"Small bowl and Yona" opened in Oi! Small restaurant where you can enjoy small dishes and drinks

安い立ち飲み屋が揃い「せんべろ(千円でベロベロ)」の街としてディープな世界を繰り広げる東京の第2の故郷”大井町”第2弾! 大井町のマンションのゲストハウスからの徒歩圏内は、Not the tongue from small, stylish wine bar、BBQ shop、Pork cutlet、China、Western、Italian、The town of food with Thailand dishes such as multinational。そんな大井町に2017年9月に新たに素敵な小料理屋が誕生しました! 連日行列ができるほどの有名ラーメン店「青竹平打ち中華そば 麺壱吉兆」の隣に30年以上続いたカラオケ居酒屋だった跡地に「女性が独りでも入りやすい店」を目指し、Colours and white, emitting a soft impression、木の温もりを感じる小料理屋「小鉢や よなよな」をオープン! たった3.5坪の店内は、6 counter seats has only a small shop、女将にとってはようやく実現した小さなお城のような存在のお店!女将の岐阜出身の呉羽 佳恵 (Yoshie Kureha)Mr. a、親しみのある大好きな大井町でお店を開くことが夢だったとのこと ! おばんざい屋のような感覚でオーダーできる小鉢が売りのこちらでは、And nurturance of each hand-made dishes、小鉢は300円~600円で用意されとてもリーズナブル!こういうお店が徒歩圏内って素敵! ドリンクは、Japanese sake and shochu、Wine、Whiskey、In that broad set of soft drinks and、特に日本酒は和食に合うスッキリとした味わいのものを提供されているとのこと! この日はワインの気分でしたので、Italy white wine "Pinot Grigio Torresella" order by the bottle、お通しに醤油とマヨネーズで味付けした「薩摩揚げとキャベツ」をいただきながらの乾杯! 野菜を茹で過ぎず食感を程良く残し、Feel the spring slightly bitter "rapeseed mustard sauce.、Flavored with miso and grilled on the subject of unbearable "grilled horse mackerel leeks and miso.、時期的に嬉しい「白子ポン酢」などお酒の当てになる小鉢が満載! 焼き物の「金目鯛の一夜干し」や「トロめかじきの幽庵焼き」は、And the one soup soy sauce on the table.、香りと旨味が凝縮された出汁醤油が良い仕事をしてくれます!刺身の醤油も自家製で提供されるこだわりぶり! 彩り良く人参やインゲンを巻いた「ゆで鶏の香味漬け」や皮面パリッと香ばしく中はしっとりと仕上げた「鶏もも肉の八丁味噌漬け」と焼き物は肉も魚もバランス良く揃います! 食が進めばワインも進み、The next red wine is France's "Heritage / Domaine Santa Duc "and add、"Sansho smokoirsardine" and "cheese of the day.、「フレッシュオリーブ」などを合わせて良い気分♪ 御縁あってか、Mistress and I was in that same year kindred spirits to get in、At the counter by chance in who sits next together happy, inviting you to Daddy Ken SAMA after-party until still、まるで以前から知り合いだったかのような常連の皆さんを交えてとても楽しい時間を過ごすことができました♪やっぱり大井町最高♪ 小鉢や よなよな 住所東京都品川区東大井5 TEL:080-8151-1968 Hours of operation:17時~翌1時...

Popular Italian Salvatore Cuomo & bar Ooi-Cho station!

