法國課程的一部分, 騎行在庫裡島 "餐館西斯" 來自第6課

沖縄北部の離島・古宇利島に2018年4月15日にオープンしたばかりのフランス料理店「レストラン6(Cis) Restaurant SIX」にて至極のフレンチコースを堪能!後編となります! 「レストラン シス」古宇利島で第6感から生まれる至極のフレンチコース前編 こちらは昨年2017年まで名古屋にて「フランス料理シェ小杉」「イレテテュヌフワ (Il etait une fois)」としてフランス料理店を営まれてきたオーナーシェフの小杉浩之(Hiroyuki Kosugi)さんが奥様・小杉 妙 (tae kosugi)さんの御実家である沖縄へ拠点を移しオープンされたお店です! 店内は、別致的現代建築充滿了不安、回掉和懸掛在天花板上的琉球松的作品、その陰影で真っ白なテーブルクロスに光と影のアート性ある世界感を演出! 席数16席となる全席から古宇利大橋を望めるオーシャンビューとなり、當看著黃昏的藍天、静かな時をゆるりと過ごすことができるレストランとなります! コースは、只需支付小須木主廚的18000日元 (服務費和稅費)、1盤1可在一個小藥水、感性豊かに楽しませてくれる奇想天外な小杉ワールド全開の20皿以上が展開されていくスペシャルディナーとなります! 今回「レストラン6(Cis) 餐廳六 "也、わたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器とコラボしていただくことに! 「レストラン6(Cis)"現在、每道菜1餐, 每個圖像適合、採用了一項非常獨特的文書、在這一天, 小杉廚師、在看樂器給我們帶來 ' 這是我看起來真的很真實的工作! "我很高興、一部の器を変更してコラボしてくださいました! [レストラン6(Cis) Restaurant SIX~Special Dinner~] <14皿目>×<釋永岳 gen シャーレ> 光の加減で色の見え方が変わり虹色のようにも観える美しいオオム貝に注がれる温かな貝柱のコンソメスープは、清晰的顏色晶瑩的金色我覺得石的工作! 香噴噴的魚沒有鹽,、身体の髄まで染み渡る美味しさです! 「バシュレ・モノ サン・トーバン1erCruアン・レミリー2015(2015 Domaine Bachelet-Monnot Saint Aubin 1er Cru En Remilly)」 バシュレ兄弟が手掛ける淡い緑が美しく透き通る極上のシャルドネ! <第15の皿> 見事な程に鮮やかなヴァイオレットカラーで一際目を惹く大皿には、採用醃制紅洋蔥菊花和特拉維斯、紫色花椰菜片和百合花的花、配紅色捲心菜粉、単色でまとめたセンスがキラリと光ります! 生地はサクッとホロホロな食感で、特拉維斯苦澀散發著女人的氣息、野菜の甘味を楽しめる上品なヘルシーキッシュです!...

乘坐在庫裡島 "餐館西斯" 出生從第 (6) 法語課程第一部分

沖縄北部の離島・古宇利島に2018年4月15日にオープンしたばかりのフランス料理店「レストラン6(Cis) Restaurant SIX」にて至極のフレンチコースを堪能!前編となります! 「レストラン シス」古宇利島で第6感から生まれる至極のフレンチコース後編 こちらは昨年2017年まで名古屋にて「フランス料理シェ小杉」「イレテテュヌフワ (Il etait une fois)」としてフランス料理店を営まれてきたオーナーシェフの小杉浩之(Hiroyuki Kosugi)さんが奥様・小杉 妙 (tae kosugi)さんの御実家である沖縄へ拠点を移しオープンされたお店です! 店内は、別致的現代建築充滿了不安、回掉和懸掛在天花板上的琉球松的作品、その陰影で真っ白なテーブルクロスに光と影のアート性ある世界感を演出! 席数16席となる全席から古宇利大橋を望めるオーシャンビューとなり、當看著黃昏的藍天、静かな時をゆるりと過ごすことができるレストランとなります! コースは、只需支付小須木主廚的18000日元 (服務費和稅費)、1盤1可在一個小藥水、感性豊かに楽しませてくれる奇想天外な小杉ワールド全開の20皿以上が展開されていくスペシャルディナーとなります! 今回「レストラン6(Cis) 餐廳六 "也、わたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器(※後編で登場します)とコラボしていただくことに! 「レストラン6(Cis)"現在、每道菜1餐, 每個圖像適合、採用了一項非常獨特的文書、在這一天, 小杉廚師、在看樂器給我們帶來 ' 這是我看起來真的很真實的工作! "我很高興、一部の器を変更してコラボしてくださいました! コースには、食物適合小須木廚師一對問、希少なChampagne「ベルナール・ペルトワ ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ(Bernard Pertois Champagne Grand Cru Blanc de Blancs Brut)」で乾杯! 「もしや天然では!?」とも取れる愛らしいキャラクターの奥様・妙さんの朗らかな笑顔と軽快なトークが炸裂し、庫克開始進行在可愛的, 而微妙的喜歡服務、小桌子變得活潑、楽しく食事がスタートします! [レストラン6(Cis) Restaurant SIX~Special Dinner~] <ウェルカムティー> 試験管で提供されるウェルカムティーは、是橄欖色棕色與有機橄欖葉在甜感覺、さっぱりと口中を潤し食欲を湧き立てます! <第1の皿> 目でも楽しめる感動の1皿目は沖縄の県魚となる「グルクン」の木製オブジェの上にひょこりと添えられて登場!...

滾動到頂部