French restaurant "LENRI" 4 year wedding anniversary to celebrate chef's course

Yet as mokuren sat quietly、Define a dignified、庭から眺めることのできるシンボルツリー 「連理の木」の存在感溢れる素晴らしい建物がこちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 LENRI」。 2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープンされてから、As early as 2 years have passed。 こちらで活躍されているシェフの尾上成彰さんは、 After finishing the training in Tajimi in Gifu Prefecture、In Italian "Lake Hamana grandxiv" in "luccicore"、 務marete chef about ten years in the Italian and French came in、Fully utilizing the technology have been cultivated so far、 Provided mainly subsistence by the fusion of Eastern and Western colonial France cuisine。 Here the image of European castles、 Quietly nestled within the walls of the stone masonry is the、まるで隠れ家のような雰囲気を醸し出しています♪ 店内1階は、25 table seats including the semi private rooms、4 counter seats overlooking the courtyard and、 Dark brown calm can enjoy spacious and dignified atmosphere in the floor and stone walls in。 2On the floor、貸切のイベントスペースなどとしても活用できるフロアを提供されています♪ 広大な敷地3,000坪を誇り、Blessed with a Blueberry farm and herb garden restaurant。 While watching the scenery ago your garden you can enjoy the four seasons、 美味しい食事を味わえる至福のひとときを過ごせます♪ わたし達の結婚記念日4年目を迎える2016年2月22日(にゃんこの日)に伺い、 Celebrate Memorial Day、尾上シェフに事前にお願いしおまかせコースをオーダーしました♪ 浜名湖の「グランドエクシブ浜名湖」で7年ほど尾上シェフと一緒に務められていた中村さんを2016年3月より正式に社員として迎え入れられています中村さんは浜松出身ですがここ2年ほどは「エクシブ箱根離宮」にいらしたところを 尾上さんに声がけされ、Is the firm decided to return to the local。 As a high-value experience Hall staff、安定のサービス提供が見込めると尾上シェフも喜ばれていました♪ 「2011 Hugel Riesling Estate(ヒューゲル リースリング エステイト)」 今回のワインはフランスはアルザスのドメーヌ「Famille Hugel(ファミーユ ヒューゲル)」を招き「THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN ジ オリエンタルテラス トリゼン」にて開催された 「Wine Maker’s Dinner Vol.4」にていただいた 「2011 Hugel Riesling Estate(ヒューゲル リースリング エステイト)」を持込みさせていただきました! ヒューゲルの新商品として、Rieslingesteite has just been released a few months prior to the、 More than half of the grapes has been used Grand Cru shnan ball、 In a vineyard in Burgundy and the same marl soils at steep slope、...

French restaurant "now and forever renal" chef's course with the summer Fireworks

Yet as mokuren sat quietly、Define a dignified、庭から眺めることのできるシンボルツリー 「連理の木」の存在感溢れる素晴らしい建物がこちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わった カフェ&レストラン「連理 LENRI」。 2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープン。 Says chef will be here this time Onoe, Shigeaki、 After finishing the training in Tajimi in Gifu Prefecture、In Italian "Lake Hamana grandxiv" in "luccicore"、 務marete chef about ten years in the Italian and French came in、 Fully utilizing the technology have been cultivated so far、 Provided mainly subsistence by the fusion of Eastern and Western colonial France cuisine。 Here the image of European castles、Quietly nestled within the walls of the stone masonry is the、 まるで隠れ家のような雰囲気を醸し出しています♪ 春夏秋冬を楽しむことのできるお庭を前に景色を眺めながら、 Enjoy a delicious meal enjoy blissful time。 