安い立ち飲み屋が揃い「せんべろ(千円でベロベロ)」の街としてディープな世界を繰り広げる東京の第2の故郷”大井町”! 数回に渡りディープな大井町を紹介して参りましたが、This year's meeting may、わかり易く大井町駅前のレストランへ集合!気軽に本場イタリアのナポリピッツァを楽しめる「Salvatore Cuomo Japan/サルヴァトーレ クオモ ジャパン」のブランドで全国にFC展開される「Salvatore Cuomo & Bar (サルヴァトーレ クオモ アンド バール) 大井町」へ出向き東京の友人で「Nexyz.」取締役兼「デジバナ」代表の琢ちゃんこと吉田琢磨さんと週末Dinner Meetingです! 週末ということもあり活気溢れる店内は80席ほどの席が満席状態で大賑わい! この日は琢ちゃんからの紹介で、Taking advantage of language skills is through interpretation and attendance services、企業コンサルタントとして活躍する上海出身のHiromi Tangちゃんとの御縁を頂きました!日本語・英語・中国語が堪能な彼女は元々日本のレンズメーカーであるTAMRONレンズにて秘書業務を経験しており、Good people, there were no matter、Aim to further develop the Tamron retired last year、It just was an entrepreneur! Young and because of that he aggressively global, while she、We thereby wanted to have contact with us、初顔合わせとなり「ビール」にて乾杯! 「彩り野菜とツナのサラダ」670円 「北海タコのイタリアンマリネ」580円 「パルマ産生ハム」650円 「イタリアンチキン」580円 「海老とマッシュルームの熱々アヒージョ」780円 「もちもちゼッポレ」320円 「沖縄豚のミラノ風カツレツ」1,200円 「マルゲリータ」1,500円 「ディアボラ ウンドューヤ」1,750円 「パンツェッタソーセージのペンネアラビアータ」800円 「彩り野菜の自家製ピクルス」300円 「フライドポテト」340円 飲みやすいチリ「Condor」のChardonnayとCabernet Sauvignonに合わせて、Seafood appetizer salad or dish、The main pizza and pasta、Meat dishes and enjoy the full、Could be a fun time!, Taku-CHAN、Hiromi-CHAN、またお会いしましょう♪ Salvatore Cuomo & Bar 大井町 サルヴァトーレ・クオモ&バール 住所東京都品川区 1丁目1-1 アトレ大井町2 2F TEL:03-5743-6765 Hours of operation:AM11:00~ PM11:00(LO PM10:30)...

Enter dinosaur type robot "strange hotel" buzz! TDL keen not to be missed!

「H.I.S. Japan」の創業者でハウステンボス社長の澤田秀雄氏が誕生させた「H.I.Sホテルホールディングス」が運営される「変なホテル」は、2015Since July we opened first store as Huis ten Bosch、And continues to expand nationally、今回は昨年2017年12月に新たに加わった「変なホテル東京西葛西」へ! 旅行好きということもあり「H.I.S Group」が運営するホテルには興味があり話題の「受付ロボット」が気になっておりました! 「変なホテル東京 西葛西」は西葛西駅から徒歩数分圏内と立地も良くTDL好きな方には便利なシャトルバス運行もあります! シンプルな造りの11階建てホテルは100室あるにも関わらず実質スタッフは7人で稼働させているというから驚きの省力運営! 実際にチェックインからチェックアウトまで、24Play robot reception business hour、それは人の手間を大いに省くことができますね! やはり気になるのはロボットの反応やトラブル時の対応です!フロントで出迎えてくれるのは2体の恐竜型ロボットで平安時代の風折烏帽子を被ったジュラ紀のファヤンゴサウルス! 動きはスローで人の気配を感じると反応し「ガオーッ」と恐竜らしく鳴き叫ぶのか思いきや「ようこそ」とかなり紳士な対応でチェックインを誘導してくれます音声承認または手入力でのチェックインはガイドラインの流れにそって行えば至ってスマート! ちょっとしたトラブルがあった場合でもフロント横の裏口から直ぐにスタッフが飛んできてくれましたし客室からフロントへ繋ぐとわからないことなどもいろいろ対応してくれるためいざという時も安心です! 客室はシンプル且つスタイリッシュなデザインを採用されておりアクセントに和モダンを取り入れられているので外国人観光客にも喜ばれそうです! また、"Strange hotel"、The hotels each have introduced State-of-the-art equipment that is the subject、As the characteristics of the Nishi-Kasai、49 inch furnished Chromecast "4 K TV" to start、International calls free of charge for unlimited mobile phone "handy"、"IRemocon" can control appliances with Smartphone、ホームクリーニング機「LG styler」が全室に導入されていることです! 特に、Home cleaning machine of the latest equipment in all rooms "LG Styler" is business good news、Checked the smell of grilled meat and sweat smell suit in one 45-minute course、悪臭もシワも伸ばしてくれるという優れもの! 試しに、I tried using the after dinner turned out to nearby yakitori、Chicken smell of coat for my husband and I can take a fine、ふわふわの肌触りに生まれ変わりました!スーツケース内でシワになってしまったシャツとかにも便利です! 1泊500円の有料レンタルになりますが最新の「VR貸出」や「フットマッサージ機器貸出」などもあり仮想現実用眼鏡で異次元トリップも楽しめます! 何より、In "breakfast ball" is a unique idea I thought、1階の蕎麦などを提供する和食レストラン「オリオリ(ORi ORi)」にて全国の47都道府県の名産品などを具材で楽しめる週替わりのおにぎりを食べ放題にしているところです! 滞在時のメニューは、ROE child onigiri in Fukuoka and Saitama "carrot burdock"、There were ingredients such as chicken rice minced meat balls in Kagoshima, Osaka "takoyaki toasted" hilarious、わたしは静岡出身で主人が富山出身なので伺うと静岡は「桜海老のかき揚げおにぎり」で富山は「とろろ昆布おにぎり」が出るのだそうです! 出身地のおにぎりは気になりますよね(笑) おにぎり文化は海外の方にもわかり易くウケが良いかと思います。Hot miso soup and small vegetables such as beans and sized、大満足の朝食でした! 帰りのチェックアウトも恐竜型ロボットですが、Enjoy photo shoots with a dinosaur、Can be used as a small tip of laughter to a friend、実際に宿泊は便利だったので満足満足! 外国人観光客向けに4ヶ国語対応の人型ロボットを配する「変なホテル東京 銀座」も2月にオープン致します! 遊び心満載のホテルは、In a unique feel for the next generation、わたし達を楽しませてくれます!...

