With gratitude, "MSC splendida" Captain Josep PE Maresca!

イタリア最大級のクルーズ会社「MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.)」が運行する豪華客船「MSCスプレンディダ(MSC Splendida)」 で過ごす4日間の船旅はいよいよ最終日を迎えます! 毎日キャビンに届けられる「DAILY Program」には、More Captain Josep PE Maresca "Arrivederci!!(またお会いしましょう!)」と感謝の言葉が綴られております! 下船での注意事項としましては、Leave your suitcase,、At midnight on the eve of 1.:00Until to rule should make an outside each cabin door that、We have struggled a bit on the experience of the first。女性(わたし)はそれほど身軽ではありません! 何故なら、Arriving on the last day the evening 16:30And、Almost 1 day stay for、Time to stay a required clothing and underwear、Makeup Tools、On the left hand back valuables such as your passport and tickets、その他の荷物をスーツケースにパッキングするのです!慣れてしまえば何てことないのですが(笑) 最終日はお世話になった「Msc SplendidaYacht Club(ヨットクラブ)」の専用レストラン「L’OLVO RESTAURANT(ロリーボレストラン)」のスタッフの皆さんに心温まるおもてなしに御礼を申し上げ朝食をいただきましました! 最後に「L’OLVO RESTAURANT(ロリーボレストラン)」のスタッフの皆さんと記念撮影を! 「マセラティ 浜松」から一緒に参加した有名なパティスリー「Abondance Patisserie(パティスリーアボンドンス)」のBernard Heberle(ベルナール)& 長谷川 豊佳 (Toyoka Hasegawa)And I'm looking back the fun journey as husband and wife、デッキ上で真っ青な空をバックに記念撮影をパチリ! 若かりし頃、The crew experienced was Bernard "ships are" listening、とても有意義な時を過ごします! 上海に到着するまでの時間は、Can take to communicate with many Maserati owners spend at poolside、楽しいひととき! 予定通り「上海宝山国際クルーズターミナル(呉淞口国際郵輪港)」に到着し、Yacht Club guests will proceed according to the Guide to staff、スマートな下船となります! 大型客船の下船ということもあり人で溢れかえるターミナル! 上海紙幣の両替にお困りのカナダ人をヘルプしてあげると、Cute boy "Thank you!!」と愛くるしい笑顔を振りまいてくれました!何でも彼らは日本の三浦半島を旅した後にこの上海行きのクルーズに参加され長いバカンスを楽しまれているようです! それにしても、First impressions of Shanghai、Sometimes the weather was overcast and it was、I was surprised with too much humidity! Although the same temperature in Japan、じっとりと纏わりつく湿度が半端ない!撮影していた旦那様のカメラレンズが瞬く間に曇ってしまいました! 4日間に渡る船旅を終え、To be free from here、Travel agencies have been attended on this tour see H.I.S. Japan "by participants in Shanghai tours、Who will be returning to Japan as、Divided into 3 hands and had a free stay in Shanghai、各々のスケジュールに合わせてお別れとなります! わたし達は自由行動を選択し、Travel company "H.I.S. Japan "for use only pick-up service、By bus to the Shanghai City for about 50 minutes or so "people's square"! The taxi ride、上海にて滞在する「マンダリンオリエンタル浦東上海 Mandarin Oriental Pudong, Shanghai」へと向かいます! MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.) MSCスプレンディダ(MSC Splendida) マセラティ ジャパン(Maserati Japan)...

A gentle route avoiding the 'MSC splendida"Typhoon at sunset last night.

