"水市"是水船、"亞得里亞海皇后"、出發前往威尼斯被稱為"下沉城市。

_RIO1394

水の都・ヴェネツィア本島へ向かうには交通事情として市街は自動車の通行が禁止されているので現在は水上バスやフェリーが主流となっていますツアーであらかじめ予約してくれている水上ボート乗り場に到着しましたここから水上ボートで本島に向かいます

_RIO1390

ボート乗り場に到着してもなかなかボートに乗ることができず待機となりました添乗員の杉ちゃんと水上ボートの手配をお願いしてあったアシスタントのダビデくんが何やら怪訝な顔で話し込んでしまっていますダビデくんは携帯片手に困った表情を浮かべていたので不思議に思い杉ちゃんに聞いてみると「ちょっと手配違いがあったようですが心配なさらないでくださいね」と皆を安心させていましたさすがイタリア予約してあったとしてもダブルブッキングなのかはたまた他のトラブルなのかは不明ですがこういったことはたびたび生じるようで杉ちゃんはさほど慌てている様子はなくツアーの皆さんも誰1人としてクレームを言う方もなく大人しく待機していましたこういう瞬間も日本人の温厚さが良く思えますね♪

_RIO1403

ようやくわたし達ツアーが乗れる水上ボートが到着したようです

_RIO1405

水上ボートで向かう街なんてそれだけで心がワクワクするものですね♪

_RIO1423

ボート乗車時間はおよそ20分ほど船上カメラマンの旦那様は撮影に夢中になっていますがわたしは気持ちよい潮風と共に見晴らしの良い景色を堪能させていただきました。現在、ボートの背景に移り込む景色がすでにヴェネツィア本島になります水面ギリギリの様子が見えますでしょうかタイトルでも「沈みゆく街」と記したようにヴェネツィア本島は現在深刻な問題を抱えており街が冠水する現象アクアアルタ(高潮)にさらされているということアクアアルタとは冬になるとアフリカ大陸から吹くシロッコという季節風によりアドリア海の水が北へ押し上げられそれが低気圧や満潮と重なると海面が上昇し街に水を運びその海水により街が冠水ヴェネツィア本島は湿地に造られた水上都市で潮位が高くなると地下に浸透した海水が下から逆流してしまいますさらに近隣工業地帯が地下水の汲み上げを行ったため地盤沈下を起こしたことも一因とされています。未來、地球温暖化により水位の上昇が加速されることが考えられておりベネチアは海に沈んでしまうと言われているのです

_RIO1424

ヴェネツィアの街はもともと湿地であったため、100以上の島々がおよそ400の橋と150を超える大小の運河で結ばれています。11世紀から始めた海上交易で莫大な財を築き、14世紀から15世紀に海運共和国として黄金期を迎えますそして1987年に街と周辺の島々を含むエリアが「ベネチアとその潟」として文化遺産の登録基準をすべて満たす数少ない世界遺産に登録されていますそんな街を一目見たいと世界中から訪れる年間観光客の数はおよそ1200万人にも及ぶのです

_RIO1430

現在、次回は本島に降り立ったところから世界中から愛されている中世の街並と歴史溢れる美しいヴェネツィアの街を紹介します♪

留言

您的電子郵件地址將不會發佈. 所需欄位標記為 *

滾動到頂部