sitti-sou 山山 momo 模式浴衣日本花園海角自然清晨散步和 carp 誘餌做

位於伊蘇-高原海岸溫泉的豪華酒店 "abba 度假村 – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」の「ヴィラ:311房間 / 虹膜 (iris) "在、健康喚醒、陽が昇る前の朝風呂を堪能! ほんのりと空が明るくなりつつあり、看著明亮的藍天, 沉浸在納加尤、目を覚まします! この日は雨予報を心配しておりましたが、就像比賽在夜裡結束了、潮濕天氣下的樹木周圍、色濃く艷やかに喜んでいるかのよう! 温泉から上がり、浴衣是通過袖子提供的、讓我們在早上走吧! 在浴衣上有兩名婦女、1一個是可愛的穿著我的山媽媽圖案浴衣、もう1つは上下が分かれセパレートになっている浴衣です! セパレート浴衣は、在海裡大衣上、對於成品裙子像一個捲曲下來、沒有小敷料的煩惱、到警察局的簡單方式、1人で浴衣を着ることができない方にお勧めです! 坐漁荘の日本庭園への入口はヴィラの直ぐ目の前に門が用意されています! 専門庭師の方々の手が入り、成為一個維護良好的花園、帶著信心, 享受漫步、周圍和放鬆, 同時看著樹木和鮮花、およそ30分程の散策となる広大な庭園! 山ももの大樹はもちろんのこと、就像把樹根掛在地球上一樣, 3 0 0多年前的大樹本身就是自然 "、庭師曰く「此処は自然庭園です」とのこと! 本当に立派な庭園です! こちらでは四季折々の自然を慈しみながらゆったりとしたひとときを過ごせます! 11月上旬ゆえに、很多都不是、因此追求類似菊花的日本花、緑濃いの中にさり気なく花開くあどけない姿が儚げに映りました! 池に架かる橋の上からは、享受觀看錦游泳優雅、非日常的な緩やかな時を過ごせます! また、"鯉魚誘餌" 盒子裡放著通往池塘的正門, 沒有食物、看看、餌やりも楽しみましょう! 鯉がパクパクと口を開けて必死に群がる様子がまた愛らしく思えます! ヴィラから中庭を抜けて本館まで歩きその帰りの道中の小雨の心配をしてくださった仲居さんが「和傘」を用意してくださいました! 自然の息吹と共に小鳥の囀りが心地良く響き渡る庭園! 運が良ければ、當跳躍和樹枝的樹木、颯爽と庭園を駆け巡るリスにも出会えてしまいます! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 免費電話:0800-888-1168 HTTP://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站 https://www.abba-travel.com.tw/stay/...