Araiyakushi to relax at the long-established Foundation 50th anniversary "Kama-meshi Mutsumi" Kama-meshi store

浅草ランチは浅草寺を離れ下町風情を楽しめる奥浅草にひっそりと佇む1968年創業の老舗となる釜めし有名店「釜めし むつみ」へ! 置屋であった佇まいはどこか懐かしい風情があり、Curtain with expanse of tatami room、1階から2階席まで満席状態の大賑わい! 番頭のような存在の方が「お外で伺いますので暫くお待ち下さい!」と声がけしてくださいます。They hold the book and already in 3-4 pairs waiting in、Do not look at approximately 1 hour。Give the name and mobile phone number、As soon as you call the space mechanism、Outside the waiting was not good、Take a stroll around the recommended。This is、Seems to care to your neighborhood?。Because it has made large procession next to the popular Western-style restaurant "Grill 佐久良.、Shimatsu been made the matrix is indeed block the road in front of the 傍迷惑 may be from、その気遣いがまた素敵だなと思えました! 予約をしてから1時間半ほど経過し、Finally, don't miss our turn! Go up, take off your shoes in the shop、Seats will be through。 Tatami mats to cushion、卓袱台と昭和の匂いを感じる雰囲気が妙に落ち着きます! 数あるおしながきの中から、Staple staple in [takikomi mix (chicken、Clam、Shrimp、Shiitake mushroom、Bamboo) "1080 p ¥ love dried young sardine meshi 1296 Yen order、That 40-minute wait to cook up hot tea。That will be nearly two hours total time waiting for your book、先に申し上げるとそれでも待った甲斐がありました!(笑) 一品料理も多く揃うこちらでは、To see more people drink while your thumb while waiting for the Kama-meshi、Without eating other Asakusa、それもお勧めです! 釜蓋を開け、Fluffy out and fragrant soup steaming fragrant flavor of ingredients containing、思わず顔を近付けてミストシャワー! 具材と一緒に炊き込むので、Over oozing delicious plump and cooked rice, and、釜底には香ばしいお焦げもしっかりと! 茶碗に2膳~3膳ほどに取り分けて、While enjoying refreshments and Rafah、熱々の味噌汁と3種のお漬物が付いてこの価格はお得感満載でただただ驚くばかりです! 季節限定の「鰤」や「牡蠣」、Because it was so very delicious salmon parent and child as well as、In the next visit、一品ものから多種多様な釜めしをオーダーしたいものです! 釜めし むつみ 住所東京都台東区浅草3-32-4 TEL:03-3874-0600 Hours of operation:11:30-21:30(L.O) 定休日水曜日・隔週で火曜日...

