法國的餐廳 "連理" 4 年結婚紀念日慶祝廚師的課程

然而,作為 mokuren 靜靜地坐著、定義一個有尊嚴、庭から眺めることのできるシンボルツリー 「連理の木」の存在感溢れる素晴らしい建物がこちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 LENRI」。 2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープンされてから、早在 2 年有傳遞。 こちらで活躍されているシェフの尾上成彰さんは、 後整理培訓在岐阜縣多治見、「グランドエクシブ浜名湖」内のイタリアン「ルッチコーレ」にて、 務marete 廚師約十年在義大利和法國進來、充分利用這項技術已栽培為止、 提供主要生計的融合東方和西方殖民的法國菜。 這裡的歐洲城堡形象、 靜靜地依偎在石頭牆內砌體是、まるで隠れ家のような雰囲気を醸し出しています♪ 店内1階は、25 桌席位包括半私人房間、4 台座椅俯瞰著庭院和、 暗褐色平靜可以盡情享受寬敞和有尊嚴地在地板和石頭的牆上。 2在地板上、貸切のイベントスペースなどとしても活用できるフロアを提供されています♪ 広大な敷地3,000坪を誇り、得天獨厚的藍莓農場和香草花園餐廳。 看風景前你的花園的時候你可以享受四個季節、 美味しい食事を味わえる至福のひとときを過ごせます♪ わたし達の結婚記念日4年目を迎える2016年2月22日(にゃんこの日)に伺い、 慶祝陣亡將士紀念日、尾上シェフに事前にお願いしおまかせコースをオーダーしました♪ 浜名湖の「グランドエクシブ浜名湖」で7年ほど尾上シェフと一緒に務められていた中村さんを2016年3月より正式に社員として迎え入れられています中村さんは浜松出身ですがここ2年ほどは「エクシブ箱根離宮」にいらしたところを 尾上さんに声がけされ、是公司決定返回到本地嗎。 作為一個高值體驗廳工作人員、安定のサービス提供が見込めると尾上シェフも喜ばれていました♪ 「2011 Hugel Riesling Estate(ヒューゲル リースリング エステイト)」 今回のワインはフランスはアルザスのドメーヌ「Famille Hugel(ファミーユ ヒューゲル)」を招き「THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN ジ オリエンタルテラス トリゼン」にて開催された 「Wine Maker’s Dinner Vol.4」にていただいた 「2011 Hugel Riesling Estate(ヒューゲル リースリング エステイト)」を持込みさせていただきました! ヒューゲルの新商品として、Rieslingesteite 剛剛幾個月之前,、 超過一半的葡萄已被盛大 Cru shnan 球、 勃艮第和相同的石灰泥土壤在陡峭的山坡的葡萄園、...

