Learn the "house sitting" Japan tea! Japan Shizuoka tea of unique cultural experience!

伊豆高原の高級旅館「ABBA RESORTS IZU坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」で行われているアクティビティの一つである日本文化体験「日本茶」を体験致します! 「坐漁荘」では、Memories of the journey provided fulled to be something deeper than Japan's culture and history, including a variety of experiences and、The course of its highly popular among "Japan tea"、Specialty tea's introduction to the Shizuoka tea、Learn the types of tea, green tea-hojicha tea、Instrument selection and delicious way to know、3I'd like to fit the type of tea tea sweet、ゆったりとした心構えで日本茶の楽しみ方に触れる体験となります! 館内2階の一室に用意された「日本文化体験処」へ出向くとそこは緑溢れる庭園の奥に相模湾が見渡せる絶景の間! 茶道の心得があり旅館の文化保存を担当される専属スタッフの原田明子さんが「日本茶」について指導してくださいます! そもそもお茶は「不発酵茶」の”緑茶”、"Bags" of partly fermented tea、Fermented tea "tea"、「後発酵茶」の”普洱茶”の4種に分かれます! そして、Japan's Japan tea types、Broadly "gyokuro-kabusecha"、"Green tea and tea.、Bancha、"Hoji"、Brown rice tea、"Powdered tea, tencha (tencha tea).、「玉緑茶」に分類! 今回は、Japan tea from carefully selected ' facing tea.、"Gyokuro"、「Secret(秘密)」の3種類を楽しませて頂けるそうです! 茶葉入れに収められた3種の茶葉を見比べて、Start enjoying the scent of each! Japan tea world sense with all five senses、Experience that you will enjoy、クイズ形式で進められる原田さん! 左から右へ順に、3種の茶葉の見た目と香りを堪能! それぞれに特徴があり、Did any really good scent、I felt the most comfortable tea leaves、With the beauty and vivid color appearance, feel the elegance and the tea leaves、高貴に満ち溢れた深みのある香りの一番左の最初の茶葉でした! 原田さんが「お目が高い」と一言申し上げてくださるものの、How tea leaves、What tea should be the、飲み終えるまで内緒の御様子(笑) 茶器を温め、Water time in cool、3Of time, he slowly and carefully pour the first Japan tea、There's a beautifully mellow、In the wrapped in sweetness and flavor tea、身体にす~っと馴染む優しいお味! 一番目の茶葉は何と!日本三大玉露の産地となる静岡県藤枝市岡部町朝比奈の遠藤 昇さんが丹精込めて生産された匠シリーズ・玉露名人茶【昇(のぼる)】50g 2,000円の高級茶で御座います! 緑茶とは栽培方法が異なる玉露は、Obstructs the sunlight since the starting of new shoots to grow、Adjust the function of photosynthesis、Less astringent ingredient catechin、逆に旨味成分となるテアニンが豊富になります! あまりに美味しかったので一煎目を終えた茶葉も食べさせて頂いたのですが風味豊かな味わいが楽しめました! お次の日本茶は、Put the Golden depicting Mt. Fuji and White crane tea leaves from the、1In a short time in minutes、お茶本来の色が美しく映える青みがかったお湯のみで頂きます! 茶器の選定を楽しむのも、Tea time fun?! Look、It seems like tea leaves are familiar.、In Mr./Ms. Harada's way、そのお茶本来の楽しみ方を熟知されている方ならではのお味が炸裂! 色濃く、Nice scent、Cup rich sweet! 2 the first tea leaves、伊豆高原産地の「ぐり茶」! ぐり茶とは正式名称は「蒸製玉緑茶」ですが、Beaded with leaves facing. as with this name from the shape that is。In the ITO district, Izu、From sales when steamed green tea ball is hard to describe.、It looks as、ぐりっとしていることから”ぐり茶”と呼んで販売されてきたそうです! 御茶菓子はコロンと丸みを帯びた「餡菓子」で中には優しい白あんも忍ばせてあります! 最後の茶葉は、Tinged with red、どう見ても緑茶には見えません! ガラスのカップに注がれ、Held in diatomaceous earth for Western-style tea is roasted、And with complex flavors with a gentle astringency、どことなく花の香りと柑橘系の香りが楽しめる「和紅茶」! 三番目の茶葉は、Masui Park in Shizuoka Prefecture kawane-honcho、完全無農薬栽培で生産された「ますいさんちのみらいふぁすとふらっしゅ 紅茶」!「国産紅茶グランプリ」で金賞を受賞された茶葉でもあります! 最近では、Shops who offers Japanese tea after a meal in French and Italian restaurants are increasingly、日本では明治期から栽培されている「和紅茶」が今再び注目を浴びています! 日本茶のみならず、Chinese tea and tea culture in Europe、Such as the Taiwan tea、Tea discourse around the world speak、There's also bulge story、Tea time with Mr./Ms. Harada is very exciting、心豊かに一杯のお茶を楽しむ良さをしみじみと体感させて頂きました! 日本文化体験は、In addition to this "origami".、"Aroma bags made.、Japan cuisine、"Fishing"、"Kimono dressing.、「日本刀鑑賞」なども楽しめるとのこと! 旅館でのひとときを楽しく過ごすために用意されたアクティビティ! お時間のある方は是非お勧め致します! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 日本文化体験「日本茶」予約制 体験料御一人様2,000円 http://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站 https://www.abba-travel.com.tw/stay/...

