在 "台北車站" 從 "左營站" 轉移 "宜蘭站"! 享受山水的田園風光!

左營站的高高的鐵 (左營站)、在,營區,高雄市、 高速列車、臺灣鐵路、凡三是終端站的城市地鐵站。 好開站校園大堂很大、便利店和咖啡館變得完整。、 配備各種旅遊的資訊計數器。 台湾鉄路管理局線 (俗稱的線:-鐵),、成為新左營站 (Xinzuoying)、 請注意,名稱 2 街。 這一次,、左営駅(Zuoying Station)は墾丁と台南に出向く際にも利用したため既に慣れ親しんだ駅となりました♪ 高鉄チケット購入は、可能在這裡售票處購買。 還、在便利店和自動售貨機或互聯網、 預訂和票務和、乗車15日前より購入することができます 今回はインターネットで事前予約し高雄のコンビニエンスストア(ファミリーマート)でチケットを受け取っております左営駅(Zuoying Station)から台北駅(Taipei Station)までの新幹線のチケットは、 在預訂的座位上、運賃は1,490TWD(日本円約5,370円)となります♪ 改札口でチケットを自動改札機に認識させ、通過。 由於行李、改札口が閉まらないようにサポートしてくれる駅員のお兄さん!(謝謝!) 電光掲示板の案内を確認しながら、3月台推進。 台湾新幹線700T系は、是該模型由聯合開發的 JR 東海和 JR 西日本新幹線 700 系列、 「T」は台湾の略称で、臺灣的地理、考慮氣候以及設計。 停站、台北站、板橋站、桃園站、 新竹站、苗栗站、台中站、彰化站、 雲林站、嘉義站、台南站、左営駅(Zuoying Station)となります♪ 新幹線内は清潔感に溢れており快適です♪ 「Chateau de Chine Kaohsiung(シャトードシン高雄)翰品酒店高雄」の スタッフの陳靖捷(Chiu Chiu Chen)にいただいたスナック菓子をいただきながらの道中はまるで遠足のよう。 糖果寫和水木漢娜、看起來拿糖蜂蜜甜日托胸部胸部用糖果、 日本でも有名な三幸製菓の代表商品の1つ「雪の宿」を思い出しましたが、 並嘗試吃甜的電話,我想添加"辣"、とても美味しかったです! 台湾のスナック菓子はスパイシーなものが多いですね♪ 陳靖捷(Chiu Chiu Chen)非常感謝♪ およそ2時間ほどで台北駅(Taipei Station)に無事到着することができました♪ 台北駅の構内は、6相當於樓中庭、在開放的氣氛,壯麗的。 回到在雲天、沐浴在自然光線從天花板上是、...

讓我們在台鉄從 "台南火車站" 高雄 "左營站" 當地列車!台南女孩免費心臟支持!