New wedding stories written in the Opera "Grand Prince Hotel new Takanawa" success 2017

This time Yumi Katsura's collection themes、Next to "new wedding story written in Opera (new wedding)、Now defunct when Luciano Pavarotti's niece's in is Simona Todaro and Pavarotti (soprano), special guest.、Federica Vitalis (soprano)、John Lucas (Gospel singer & conductor)、Masanori Takahashi (baritone)、Daisuke Oyama (Daiske Oyama)(Baritone) from the pick up、From the bridal show for the first time after 52 years、オペラと初のコラボレーションを果たしこの日限りのウエディングショーとなります! 結ばれゆくカップルの様々な心模様をオペラの数々の名曲により表現されゴスペルも加わる中、Plus enjoy the combination of jacket coordinating suits and airy feeling of sweetness adorable flower dress、Pop, such as colours and Tartan、While considering the trends light and playful playful dresses from luxury Haute Couture until once showing off! And、着物離れしていく若者達に訴えかけるかのように桂由美さんがご提案されるのは、In the beauty of Yuzen Japan's world-class innovation and the modern twist "YUMI YUZEN' latest becomes the representative song of Japan spring"Sakura"and"flowers"that performs at the Opera、色艶やかに登場! さらに注目するは、And commemorate the 300 anniversary of the leading modern painter Ito JAKUCHU、In Paris works inspired by the paintings of JAKUCHU is my favorite、和と洋の見事な融合を表現されステージを彩られており感動のステージです! 白鶴の美しさや鳥の美の象徴ともさせる鶏冠ターバン羽ばたく世界を印象づけるかのようにピーコックや羽根をモチーフにされた華やかなドレスが印象的で酉年ということもあってか目を見張るものがありました! フィナーレでは、The storm of applause and Yumi Katsura、大変有意義なひとときを過ごすことができました!このような会に御招待くださった「GLION GROUP」の「マセラティ 浜松」に感謝致します♪...

Grand Prince Takanawa guest tourney to Ka Kei Yumi dinner show

今回で82回目となる桂由美ブライダルコレクション「2017 Yumi Katsura GRAND COLLECTION With OPERA」に御参加されたゲストは桂由美さんとは長きに渡り公私共にお付き合いのある方々がメインテーブルを一際華やかに彩られております! 御歳84歳となる桂由美さんはトレードマークのターバン姿に輝かしいラメゴールドのマーメイド型ロングドレスに見を包み、And 羽織ra long coat motif JAKUCHU、Chic and gorgeous garments and 纏われて、とてもお優しい方でした! 元内閣総理大臣の鳩山由紀夫さんをはじめ、Devi Sukarno's Indonesia's former first lady、And served as a representative of the entertainment firm "Titan"、Hikari Ōta's I of Don OTA mitsuyo Kakuta is there with his wife, fashion designer, Konishi Arts officials and there、イベントに華を添えられておりました! 同じ女性としては憧れずにはいられないほどにお美しく個性が魅力的なデヴィ夫人が本当に大好きで、And believe it or not you can see you thinking、御写真をご一緒させていただけて大変感激でございました! 貴重な御写真をおさめることができ、After you have cancelled a fun dinner and、いよいよオペラと融合させた素晴らしいブライダルショーの始まりです!...

See Grand Prince Hotel new Takanawa"Katsura Yumiko bridal dinner show!

