法國的餐廳,"現在和永遠腎"廚師的課程與夏天煙花

然而,作為 mokuren 靜靜地坐著、定義一個有尊嚴、庭から眺めることのできるシンボルツリー 「連理の木」の存在感溢れる素晴らしい建物がこちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わった カフェ&レストラン「連理 LENRI」。 2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープン。 說的廚師將在這裡這一次過,重明、 後整理培訓在岐阜縣多治見、「グランドエクシブ浜名湖」内のイタリアン「ルッチコーレ」にて、 務marete 廚師約十年在義大利和法國進來、 充分利用這項技術已栽培為止、 提供主要生計的融合東方和西方殖民的法國菜。 這裡的歐洲城堡形象、靜靜地依偎在石頭牆內砌體是、 まるで隠れ家のような雰囲気を醸し出しています♪ 春夏秋冬を楽しむことのできるお庭を前に景色を眺めながら美味しい食事を味わえる至福のひとときを過ごせますさて今回は尾上シェフにお願いしボリューム的に1人3皿ずつで内容はおまかせするショートコースをオーダーしました♪ 丁度中庭テラスに紅白の百日紅の花が満開を迎えており心地良いそよ風が吹く夏終わりの夕暮れ時こちらの中庭テラスでは、8月末まで「古城ビアガーデン」を開催されており西洋の雰囲気に包まれた城壁のような壁に囲まれ青い芝が広がる百日紅の花の下で優雅なひとときを楽しめます♪ 連理 百日紅(白) 百日紅(紅) アペリティフは中庭テラスでいただくことにしました♪ 「アストリア コールドワイン 9.5 ピンク」イタリア ヴェネト州 4,500円 アルコール度数が9.5%なことからボトルに大きく9.5とネーミングされているイタリアはヴェネト州のスプマンテボトルは白くコーティングされており中の淡いピンクカラーは注がれるまでのお楽しみとなっています。 這裡、針金部分もピンクでさらにコルクの底もピンクで統一されており連理のイメージカラーであるピンク一色です! 薄く儚げなピンクカラーに繊細な泡立ちスッキリとした味わいでありながらフルーティーさも感じる爽やかなスパークリングワインです♪ 「前菜の盛り合わせ」 香ばしく甘味を感じるウチワエビのローストはレア気味で最高の状態に仕上がっており蜂蜜でマリネした梅との相性も絶妙キントキダイの炙り焼き生姜のバルサミコ煮茗荷のピクルスバルサミコ酢の球体を添えて新鮮な駿河湾赤いかのマリネをほろ苦さを感じる万願寺唐辛子のムースで和えたものはお酒の当てに最適です♪ 「甘鯛のカリカリおこりんぼ」 甘鯛の鱗の食感を楽しむためにカリカリに揚げマスカットのソースでいただきます。 小飛蓬、三尺ささげ、黃秋葵、糸唐辛子のフリットを添えて白のビオワインを用いて作る尾上シェフのコクのあるブールブランソースにマスカットの酸味を加えるソースはこの時期限定のソースでお勧めです! 魚料理は鱗パリパリに限りますね♪ 「Chateau la Reverance 2011 シャトー・ラ・レヴェランス」フランス ボルドープティシャトー...

滾動到頂部