在古老的城市以前繁榮作為臺灣中心、也被稱為"京都的臺灣 ' 台南。 臺北、高雄、第四,其次是台中市的臺灣台南、位於臺灣西南熱帶地區、 包圍學習舊街道和建築歷史、 作為優雅的外觀和"美食之都"、作為一個旅遊目的地是南部流行的古代城市、它也是你想要訪問某一天一個的城市。 作為通往南方、縦貫線の全列車が停車する台南駅(Tainan Station)に到着しました「Silks Place Tainan(シルクスプレイス台南)台南晶英酒店」の送迎車にお別れをしここから高雄へと向かいます♪ 台南駅(Tainan Station)は日本統治時代の1900年に建設された 洋風建築物を1932年から4年の月日をかけて改築し、1936完成年。 著名的臺灣在車站前民間英雄、「鄭成功(Cheng Ch’eng-kung)」の銅像が設置されており、 使用古典建築的現代復興、 要融入景觀熱帶包圍、静かに存在しています♪ チケット売り場前には赤いロープが張られ、為非常擁擠、 放棄它到線上時間坐火車、券売機へと向かいます! 券売機で「台南駅(Tainan Station)」→「左営駅(Zuoying Station)」までの切符を購入します♪ ホームの係員に購入したチケットの確認をしてもらい、 看到離開日曆平臺。 大約 2 個星期參觀、2是,且超過 60 k 負荷的重量、 滿足大多數身體運動。 並檢查火車的董事會、「プラットホーム2A」であったためエレベーターで「2月台」と書かれたプラットホームへ移動します。 在這一天、「清明節(チンミンジエ)」という台湾のお盆で、 日本盂蘭盆節期間類似于臺灣海峽擁擠在夏季高峰期、各項決議是需要。 時間には余裕を持って行動されることをお勧めします♪ 台湾鉄路管理局線(通称台鉄)の特急列車に無事に乗り込めたものの、確保有足夠、沒有職位空缺、 不知何故闖入甲板上的火車、現在,我正站在大約 30 分鐘的行車時間從這裡。 剛、同列車に乗り合わせた若くて可愛い台南ガールズたちが、 這是臺灣在託盤墳墓的途中、 困っていたわたしたちの超重量過多の荷物の上げ下げを手伝ってくれました!(謝謝!) 列車内はデッキだったということもあり台南の熱風が吹き付けるほどの蒸し暑さ全開となりましたが爽やかな台南ガールズのおかげで楽しい道中となりました♪ とても親切に荷物の上げ下ろしをサポートしてくれた台南ガールズ! 台南ガールズと勝手に命名しましたが本名は林育ちゃんと溫家慧ちゃんです! この他にも台湾では幾度となく、 多次説明的查找無關他人困惑在我們旅遊、 有很多人把你溫暖的手。 そんな温かい心に触れることができる台湾だからハマってしまうのかもしれません! 困っている人がいたら手を差し伸べるのは当たり前のことですが、 很多人很難,不是嗎?。 他們那裡得到的好處、我想要珍惜是一種感覺良好的意願,然後連接到有人給。 移動中に2人に「台湾へは観光?」と質問されたためWEBマガジンladeの概要をお伝えすると、正如您期望、若い子は情報配信が早いです! 直ぐにFacebookでlade-ラデ-を告知してくれていました!(謝謝!) 林育ちゃんと溫家慧ちゃん再見♪ 約束の時間通りに高雄市左営区の左営駅(Zuoying Station)に到着次なる宿泊先ホテル 「Chateau de...

墾丁 "Gloria Manor 華泰瑞苑" 看看花舒緩暢遊在大型自然富裕的環境

格洛麗亞莊園 (格洛麗亞禮儀)-華,芮恩的墾丁、 其主題是"與自然共存。、與自然到臺灣最南端的度假村酒店設計護理背景和諧。 從酒店、震驚大根尖石山地標墾丁 (墾丁)、 鬱鬱蔥蔥的綠色草坪庭院與室外游泳池、你可以享受快樂時光。 之後回到阿爾策"墾丁丁國家森林遊樂區。、 在你的賓館房間洗澡、着替えてチェックアウトに向けて荷物をまとめます♪ 今回、2泊3日でお世話になったグロリアマナーでは、享受不同的可選旅遊、 台湾に居ながらにして南国ムードを味わい大自然に触れ合うことで心豊かなひとときを過ごさせていただきました♪ 自然豊かな環境と、它受到工作人員的熱烈歡迎、釋放精神上和身體上,我感覺真的放鬆的酒店。 墾丁的魅力、因為在每個賽季的一些活動、 仍、未知の生態に出会えることでしょう! いつの日かまたこの墾丁に戻ってきたいと思います♪ 致華泰瑞苑的各位!非常感謝大家!再見! チェックアウトを済ませ、使用酒店的穿梭巴士準時起飛、 高鉄の左営駅(Zuoying Station)まで戻ります♪ シャトルバス利用時間(要事前予約) 送迎時間:11:30~グロリアマナーから高速鉄道左営駅へ 送迎時間:14:15~高速鉄道左営駅からグロリアマナーへ シャトルバスでおよそ2時間ほどのドライブとなるため、 從酒店的服務、ゲスト全員にピーチジュースと茶葉蛋(Tea Egg)が配られました! 同行するスタッフのJessica Chuが親切にガイドをしてくれました♪ 台湾で良く見掛ける茶色い茹で卵の茶葉蛋(Tea Egg)とは、 使用茶葉和香料、調整與糖或鹽的味道、時間的推移低,煮在鍋裡放。 第一次在 shell 中會出現裂縫、 包含的網狀圖案表面的蛋和它去皮殼的特點。 口感、取決於使用的茶葉、 日本醬油的風味珠也發出不同的個性。 香濃的茶和香料、 最喜歡的因為我喜歡八角茴香的秋天、意外と美味しいです♪ (八角が苦手なわたし達でも美味しくいただきました!) 海岸線沿いを走っていると突如激しく叩きつけるようなスコールの嵐に見舞われました! 移動時間の2時間も長閑な景色を眺めながら過ごせばあっという間に高雄の高鉄の左営駅(Zuoying Station)に到着します! お世話になったDirectorの鍾君采(James Chung)と、 市場行銷經理&Communication Dept.の羅晏辰(Eve Lo)、 PR/文案,市場行銷&Communication Dept.の梁維容(Stephy Liang)とはこちらでお別れ! 谢谢你多方面的帮助!James!Eve-chan!Stephy! グロリアマナーのシャトルバス(事前予約)を利用される宿泊ゲストは高鉄の左営駅(Zuoying Station)の2番出口、 下電扶梯,向前看、こちらの「彩虹市集」前で乗車してください。 現在、高鉄の左営駅(Zuoying Station)より、...