愛偉大的作家代表"三個偉大的別墅在熱海市"kiunkaku 日本的酒店

「熱海の三大別荘」と賞賛された名邸が基となり多くの文豪たちに愛された宿「起雲閣」。 1919當時在年 (0/1919)、被稱為航運大亨、最初の持ち主であった内田信也が実母の静養の場所として建てた別荘は非公開の「岩崎別荘」今はなき「住友別荘」とならび「熱海の三大別荘」と賞賛され、 在那之後、1947年 (0/1947) 以及轉世。、作為代表熱海酒店客人人數的生日、 期間、東洋文化山本、志賀直哉、君 ' Ichirō 崎、太宰治、舟橋聖一、武田太君等、 日本領先的熱愛的作家。 「起雲閣」の表門は、1919初建于 (0/1919 年)、這建稱為醫學醫療門 (yakuimonn) 和、 現有用例、珍貴的文化、說,歷史文化遺產。 2000自 (0/2000)、熱海市指定有形文化財として熱海市が運営され一般公開し、 每年招生人數增加了。、2012已超過的訪客數 100 萬人。 進一步、2014年に放送されたNHKの連続テレビ小説「花子とアン」では九州の石炭王である嘉納伝助の屋敷として使われており大いに話題を呼びました! 今では多くの観光客が訪れる熱海の観光名所になっています♪ 「起雲閣」は、從大正到昭和一直與 3 人百萬富翁。 内田信也時代 1918年(大正7年)年~1925年(大正14年) 根津嘉一郎時代 1925年(大正14年)年~1944年(昭和19年) 桜井兵五郎時代 1947年(昭和22年)年~1999年(平成11年) 館内は、占地 3000 平方米的一大片土地是驕傲、 其宏偉的日本 1000年平方米花園種植花園 (玉立即扭和豌豆已經) 傳播、 お時間の許す限りまで楽しむことが可能です♪ 1919年(大正8年)の内田信也別邸を創建する以前に、 "Tabizo"已經、年後徹底恢復、 對本鄉、契據的照片庫、它是可能的客戶的光臨。 星期六、 日及公眾假期、一直居民志願者、 Kiunkaku,熱海城市景點和美食、お土産物などを紹介してくださいます♪ 先ずはこちらの入口入って右手の受付にて大人1人510円の入園料を支払います♪ 敷地案内図 広大な敷地ではありますが、因為它已被證明加入酒店的"路線"、 請按照指南 》。 和館「麒麟・大鳳」 「麒麟・大鳳」の間と玄関を含む建物は、1918與建設,(0/1918)、在 1919 年完成 (0/1919 年)。 在那段時間、被稱為航運大亨、最初の持ち主であった内田信也が実母の静養の場所として建てた別荘で、 在傳統的日本建築、創新和領先的技術是隨處可見。 客廳裡、周圍的壁龕和松陰、作為、沒有奢華的裝飾和特色的一個簡單的構建。 塌塌米走廊環繞房間裡,高高的天花板三的面、 和、多彩的群青的牆壁、一是從旅館重新粉刷。 「加賀の青漆喰」と呼ばれる石川県加賀地方の伝統的な技法で旅館を開業した桜井兵五郎が石川県金沢の出身でかつて東洋一のホテルであった 格式高い「白雲楼」の創設者であったため、據說在這。 明亮的青的顏色,如清澈的雙眸、前田家のお殿様のみ許される高貴な色とされており、 用作金澤的皇家顏色、「北陸新幹線」の色としても利用されています。 2階座敷「大鳳」には旅館当時「太宰治」が宿泊したといわれております「麒麟・大鳳」の間では、因為每個志願者大量的時間在公告指引我們、 我是快樂、 輕鬆的好點。 館内をぐるりと1周案内してくださる「スルーガイド(有料)」は予約が必要となります♪ 庭園の風景は、現在看到那低的豪華空間。。 塌塌米走廊窗戶玻璃、当時の職人が一枚一枚流し込んで作った「大正ガラス」が残っており、 你能感受到美和微妙的扭曲。 封閉房間的榻榻米房塌塌米走廊的生成、在 c 面 (irikawadzukuri) 上我、 車椅子で生活していた実母に対する内田信也の思いやりと考えられます♪ 廊下床には、地毯、膝關節或髖關節的負擔是耗時和困難。 是稍微向上和向下。、它是很長的走廊。 洋館「玉姫」 木造2階建ての洋館は、2代目の持ち主で当時「鉄道王」と呼ばれた根津嘉一郎の手により、...