Okay this time、尾上シェフにお願いし、 Volume in one 3 plate、内容はおまかせするショートコースをオーダーしました♪ 丁度、On the courtyard terrace facing red Crape Myrtle flowers in full bloom、A pleasant breeze that blows、Summer at dusk。 In this Courtyard terrace、8月末まで「古城ビアガーデン」を開催されており、 Surrounded by walls, such as atmosphere of the Western Wall、 青い芝が広がる百日紅の花の下で優雅なひとときを楽しめます♪ 連理 百日紅(白) 百日紅(紅) アペリティフは中庭テラスでいただくことにしました♪ 「アストリア コールドワイン 9.5 ピンク」イタリア ヴェネト州 4,500円 アルコール度数が9.5%なことからボトルに大きく9.5とネーミングされているイタリアはヴェネト州のスプマンテ。 The bottle is white coating and has、A pale pink in color and enjoy to be poured。 Here is、Wire parts in pink even Cork sole and pink decorated in、連理のイメージカラーであるピンク一色です! 薄く儚げなピンクカラーに繊細な泡立ちスッキリとした味わいでありながらフルーティーさも感じる爽やかなスパークリングワインです♪ 「前菜の盛り合わせ」 香ばしく甘味を感じるウチワエビのローストは、And finished in a rare feeling, the best State、 Well the plum marinated in honey and exquisite。 Broiled priacanthidae、Balsamic Ginger Sauce、Pickled Japanese ginger、Sphere of balsamic vinegar, served with。 Marinated Gulf of Suruga fresh red?、 Things feel bitter sweet red pepper mousse with、お酒の当てに最適です♪ 「甘鯛のカリカリおこりんぼ」 甘鯛の鱗の食感を楽しむためにカリカリに揚げ、Muscat's sauce。 Horseweed、Three shakus is scraping、Okra、Served with fried chili。 白のビオワインを用いて作る尾上シェフのコクのあるブールブランソースに、 Add the sour taste of Muscat sauce、この時期限定のソースでお勧めです! 魚料理は鱗パリパリに限りますね♪ 「Chateau la Reverance 2011 シャトー・ラ・レヴェランス」フランス ボルドープティシャトー...

Full-course dinner of Omakase chef potluck and forever renal certain friends and wine

Yet as mokuren sat quietly、重厚感を醸し出し 庭から眺めることのできるシンボルツリー「連理の木」の存在感溢れる素晴らしい建物がこちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 レンリ」さん。 2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープン。 Current、こちらで活躍されているシェフ尾上成彰さんは、After finishing the training in Tajimi in Gifu Prefecture、 I grandxiv Hamana Lake in Italian "luccicore" at the 務marete chef about ten years in the Italian and French came in、 Fully utilizing the technology have been cultivated so far、Provided mainly subsistence by the fusion of Eastern and Western colonial France cuisine。The building was built a castle、ライトアップされて昼の顔とはまた一味違った厳かな雰囲気を醸し出しております♪ 店内は、Unlike the soft natural light of the day、And then transforms into a space moist with warm lighting、 Adult retreat-like ambiance。 To this day, Miyoshi、And then held a dinner with some friends and his wife、And then bringing the wine to each other、 尾上シェフには、1人8,000円のフルコースでお任せしています。 4月に誕生日を迎える友人妻のお祝いも兼ねてパーティの始まりです♪ 「シェフ尾上成彰さん」 食事前に一通りコース料理の説明をしてくれる尾上さん朝一番で自ら採る旬の山菜や今が美味しい貝類をふんだんに用いての贅を尽くしたフルコースとなります♪ 「デ・ボルトリ・ジャン・ピエール・ロゼ」オーストラリア-ニュー・サウス・ウェールズ州(ワインブティックパニエ) オーストラリアでも人気の「デ・ボルトリ」のスパークリングロゼチェリーやラズベリーの芳醇な香りにフレッシュな程好い酸味ハーブとミネラル感ほのかな甘味と爽やかな後味がアペリティフにピッタリです! 