イタリア最大級のクルーズ会社「MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.)」の豪華客船「MSCスプレンディダ(MSC Splendida)」にて上海へ向かう4日間の航路は3日目を迎えます! 今回は、And changed the route to avoid Typhoon No.19、2But felt the waves roll of the day、Perfect weather and a fairly uneventful voyage、3What is noticeable in the morning of the day of clouds、波風立たぬ穏やかさを保った1日となりました! 船上での朝食は、"Msc Splendida – Yacht Club(ヨットクラブ)」の専用レストラン「L’OLVO RESTAURANT(ロリーボレストラン)」を利用! 殆どの乗船客が足を運ぶ一般のブッフェ形式のレストランと違い着席オーダー形式でいただける落ち着きのあるこちらのレストランに自然と足が出向いてしまいます! [ロリーボブレックファスト] わたしは洋食旦那様は和食でそれぞれにオーダー! 洋食スタイル ・前菜「スモークサーモン」 燻製を利かせたしっとりサーモンにオニオン、Tomato、レモンを添えて! ・「オムレツ(ハッシュドブラウンとトースト付)」 お好きな具材でオーダーできるため、Bacon、Ham、Mushroom、Cheddar cheese、Spinach、Tomato、玉葱と具沢山で! 「フルーツサラダとヨーグルト」 一口サイズにカットされた食べやすいフルーツとファットフリーのヨーグルトを! ・「パイナップルジュース」 レモンスライスを別でオーダーしたっぷりと入れてさっぱりと! 和食スタイル ・「明太子、Dried plums、漬物」 ご飯のお供に嬉しい小鉢が勢揃い! ご飯は、White rice、Brodetto、Choose from the rice porridge、雑穀米をチョイス! ・「焼き鮭」 焼き鮭にスライスした玉葱のソテーを添えて! ・「味噌汁」 信州味噌を用いた若布の味噌汁! ・「ミックスサラダ」 バランスの良い色とりどりのミックスサラダ! ・「緑茶」 ティーパックの緑茶はポットでいただきます! 朝食後は、Explore the ship、最上階デッキ18のルーフトップラウンジ「The One Pool(ザ ワンプール)」にて朝スプマンテ! 丁度、Mr. Guido Giovannelli (Guido Giovanelli), CEO of MASERATI Japan and be with us、イタリア人らしく朝の目覚めの一杯としてエスプレッソを嗜まれる姿がまた素敵! デッキ5のカジノでは、Slot machines and Black Jack、Are there Poker、The gift of $ 3 in guest embarkation、所持金ゼロからでも楽しむことができます! また、In the activity held on deck 7 'Aft Lounge (acht)"popularity of Mega Bingo (megavingo)、Mature big chance if you open bingo soon、最高賞金「$25,000(日本円2,750,000円)」を獲得することができるのです! 1日はあっという間に過ぎ去って行き、3At the time marks the evening of the day、最後のサンセットを楽しもうとデッキ上に多くのゲストが待ち構えます! 水平線の彼方に陽が沈む様子を皆でそっと見守り、Glee's voice echoed through the beauty of its natural on board! Looking at the Sun、A journey's end、Cause indescribable loneliness、移りゆく景色をいつまでも眺めていたい気分に浸っておりました! この夜は、At THE STRAND THEATRE (Strand Theatre) on deck 6、Paologiua & Dania magician magic show MAGIC ISLAND (Magic) is made、Deck 7 Aft Lounge provides、Party was held 1 Ofuna on is called 'Carnival Night (Carnival night)、ブラジリアンのエンターテイメントチームと共に過ごす長い夜が訪れます!...

"MSC splendida" first in the world! Maserati new cars presented on the Pacific held!

世界初の試みとなる太平洋上での新車発表会!「Maserati Japan マセラティ ジャパン」は「MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.)」の豪華客船「MSCスプレンディダ(MSC Splendida)」のヨットクラブを貸し切り、60組160名のマセラティオーナーに向ける大規模なイベントを実地致しました! その名も「Maserati Japan Tridente Experience 2018(マセラティ ジャパン・トライデント・エクスペリエンス2018)」! マセラティのSUV「Levante(レヴァンテ)」で初となるV型8気筒エンジン搭載モデル「レヴァンテ GTS」を横浜・大黒ふ頭から4日間かけて上海へ向かう船旅の途中、8/19の船上にて日本初披露となります! 船上という限られたスペースでのイベントとなるため、Divided into two parts-、Group "from the dinner show.、「お披露目からのディナーパーティ」とするグループと2時間毎の二手に分け開催! わたし達夫婦は、Are sorted according to the group "from the dinner show.、"Msc Splendida – Yacht Club (Yacht Club) "restaurant、デッキ15の「L’OLVO RESTAURANT(ロリーボレストラン)」にて楽しいディナーを堪能します! [Maserati Japan Tridente Experience 2018 Special dinner Menu] ・前菜「シーザーサラダ」 レタスにアンチョビカリカリのクルトンを添えたシーザーサラダ! ・スープ「ロブスタービスク」 クリーミーなブランデーフォームとアクセントにチャイブを添えて! ・「海老の串焼き」 香ばしくグリルした海老の串焼きにはバジルソースとレモンを添えてさっぱりと! ・「直火焼きのテンダーロイン」 テンダーロインはミディアムレア旬のグリル野菜を添えて! ・「ポルチーニ茸のリゾット」 香り豊かなポルチーニ茸をふんだんに用いた濃厚リゾットはたっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノとキャビアを添えて! ・「ムース・ショコラ」 口溶けの滑らかなムース・ショコラにはマセラティのシンボルとなるトライデントを添えて! ・「カプチーノ」 ふんわりときめ細かやな泡立ちの良いカプチーノはほんのりシナモンの香り! 食事を終え、Rooftop lounge on the top floor deck 18 ' The One Pool (the vampire) "on the move、On the deck with the color image of the Maserati and blue neon、ドレスアップしたマセラティオーナーの皆様! MSCジャパンのCEOであるOliviero Morelli(オリビエロ・モレリ)氏とMASERATIジャパンのCEOであるGuido Giovannelli(グイド・ジョバネッリ)氏に出迎えられ大集結! グイドCEOの華麗な挨拶を後に、Reflects the new short movie、Levante...

