Holiday healing touch and more than 120 species of animals at the Zoo "Hamamatsu Municipal Zoo" great deals!

浜名湖に面した「はままつフラワーパーク」に隣接する”わくわく はまZOO”「浜松市動物園"To!

こちらは1950年に開催された「浜松こども博覧会」の「動物コーナー」をもとに同跡地である浜松城公園内に静岡県内初となる「浜松市動物園」を開園し、And start from about 30 different animal exhibits、1983In "still Hamamatsu flower park" to the next during the transfer、Extend 6 times in the former location of space、Grow a Zoo exhibit animals number commune with more than 120 kinds of animals、Long period of time、浜松市民をはじめ多くの観光客から親しまれている市営動物園となります!

こちらの動物園は「はままつフラワーパーク」の入場料800円に、By using the "set ticket super deals" only adding only 150 yen plus、両園を行き来しながらフルに1日中楽しむことが可能です!
(Note:フラワーパークの入場料は季節毎に異なります)

「はままつフラワーパーク」 内の「水鳥の池」奥が「浜松市動物園」への入口へと続いておりそちらから入場致します!
Also、For the common gate of the Zoo and offers during the Japanese iris garden "a white wisteria.、こちらからの入出も可能です!

広大な敷地内の始まりは、Square of the play where the children can play from the beginning、滑り台や鉄棒などの遊具が設置されています!

緑豊かな園内に植えられた植栽が「キリン」に象られていたりと愛らしいお出迎えが待っています!

園内は動物の種別に㉗ものエリアに分かれており最初に会えるのは①「カンガルー」のエリアとなります!

夜間に行動するカンガルーは日中とても穏やかな顔をしながら群れを成して休息中!時折、While lying down face up, "do you want me? "And even saying laugh is partitioned as reassuring face (lol)

Outside the fence、On the ecology of kangaroos was the brother of the Guide、While showing the photograph Panel had thanks for explaining!
Here, on Saturday.、On Sundays、13 public holidays:30-The Kangaroo feeding what experience is available!

Right forward (3) and the area of the "spider monkey"、池の上に設置された遊具の上を軽快に動き回る「ジェフロイクモザル」に出会えます!

細長い手足や尾をフル活用し、Spider seems hanging on the tree the appearance that is named。And now kept in pairs、Dark hair color is ' toque () "In the、Brown is "Nana ()」です!

その向かいには②「ラマ&エミュー」のエリア!

全長類中ダチョウの次に大きく「飛べない鳥」のエミューですが小さく身を屈めてこちらも休息中!

隣のラマは草食中でしたがわたし達のカメラに気付くとまるで「撮って!撮って!」と言わんばかりに近付いて来てくれました!
顎を突き出し下唇から飛び出した下の歯が何とも言えない顔立ちでカメラに向かって「ニヤリ!」とほくそ笑んでいるかのようにも伺えます!

そのまま進めば床面積816m²の④「フライングゲージ」が現れ放し飼いの鳥たちを間近で鑑賞できます!(※鳥は触れません!)

数種のトキをはじめ鳩やカラフルなオウムに九官鳥カモやオシドリキジ孔雀など様々な鳥たちに出会えます!

Above all、カメラを怖がることなく撮影させてくれたのはふっくらと真ん丸く愛らしい姿の「ジュズカケバト」!
後頸部に数珠をかけたような黒い帯模様があることから「数珠掛鳩(ジュズカケバト)」と名付けられております!

その隣の背高のゲージは⑤「ワシ&タカ」のエリアで鋭い目付きで勇ましい姿が拝めます!

 

カブトムシのマークが描かれた建物は子ども達が大好きな⑥「こんちゅう館」エリア!

館内には世界中の巨大カブトムシやクワガタトンボなど昆虫の標本がズラリと並びます!

蝶に至ってはまるで貝殻のように美しいグラデーションの羽根を持つ妖艶な珍しい蝶なども見られ充実の展示内容です!

二手に分かれる道を右ルートへ進むと㉗「サル山」エリアへ到着!

こちらではニホンザルが飼育されており、Saturday、On Sundays、祝日の15時~は餌やり体験が可能です!

お次は㉖「ツル」のエリアで目の周りが日本の国旗のように真っ赤なマナヅルや真っ白い頭部と風切羽の先は真っ黒と上下対象的な色持ちで全身は青みがかったグレーカラーの美しい羽毛を持つハゴロモヅルが見られます!

㉕「猛獣舎」ではトラとライオンが飼育されており、2019年3月に旭川市の「旭山動物園」から引っ越して来たばかりのアムールトラの「ソーン()3歳」がおりますがまだ浜松の環境には馴染めていないようなので静かに鑑賞するよう注意書きがされています!

その先の広場は㉓「ゾウ広場」となり体重約3000kgもの巨大なアジアゾウの「ハナコ()」に会えます!この日はハナコのお尻しか見れませんでした!(笑)

 

広場の向かいは㉔「オオカミ&クロヒョウ&ユキヒョウ」のエリアです!
Everyone、暑さにぐったりとしている様子!