桜の終わりを告げるこの季節にその生命の儚さと尊さを感じながら 美しいロゼの色合いで乾杯♪ 「磯ツブ貝と浜松のしずくブルゴーニュ仕立て」 駿河湾で漁れた磯ツブ貝をブルゴーニュ風に仕立て篠原の「鈴木農園」の会長さんがエシャロットと玉葱を掛け合わせて品種改良された浜松のしずくをローストで添えていますニンニクやパセリを利かせた濃厚なソースに負けないほどの磯の香り漂うツブ貝の美味しさに ローストして甘~く仕上がった浜松のしずくはとろっとろです! カリッとトーストされたバゲットに乗せていただきます♪ 「朝採りわらび・せり・ふきのテリーヌ しらすのタルタルにホタルイカ・トリ貝」 尾上さん自らが朝採りしてきたわらびやせりふきなどの山菜をシェフお得意の和の要素たっぷりのあっさりと上品な美しいテリーヌに仕立てています丹波の黒豆とトリ貝とホタル烏賊をテリーヌに添えて漁れたてのシラスを生と炙ったもので合わせ食感の違いと甘味の違いを楽しみます♪ 「ベルンハルト・フーバー ヴァイサーブルグンダー 2013」ドイツ(ワインブティックパニエ) 世界最高峰の醸造所と称えられる「ベルンハルト・フーバー」のヴァイサーブルグンダーは、 The barrel portion for、Together with barrel aroma、 Looks better in classy fragrance like the white flower of the grape。 Concentrated fruit flavors and creamy and full-bodied flavor。 あまり冷やし過ぎないほうが旨みをより感じます♪ 「アサリのサバイヨンにグリーンアスパラガスを添えて」 とっても太い浜松のグリーンアスパラをサクサクのパイで挟んで浅利の出汁を利かせた旨味溢れるサバイヨンソースでいただきますサバイヨンとは卵黄に水酒類などの水分を加えて軽く温めながら細かく泡立てたものジューシィなアスパラはギュッと甘味が濃く瑞々しさが溢れます浅利の旨みと青柳のコリコリとした食感と甘味も最高です♪ 「フルーツトマトの温かいスープに蛤の入ったロワイヤルカプチーノ仕立て クミン風味」 フルーツトマトの酸味と甘味のバランスが整った旨みを凝縮した温かいスープは蛤の出汁と共にロワイヤルで仕上げています。 On the、クミンを風味付けた大豆の泡を添えています尾上さんのスープはいつもいつも絶品です! クミンのスパイスな香りが食欲をそそり立てメーンディッシュと捉えても良いほどに大満足のスープです♪ 「バゲット」 「釣り甘鯛のおこりんぼ焼き...

Celebrate the new year and forever renal, peas in a pod of Onoe chef special course in Weifang

Yet as mokuren sat quietly、Define a dignified、Great building with symbol tree can be viewed from the garden, trees and forever presence、こちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 レンリ」さん一昨年2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープン。Says chef will be here this time Onoe, Shigeaki、After finishing the training in Tajimi in Gifu Prefecture、I grandxiv Hamana Lake in Italian "luccicore" at the 務marete chef about ten years in the Italian and French came in、Fully utilizing the technology have been cultivated so far、Provided mainly subsistence by the fusion of Eastern and Western colonial France cuisine。Here the image of European castles、Quietly nestled within the walls of the stone masonry is the、まるで隠れ家のような雰囲気を醸し出しています♪ 春夏秋冬を楽しむことのできるお庭を前に景色を眺めながら、Enjoy a delicious meal enjoy blissful time。Now、This time the、昨年のクリスマスディナーでいただいたコースがあまりにも素晴らしかったために新年を祝して尾上さんに事前にお願いし、1人7,000円でおまかせコースをオーダーしました♪ 席に着く前に、On the table、尾上さん直筆のおしながきが用意されておりアミューズに「燻製」の文字が連理さんではお店の敷地内の暖炉の薪を保管する場所の横に燻製室が設けられています。Just、With just the smoked salmon is produced to this day by、中を見せてくださいました♪ 燻製室を開けると桜の木の香りが風に乗り、馨shii fragrance-a mouth-watering experience。鮮やかな色合いのサーモンのお出ましです♪ 「桜の木で燻したサーモンにグレープフルーツクリーム添え」 桜の木で燻したサーモンを薄切りしに、Must be accompanied by olive oil cream a refreshing grapefruit。By smoked、From the mouth to the back of the nose flavor is spread、Sweetness and flavor are tightly confined、程好い脂身を楽しめるサーモンです♪ 「カリフラワーブランマンジェにトマトコンソメ 浜名湖産巻き海老、Scorpion fish、Abalone、Camas、赤イサキ」 下層にカリフラワーのブランマンジェを敷き詰め、Are we wrapping consomme made from tomatoes。On top of that、 Scorpion fish and shrimp from Hamana Lake、Abalone、Camas、Lighter red grunt offers flame grilled。You can enjoy the flavor of the material if you let the、And dressing and cauliflower tasteful Manger、The mellowness and richness also joined、Well its great dish。