Way to go avoid large crowds, as way to back the Jioufen mopeds Road off the beaten path in bus stop

After enjoying a good night、多くの人で賑わう豎崎路を引き返すようにもう一度お土産物を見て回っても楽しいですが 人混みに疲れてしまった方には人気の少ない穴場的な軽便路での帰り道をお勧めします! 軽便路は「昇平戯院」という古い映画館のあるこちらの広場から 映画館を背に向けて豎崎路と交差する道を進みます♪ 軽便路は、It is not absolutely no reason、比較的ゆったりとした道なりとなります♪ 軽便路は九份の中でも細く人が少ないローカルな道となりますが 意外にも明るい時間帯は個性的なショップがひっそりと佇んでいるので 人混みを抜けてちょっと息抜きしたい方にはお勧めの道です♪ 夜になれば、There closes the shutter's click here、静まり返る軽便路 誰も居ない風景が観れるのも此処ならでは九份には、There's numerous pathways and stairs、まるで迷路のように複雑な街とお思いの方も少なくはないと思いますが 実はどの階段を通っても基山街に通じているため、No worries never get lost。 軽便路の途中にあるこの階段を上ってももちろん基山街に通じます♪ 「九份霞海城隍廟(昭靈廟)」 軽便路の道沿いに突如現れる九份霞海城隍廟(昭靈廟)は、1923年に建立され大変古く歴史あるお寺です先ほどのお寺「九份霞海城隍廟(昭靈廟)」の手前にこちらの階段があります。 So much trouble、Once past the stairs、To visit the temple and then return、この階段を上ると良いでしょう♪ 結構な段数の階段を上ると、You can go here。 Climb the stairs through narrow parking lot next to the、そこは「九份老街(舊道)バス停」目の前です! 上った先がこちら「九份老街(舊道)バス停」です。 At the bus stop、Made a long line、We are waiting for the bus。 The bus、Soon students over to ensure、Seems to be to pass the bus or book。 At the bus stop、With taxi ambush tourists、You can negotiate price。 Giving up the bus、See also figure into the taxi, ITIF and other people。 九份⇔台北市内のタクシー代は片道NT$1,000前後(日本円にしておよそ3,900円)ですので 乗車する仲間を4人集めて割り勘にするのも良いでしょう。 Take the bus?、Or take a taxi、皆さんの判断にお任せしますが 日本と違い台湾のタクシーはお安いと思われます♪ タクシードライバーのテリーさんを携帯で呼び出し乗り込んだ後は テリーさんの地元である基隆の街とローカルな基隆廟口夜市に連れて行ってもらいましょう♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! タクシーツアーで巡る観光スポットを一挙にご紹介! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/ ...

A nostalgic sight created by the red lanterns 'Jioufen at night' and a fantastic night view

九份のイメージと言えば赤提灯が灯される夕暮れ時の幻想的な光景でしょう海沿いの山間部にあたる街で雨の多い場所としても有名な九份は、Is a different sense of depending on weather conditions。 Limited time period reflected the sky is blue、季節毎の日没時刻により異なりますが 今回訪れた2015年3月2日(月)の平日は夕方17時50分~およそ10分間程度の短時間で勝負し撮影していますパラついていた小雨はすっかり上がり しっとりと濡れた風情ある石階段に赤提灯が灯される街並 うっすらと靄がかかる山々の姿はまさに幻想的な世界観を生み出しています♪ 1枚目の写真は「阿妹茶樓(阿妹茶酒館)」さんの逆側の階段の踊り場から撮影したものとなります。 The spot, this place is famous、レストラン「海悦楼景観茶坊」さんの入口であるにも関わらず カメラを抱えた観光客で溢れ返っています。 Sunset from evening、さらに賑わいを増し続ける九份の街赤提灯が灯され独特な雰囲気を醸し出す「阿妹茶樓(阿妹茶酒館)」のお茶屋さん赤提灯に書かれた「九份山城」とは「九份」を意味し 「越夜越美」とは「夜になればなるほど美しく」といった意味合いを持ち まさにこの街にピッタリの言葉です♪ 「九份陶笛屋」 美しいオカリナの音色に導かれて聴こえる先に目をやると 「阿妹茶樓(阿妹茶酒館)」さんの反対側の下のオカリナショップで生演奏をされている姿が見えます透明感溢れるオカリナの音色で癒されてみてください♪ 平日の夜でもこれほどの賑わいを見せる九份の街は 週末の休日は、Many of the people too、思うように写真が撮りにくいと聞きますので できれば平日に訪れることをお勧めします♪ 夕方16時から日没後の18時半までと九份での滞在時間はおよそ2時間半。 Eating out in the shop、Relaxing tea time、Could enjoy up to a fantastic night view。 Never in the big city is not、I think thoroughly enjoyable short time。 風情溢れる石階段からの景色に気を取られてしまいがちなので 足元には十分にお気を付けください。 Now、混み合うことの少ない穴場的な軽便路を通って帰ることに致しましょう♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! タクシーツアーで巡る観光スポットを一挙にご紹介! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/...

Scroll to top