Between the White Rubber warm-hearted overlooking the see garaku"jinzu River

リゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」さんの新館ANNEXのお部屋は入口の扉が二重扉となっており、 This time、お世話になるスイート214号室「白橡の間(しろつるばみ)」の渡り廊下前後にも扉が設置されているため防音効果も高くプライベート感が増し部屋毎に贅沢な中庭を設置されています♪ 「尖樹の森」2005年 / 陶芸家 加藤委 渡り廊下の窓を覗くと中庭があり巨大なアートが施されています。 214号室と114号室の上下共有の中庭に同じ作品を違う角度から観ることができ新館8部屋の上下には県内外の4人の芸術家の手による現代アートが4つ設置された中庭を用意しそれぞれに違う作品が楽しめます♪ 作品の解説 水晶の原石のような魂がまるで大地から噴き出したように空に向かって突き上げるその山の裾野には無数のかけらが散らばっている作者が得意とする青白磁を素材にして鋭さやシャープさを演出してあまりあるが作品を構成するパーツの一つひとつは型でつくるのではなく作者が素手で成形したものである作者がこれを樹木に見立てているのは地表を突き破るほどの樹木のエネルギーをとおして見る人に生きていることの証を感じとってもらいたかったのだろう空間の壁にとりつけられた羽根のような形をしたパーツは何を暗示するのかルームキー ガラス玉で造られたルームキーもシンプルながらに美しく失くす心配の無い大きさで嬉しいです♪ 二重扉の内扉はルームキーを使用しますオートロックではありませんのでかけ忘れにご注意ください♪ エントランス 白橡(しろつるばみ)とは橡で染めた白茶色に近い色のことで鈍色(にびいろ)の薄いもののことですこちらの白橡の間は土や木の素材感が暖かな印象を与えるよう柔らかな印象の白橡の色合いをベースに造られています♪ シューズボックス 自然が溢れているために蚊取り線香が常備されていますが、Yet、この時期は必要としませんでした部屋内のスリッパと浴衣用の下駄はこちらに収納されています♪ レストルーム 木をふんだんにあしらい広々と開放感溢れる贅沢な空間レストルームには藤田アキトさんの「桃」「ジンジャー」が飾られていますベッドルーム 「CASSINA カッシーナ」のWEEKENDセミダブル2ベッド、Closet、ドレッサーサイドテーブルと必要最低限にまとめ余白を大切にし極めてシンプルなお部屋創りをされていますベッドルームの窓からは先ほどのアートを眺めることが可能です♪ 温かみがあり厚みのある優しい素材の土壁に小さな障子窓障子窓を開けると素敵な和室が用意されています♪ 3畳のこじんまりとした畳みの和室お茶を楽しんだり書を楽しんだりと静かな時間が楽しめます♪ 書道の道具一式が揃えられているので、Once in a、一筆したためるのも良いでしょう。 Night、Immediately、筆を取り幼少期を懐かしみながら久々の書道を楽しみました♪ 大きな窓からは神通川の静かな流れを一望でき水面の煌きを眺めていると時の経過を忘れ心が洗われる想いです♪ 白橡の間(しろつるばみ) 新館で一番人気のこちらのお部屋は白木をベースとしたナチュラルなぬくもり溢れる空間で注がれる自然光と奥に映る緑が眩しいです。 Rooms are spacious、およそ115㎡ + テラスと広々とした空間を誇りますジョルジオアルマーニが展開するARMANI/CASAのソファーとセンターテーブルがレイアウトされていますが 各お部屋のインテリアコーディネイトはオーナー自らが一つ一つこだわってセレクトされています! 全体的に丸みを帯びたインテリアが優しい雰囲気を創り出しており、...

Scroll to top