The strawberry sauce.、白ワインと蜂蜜でモスタルダ風に♪ 「浜名湖産落し牡蠣のクリームパスタ」 大粒の浜名湖産落し牡蠣は、Oyster sauce and seared the preppy! Small cut the oyster from flavor, squeeze、Will be in a rich cream sauce with plenty of mushrooms。Along with enjoying a meal of purple broccoli。But cream、Not heavy、No persistence of pasta。尾上さんのパスタは初めていただきましたがメチャメチャ美味しいです♪ 「バゲット」 「篠原産黄カブのスープに浜名湖産蛤入りロワイヤル」 篠原産黄カブは、Enjoy luxuriously sweet yellow turnip soup to finish、Served with Cumin espuma。To the bottom、And in big big Hamana freshwater clam、Has become a Royal。尾上さんのスープは毎回何をいただいても絶品です♪ 「釣り金目鯛さっと炙り、Crab、Sea Urchin、Hamana Lake from seaweed、帆立貝のムースちりめんキャベツで包蒸 ブールブランソース」 さっと軽く炙った金目鯛は、Enjoy a soft texture and sweet taste、Crab and sea urchin、Trapped in a fluffy mousse of scallops Hamana Lake from seaweed、「農+NOTICE」さんのちりめんキャベツで包み蒸しに仕上げています。And、尾上さんお得意のブールブランソースに合わせていただきますグリーンの濃淡で色鮮やかなちりめんキャベツに金目鯛の赤が加わり、See the beautiful、While each utilizing the material taste、ソースで一体感を出しています♪ 「有機栽培のいろいろトマト」 半身ずつカットされた有機栽培のいろいろトマトを、According to homemade tomato juice、We also tried。Without any seasoning, salt、Only the vegetables taste alone! Delicious tomato dish is from。中でも赤紫色したバイオレットという品種は、Anthocyanin content、どこか葡萄のような甘味と酸味が美味しいトマトです♪ 「捕れたてうり坊のフィレ肉と舌焼き 根パセリのコンフィーとうず巻きビーツのロースト ジャンジャンブルソース」 前回の鹿フィレに続き今回も尾上さんお得意のジビエ料理で捕れたてうり坊のフィレ肉を堪能します。Peas in a pod and Bou、Children of the wild boar。A hard life、Win a punishment if you don't welcome。Even those with weak smell of wild boar, Bou smell or habit so delicious you may。The prisoner who is tinged with a distinctive fleshy inomoto came in strong wild taste and flavor filled with lean。This time、My first experience of was the band tongue grilled、And elastic than beef tongue、As chewing flavor is intense and more、After flow out from the after taste! This too I think! And served with vegetables、Confit of sweet carrots, such as burdock root parsley、Roasted Eel potato filled with sweetness and spiral beets and juicier, hatamanegui (cipolletti)、生姜を使ったジャンジャンブルソースで舌鼓♪ 「アツアツタルトタタンにグラスバニーユ添え」 尾上さん渾身のおまかせコースの〆のデザートは、This time the、Toro was the Tarte Tatin with a spicy tuna! In the sense of caramelized appearance、Petite boobs as and appears to be strong sweet、It is no、Together when you finished simmering Apple with vanilla ice cream、至福のティータイムが訪れます♪ 「紅茶」 またまた珍しくコーヒーではなく、Order tea。Now and forever, tea、In the domestic Japanese tea using tea I want to tear from the shibukawa、After the fragrance、Like tea, not tea、Like coffee, not tea、Trying refreshing taste is characterized by。尾上さん渾身のおまかせコース料理をいただいて思うことは、Current、Is that the most favorite restaurant in Hamamatsu! Food is of course、2000Surrounded by extensive grounds of natural、Castle like appearance、本当に素敵ですよ!尾上さん石川さんありがとうございます!また伺いますね♪ カフェ&レストラン 連理 レンリ 浜松市北区都田町8501-2 TEL:053-428-7000 Hours of operation:10:00To 22:00Closed on Mondays:木曜日 http://wp.lenri.com/...