法國的餐廳,"現在和永遠腎"廚師的課程與夏天煙花

然而,作為 mokuren 靜靜地坐著、定義一個有尊嚴、庭から眺めることのできるシンボルツリー 「連理の木」の存在感溢れる素晴らしい建物がこちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わった カフェ&レストラン「連理 LENRI」。 2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープン。 說的廚師將在這裡這一次過,重明、 後整理培訓在岐阜縣多治見、「グランドエクシブ浜名湖」内のイタリアン「ルッチコーレ」にて、 務marete 廚師約十年在義大利和法國進來、 充分利用這項技術已栽培為止、 提供主要生計的融合東方和西方殖民的法國菜。 這裡的歐洲城堡形象、靜靜地依偎在石頭牆內砌體是、 まるで隠れ家のような雰囲気を醸し出しています♪ 春夏秋冬を楽しむことのできるお庭を前に景色を眺めながら美味しい食事を味わえる至福のひとときを過ごせますさて今回は尾上シェフにお願いしボリューム的に1人3皿ずつで内容はおまかせするショートコースをオーダーしました♪ 丁度中庭テラスに紅白の百日紅の花が満開を迎えており心地良いそよ風が吹く夏終わりの夕暮れ時こちらの中庭テラスでは、8月末まで「古城ビアガーデン」を開催されており西洋の雰囲気に包まれた城壁のような壁に囲まれ青い芝が広がる百日紅の花の下で優雅なひとときを楽しめます♪ 連理 百日紅(白) 百日紅(紅) アペリティフは中庭テラスでいただくことにしました♪ 「アストリア コールドワイン 9.5 ピンク」イタリア ヴェネト州 4,500円 アルコール度数が9.5%なことからボトルに大きく9.5とネーミングされているイタリアはヴェネト州のスプマンテボトルは白くコーティングされており中の淡いピンクカラーは注がれるまでのお楽しみとなっています。 這裡、針金部分もピンクでさらにコルクの底もピンクで統一されており連理のイメージカラーであるピンク一色です! 薄く儚げなピンクカラーに繊細な泡立ちスッキリとした味わいでありながらフルーティーさも感じる爽やかなスパークリングワインです♪ 「前菜の盛り合わせ」 香ばしく甘味を感じるウチワエビのローストはレア気味で最高の状態に仕上がっており蜂蜜でマリネした梅との相性も絶妙キントキダイの炙り焼き生姜のバルサミコ煮茗荷のピクルスバルサミコ酢の球体を添えて新鮮な駿河湾赤いかのマリネをほろ苦さを感じる万願寺唐辛子のムースで和えたものはお酒の当てに最適です♪ 「甘鯛のカリカリおこりんぼ」 甘鯛の鱗の食感を楽しむためにカリカリに揚げマスカットのソースでいただきます。 小飛蓬、三尺ささげ、黃秋葵、糸唐辛子のフリットを添えて白のビオワインを用いて作る尾上シェフのコクのあるブールブランソースにマスカットの酸味を加えるソースはこの時期限定のソースでお勧めです! 魚料理は鱗パリパリに限りますね♪ 「Chateau la Reverance 2011 シャトー・ラ・レヴェランス」フランス ボルドープティシャトー...