"MSC splendida" 24-hour room service a variety of facilities that make!

「MSCクルーズ」が運行する豪華客船「MSCスプレンディダ(MSC Splendida)」 の魅力はバラエティに富んだ船内施設と充実のサービスです! 横浜・大黒ふ頭から上海・上海宝山国際クルーズターミナルまでの今回の航海は、951海里(1海里=1852m)を4日間かけて進みます! 「4日もの間、Of what the heck? "And、Unfamiliar with the ship we、But there was some question ago boarding、Try loading the cruise guide is provided with、意外にもその施設の多さに「4日間では案外足りないのでは!?」という結論に達しました! 朝、Day、On the evening of each.、「何処でとる?」なんて呑気にラウンジで考えてみたり! 日中は合間合間に各プールやジャグジーで水遊び! サウナにトレーニングジムヨガやダンスレッスン! テニスやスカッシュ、Football、Bowling、To participate in table tennis、体をアクティブに動かしてリフレッシュするのも良いです! フェイシャルやボディのマッサージトリートメントが受けられる「AUREA SPA(アウレアスパ)」に出向いて極上の寛ぎを得てリラックスするのも良いでしょう! 日毎に各種イベントまで用意されているため、I challenge all、とてもとても4日間では足りません(笑) お勧めのイベントやショップ、Great information about Spa discounts、各キャビンに毎朝届く「DAILY program 船内新聞(英語版・日本語版・中国語版)」を隈無くチェックすると良いでしょう! 2日目のランチは、"Msc Splendida – Yacht Club(ヨットクラブ)」専用サービスの1つでもある24時間対応のルームサービスをオーダー! [Room service menu] ・サラダ「地中海風サラダ」 レタスにトマト、Olive、フェタチーズをバルサミコドレッシングで! ・サラダ「シーザーサラダ」 レタスにチキン、Croutons、パルメザンチーズをたっぷりとかけてシーザードレッシングと共に! ・サンドイッチ「MSCクラブサンドイッチ」 トーストしたパンに七面鳥、Bacon、Lettuce、Tomato、Across the egg、マスタードソースを添えてボリュームのあるサンドイッチに! イタリアらしくスプマンテと共にキャビンバルコニーを利用して、Without having to worry about high-profile、Just watching the sea、穏やかな景色に癒やされながらのランチタイムとなります!! 食事を終え、While walking through the ship、デッキ15のPOWER WALKING TRACKにて「Maserati Japan マセラティ ジャパン」のスタッフと各地域のマセラティディーラーのスタッフが展示された「GranCabrio Sport」周辺に集い営業に勤しんでおりました!暑い中お疲れ様です! さらにデッキ5には「マセラティ特設ショールーム」と題して、And has set up a booth in ship、営業担当の神ノ門 拓くんに案内していただきます! 特設ショールームには、Introduction of maseratibrandhistory started.、The Maserati factory accessories、Also、マセラティのグローバルオフィシャルパートナーである「Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)」からはトップスタイリストが派遣され、In the latest collection、ワードローブのオーダーメイドが可能となっております! 高波で横揺れの激しい2日目は、Underscoring its increased the view from deck 5 ship wild wave、Shining good hovering over Neptune become symbol of Maserati's Trident、絶好のシャッターチャンスとなりました! MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.) https://www.msccruises.jp/ MSCスプレンディダ(MSC Splendida) https://www.msccruises.jp/jp-jp/Discover-MSC/Cruise-Ships/MSC-Splendida.aspx マセラティ ジャパン(Maserati Japan) https://www.maserati.com/maserati/jp/ja...

