Retro old house cafe of the back alley of Tainan "Cafe Flaneur" Walk around Puji Street

普済街と民族路の交差点に佇む「景福祠」「景福祠」は五條港の1つで、Land Park Temple which enshrines the people who live near the Buddha head Harbour.。 And was built in the Qing Qianlong 15 years (1750)、台南で唯一の三級古跡指定となっています♪ 「景福祠」の向かい側にある裏路地をたんたんと進み普済街を案内してくれる蔡宗昇(James Tsai)さん。 In the old town of Tainan、Scattered went one step from this small alley、 ぶらり散策するには面白い場所です♪ 煉瓦造りの古風な古民家。 Lined with old houses from、 軒先にスーツケースがぶら下がっている奇妙な光景を目の当たりにします! 蔡宗昇(James Tsai)さんが知り合いのカフェを紹介してくれると言うのです♪ その名も「Cafe Flaneur(カフェ・フラヌール)暖暖蛇咖啡館」「Flaneur」とはフランス語で「旅の浪人」を意味し「暖暖蛇」は台湾語で「ぶらぶら」といった意味合いがあり旅好きなオーナーの方智勇(Chih Yung Jon Fang)が、2012年10月にオープンさせたカフェの看板には絶滅危惧種に指定されている渡り鳥「黒面箆鷺(クロツラヘラサギ)」の姿があり「自由に旅をしたい」という想いの表れのように思えます♪ Cafe Flaneur(カフェ・フラヌール)暖暖蛇咖啡館 住所台南市中西區普濟街53號 TEL:+886 6 221 6569 Hours of operation:13:00To 22:00(Fri-Sat 23 am:00まで) 定休日:Wednesday https://www.facebook.com/cafeflaneur/ 店内には、Pasted photos of the wall taken by owner of travel abroad.。 本棚にも旅に関連する本が多く、Is freely available。 静かに読書を楽しみながらお茶をしたい方は2階席がお勧めとのことです♪ 看板には台南の候鳥黑面琵鷺が! 旅好きのオーナーが撮影した写真! 旅関連の本が一杯! 「台湾環島 南風のスケッチ」と題された本を発見! こちらは「Pasadena(パサデナ)帕莎蒂娜台南市長官邸」にて通訳をお手伝いしてくださった大洞敦史さんの著書です台湾に魅せられ台南に移住した著者大洞さんが、 Taiwan the island the Taiwan ring by bike and on foot, was found face is depicted。 Taiwan and many local people involved know the real charm、 Not just over the tourist attractions、台湾の良さを掘り下げた本となります♪ カウンターで笑顔で出迎えてくれたのは蔡宗昇(James Tsai)さんの友人である毛怡婷(E-Ting Mao)ちゃん。 On this day、生憎オーナーの方智勇(Chih Yung Jon...

Scroll to top