用いられている「aru(アル)」の今回の器も思わず我が家に迎え入れたい子ばかりの品揃えです! こちらには、"Gianmarkubowaiyo Macon village 2014, Burgundy, France。According to grunt took the fat and sauce of smoked bubble、Along with good acidity with barrels of Chardonnay white、Among the fresh sense of condensed、たっぷりとしたボリューム感とまろやかな味わいで余韻を楽しめます! ⑤「みさき牛 トマト トレヴィス」 肉料理は、Aichi Misaki beef Prime roast! High-temperature oven out and take about an hour and a half, slowly baked dish! As part of the body fat also has gotten on、Travis quickly burned a bitter accent、Zhujiang new town of organic tomatoes and dried and ironed with salt and a small amount of broth, thick tomato sauce、Sour accents on the side、At the finish of the stomach does not feel greasy insistently against not knowing! Saladnas of the mouth a rest, will be trying to present! On the beef thin was even and took a variety of meat from broth by、より深みのある旨味を感じさせ楽しませてくれる絶品肉料理! 同じくブルゴーニュ「ジャンマルクボワイヨ ブルゴーニュルージュ 2015」を。With over a youthful Pinot Noir acid、みさき牛の脂を食べやすくなるように! ⑥「スイカ」 地元の黄太郎スイカをソルベにし、Your mouth with! The vivid shades of yellow watermelon、Watermelon was concentrated in flavor and cool feeling.、一気に夏休み気分です! ⑦「新茶 ヨーグルト」 豊橋の無農薬の新茶を用いて、Shizuoka aroma to enjoy fresh ice cream and yogurt sorbet to cool fancy dessert! On the milk powder.、砕いたアーモンドを添えてスッキリしながらコクのある絶品デザートとして楽しみます! ⑧「アポロコーヒーワークスコーヒー」 よく、Is a keyword in our couples discuss the food comes out.、Always seeking "cooking chef's face is visible.、Than、Like、Exactly what、Suzuki chef's dish is diffuse tenderness and compassion for the ingredients of his mind and his cooking itself.、Because of、Its not being impressed by naturally 1 Tray 1 tray、身も心も満たされていきます! 現在、Lunch is often difficult to book,、Night becomes relatively chance! Slowly and with Chef Suzuki and his wife Sporters talk、平日ディナーへ訪れてみてくださいね ! aru(アル) 住所愛知県豊橋市広小路2-28 吉田ビル2F TEL:0532-54-5518 Hours of operation:Lunch 12:00-13:30( L.O )、Dinner 18:00-20:00(L.O) 定休日:Sunday、不定休 http://aru-restaurant.jp/ More from my site「aru」此処でしか味わえない繊細なフレンチは個性的な日本ワインと共に「aru」豊橋にオープン!繊細なフランス料理と日本ワインのマリアージュ「Wine&Cafe夏目」1日1組限定レストランで「ワインと映画」をテーマに忘年会「Wine&Cafe夏目」1日1組限定という贅沢さで味わう料理とワインのマリアージュ「豊橋 寿司 万太郎」三河湾の恵みを厳選した日本酒で食す粋な大将の握る寿司「ネアポリス」真っ赤な薪釜で焼き立て本格ナポリピッツァを豊橋で!