落馬隋麻地博物館昭和時代大廈維修日本園林藝術、 快樂和包括藝術博物館

緑を楽しむという意味を持つ「樂翠 らくすい」。 在訪問期間這裡的銀閣寺寺光輕門主、 庭園にある「東屋(あずまや)」を「樂翠亭(らくすいてい)」と名付けたことを今に受け継ぎ、 2011年5月より「樂翠亭美術館」として一般公開(一部有料)されています。 1950年~1957年(昭和25年~32年)にかけて築造された 昭和初期の木造2階建ての純和風建築と鉄筋コンクリート造洋館及び、收集的和笨蛋神社建築史建築、 那些周圍的池塘和涼亭、四季折々の回遊式日本庭園で構成されている 総敷地面積がおよそ1,200坪にも達する広大な富山市を代表する邸宅を 貴重な文化遺産として後世に受け継いでいくために「リバーリトリート雅樂倶」を運営する「izak アイザック」グループの石崎氏が立ち上がり、 在店裡修理、促進藝術和文化和社區的貢獻、力爭成為機構為富山站北區的發展作出貢獻。 這裡、隨著美麗的日本花園,在那裡你可以享受的季節變化、 日本建築の和の空間で見る日本の匠の技と癒合させた現代作家さんたちが繰り広げられる アートの世界を堪能できます♪ 入口のエントランスホールには「ミュージアムショップ」が併設されておりますが、 我將稍後介紹。 剛、開館5周年記念展として2015年3月20日(金)~6月14日(日)まで開催されている 陶芸家内田鋼一さんの個展「手と眼」を鑑賞致します。 關於工程被禁止、素晴らしい邸宅の雰囲気やお庭などの風景をお楽しみください♪ 樂翠亭美術館事務局責任者小西博夫さん この日は樂翠亭美術館事務局の責任者である小西博夫さんにお時間をいただき、使用我們的設施。 這裡、任命為博物館更多、在日本房子在自然放置的藝術作品、 好像他的家的氛圍、 アートがより身近に感じられるようにと願われる石崎氏の意向を汲まれて展示されています。 許多訪客從遠方來、你忘記了時間、只有在後者慢慢地、 輝煌的、似乎已經蔓延在引進前的人。 「人間を取り戻した」と口にされる方もいらしたとのこと小西さん自身も、美麗不是一天改變心臟的景觀癒合的感情,雖然有。 来月の5月14日(木)~17日(日) に特別に開催される4日間限定の夜間ライトアップ特別開館イベント「−K.Uchida’s BAR−」 の夜の雰囲気も素敵だとお勧めくださいました♪ 脂松廊下からの中庭 肥松(こえまつ)とは、尤其是油膩的松樹林污漬,是指。、 強和持久性、具有防水性能優異,驅蚊、這可以用作結構成員如梁或走廊小組。 屋久杉の天井 天井には、1993年に世界遺産登録されている鹿児島県屋久島の屋久杉を用いられ、慈善突出顯示。 1970年に入ると自然保護の動きがあり、將是一個有價值的另一個用於登錄完全禁止掉手上。 欄間(和鶴) 欄間とは、在天花板和 kamoi 之間安裝格子或鏤空板等。、 也是裝飾品,如照明及通風系統。 畳縁側 定期的に畳の張替えも行われているため、好的腳、美麗的門廊。 修剪整齊的豪華牆到牆的意見玻璃 Vista。、令人愉快鳴叫的鳥兒音樂。 畳縁側からの眺望 定期的に庭のお手入れは施されるものの、只是敢與修剪、 這被保持離開自然的身體來感受自然的魅力、樂翠庭花園和女性氣質。 檜風呂 石崎氏が増築された檜風呂は、在不使用從圖庫、你可以免費觀看。 泡在浴缸裡、這完全自包含下背部、所以可以完全好看俯瞰著花園。 在花園裡、杜鵑花和杜鵑、和盛開的茶花、四季毎の花々が楽しめるようです♪...

滾動到頂部