Quiet streets lined historic remnants of Rui Fang station near Japan colonial period

台湾北部の瑞芳(ルイファン)の開発は、Back to the light together years of late Qing dynasty。 Before the railway was opened to traffic、水運が主体であったことから柑坪里に港が設けられ、Been to Eastern Taiwan。 瑞芳が飛躍的な発展を遂げたのは清代に金瓜石や九份で金鉱が発見されてからのこと。 The Rui Fang、Given the role as a supply base of the mine、現在の柑坪里(旧名柑仔瀬)には 金山に向かう労働者向けの商店が立ち並びその中の1つに店名を「瑞芳」という商店がありました。 In there、金山労働者が柑仔瀬に向かう事を「瑞芳に行く」と表現していたことから この地区一帯が瑞芳と称されるようになったとのことです瑞芳鎮は、North to the East China Sea.、The West is based on Keelung、Futaba-GE's South、平溪に接した場所で山に囲まれていおり 近隣には、The northeastern corner of the beautiful coastal and mountain views。 瑞芳駅(ルイファンジャン)は、Tourist trains and stop at strategic points in the North-link line、平溪線の列車はここが始発駅です九份へ行く日本人観光客がこの駅を数多く利用することから 駅構内の表示には日本語による案内や日本語通訳のカウンターもありとっても便利です♪ 瑞芳の街並は日本統治時代の面影を色濃くとどめており、Alleys and stairs will be built at the time of。 金城旅社 こちらは、And then use the Japan rule age monuments、Operated as an Inn。 瑞芳の駅北は美食街ともいわれる駅南とは打って変わって静かな街並となります古めかしいレンガの建物の脇に「純正黒麻油」と書かれた看板。 Old、Was the Sesame store。 Here is、Is the building of Taisho era。 「林牙科」 廃墟と化しているこちらの建物は、At that time、林医師が営む瑞芳街初の歯医者でしたが 現在は原型を留めておらず、Has gone and ruined。 The entrance of the House、春節の飾りでお祝いされて右手には「未年(羊)」を象った札が施されています「義方商行」 瑞芳の街で有名な建造物で台湾三大石炭鉱山会社に入る「義方商行」貧しい農民に生まれた5人の兄弟を持つ李建興氏が兄弟共同経営で建てられています台湾返還後に李建興氏は瑞芳の市長にもなられた人物だそうですこのように瑞芳の街は、Instead of being limited to show only a bustling tourist destination、一歩奥地へ進むと 今も尚、While retaining vestiges of Japan rule age or background、We exist as a good to know the history of the city。 To determine the relationship between Japan and Taiwan、このような光景を知ることができたのは 現地人のテリーさんツアーならではかもしれません。 Now、Next in line、かつては東北アジア第1の金山と呼ばれた金瓜石の街へと参りましょう♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! タクシーツアーで巡る観光スポットを一挙にご紹介! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/...

Scroll to top