Commemorate the anniversary of now and forever renal dinner Christmas limited edition only

Yet as mokuren sat quietly、Define a dignified、Great building with symbol tree can be viewed from the garden, trees and forever presence、こちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 レンリ」さん昨年2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープン。Says chef will be here this time Onoe, Shigeaki、After finishing the training in Tajimi in Gifu Prefecture、I grandxiv Hamana Lake in Italian "luccicore" at the 務marete chef about ten years in the Italian and French came in、Fully utilizing the technology have been cultivated so far、Provided mainly subsistence by the fusion of Eastern and Western colonial France cuisine。The building was built a castle、ライトアップされて昼の顔とはまた一味違った厳かな雰囲気を醸し出しております♪ この日は連理さんが尾上シェフの手によってリニューアルオープンされてから2014年12月3日で1年が経過し一周年を記念すると共に限定ディナーとして12月3日~12月25日まで開催されているクリスマスディナーをいただきに参りました♪ フロントカウンター 暖炉が設置されている店内は、A warm fire on a cold day light will be。Shop、Unlike the soft natural light of the day、Instantly with warm lighting and mellow space。Decorated in a Christmas Wreath and red ribbons、Casually pull the Christmas mood、雰囲気を高めてくれています♪ この日は「WINE BOUTIQUE PANIER ワインブティックパニエ」のオーナーである小野哲義さんと由紀子さん夫妻にセレクトしていただいたスパークリングワインと赤ワインそしてなかなか手に入らない「KENZO ESTATE ケンゾーエステート」の白ワインをネットで購入してあったのでそちらと計3本をリーデルのグラスと共に持ち込ませていただきました♪(※持ち込み料はワイン1本に対し3,000円別途かかります) 石川さんにスパークリングワインを冷やしてもらった後に抜栓してもらいまずは乾杯です♪ 「モンルイ・シュル・ロワール・ブリュット クール・ド・クレイ」フランス ロワール 2,890円(ワインブティックパニエ) フランス・ロワール地方から、From the falls on the opposite bank across the River in vouvray AOC Montlouis、Tufa(Limestone Quality)For a 50 year-old from the vineyards on the vieilles Vignes chenin Blanc 100%、Built with hand-picked 100%、Montlouis Brut Champagne secondary fermentation method dry.。ハートのラベル中央には「De tout Coeur 心から愛しています」のメッセージが添えられているため、Sparkling wine is very popular, such as the Memorial Day will be。きめ細やかな泡立ちと甘味を感じる豊潤でエレガントな果実味が印象的です♪ 「白子のムニエル 桜海老のクーリーを添えて」 白子を表面はカリッとさせ、Even with the hot creamy decorated。It's you with dry shrimp coulis、To taste。添えられた古代人参のローストは「人参の本来の味ってこれだよね」と思わせてくれる甘さと良い意味の苦味があり大変美味しかったです♪ 「ウサギの背肉にフォアグラと香草ソーセージを詰めて 朝採れホワイトマッシュルームのクリームソース」 左手は、Bunny rabbit.。