先へ進むと㉒「カピバラ&ヤマアラシ」エリアへと突入!
柵の無いエリアは撮影しやすいのは勿論のこと運が良ければ近付いて来てくれるため至近距離で観察を楽しめることもあり嬉しい限りです!
のそのそと歩きひょうきんで愛くるしい顔立ちのカピバラにほっこり癒やされます!

その奥には㉑「レッサーパンダ&コツメカワウソ&ミーアキャット」のエリアです!
集団の絆が深いミーアキャットは重なり合って寝ている姿が何とも言えず少し離れたところに居た子は腰を下ろして体育座りをしているように伺えまるで人間のような風体に思わず吹き出してしまいます!

親子で仲良く遊ぶコツメカワウソの愛らしい姿も必見です!

"Let there be、ぬいぐるみなの?」と見紛う程にピクリとも動かなかったレッサーパンダは目を開けたままグッタリとお休みタイムのようです!

⑳「小型サル舎」エリア
この動物園はゴリラをはじめとする霊長類の展示に関しては愛知県犬山市の「日本モンキーセンター」に次ぐ国内最大級の規模とのことで国内飼育では唯一とされる「ゴールデンライオンタマリン」も2頭飼育中!
その名の如くライオンのようなフサフサとした赤毛の鬣がとても綺麗!

子宝に恵まれ3世代に渡り耳にフサフサの白い毛を持つコモンマーモセット「エム()」と「イロハ()」の家族も人気です!

その奥は⑲「ポニー&バイソン」⑱「ロバ」のエリアでポニーは「トニー()」と「チャチャルビー()」の3頭を飼育中!

こちらも土曜、On Sundays、13 public holidays:30-14:00In between the、ポニーと一緒に写真が撮れる撮影会が開かれます!

園内で一番圧倒されたのがキリンの大きさで⑰「ミニサファリ」エリアでダチョウシマウマに続き広々とした草原でキリンが悠々と過ごす姿に釘付けとなり長いこと足を留めておりました!

こちらには 2009年にこの園で生まれた「リョウ()」と、2014年に「京都市動物園」から来た「シウン()」が仲睦まじく一緒に暮らしています!

下り坂を進むと⑭「ミニブタ&イノシシ」エリアとなり雌のニホンイノシシが1頭とポットベリー種の豚「リンカカリン()」を2頭飼育されています!

⑬「クジャク」エリアでは毛並みの美しいマクジャクインドクジャクシロクジャクの姿が見られタイミングが合えば羽根を広げる姿を拝めるかもしれません!

道なりに進み⑫「ヒグマツキノワグマ」エリアへ!
ツキノワグマの「航(ワタル)2017.2.7生("、「華(ハナ)2017.2.7生()」を飼育中!

エゾヒグマの「ゴロー()」はゴロゴロと寝てばかりでしたが「ピリカ()」はとても愛想が良くカメラ前で首を振ったりしなりしなりとまるでダンスするかのように歩く姿を披露してくれました!

⑪「フラミンゴ」エリアではスラッと細長い首と脚を持ち美しく華やかなピンクカラーが目を惹きます!

⑩「ふれあい広場」では、Saturday、On Sundays、祝日13:30-14:15までウサギと触れ合う体験コーナーがありもふもふのウサギを抱っこできたりと子ども達に大人気!

⑧「ホッキョクグマ&アシカ」エリアでは、2016年6月に「大阪天王寺動物園」より母娘で転園してきた「バフィン(母)」と「モモ(娘)」の母娘がおりその下のプールでは快適そうに泳ぎを見せる「ルーシー("、「アンコ()」の2頭を飼育中!

その向かいには⑨「ペンギン」⑦「ビーバー」のエリアとなりフンボルトペンギンがヨチヨチ歩きで和ませてくれています!

⑮「類人猿舎」のエリアではゴリラオランウータンチンパンジーさらにフクロウの様子が伺えます!

2003年3月に「日本モンキーセンター」から来園した「バリ()」が出迎えてくれガラス越しにジッとにらめっこ!
1983年3月に「名古屋市東山動物園」から来園した「ムカ()」はとても神経質なようでこの日は姿が見えませんでした!

共通門付近の最終エリアとなる⑯「サルのアパート」では青黄赤色と派手な顔色のマンドリルや灰色の鬣が凛々しいシシオザル愛らしいリスザルに親子で寄り添い合うワオキツネザルの姿が楽しめます!

共通門を利用し「はままつフラワーパーク」内へと戻ります!
丸1日掛けてゆったりとした時間の中撮影を楽しみ、And natural landscape and rich flowers makutta healed in contact with a number of animals per day、20But the first time in years、Thank you, great date spot!

To get to Hamamatsu City、Enjoy the four seasons ' still Hamamatsu flower park "and"Hamamatsu Municipal Zoo"healing please come visit!

浜松市動物園
Address:Shizuoka, Hamamatsu-Shi, Nishi-Ku, Tateyama-199
TEL:053-487-1122
Entrance fee:410 yen (high school students and older)、Junior high school students: no charge
* Still and Hamamatsu flower park admission ticket is good!
Opening hours:9:00~ 16:30(Admission is 16.:00Until )
Closed::12April 29-12/31
Parking lot:Chapter 1、Chapter 2、Third parking area (fee required:200Yen)
http://www.hamazoo.net/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top