Tourist attraction "YuYuan" of Shanghai. Explore the traditional gardens of the Ming dynasty more than 400 years of history

Ming dynasty's elegant classical garden with pride over 400 years of history、江南式庭園の傑作として知られる上海を代表する観光名所「豫園(Yu Yuan)」へ! 豫園は、In Sichuan administrative Commissioner of the ban Yun edges are to the father、1559(The 38th year of the Jiajing) from 18 years of 1577 (10,000-5 year) had a private garden in the Jiangnan style garden was built, spent、1961In public is the beginning.、1982年には国宝級の文化遺産として中華人民共和国の文化遺産保護制度の1つである「全国重点文物保護単位」に認定されています! 現在は当時の半分程の規模になってしまいましたが、Imitating the Ming and Qing buildings around a garden and reproduced、Yu Yuan garden Shangcheng our souvenir shop, commercial areas and advancing、当時の趣ある中国の雰囲気を堪能しながらグルメやショッピングが楽しめます! 「豫」は「喜ぶ」、"Fun"、"Peace and security"、She likes to "peace"、And the "Bund" means "fun Park"、その面積は約2万㎡の広さを誇ります! タクシーが案内してくれた場所は下町風情が楽しめる門前街「上海老街」に面した「豫園商城」の7番ゲートとなります! 朱塗りの楼閣がそびえ立ち、Yu garden Commerce Castle is crowded with overflow、For a similar landscape will continue from where、A complex maze-like alleys。 First of all, go to the back、「豫園」入口へ! 国賓クラスが訪れるほどの上海料理の名店「緑波廊酒楼」の先に、Behind the tasteful classic garden corner、In the pond and koi and turtles swim、ジグザグとした形状の「九曲橋」が架けられています! この橋の形状は、Easy overlooking the square、To enjoy the various landscapes by the angle and structure that is、Also、悪霊退散の意味があり中国庭園には良く観られる橋となります! 橋の上は特に多くの人でごった返しており、Can't stand still too much for、While you relax and enjoy the scenery without、No other forward to advance to the front、Occasionally、人の抜けた瞬間を狙って記念撮影!各所で放水されている噴水が涼し気に感じます! 「豫園」入口では、Entrance fees adults 1 person 30 (Japan Yen:Approximately 510 yen) and purchase a paid ticket、いざ古典庭園を散策! 【豫園の見所】 ①「三穂堂」 豊作を祈願して名付けられた三穂堂は豫園最古の建造物は風情があり扉の装飾が見もの!江南庭園の特徴の1つでもある木枠でできた”花窓”の細工もまた美しくインスタ映えします! ②「仰山堂」 入口の獅子の像は、Park only iron lion。"Lake stone" limestone quarried in the Taihu Lake in the corridor and is equipped、Taihu-rocks the erosional hole is more complex than has been beautiful and。From the cloister of rikisha、2000tもの武康黄石を積み上げた高さ14mの”大仰山”を一望! ③「万花楼」 明代の花神閣であった万花楼の建物からは太湖石を配した”湖石假山”が観られます! ④「龍壁」 白壁に沿い天に昇るかのようなうねりを魅せ迫力ある龍の像! ⑤「点春堂」 太平天国に呼応した秘密結社の本拠地である点春堂は現在資料館になっています! ⑥「打唱台」 意匠を凝らした優美な造りとなる打唱台は、At that time、歌唱の舞台を楽しむ場! ⑦「和煦堂」 堂内に展示された200年以上も前にガジュマルの木で作られた家具や彫刻が見もの! ⑧「会景楼」 豫園の中心となり、Nestled on the shores of the pond of Jing Lou。Its name reflects means "beautiful scenery especially in the Yu Yuan garden place"。In the Yu garden、Enjoy the various forms provided with on the corridor gate in、"Moon Ryo gate' circle、奥行きを感じさせ風情があります! ⑨「得月楼」 池の畔に佇み、May get the building located in the heart of the meeting view tower。Once、旧暦の十五夜になると池に映し出される月を愛でるために古人たちが集う場所! ⑩「玉華堂」 豫園創設者の潘允端の書斎があった場所を再現! ⑪「玉玲瓏」 江南三大名石の1つとされる太湖石の奇岩。Center stone is jade and gem is called、Lot of holes on all four sides by approximately 3.3 m high and is the best、北宋の皇帝が収集していた名石と伝えられています! ⑫「内園」 清代の庭園の特徴を伝える小庭園!明代より新しい時代の建物となるため他の建物とは趣が異なります! 園内散策を楽しんだ後は小腹を満たそうとインターネットやガイドブックでも話題となっている「南翔饅頭店」へ! 何でも上海一有名な小籠包の名店とされており、120Over the years also have、行列必至の人気店なのだとか! 期待を胸に列に並び、1階のテイクアウト! 小籠包は1箱12個入りで多かったため、Bun size crab yellow irrigation 汤 Pao 1 20 Yuan (Japan Yen:約340円)を購入! 蟹スープが溢れ出る姿には大変そそりましたがお味は…(苦笑) 1番ゲートから「豫園老街」に入り転々と歩き、Enjoy window shopping, then walked a little 'street'、少々人当たりを起こしてしまい2人してお疲れ気味! 三輪タクシーのお姉さんを呼び止め価格交渉! 爆走する風に吹かれながら街の様子を楽しみ次なる目的地の「外灘」へ! 豫園(Yu Yuan) 所在地上海市安仁街132号 TEL:021-6326-0830 Admission fee:Adults 1 person 30 (* July、8Moon、12月~3月の料金)...

Scroll to top