"MSC splendida" pleasant sea breeze while the top floor deck in an elegant breakfast

海上での目覚めは早く「MSCクルーズ」が運行する豪華客船「MSCスプレンディダ(MSC Splendida)」 のキャビンバルコニーから眺める朝焼けの空は朝陽の輝きが海面に反射し最高の景色となります! 太平洋の広さは、165,250,000km2と地球表面のほぼ3分の1を占めており地球上で最も広い海! 今回の航路はその大海原を突き進むのです! 時折行き交う貨物船や小型船の姿があり見渡す限りの壮大な海原を航海する勇姿が観られスプレンディダの平均速度は、18ノット(時速約32km)とゆったりとした速度で進み時の流れを贅沢に感じることが出来ます! この日は初日とは打って変わって船内の横揺れが激しく台風19号の影響なのかスタッフに確認すると「ここ最近では一番の揺れとなり珍しいです」とのこと!バトラーが「酔い止め要りますか?」とキャビンを訪ねてくれたのですがわたし達夫婦は船酔いは大丈夫でしたので服用せずおりましたマセラティオーナーの方々の中には数名ほど酔い止めを服用された方もいたようです! 船上での朝食は、"Msc Splendida – Yacht Club(ヨットクラブ)」の専用ラウンジ「Top Sail Lounge(トップセイルラウンジ)」にて用意されるパンやタルト生ハムやチーズフルーツにコーヒーといった軽食も朝7:00-11:00まで自由に頂けます! ホットミールを所望される場合は、Rooftop lounge of the pleasant sea breeze top floor deck 18 ' The One Pool (the vampire) "in the、8 am:30-10:30まで楽しめる朝食がお勧めです! クルーズ2日目となるこの日の天候は見事なまでの快晴で冴え渡る青空とはまさにこのこと! デッキ上には、In this night wearing a cover unveiling will see MASERATI Levante GTS"、Do you right it now?、今かとその時を静かに待ちわびているかのよう! 「The One Pool(ザ ワンプール)」 では、 Provides a dedicated Yacht Club pool and Jacuzzi、プライベートな空間を約束してくれます! バーカウンターに用意された朝食を自由に取りパンケーキやワッフルなどは都度オーダー制となります! わたしは「スクランブルエッグ、Bacon、Potato、Salami、Ham、Salmon "plate included、"Croissants and buns.、"Cut fruit"、「パンケーキ」をオーダー! お団子ヘアーが可愛いスタッフのSilviaにフレッシュな果実を用いたミックスジュースをオーダーすると、Banana and pineapple、オレンジをたっぷりとアイスと共にミキシングしスムージー風に仕上げてくれたジュースはとっても美味! 最上階デッキテラスの心地良い風を感じ、The elegant breakfast under the umbrellas with magnificent sea views、これぞバカンスという言葉に相応しいひととき! わたしの8月ネイルも少々浮かれ気味で、"Summer、Sea、Vacation "theme、Using a cobalt blue finish whats glitter! Nail GLITTER (glitter) Nailist Ogiwara Rika-CHAN、ありがとう! 朝食後ものんびりとビールやカクテルを片手にデッキチェアにて寛ぎタイム! 船旅の贅沢さを感じる瞬間です! MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.) https://www.msccruises.jp/ MSCスプレンディダ(MSC Splendida) https://www.msccruises.jp/jp-jp/Discover-MSC/Cruise-Ships/MSC-Splendida.aspx マセラティ ジャパン(Maserati Japan) https://www.maserati.com/maserati/jp/ja...

"MSC splendida" a fantastic evening and dinner on board spend and bee time!