讓我們坐出租車去的“墾丁”衝浪點祝福與台灣最南端的白沙海!

"凱萊酒店凱萊酒店集團 (花台酒店的 FIR)"的市場行銷經理&通信部的羅馬修辰雄 (夏娃 Lo) 和公關/文案,市場行銷&Communication Dept.の梁維容(Stephy Liang)と 「Gloria Manor(グロリアマナー)華泰瑞苑」へと向かうため台湾高速鉄道の新幹線にて左営駅(Zuoying Station)へとやって来ました! 定時(14:15) 向客人用格洛麗亞禮貌離開太空梭 (保留)、 高鉄の左営駅(Zuoying Station)の2番出口エスカレーターを下って右前方の「彩虹市集」前で乗車してくださいわたし達は墾丁(Kenting)までの旅路を急ぐため、這本書的個人的工作人員。 高鉄の左営駅(Zuoying Station)の4番出口へと向かいます♪ 左営駅(Zuoying Station)の4番出口を出ると、 位於西部的高雄市左營區鎮息差。 還是從臺北、感覺有點陽光強度、何処か空気に南国のムードが漂います♪ 台湾高速鉄道側の台湾高速鉄道・左営駅(Zuoying Station)は2006年10月31日に開業し同年の12月1日には台湾鉄路管理局側の台湾鉄路管理局・新左営駅(Xinzuoying Station)も開業しています♪ 予約してあるタクシーと無事に合流し、一郎、墾丁(kenting)へ! 今回は個人タクシーの蔡宗憲(Tsai Tzongxien)にお願いしています高雄(Kaoshiung)⇔墾丁(Kenting)区間の片道は1,800TWD(日本円約6,480円)となります♪ 個人タクシー・蔡宗憲(Tsai Tzongxien)連絡先 TEL:09-8527-8887(09-2765-1656) (※中国語のみ英語・日本語不可) 墾丁(Kenting)までの道中は、一些人,如景觀攝影、她的丈夫坐在乘客座位上、 後排座位了一片熱火朝天一路走來,像那三個女孩旅行、車内では日本語と中国語教室が繰り広げられています! 途中、同時把握休息、およそ2時間程度のドライブです♪ 中山高速公路から88号快速路を走り屏東(Pingtung)方面へ! 屏東(Pingtung)の枋寮(Fangliao)という町は、 除了豐富的海產品收穫在水產養殖中、特にシラスが有名です。 進一步、果物の蓮霧の産地でもあり「黒珍珠」という品種の蓮霧の故郷でもあります長閑な町並みを横目にひたすら南下します♪ 路面にある果物店では屏東の名産でもある蓮霧や 釈迦、香蕉、菠蘿蜜、マンゴーが盛り沢山に販売されています瑞々しく梨のようなシャキシャキとした食感とあっさりとした味わいを持つ蓮霧は暑い日の水分補給には最適です♪ 道幅がゆったりと三車線で広くなり左手には中央山脈南部西側に位置する春日郷が観えて参りました! 春日郷内の面積の95%は山地が占めており住民は原住民であるパイワン族が多数を占めるそうです♪ そして、在右手邊走的更遠、台湾海峡が観えて来ました! 台湾では台湾を自転車で一周するという「環島(ホァンダオ)」が流行っており、 整個職業自行車手的立場。 台湾で「環島」は日本語にすると「島を一周」という意味です。 臺灣各地、その距離900kmに及ぶそうですが自転車で一周するという行為は可能とのこと! 湾岸線を走行するのはとても気持ち良さそうです♪ ひたすら車を走らせ墾丁(Kenting)の入口の町に到着しました! 南湾路沿いには多くのホステル(ゲストハウス)やレストランが...