"L & # 8217s; the atelier du Thé KUKAI" Atelier presents to those who love tea!

磐田市中泉に隠れ家的にひっそりと佇む素敵なお茶専門店「L’atelier du Thé KUKAI(ラトゥリエ・ド・テ・クウカイ)」へ ! こちらはお茶の名産地でもある川根に製茶問屋を御実家に持つ久保田 英 (Kubota Ai).、Pour the tea familiar from the childhood love、 Modern tea away and gotten that young people know and charm and value of tea、Let tea into daily life style and、Tea leaf shop handle the tea itself was brand new and。That was married to Iwata to Iwata-Shi Showa building "Mari"corner 9015 年 5 月 5 日、小さな店舗を構え開業されています! 店名の「KUKAI」は、The introduction of tea to Japan and history dates back、806年に唐(中国)より茶の種と石臼を持ち帰り比叡山に植えたとされる弘法大師・空海の名から取り命名されたとのこと ! 店内では、Sencha kawane produced in your home、Brown rice tea、Roasted green tea、 And tea、Handling of China, Taiwan tea and tea leaves、In addition to "more tea-time to enjoy" and、The British experience of British students started making bread baked with provided、中でも川根産の抹茶を石臼で丁寧に挽いた「抹茶のガトーショコラ」や「煎茶のガトーショコラ」がお茶専門店ならではの焼き菓子として大人気とのこと! 実は、And how did I know this shop ever、2/3(Sat.)、4(日)に浜松市卸本町にて開催されたイベント「アリィの冬と夏 2018 “Rambling-ホンマチランブリング」にて出店されていたこちらの「檸檬ケーキ」を頂いたことが始まりで、The gentle sweetness of fresh cake covered with the rich scent of lemon icing、Moved to the affinity and love where you can enjoy the aroma of bergamot tea "Earl Grey" is the reason why!(〃)Be Eulalia ')Delicious!! To bother you to shops and、Both are like that from previous log of eating her husband had read about us and Taiwan、Boost conversation without feeling the first wall、英さんのお友達でドライフラワーのアレンジメントをされている 井上 幾乃 (Ikuno Inoue)さんと一緒に「川根茶の紅茶」や「台湾の紅玉」などを試飲させて頂きながら楽しい時間を過ごすことができました ♪ 今回はいろいろな茶葉の香りを試させていただき、Sterling and I with a blend of the original rose hip shells and playable fennel and cardamom、We get a blend of ginger, such as 'SEEDS' 30 g 864 Yen。An exotic foreign smell、 スパイシーな味わいで身体の芯から温まるハーブティーとなります! アンティークな雰囲気が馴染み合う店舗設計は磐田の「プラスアート」が手がけられ居心地の良い空間です!茶葉やTea bagの可愛いパッケージデザインは中野 晴代 (Haruyo Nakano)さんを中心に宿里 博 (Hiroshi Yadori)And it also has been involved、ちょっとした贈り物などにも最適です! また、As an instrument related to tea Teacup teapot "Southern pottery Park" and "fourth market".、In addition、Are sold with tea cake such as accompany and bean dish、Because it is full of tea items、是非足を運ばれてみてください! L’atelier du thé KUKAI(ラトゥリエ・ド・テ・クウカイ) 住所磐田市中泉1267-4 昭和ビル内 TEL:0538-86-6485 Hours of operation:11:00-19:00 Closed on Mondays:Day、Moon、火曜日...

Scroll to top