「MSCクルーズ」が運行する豪華客船「MSCスプレンディダ(MSC Splendida)」 が出港するまでの時間を待ち夕刻を迎える美しい夜景を眺めながらの船上ディナーと参りましょう! こちらの客船には、There are buffet restaurant available to free users、 さらに「MSC Yacht Club(ヨットクラブ)」では会員限定の専用レストランが追加されます! 初日のディナーはヨットクラブ専用の「L’OLVO RESTAURANT(ロリーボレストラン)」を利用させていただきました! 船内のレストランやイベントでは、Dress code is provided in each Gala (formal)、Informal (informal)、Casual (casual)、「Theme(テーマ)」の4種類に分類されています!※厳密厳守ではないようです!ロリーボレストランのドレスコードは「Informal(インフォーマル)」となります! 地中海に面した各国の料理を前菜からメインディッシュ、Can be ordered à la carte and desserts、In addition、The percentage of passengers bound for Shanghai here、Due to the overwhelming Chinese and Japanese guests、China、Japan food available。The menu is、日本語表記もされており安心です! ヨットクラブの特典の1つとして嬉しいのが、Not to mention the meals in their restaurants、Drinks containing alcohol are included, free of charge! Because it already is spumante lots of company、スッキリとしたシャルドネで乾杯しましょう! [ロリーボレストランディナー] ・ミネラルウォーター「S.Pellegrino(サンペレグリノ)」 やはりイタリア船ということもありサンペレです! ・前菜「新鮮なマグロのカルパッチョ」 薄くスライスしたマグロのカルパッチョはフレッシュトマトやオリーブにビネガーソースを添えて! ・前菜「ガチョウの胸肉の燻製」 ローストしたグリーンアスパラガスにガチョウの胸肉の燻製を巻いて、Vegetables with mushrooms.。バルサミコソースでいただきます! ・スープ「季節野菜のミネストローネ」 季節野菜を煮込んだあっさりとしたミネストローネ! ・メイン「ラザニア ポルトフィーノ」 港町ポルトフィーノのラザニアは、Become a layer of egg pasta、ジェノベーゼソースにパルミジャーノ・レッジャーノをかけて! ・メイン「鯛フィレのグリル」 鯛フィレをグリルし、Tomato and asparagus、マッシュポテトを添えて! ・デザート「ザッハトルテ」 オーストラリアのチョコレートケーキは、Served with apricot filling、食後のコーヒーと共に楽しみます! 刻々と移りゆく夕暮れの空模様は幻想的な夜を迎え、To finish the meal、すっかりネオンが煌めく埠頭 ! デッキ14「Aqua Park(アクアパーク)」の中央デッキでは「Groove Island Band」によるダンスミュージックライブが開催されておりルーフトップの開放感溢れる生ライブとなります! 出港前には、To all passengers when it comes and say emergency evacuation drills are required by international maritime safety laws、全員参加の避難訓練を開始! 船内に鳴り響く緊急アラームと共に流れるアナウンス(中国語、Japanese、English) in accordance with the、Life vests in each cabin to see attached、Emergency evacuation sites are listed for each cruise card (we are”D”)へ急ぎます! 船内で体験する初めての避難訓練!仮に、May be that it lacked composure during real emergencies。 However,、In each booth crew will guide the evacuation routes、Support for peace of mind and trust、It is calm and can act! In 2000-is a big move 3,000 people from、Panic、Cool cope、やはり事前の訓練は欠かせません! 無事に訓練を終え出港時刻を迎えました!キャビンに戻るとターンダウンサービスがなされていました! 枕元にはチョコレート、In the table、チョコレート掛けの苺が用意! 船内では毎夜様々なエンターテイメントショーが開催されており、On this day、At THE STRAND THEATRE (Strand Theatre) on deck 6/7、ジン・フェリッペがお送りする「THE PEARL OF LABUAN」の公演が観られます! 就寝前に寝酒を一杯いただこうと、Go to the top sail lounge dedicated Lounge、Moist and Moody atmosphere has changed、ピアノの生演奏を楽しむことが出来ます! ミャンマー人のバーテンダーで笑顔が素敵なソーハン(SOE HAN KYAW)くんにスペシャルカクテルをオーダーするとジェームス・ボンド仕様のウォッカベースの「マティーニ」を作ってくれました! アルコール度数の高いウォッカではありますが、Finish up with vodka and shake the Martini the original Gin base and steer by、And light designs、爽やかな飲み口に! バーテンダーのソーハンくんは、Good at any little bit of magic、シェーカーを用いたマジックを次々と披露してくれました !...

To the VIP luxury passenger ship "MSC splendida" Italy's largest Yacht Club!