Located ideally become a 5-minute walk from Shinagawa Station, Takanawa exit、昨年11月に全客室を改装させ生まれ変わった 「グランドプリンスホテル新高輪 Grand Princehotel NewTakanawa」にやって参りました! 「コンテンポラリージャパニーズ」というコンセプトをもとに、While using the traditional techniques of Japan throughout the contemporary and refined atmosphere and is aimed at、 Entrance inspired by paper soft light screens of lamp lighting、In addition to hotel lobby produced a Japan garden with bamboo、レセプションにおいては京指し物職人の手により製作された亀甲文様の組木や四季折々を表現した壁面アートが和モダンで印象的なフロアとして生まれ変わっております! この日は機能性と華やかさを持ち合わせ2,013㎡の広さを誇る大宴会場「飛天」にて開催されます 「2017 Yumi Katsura GRAND COLLECTION With OPERA」に参加! 今回で82回目となる桂由美ブライダルコレクションは、Cooperation with the Tokyo Metropolitan Opera Foundation、"Bridal" and "Opera" in collaboration with spellbound entertainment stage next to the attempt of the first、ゲストはおよそ400名ほどが集います! こちらのイベントに協賛されている「GLION GROUP」の「マセラティ 浜松」から御招待を受けたわたし達は特設ステージから程近いSS席を御用意していただきました♪ MASERATIを購入すると本当に良い事が沢山ありますね(笑) 会場には、In the ornate and adorned with flowers and congratulations from celebrities and celebrities who yearns for Yumi Katsura、Oujisama with Kitagawa Keiko's spouse flowers are available illuminated entrance、Did you even、ゴージャスなロングコートを羽織らせたウェディングドレスと共に「フェラーリ488」がお出迎えしてくださいました!皆さんこぞって記念撮影を! さて、Go to the venue in、皆様にご挨拶致しましょう!...

"Imperial Hotel" × "The Sherwood Taipei" Color luxurious buffet is served in the media get-together!

「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」の本館中2階の大宴会場となる「光の間(HIKARI)」にて毎年開催される帝国ホテル主催の「メディア懇親会(Media Social Gathering)」が開催され帝国ホテルとパートナーシップを結ばれている台湾の首都である台北を代表する一流ホテル 「The Sherwood Taipei(ザ・シャーウッド台北)台北西華飯店」がホスト役として来日。 Numerous TV and magazine、新聞などでグローバルに活躍される メディア関係者の皆様が180名ほど集まる懇親会となる中わたし共WEBマガジンladeも参加させていただきました♪ 帝国ホテルの大宴会場である「光の間(HIKARI)」は、 550 m² exhibition space with pride、6charm in near m ceiling height、 Light and sound、Communications、In addition to the equipment、With simultaneous interpretation equipment、 And you can take advantage of a global party event venue。 In a layout like this provide a counter in the Middle cocktail buffet、 Maximum seating capacity for up to 400 people and provides spacious and、 This time the、彩り豊かな豪華なブッフェスタイルの立食パーティです♪ まずは帝国ホテルの取締役社長 東京総支配人(President and General Manager)の 定保 英弥(Hideya Sadayasu)さんにご挨拶させていただきました♪ 帝国ホテルのManager,Public Relationsの照井 修吾(Shugo Terui)さんはとても気さくな方で翌日のホテル取材のコーディネイトにご協力していただきました! 「ロブスター、Sea Urchin、たらば蟹などを氷の台に盛り合わせて (Decoration de petites langoustes, oursin et crabes sur glace taillee)」 中央カウンターに鎮座するのは帝国ホテルを象徴するライオンの氷の彫刻! 迫力溢れる彫刻の周りには、Lobster and caviar、たらば蟹に鮑などの高級食材が並びます♪ ブッフェスタイルの立食パーティとなっているため、While the size of easy-to-take、 In addition to the high quality of beauty is the quality and ingredients、Glamorous feel to knit、 一流ホテルのパーティであるクオリティの高さが伺えます♪ 「さまざまな一口おつまみとフランスフィンガーフード飾り 取り合わせ (Petits hors-d’œuvre et des amuse-gueules...

"Imperial Hotel" × "The Sherwood Taipei" Media gathered to be active in each country! Social gathering the cherry bloom!

