Yokohama "Mira! Tama Plaza " Enjoy a glass of wine to go to feel free to Spanish Bar!

横浜の「たまプラーザ」は、In the exclusive residential area of 25 minutes from Shibuya Tokyu denen toshi line "、 Nearby is the kohoku new town、Quiet residential area expands。 駅前には「東急百貨店」があり、Climbed up the first slope shopping、 一際賑わいを見せるスペインバル「Mira!たまプラーザ」があります。 2010年9月7日にオープンしてからというもの 気軽に立ち寄れ「リーズナブルにワインが楽しめるお店」と口コミで広がり、Quickly became a popular store、 2012年4月23日には近隣に姉妹店としてカジュアルイタリアンの「Barbaro バルバロ」をオープンされています♪ 席数はテーブル14席、Counter seating for 10、And the 32-seat patio 8 seats、 営業時間が15:59-25:59(L.O.)という少し変わった形態となっています夕方15:59To 18:29までを「Happy Shower ハッピーシャワー」と名付け御1人様たったの980円!で最大2時間30分スパークリングワイン飲み放題という 素敵なイベントを毎晩開催されています♪ 「Mira!たまプラーザ」をオープンさせるにあたりオーナーの大久保仁博樹さんは、 Thorough research and flow around the store and people、It was kodawara to search for properties along the conditions。 And、The TAMA Tama Plaza North、Although Italian、 Spanish、Spain charges especially authentic food & wine Shoppe is not that、 Also、Not only about the Ramen shop come back by train、 From meet the needs you want to enjoy some yummy food and wine shop、 We incorporate the Spanish style。 「Mira!たまプラーザ」のある通りの商店街は夜間でも道が明るく、With many eyes of people home from work for、 Alone as well as casual counter seating many established、 Without charge、メニューにお得な「ひとりごはんセット」1,500円(ワイン・前菜・1品料理)を提案されるなどし、 That worked out the concept that matches the style of the city、 多くの方に愛されるお店に成長されたのですね♪ オーナー大久保仁博樹(Hiroki Ohkubo)さん ファニエンテ時代の大久保シェフ ファニエンテ「野菜のテリーヌ」 東京情緒食堂の表紙を飾る 1976年生まれ神奈川県出身の大久保仁博樹さんは、"Rosso enero"、After "bisboccia]、 1996In the year went to Northern Italy alone、Are trained in the area, such as the "Antica Osteria del Ponte.。 After returning to Japan in Yokohama、As the Executive Chef at Tokyo's Ristorante、 After that、Kawasaki saginuma opened in 2005, the young "fanniente"、 It continued.、2008Italian restaurant called "ultimatum" is to open in。 Despite the location away from downtown.、Quickly became a hot topic among the Italian favorite foodie、 Many repeat customers、Has been noted in most of the major Gourmet magazine。 大久保さんはあくまでも「リストランテ」の形式にこだわった店づくりを目指されてきましたが、 2010In backup of the San-m project in Ginza in casual "Trattoria artifice.。 While in the same year to Tama-Plaza of the Spanish casual "Mira!Tama Tama-Plaza "、 2012Open in ├italianbar "Barbaro Barbaro.、Where I am today。 「Mira!たまプラーザ」は「Happy Shower ハッピーシャワー」で話題を呼び、 On 300-400 of Cava is open。 Due to this project、「ワインを飲むお店」という認識を浸透させお客様は「Mira!たまプラーザ」にワインを求め集まり月に600~700本ものワインが空くというから驚きです!...

Scroll to top