騎在台灣高速鐵路,南台灣為“左營站”,從“台北站”的旅程

臺北車站 (臺北 6 月)、1989在一座巨大建築建成于、 憑藉獨特的設計,模仿中國式宮殿裝飾、明顯的就是存在。、隨風搖曳的棕櫚樹。 地上六層、4 地下室結構中、退出設置每個四個方位基點是。。 還有一些受歡迎的美食現場一個巨大的美食廣場上二樓,。 當前、這一站是臺灣鐵路管理局常規線 (俗稱:台鉄)をはじめ台湾高速鉄道や台北捷運(都市交通システム)の淡水線や板南線の接続駅となっています。 1這一天的客人、およそ40万人に達しており、在臺灣擁有最大。 在這裡,在、新幹線と電車とMRTが運行されています♪ 台北駅の構内は、6相當於樓中庭、在開放的氣氛,壯麗的。 回到在雲天、沐浴在自然光線從天花板上是、 天氣很好,、温かな陽射しに恵まれ快適な空間となります♪ 台北駅東三門で「GLORIA HOTEL GROUP グロリアホテルグループ(華泰大飯店集團)」の Marketing Maneger&通信部的羅馬修辰雄 (夏娃 Lo) 和公關/文案,市場行銷&Communication Dept.の梁維容(Stephy Liang)と無事に合流することができました! 台湾旅行3日目は台湾の最南端の墾丁(Kenting)にある グロリアグループが運営するホテルの「Gloria Manor(グロリアマナー)華泰瑞苑」へと向かいます。 他們都只講英語或漢語、 總是比使用肢體語言、端的な英会話で会話を進めます(笑) 両替をするために台北駅構内にある「台北郵局(郵便局)」へ。 在南部的 1門附近郵局、交換成為可能、さらに両替手数料は無料となり大変お得です♪ 郵便局窓口の奥の液晶画面には、顯示一天的速率。 出示你的護照和、受領書にサインを致しましょう♪ 日本円の1万円分を台湾通貨に両替するとこの日のレートでは2,793TWDになりました! 台湾高速鉄道の新幹線チケット売り場 高鉄チケット購入は、鐵站櫃臺或自動售貨機、或互聯網,便利店、 預訂和票務和、乗車15日前より購入することができます♪ 台北駅(Taipei Station)から左営駅(Zuoying Station)までの切符です♪ 今回は指定席なので運賃は1,490TWD(日本円約5,370円)です自由席だと1,445TWD(日本円:約 5200 日元)、グリーン車で1,950TWD(日本円約7,020円)となります「Palais de Chine Hotel(パレデシン)君品酒店」のコンシェルジュのWei Huangが有り難いことにこちらまで荷物を運んでくださいました♪(謝謝♪) こちらのエレベーターに乗り込み地下のプラットホームへと参りましょう♪ 台湾新幹線700T系は、是該模型由聯合開發的 JR 東海和 JR 西日本新幹線 700 系列、 「T」は台湾の略称で、臺灣的地理、考慮氣候以及設計。 停站、台北站、板橋站、桃園站、...

滾動到頂部