海外からの賓客をお迎えする「日本の迎賓館」として、In the Tokyo Hibiya、 国内初の本格的な西洋式ホテルとして1890年11月3日に開業された「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」。 The other day、本館中2階の大宴会場となる「光の間(HIKARI)」にて毎年開催される帝国ホテル主催の「メディア懇親会(Media Social Gathering)」が開催されました♪ フロントで受付を済まし、In the waiting area while wait until opening time。 On this day、Numerous TV and magazine、新聞などでグローバルに活躍される メディア関係者の皆様が180名ほど集まる懇親会となっています♪ 帝国ホテルとパートナーシップを結ばれている台湾の首都である台北を代表する一流ホテル 「The Sherwood Taipei(ザ・シャーウッド台北)台北西華飯店」がホスト役として来日されておりわたし共WEBマガジンladeはシャーウッド台北よりご招待頂きました昨年2015年に創業25周年を迎えられたシャーウッド台北のその歴史と共に歩んで来られた ”名物GM”であるAchim V. Hake(アキム・フォン・ヘイク)と喜びの再会を果たすことができました♪ 前回Mr.Achimを記事にした内容は下記URLをクリック! 「The Sherwood Taipei」オープン当初から長く従事し名物GMと称されるAchim V Hake http://lade.jp/diary/travel-diary/taiwan/51686/ 帝国ホテルのPublic Relationsの伊藤千夏(Chinatsu Ito)さんにご挨拶させていただきました♪ ウィティングスペースに少しずつゲストが集まり始め、Born place。 ウェルカムドリンクのシャンパーニュは「POMMERY(ポメリー)Brut Royal」が用意されます革新的なシャンパンメゾンポメリーは、Creating the world's first dry champagne、And it is loved around the world、 Fresh and delicate bubbles、Beautiful yellow with green light、Delicate, mellow fragrance was characterized by、 清涼感溢れる酸味の果実味とエレガントでバランスの良さが楽しめる軽やかな口当たりです♪ シャーウッド台北のGeneral ManagerであるAchim V. Hake(アキム フォン ヘイク)より帝国ホテルのDirector of International Public Relationsである Ignatius Cronin(イグネシアス クローニン)さんを紹介していただきましたIgnatiusさんは、Born in San Francisco.、From Japan in more than 50 years、 とても流暢な日本語を話される素敵な紳士です♪ 「METROPOLIS(メトロポリス)」の最高執行責任者であるNeil Butler(ニール...

"Imperial Hotel" Special floor Imperial rooms of floor with take the dignity certain beauty and functionality