This time、Yokohama-Daikoku Wharf voyage to Shanghai、イタリア最大級のクルーズ会社「MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.)」の豪華客船「MSCスプレンディダ(Msc Splendida)」に乗船! 首都圏における一大流通拠点として活躍する大黒ふ頭にて姿を露わにした13万tもの巨大な船のその迫力たるや、Clearing large neck to look up at the sky、ようやくその全景を目にすることができる程の大きさで圧倒されてしまいます! 18層ものデッキ数を誇り、Passenger capacity: 3247 name、Number of approximately 1370、全キャビン数1,637室となるスプレンディダ!「どんだけ~」と叫びたくなるほどのスケールの大きさに開いた口が塞がりません! 今回の船旅の乗船客数は「Maserati Japan マセラティ ジャパン」が招待したマセラティオーナー約160名を含む日本人ゲスト900名に加え、Chinese 1000 guests、バラエティ豊かな多国籍ゲストで総勢約2,300名の乗船と伺っています! 埠頭に横付けされた豪華客船の前には既に長蛇の列を成すおびただしい数の乗船客の皆さん! 出港までにかなりの時間を要すると伺っておりましたがこの列を見れば納得の光景です! しかしながらわたし達マセラティオーナーは「Maserati Japan マセラティ ジャパン」が用意してくれたVIP用の船上プライベートクラブ「MSC Yatch Club ヨットクラブ」の専用イミグレーションブースの特設ラウンジが利用でき出入国審査が済むまで優雅にスパークリングワインで出迎えていただきました! 優先してチェックインを済ませるためスムーズに乗船することが可能です! 全国に展開するマセラティディーラーが集結するため他県のマセラティーユーザーと交流を共にできる今回の船旅! 「マセラティ 浜松」からは有名なパティスリー「Abondance Patisserie(パティスリーアボンドンス)」のBernard Heberle(ベルナール)&長谷川 豊佳 (Toyoka Hasegawa)さん夫妻とわたし達夫婦がマセラティを愛するオーナーとして参加しています! 特設ラウンジでのウェイティング中に、While piling up each Maserati owner、Participate than Hiroshima early in Mr. Iwasaki & Hiro who become good friends as Mr. and Mrs.、ご一緒する4日間の船旅にワクワクが止まりません! 乗船準備が整いクルーズ船の専属スタッフに従って進みます! 乗船前にスプレンディダのボードをバックにイケメンのクルーと撮影できる特設スタジオが用意されており一家族毎に船長ポーズで記念撮影! スタッフに先導されていよいよ乗船です!ロビーへ続く階段を上がっていきます! 乗船階段を上ると5階デッキの中央ラウンジに繋がっており一般乗船客はこちらのロビーでチェックインとなります! わたし達はそのまま15階デッキに用意された「MSCヨットクラブ」専用ラウンジ「トップセイルラウンジ」へ! ヨットクラブには、24And are staffed by hour concierge staff or individual's Butler、Private lounge、Private restaurant & bar、There was a private pool、Everything is next to an all-inclusive menu (free service)、船内で快適な船旅を送るために細やかな応対を施してくれる安心のサービス! チェックインまでこちらのラウンジで歓談タイム! 会員限定のヨットクラブのある特別フロア15階デッキから最上階となる18階デッキは、For the dedicated band embedded passcode is handed、To unlock the key lock and worn on the wrist, and visitors、船上において最もプライベートな空間を確保しています! コンシェルジュデスクには、Resident and staff、言語の心配には及びません!日本人スタッフのAyaka Tanakaさんがとても陽気で友好的な愛らしい方でした!トゥルットゥルットゥトゥ~が彼女の口癖!?(笑) スタッフのエスコートでお部屋へ向かいます!わたし達は15階デッキの15011号室となります! ヨットクラブの客室は、All 69 rooms and suites and all the、Wider general class cabin、Ensures a luxurious space, balcony suggests watching the sea every hour! The cabin is fine Navy calm x decorated in shades of Brown、セミダブルサイズのツインベッドを用意! 窓際で寛げるソファやメイクアアップに欠かせないドレッサー、With alcohol, including free minibar、冷蔵庫内は充実のラインナップ! ルームクリーニングは毎日の清潔を保ち、Gas free、Gas with mineral water、フルーツ等も毎日補充してくれます! 日本人には欠かせないバスタブも完備されたバスルームには、MSC original base item are uniform、Free-standing closet has been also provide bathrobes and slippers、Safety deposit box、There are also emergency life jackets! Wi-Fi is available everywhere on board、Although there is some instability、何も無いよりかは助かります! ヨットクラブのウェルカムドリンクとしてはやはりイタリアのスパークリングワイン「Aneri Brut Prosecco」で出迎えてくださいます! ウェルカムデザートとしてはマセラティ御用達のカフェ「COVA コヴァ」で作られるオリジナルのトライデント刻印クッキーや提携先の「Bulgari JAPAN」/「ブルガリ・イル・チョコラート」のチョコレートジェムズを用意! マセラティのロゴ入りショッピングバッグの中には様々なマセラティオリジナルグッズのプレゼントが! 荷解きを済ましたら専用の「Top Sail Lounge」へ!...

Scroll to top