庭審的"祗園 MAVO"京都祗園! 要配對服務法國日本茶”阿雅”加號

gion takuya france 餐廳在 gion 區的拐角處開業, 內襯著精美的餐飲。 業主主廚溫蒂·津圖西村津武、 神奈川県小田原で2007年~2014年までフランス料理店「la MATIERE」を営まれておりましたが、 目標要移動前妻子的出生地在京都、 2014年7月14日に、在這裡祗園重新開放。 那家商店的名稱、前店の「matiere」に「evolution」を加えさらに進化させるという意味合いを込め名付けられた造語を用い「MAVO」としています。 地方、下上八阪神社鳥居南門途中町的京都祗園公園大約 200 米、 下河原通りに面するホテル「舞風館」1Fに位置します♪ 祇園MAVOの看板(表札)を造るにあたり、得到了巨大的支援,從、 享保6年(1721年)に創業され290年余りに続く材木商の「酢屋」だと伺いました正式名称は「(株)千本銘木商会」とします。 在江戶時代、坂本龍馬をはじめ、專業多海 Kaientai 團隊寫道 ︰、因為他們是在蘇亞海 Kaientai 京都司、 非常に坂本龍馬に縁のある材木商となります西村シェフが坂本龍馬を心より尊敬するところより、取得,並迫切希望想要使用這個蘇亞樹。 常務取締役であり銘木師でもある中川さんに相談されながら、 從木材的選擇、格式和設計、向著色提供諮詢意見。、 ようやく完成へと漕ぎ着けたそうです! 西村シェフ自らが筆を執り、100枚以上にも及ぶ「MAVO」と書き綴った中から、 選定的大多數覺得神韻醒目線。 木材、安吉拉是一種非常堅硬的木頭,用、字元使用金箔。 西村シェフの坂本龍馬へのこだわり溢れる熱い想いを汲み取り職人である中川さんが丹精込めて造り上げられた至極の一品が祇園MAVOの顔となっているのです♪ 店内に入るとフロントでこだわりのアイテムがお出迎えしてくれます「祇園MAVO」はホテル「舞風館」の1階につながっていることもあり、 酒店為客人提供日式早餐。 如果任何一般的預訂提前一天、早上 8。:30-10:00までの営業内で利用が楽しめるそうです♪ フロント内に設置された水槽内を覗き込むとスッポンの「エヴァンス」が顔を出してくれます! 西村シェフがジャズピアニストであるビル・エヴァンスを敬愛されるがゆえの命名だそうですその命名ゆえかエヴァンスは、 握手、その長い首を横に振りながらダンスを見せてくれるほどにリズム感に溢れています! 飼い始めて1年で既に2cmほど大きくなり成長を見せたというエヴァンス今後も祇園MAVOの看板として活躍してくれることでしょう♪ フロントを抜けると、舒適的氛圍。 在這種傢俱和照明的空間、與食品有關的書籍,如顯示、 西村シェフはインテリアがお好きなようで、感覺粘在家具和照明。 メーンダイニングにも使われているテーブルは「デンマーク製ヴィンテージ」。 所以擴展運算式、它是可以設置根據客人人數表。 此表中、今が旬となるバターナッツ南瓜を招き猫とともにディスプレイ! 店内で使用する椅子は非常にシンプルでデザイン性の高いハンス・J・ウェグナーの最高傑作「ザ・チェア」。 在下一個改造的時機、カイ・クリスチャンセンの「NO.42」を検討されているようです。 吊燈、小田原の「la MATIERE」時代にも使われていた アルネ・ヤコブセンの「ヤコブセン・ランプ」を用いています。 適合北歐松木材薄切削紡木枝形吊燈、共混物輕輕地走進溫暖的光中的間接的空間。 位於正面或主要餐飲的光、 フランク・ロイド・ライトの名作でもある「タリヤセン」。 高博在反對它垂直塊覆蓋燈沒亮的陽光是、提供間接的舒適亮度。 北歐傢俱、おもてなしの心と 寛ぎの空間を提案されることを常に重視されるこだわりぶりが素晴らしいですね♪ 祇園MAVOでは、作為一種新的舉措,京都祗園說 ︰、...

滾動到頂部