Opened in 1890 (0/1890) since the、国際的にも高く評価されてきた「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」の客室は、 570 rooms in the main building and the newly built Tower House 361 rooms, luxuriously furnished and equipped rooms 931 total。 本館14~16階の特別階「Imperial Floor(インペリアルフロア)」は、Suitable for special guests、 The beauty and functionality with features take、最上の寛ぎを提供されています♪ 「Imperial Floor(インペリアルフロア)」には、 And are staffed by dedicated floors of guest attendant、Responded to various requests、 Attentive service is provided。 (Response time:7:30To 22:00) ゲストアテンダントとして活躍される女性スタッフは自身で着付けを習われ、 Kimono and 着konasa as a uniform and、素敵な装いで出迎えてくださいます♪ エレベーターホールにカードキー対応のセキュリティエントランスを設置されており、In Circular Quay entrance。 There is a special floor、Security has been enhanced、プライバシーが保護され安心してお過ごしいただけます♪ 快適性を追求した「Imperial Floor(インペリアルフロア)」15階の1565号室 「Deluxe(デラックス)」を見学させていただきます♪ 15階1565号室「Deluxe(デラックス)」 本館のインペリアルフロア「デラックス」は、42M² with pride、 Total coordination plays a British designer, Julian Reed (Julian Reed)、 クラシカルで落ち着いたインテリアとともに居心地を重視した機能的で快適な空間を提供しています♪ 心地良い眠りを追求するため帝国ホテルが独自で開発したオリジナル寝具 「スリープワークス」のベッドとデュベを採用されており心地良いスプリング性で快眠を誘います♪ 枕はお好みに合わせて、Such as hulls and low resistance type、7Choose the type of、寝心地抜群です! 冷え性の方は、In that case feet designed electric anchor there examples in the past、 Whenever something is inconvenient、相談されることお勧めします♪ 窓際には、To provide a vantage point a work desk、Free Wi-Fi are equipped、Also suitable for business。 Equipped with sofa to relax and enjoy reading with Ottoman。 コーヒーテーブルとセットのソファでお茶を楽しみながらゆったりと過ごすことも可能です♪ インテリアの一部として37インチのテレビもスッキリと収納されており、 In the drawer、パジャマを2着用意されています♪ ミニバーも充実しておりますので、The price of each, see Price table。 ミネラルウォーターやティーセットは無料で利用が可能です♪ パウダールームには、To enhance staff provides high-quality towels。 Equipped with bathroom shower area and bath tub integrated easy-to-use。 In one switch and adjust the temperature of your choice、Automatic hot water too hot can also、Excellent functionality。 Toilet with Washlet、And independent、曇りガラスの扉で視界も遮られているため落ち着きます♪ バスアイテムには資生堂と共同開発された和漢植物エキス配合の「AYURA(AYURA)」のオリジナルバスアメニティ (シャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュ)を採用されており、 Is not for sale、We hear and appreciate a refreshing scent。 Profound sense of、The main building of a high-quality design、From its serenely、 Relatively elderly people is so popular。 Now、Next in line、若者層にもお勧めできる「帝国ホテルタワー館 IMPERIAL TOWER」の30~31階の 特別な「Premium Tower Floor(プレミアムタワーフロア)」の客室を紹介致しましょう♪ 帝国ホテル IMPERIAL HOTEL...

"Imperial Hotel" The history of taste and food unchanging over its founding from the time 125 years "The Legacy of Food"

「東洋経済」が発行する「週刊東洋経済」の2016年2月6日号「ホテル激烈!30年に一度の活況」でホテル業界の専門家たちが選ぶ東京のベストホテルに選ばれた「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」その理由を帝国ホテルの取締役社長 東京総支配人(President and General Manager)である 定保 英弥(Hideya Sadayasu)さんは東洋経済のインタビューでこう語られています「帝国ホテルは恵まれた場所・立地にある。 Room number 931、Banquet Center 26、Restaurant, bar, and lounge 17 and variety、 Personal travel、Group travel、Business use、Weddings and training、International Conference、 A variety of purposes、Our strength is poised to meet the needs of。 当社はメイド・イン・ジャパン・ホテルの代表格でありたい」と。 The word Street、The view from the 17th floor is on the top floor of the main building、Excellent location surrounded by greenery of the Imperial Palace and Hibiya park pride.、 Also is the traditional food has been handed down in a wide variety of restaurants、 Too old now,、Exaggeration to say has gripped many guests ' hearts and stomachs are not。 This time the、そんな帝国ホテルの125年の歴史と「受け継がれる食の伝統」を紹介します♪ ホテル最上階の17階にはレストランやラウンジが用意されており今年2016年3月までを開業125周年記念期間とされ、17階に「受け継がれる食の伝統(The Legacy of Food)」と題して創業当時から愛され続けてきたオリジナルメニューの紹介や著名人ゆかりの一品を紹介しています♪ Public Relationsの重冨 耕太(Kohta Shigetomi)さんの案内により最上階である17階からの眺望をご説明いただきます♪ 最上階である17階からは、Overlooking the Park on your left、You can feel the atmosphere of the Imperial Palace in the back。 From spring to summer、More trees and lush green、 In the time of cherry blossoms greet directly、Foreigners started.、Many guests enjoy the scenery and carried feet。 Pale pink right hand building、「宝塚歌劇」となり、 Even members of Takarazuka's wish list is a passionate fan。 In the surrounding area、Imperial Theatre, live theatre and、This region called Hibiya district、Those who like Theatre is often used。 Current、「三井不動産」が手掛ける「新日比谷プロジェクト(仮称)」として、1960年(昭和35年)竣工の 「日比谷三井ビルディング」の跡地において、Promotes a holistic redevelopment plan、 Aiming at the completion of the fiscal year 2017、ビルを建設中です♪ 「受け継がれる食の伝統(The Legacy of Food)」と題されたボードには、 And the original menu with pictures and over the years many guests has been loved taste、 著名人ゆかりの一品を生み出した逸話などが記されています♪ 帝国ホテルの初代料理長を務められた吉川兼吉(Kanekichi Yoshikawa)は1853年(嘉永6年)生まれ日本のフランス料理の草分け的存在の一つである「横浜グランドホテル」で西洋料理を学び迎賓館である「鹿鳴館」での経験を経て、1890年に開業された帝国ホテルの初代料理長に就任されています。 At this time、吉川兼吉(Kanekichi Yoshikawa)は37歳です。 After that、1905年(明治38年)に伊藤博文(Hirobumi Itoh)から、...