Open the rabbit loin, stuffed with foie gras and lemon balm herb sausage、Even the sun-dried tomatoes and roll together、Wrapped in bacon, sauteed、Source uses a derived from Rabbit bone、Mushroom cream sauce。Right over almond powder to escargot sautéed with。Shiitake mushrooms at the bottom、ソースはブルギニオンソースとなります♪ バゲット 「KENZO ESTATE 結 Yui」 4,590円(KENZO ESTATE オンラインショップ) 年間生産量が僅かで希少なロゼワイン。Beautiful graceful rose、With aromas of cherry and raspberry、Gem of charm is a refreshingly dry taste。Who's knot、Connecting hearts and minds、そんな相互扶助の精神を宿すその名はケンゾー エステイトの葡萄作りを支える人々の絆を表しているとのこと透明感溢れる桜色香りにこそベリーや白桃ような甘みが強いものの、The palate is、程好い酸とのバランスも良く可憐なセミドライタイプで全くえぐみのない爽やかさと艶やかさを持ち合わせていて最高に美味しいワインです♪ 「伊勢海老の炙り焼き 採れたて野菜に白ワインバターソース」 伊勢海老の身を椿油でマリネしてから炙り香ばしくプリップリに仕上げ海老の脳みその濃厚さと白ワインのバターソースブールブランでいただきます尾上シェフのブールブランソースは最高に美味しいんです。If、尾上さんに料理教室を開いてもらうなら絶対にソースを習いたいですね♪ 赤ワインのデキャンタ 「ヤルンバ・ザ・シグネチャー」オーストラリア バロッサヴァレー 7,500円(ワインブティックパニエ) ヤルンバは、1849年にイギリスから新たな人生を求め家族と共にアンガストンへ移住した醸造家のサミュエル・スミスによって設立されたオーストラリアのワイナリー。The grape varieties、カベルネソーヴィニヨンシラーズ濃い赤紫色で香りはクローブや胡椒カカオ、Caramel、プラムなどを感じパワフル過ぎず控え目過ぎず口通りの滑らかさと果実感が際立ちスパイシーで甘苦くもバランスの取れた素晴らしいワイン鹿などの野性味溢れるジビエに合わせても最適です♪ 「ローストした鹿フィレ肉と冬根菜 モリーユ茸のソース」 今朝届いたばかりの鹿1頭からほんの少ししか取れない貴重な部位フィレ肉をローストしモリーユ茸(アミガサ茸)のソースでいただきます。Onion、根パセリを添えて鹿の新鮮さが物を言うのか今まに味わったことのない鹿肉の味の濃さと深みと甘みが口の中で宇宙のように広がり羽ばたきます!尾上さんが「この鹿は火入れのタイミングを教えてくれる」とおしゃっていました今までいただいた鹿の中で紛れもなく一番です!モリーユ茸の赤ワインソースとの相性も良く噛めば噛む程に味の濃厚さに唸ってしまいました!これは本当に凄いです!尾上さんに感謝と敬意を表します♪ 「フォンダンショコラ バニラアイス」 もともとコースのデザートはホワイトクリスマスをイメージしホワイトチョコを用いたデザートでしたが、The last、試作を試食した際に「わたし達夫婦はホワイトチョコが苦手」というのを覚えてくださっていたようで尾上さんお得意のフォンダンショコラに変更してくださいましたサクッとナイフを通すと熱々のとろけるチョコが溢れ出してくるフォンダンショコラと赤ワインとの相性も良かったりします♪ 「ブランデー入り紅茶」 香りを楽しむようにブランデーを一垂らしした紅茶をいただきながら素晴らしい構成のコースの余韻に浸ります♪ 料理が終わり手の空いた尾上さんと一緒に歓談タイム今回の心に刻まれた素晴らしいコースを振り返りながら終わりのない美味しいもの話に華が咲きます♪ 「ボトルグリーン エルダーフラワー」...

Now and forever renal anniversary at a party to celebrate the heartfelt Onoe Sung, Chef hospitality