落馬隋麻地博物館昭和時代大廈維修日本園林藝術、 快樂和包括藝術博物館

緑を楽しむという意味を持つ「樂翠 らくすい」。 在訪問期間這裡的銀閣寺寺光輕門主、 庭園にある「東屋(あずまや)」を「樂翠亭(らくすいてい)」と名付けたことを今に受け継ぎ、 2011年5月より「樂翠亭美術館」として一般公開(一部有料)されています。 1950年~1957年(昭和25年~32年)にかけて築造された 昭和初期の木造2階建ての純和風建築と鉄筋コンクリート造洋館及び、收集的和笨蛋神社建築史建築、 那些周圍的池塘和涼亭、四季折々の回遊式日本庭園で構成されている 総敷地面積がおよそ1,200坪にも達する広大な富山市を代表する邸宅を 貴重な文化遺産として後世に受け継いでいくために「リバーリトリート雅樂倶」を運営する「izak アイザック」グループの石崎氏が立ち上がり、 在店裡修理、促進藝術和文化和社區的貢獻、力爭成為機構為富山站北區的發展作出貢獻。 這裡、隨著美麗的日本花園,在那裡你可以享受的季節變化、 日本建築の和の空間で見る日本の匠の技と癒合させた現代作家さんたちが繰り広げられる アートの世界を堪能できます♪ 入口のエントランスホールには「ミュージアムショップ」が併設されておりますが、 我將稍後介紹。 剛、開館5周年記念展として2015年3月20日(金)~6月14日(日)まで開催されている 陶芸家内田鋼一さんの個展「手と眼」を鑑賞致します。 關於工程被禁止、素晴らしい邸宅の雰囲気やお庭などの風景をお楽しみください♪ 樂翠亭美術館事務局責任者小西博夫さん この日は樂翠亭美術館事務局の責任者である小西博夫さんにお時間をいただき、使用我們的設施。 這裡、任命為博物館更多、在日本房子在自然放置的藝術作品、 好像他的家的氛圍、 アートがより身近に感じられるようにと願われる石崎氏の意向を汲まれて展示されています。 許多訪客從遠方來、你忘記了時間、只有在後者慢慢地、 輝煌的、似乎已經蔓延在引進前的人。 「人間を取り戻した」と口にされる方もいらしたとのこと小西さん自身も、美麗不是一天改變心臟的景觀癒合的感情,雖然有。 来月の5月14日(木)~17日(日) に特別に開催される4日間限定の夜間ライトアップ特別開館イベント「−K.Uchida’s BAR−」 の夜の雰囲気も素敵だとお勧めくださいました♪ 脂松廊下からの中庭 肥松(こえまつ)とは、尤其是油膩的松樹林污漬,是指。、 強和持久性、具有防水性能優異,驅蚊、這可以用作結構成員如梁或走廊小組。 屋久杉の天井 天井には、1993年に世界遺産登録されている鹿児島県屋久島の屋久杉を用いられ、慈善突出顯示。 1970年に入ると自然保護の動きがあり、將是一個有價值的另一個用於登錄完全禁止掉手上。 欄間(和鶴) 欄間とは、在天花板和 kamoi 之間安裝格子或鏤空板等。、 也是裝飾品,如照明及通風系統。 畳縁側 定期的に畳の張替えも行われているため、好的腳、美麗的門廊。 修剪整齊的豪華牆到牆的意見玻璃 Vista。、令人愉快鳴叫的鳥兒音樂。 畳縁側からの眺望 定期的に庭のお手入れは施されるものの、只是敢與修剪、 這被保持離開自然的身體來感受自然的魅力、樂翠庭花園和女性氣質。 檜風呂 石崎氏が増築された檜風呂は、在不使用從圖庫、你可以免費觀看。 泡在浴缸裡、這完全自包含下背部、所以可以完全好看俯瞰著花園。 在花園裡、杜鵑花和杜鵑、和盛開的茶花、四季毎の花々が楽しめるようです♪...

在 Yoshida 房子俯瞰日本花園與櫻花盛開哭泣

コンクリート打ち放しの業界で全国区であったニチエー吉田(※現在木内建設が事業継承)の社長を務められていた吉田晃(よしだあきら)さんの御宅にて行われた2014年花見会に夫婦でお呼ばれして参りました♪ 浜松近辺の桜は先週末でそろそろ葉桜に変わりつつあり、最後看, 會有、吉田邸の玄関までのアプローチ先に咲くしだれ桜は、到底是什麼在盛開在他們最好的、この日は天候にも恵まれ絶好のお花見日和です♪ 色濃い蕾、它是美麗的淺粉色花瓣、柔軟的枝條被風吹動、たおやかな姿を魅せてくれます♪ 吉田邸といえば、這美麗的日本理由。寶貴的日本紅松木,梅花,開始。、你可以享受美妙的完好的花園。上次我介紹了夜晚的燈光、沐浴在溫暖的陽光下、鮮やかな緑がキラキラと輝く様子もまた美しい眺めです♪ お庭中央に植えられた立派な赤松をはじめ、享受四季樹木和鮮花。吉田大廈、甚至從窗戶往外看、緑が視界に入るよう癒しの空間として工夫されています♪ 吉田さんが44歳の時、大約37年前在這裡蓋房子的時候、離れの一角に茶室を設けようと、已從京都搬遷。在寧靜的日本花園指定特別愛花園茶館, 而在暫停。またお茶会も開きたいものですね♪ 主催の吉田さんより花見会のご挨拶と乾杯の掛け声が入ります好きが高じて利き酒師の資格をお持ちの吉田さんですが、這一天常常是不要來的、とても楽しそうにお過ごしでした♪ 吉田さんのお隣さんでもある「丸八不動産グループ」の会長である平野修さんと奥様の淳子さん。除了在、お声をかけてお集まりいただいた皆様と楽しい休日の午後をご一緒させていただきます♪ 「鳥善・一水庵」さんのお弁当をいただいた後に、在櫻花下。春天的夢想為口味、可以度過一個幸福的假期。吉田先生、大家都在一起謝謝你的一天、在這第二個花梯之後。その模様は次の記事にて紹介します♪...

滾動到頂部