"Imperial Hotel" It opened as Japan's first State Guest House, first-class hotel in the western greet the 125 anniversary

海外からの賓客をお迎えする「日本の迎賓館」として、In the Tokyo Hibiya、 As Japan's first full-fledged Western-style hotel、1890年11月3日に開業された「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」は昨年2015年11月で開業125周年を迎えられています。 At that time、多くの銀行や企業の設立に携わった「近代日本経済の父」とも称される 渋沢栄一さんが初代会長を務められています。 Place、Hibiya、Ginza、Tokyo station、Shinbashi is conveniently within walking distance from、 In the area、Imperial Palace and Hibiya park green for hope、It offers views of the seasons、 In the Ginza shopping area and theatre district as close、東京観光やビジネスの拠点にも最適なエリアとなります♪ ホテルのチェックインを迎える14時~15時の本館の正面玄関アプローチでは、 Most driveway、ドアマンの手際よい俊敏な応対が見受けられます♪ 帝国ホテルのドアマンは、Always 1000 yen Bill and 5000 Yen Bill ready、 釣り銭の用意がないお客に対し両替できるように準備されているそうです! 正面ロビー 開放感溢れる天井高と、An elegant central staircase、 And、In the golden rose to pick up flowers glittering chandeliers、 The lobby while glamorous shoot restless feeling。 This time the、Public Relationsの重冨 耕太(Kohta Shigetomi)さんにホテル案内をお願いします重富さんは帝国ホテルにお務めになって8年となるようで福岡出身の九州男児と凛々しい御方です! 日本のグランドホテルとしての歴史や受け継がれてきた一流ホテルマンとしてのサービス精神を胸にホテルの見所と共に多くの魅力を語ってくださいました♪ 帝国ホテルは昨年2015年11月で開業125周年を迎えられ、2016年3月までを開業125周年記念期間とされており、 In all parts of the hotel、The exhibition is held。 To celebrate the 125 anniversary logo、 Since opening、Piled up the encounter with the many guests that your life edge、 Guests each and every one from heart attack、Each and every one of the face in mind、 Hope to meet you again、心を結べるよう 「心で迎える心を結ぶ(Hospitality from heart to heart)」をテーマに 結ばれたリボンで表現されています♪ イベント毎や季節毎におよそ2ヶ月毎にチェンジされるロビー装花は「春を告げる花」として知られるレンギョウと蝶のような形をした鮮やかな黄色い花を咲かせるオンシジュームで出迎えられています。 Last year 11 month-February 12 red roses decorated with bewitching、 Also during the Valentine's day mood is plenty of used rose、 Eliminating the pedestal in the new year、New year's decorations, such as pine and MOSS、Summer's sequence yellow sunflower vivid color power fuelled、 And can feel the season flowers。 And can be used as a wedding anniversary taking place in central staircase、 Also、滞在されるゲストの記念撮影スポットにもなっています♪ 金のシャンデリアは「薔薇」をイメージしており、Look directly、The appearance of the rose blossom。 From its appearance、こちらのシャンデリアは「ゴールデンローズ」と称されています♪ 多くのゲストを迎え入れる「The Rendez-Vous Lounge and Bar(ランデブーラウンジ)」には、...

Scroll to top