Yet as mokuren sat quietly、Define a dignified、Great building with symbol tree can be viewed from the garden, trees and forever presence、こちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 レンリ」さん昨年2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープン。Says chef will be here this time Onoe, Shigeaki、After finishing the training in Tajimi in Gifu Prefecture、I grandxiv Hamana Lake in Italian "luccicore" at the 務marete chef about ten years in the Italian and French came in、Fully utilizing the technology have been cultivated so far、Provided mainly subsistence by the fusion of Eastern and Western colonial France cuisine。The building was built a castle、ライトアップされて昼の顔とはまた一味違った厳かな雰囲気を醸し出しております♪ 暖炉が設置されている店内は、A warm fire on a cold day light will be。Shop、Unlike the soft natural light of the day、Instantly with warm lighting and mellow space。 On this day、連理さんが尾上シェフの手によってリニューアルオープンされてから丁度1年が経過した2014年12月3日で一周年記念パーティにお招きいただき夫婦で参加して参りました♪ 1階では通常の営業でお客様をお迎えされるとのことでパーティ会場は、2階のバーカウンターのある部屋と個室を使用ホール担当の石川さんが1階と2階を行ったり来たりのサーブでお忙しそうですが精一杯の笑顔で出迎えてくださいました♪ 用意されたシャンパーニュ「Moët & Chandon モエ・エ・シャンドン」をいただき乾杯!その他にも「髙瀬物産株式会社 TAKASE」さんより仕入れられたオーガニックワインの白や赤を用意されていたり尾上さんの独断と偏見でセレクトされた(笑)美味しいワインがズラリと並びますセルフサービスでいただいて良いようで皆さんそれぞれにお好きなワインを手に取り祝杯を上げておりました♪ 尾上さんよりご招待いただき集まられた皆さんは総勢20名ほどで華やかで様々な業種の方々が集い会場はまるで異業種交流会と化しています♪ 個室のテーブル席も用意されており歓談を楽しみながら尾上さんが用意してくれたブッフェ形式のディナーをいただきます♪ 朝採り桜島大根 特製ピクルス 生ハムフルーツ添え サーモン 盛り合わせ ハムと赤カラシ水菜 ハム 魚介のトマトサラダ ひじき煮のサラダ仕立て 白身魚のグリル 鯖河豚のグリル 松坂牛のサラダ仕立て 「ayanoha」のヨガセラピスト代表・大城綾さん(写真左) 「農+NOTICE」代表・今津亮さん(中央) 「髙瀬物産株式会社 TAKASE」浜松営業所所長・松井高さん(写真右) 尾上さんとお仕事を共にされたことのあるこちらの御2人は今でももちろん連理さんと尾上さんの大ファンです♪ 「tekuiji DESIGN テクイジデザイン」の代表・星野晃由さん(写真左) 「K’s FACTORY ケーズファクトリー」の代表・仲野寛州央さん(中央) フォトグラファー・御手洗里美さん(写真左) 「浜松ぐるぐるマップ編集室」編集長・忠内理絵さん(中央) 「農+NOTICE」代表の今津亮さんは埼玉県春日部市出身の方ですがこちら三方原町の赤土の土の良さや浜松の気候に魅了され埼玉より移り住み農業を始められたのだそうです!野菜を片手に語る今津さんからは農業に対する猛烈な熱意が伝わってきますね♪ 尾上さんが連理さんにて使用する「農+NOTICE」さんの野菜たちこの箱一杯に入った野菜は現在提供できる野菜たちで甘だまキャベツ・小さなブロッコリー・ダイコン・小ぶりな葉付きニンジン・1年越しの葉玉ねぎ・グリーンリーフレタス・ラディッシュ・ワサビ菜・赤カラシ水菜などが入り、2000円+送料でご提供できるとのこと(天候や植え替えのタイミングで変動の可能性有)。At this time、野菜の説明を受けながらグリーンリーフレタスの触感を確かめさせてくれたのですが驚く程の弾力!味も濃く楽しめるそうですそんな今津さん渾身の想いで育つ野菜たちの畑は我が家からもほど近いため近々直に買付けに行かせていただこうと思います美味しい野菜は健康な食卓の第一歩!今津さん連絡しま~す♪ 1階のお客様を終えて尾上さんが2階の皆さんのもとへ素敵な仲間たちに囲まれてお祝いされる尾上さんとても嬉しそうです写真にこそ納められておりませんがこの他にもとても刺激的な方々とお会いすることができ楽しい一夜を過ごすことができました。Ms. Onoe、お招きいただきありがとうございました♪(感謝) 尾上さん石川さんこれからも連理さんで益々のご活躍を! カフェ&レストラン 連理 レンリ 浜松市北区都田町8501-2 TEL:053-428-7000 Hours of operation:10:00To 22:00Closed on Mondays:木曜日 http://wp.lenri.com/...

"Now and forever renal" autumn long nights sipping quietly enjoy the à la carte dinner

Yet as mokuren sat quietly、Define a dignified、Great building with symbol tree can be viewed from the garden, trees and forever presence、こちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 レンリ」さん昨年2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープン。Says chef will be here this time Onoe, Shigeaki、After finishing the training in Tajimi in Gifu Prefecture、I grandxiv Hamana Lake in Italian "luccicore" at the 務marete chef about ten years in the Italian and French came in、Fully utilizing the technology have been cultivated so far、Provided mainly subsistence by the fusion of Eastern and Western colonial France cuisine。The building was built a castle、ライトアップされて昼の顔とはまた一味違った厳かな雰囲気を醸し出しております♪ 暖炉が設置されている店内は、A warm fire on a cold day light will be。Store is wearing a tablecloth、Unlike the soft natural light of the day、Instantly with warm lighting and mellow space。 On this day、Madame meeting a celebrity setting has been、So you can shoot without worrying about arresting us couple、We have through not to back private room。On this day、Roommates in two à la carte to bring wine to take turns to 2 servings with appetizers、Fish、肉でお願いしました♪ 「アストリア コールドワイン 9.5 ピンク」イタリア ヴェネト州 グラス800円 最初の1杯はグラスでいただきましょう。A 9.5% alcohol from bottles has been heavily naming 9.5 and Italy's Veneto spumante。The bottle is white coating and has、A pale pink in color and enjoy to be poured。Here is、Wire parts in pink even Cork sole and pink decorated in、It is a pink color now and forever, 1 color! Anything、In you have a cork bottom pink Silicon、Great vent Plug and hard and for that。Still、Without the painful face one、にこやかに開けてくれるホール担当の石川さん。A delicate pink color thin, fragile foam。スッキリとした味わいでありながらフルーティーさも感じる爽やかなスパークリングワインです♪ アミューズ「さつま芋と紫芋とベーコンのキッシュ」 優しい甘みのさつま芋と紫芋がゴロゴロと入っており、Well with the saltiness of the cheese and Bacon、女性に喜ばれそうなキッシュです♪ 前菜「秋刀魚と水茄子のテリーヌ」2,800円 鮮度高い秋刀魚をマリネし、Alternating paved and eggplant Terrine、Taste is no longer the elegance of Japanese。添えられた胡瓜は浅漬けで茗荷のアクセントでいただきます♪ 「Michele Chiarlo ‘Plenilunio’2007」イタリア ピエモンテ州 ミケーレChiarloはバローロ、Has produced a special bottle of Barbaresco, Piedmont, and many other typical varieties。The etiquette of the full moon, impressive, fascinating 2007 Chardonnay。Shimmering in the bright straw gold color、Drift mineral notes and floral aromas with ripe fruit and dried fruit、Taste is thick and soft, rich。Chardonnay and Sauvignon·This full moon is made from Bran、エレガントで洗礼された印象を放ちます♪ 「パン」 魚料理「金時鯛のロースト 17種の薬草を使ったノイリーソース」3,200円 プリッと肉厚な金時鯛を皮面はパリッと仕上げ、Dry shrimp with noiseless on the subcutaneous、Savor the texture while enjoying the aroma of elasticity is。Served with vegetables、Chinese chive flowers、Scraping is 16、Do eggplants、Small radish、The airport reopened early cabbages taking plenty of、17種類の薬草を使用したコクあるノイリーソースでいただきます♪ 「鴨の腿肉のグリル 緑粒胡椒のソース」3,600円 10種の香草でマリネした鴨肉をグリルし寝かしたもの。You can enjoy foaming and gravy、Friendly match with roast figs marinated in Cointreau with Amaretto and turns into a complex flavor。Served with vegetables、Roasted taro、Square beans、Shiitake、唐辛子のフリットを緑粒胡椒のスパイシーなソースでいただきます♪ デザート「ホワイトチョコとジャガイモビスキュイジョコンドのテリーヌ」 野菜を使ったデザートを考案したいと尾上シェフが嗜好を凝らして作られたデザートを試食させてくれました!ジャガイモ感はかなり主張されていますが、Instead, such as sweet potato weighs heavily and、Moist and smooth dessert.。下層のビスキュイジョコンドとのバランスが良いです♪ 「七本槍 特別純米 原酒」 〆にコーヒーではなく、Kindly recommend Onoe's sake! (My joy) here, albeit with French、The creative French and Onoe, Japanese fusion、Sake goes very so put sake at all times。In the wine cellar with a 460 years of history、OMI Rosanjin also loved the bar is。北大路魯山人(きたおおじろさんじん)が長逗留したことでも知られ、Moreover by Rosanjin in the warehouse ("7 this must" of characters) it is stated。OMI from the North down and use the pesticide "玉栄"、Is sour in taste, dense, dry, unique taste of pure malts。While feeling the long nights of autumn、We will continue late silent night。But if you prefer a refreshing Interior day、Who want to taste the atmosphere moist and by all means come feet at night.。Ms. Onoe、また伺います♪ カフェ&レストラン 連理 レンリ 浜松市北区都田町8501-2 TEL:053-428-7000 Hours of operation:10:00To 22:00Closed on Mondays:木曜日 http://wp.lenri.com/...

Scroll to top