"現在和永遠腎"周年紀念最高的聖誕大餐

然而,作為 mokuren 靜靜地坐著、定義一個有尊嚴、偉大建築與符號樹可以從花園、 樹木和永遠存在、こちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 レンリ」さん昨年2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープン。說的廚師將在這裡這一次過,重明、後整理培訓在岐阜縣多治見、我 grandxiv 在義大利"luccicore"在務marete 廚師濱名湖約十年在義大利和法國進來、充分利用這項技術已栽培為止、提供主要生計的融合東方和西方殖民的法國菜。大廈被修建了一座城堡、ライトアップされて昼の顔とはまた一味違った厳かな雰囲気を醸し出しております♪ この日は連理さんが尾上シェフの手によってリニューアルオープンされてから2014年12月3日で1年が経過し一周年を記念すると共に限定ディナーとして12月3日~12月25日まで開催されているクリスマスディナーをいただきに参りました♪ フロントカウンター 暖炉が設置されている店内は、溫暖的爐火上寒冷日子的光線將會。商店、與柔和的自然光線,一天的不同、立即與溫馨的照明和醇厚的空間。在聖誕花環和紅絲帶裝飾、隨便拉過耶誕節的情緒、雰囲気を高めてくれています♪ この日は「WINE BOUTIQUE PANIER ワインブティックパニエ」のオーナーである小野哲義さんと由紀子さん夫妻にセレクトしていただいたスパークリングワインと赤ワインそしてなかなか手に入らない「KENZO ESTATE ケンゾーエステート」の白ワインをネットで購入してあったのでそちらと計3本をリーデルのグラスと共に持ち込ませていただきました♪(※持ち込み料はワイン1本に対し3,000円別途かかります) 石川さんにスパークリングワインを冷やしてもらった後に抜栓してもらいまずは乾杯です♪ 「モンルイ・シュル・ロワール・ブリュット クール・ド・クレイ」フランス ロワール 2,890円(ワインブティックパニエ) フランス・ロワール地方から、從瀑布對面銀行河對面的 vouvray AOC 蒙特、鈣華(石灰石品質)為從葡萄園上藤 Vignes 陳甯白朗 100%的 50 歲、用手拿 100%、蒙特香檳二次發酵法乾燥。。ハートのラベル中央には「De tout Coeur 心から愛しています」のメッセージが添えられているため、起泡酒是很受歡迎,如陣亡將士紀念日將。きめ細やかな泡立ちと甘味を感じる豊潤でエレガントな果実味が印象的です♪ 「白子のムニエル 桜海老のクーリーを添えて」 白子を表面はカリッとさせ、甚至與熱奶油裝飾。它是你與蝦乾果醬、口味。添えられた古代人参のローストは「人参の本来の味ってこれだよね」と思わせてくれる甘さと良い意味の苦味があり大変美味しかったです♪ 「ウサギの背肉にフォアグラと香草ソーセージを詰めて 朝採れホワイトマッシュルームのクリームソース」 左手は、小兔子。。打開兔裡脊,塞滿了鵝肝醬和檸檬香蜂草香草香腸、即使是太陽曬乾的番茄和卷在一起、培根,炒、從兔骨源使用派生、蘑菇奶油汁。就在向蝸牛炒杏仁粉。香菇在底部、ソースはブルギニオンソースとなります♪ バゲット 「KENZO ESTATE 結 Yui」 4,590円(KENZO ESTATE オンラインショップ) 年間生産量が僅かで希少なロゼワイン。美麗優雅的玫瑰、櫻桃和覆盆子的果香、寶石是魅力的一種令人耳目一新幹的品位。誰有結、連接心靈和頭腦、精神的這種互助作為名稱留置。、它表示賢三地產葡萄維繫的紐帶和。這些美麗的粉紅色。歡迎來到香氣漿果和桃子像儘管甜蜜、口感、非常好,好的酸堿平衡、可憐なセミドライタイプで全くえぐみのない爽やかさと艶やかさを持ち合わせていて最高に美味しいワインです♪ 「伊勢海老の炙り焼き 採れたて野菜に白ワインバターソース」 伊勢海老の身を椿油でマリネしてから炙り、從預科生完成。、豐富的大腦在蝦和白色葡萄酒黃油汁、將奶油布蘭科。奧諾埃廚師奶油汁是很好吃的 !。如果、如果你是禦神的烹飪課打開、絶対にソースを習いたいですね♪ 赤ワインのデキャンタ 「ヤルンバ・ザ・シグネチャー」オーストラリア バロッサヴァレー 7,500円(ワインブティックパニエ) ヤルンバは、1849在英國尋求新的生活、家族と共にアンガストンへ移住した醸造家のサミュエル・スミスによって設立されたオーストラリアのワイナリー。葡萄品種、赤霞珠、設拉子。深色的紅紫色、香氣是丁香和黑胡椒。、可哥、焦糖、毛氈、 梅花、只有一個強大、只是一種謙虛、細膩的口感作為與水果攤、偉大的葡萄酒與辛辣、 平衡甜蜘蛛。鹿などの野性味溢れるジビエに合わせても最適です♪ 「ローストした鹿フィレ肉と冬根菜 モリーユ茸のソース」 今朝届いたばかりの鹿1頭からほんの少ししか取れない貴重な部位フィレ肉をローストし、羊肚菌 (羊肚菌) 醬。洋蔥、配上歐芹根。新鮮的鹿件事要說嗎?、鹿肉的味道都沒有嘗到現在為止、深度和、甘みが口の中で宇宙のように広がり羽ばたきます!尾上さんが「この鹿は火入れのタイミングを教えてくれる」とおしゃっていました。鹿人直到現在無疑最好 ! 良好的相容性與羊肚菌蘑菇和紅酒汁、噛めば噛む程に味の濃厚さに唸ってしまいました!これは本当に凄いです!尾上さんに感謝と敬意を表します♪ 「フォンダンショコラ バニラアイス」 もともとコースのデザートは、形象的一個白色的聖誕、使用白色的巧克力甜點、最後一次、當取樣試驗、像我記得"我們已婚夫婦像白巧克力"。、請更改過的專業的軟糖。サクッとナイフを通すと熱々のとろけるチョコが溢れ出してくるフォンダンショコラと赤ワインとの相性も良かったりします♪ 「ブランデー入り紅茶」 香りを楽しむように、雖然你口水白蘭地紅茶、素晴らしい構成のコースの余韻に浸ります♪ 料理が終わり、聊天的時間與業餘奧諾埃。回望過去的偉大進程雕刻成這心、終わりのない美味しいもの話に華が咲きます♪ 「ボトルグリーン エルダーフラワー」...

"現在和永遠腎"周年晚會來慶祝衷心的奧諾埃唱,廚師款待

然而,作為 mokuren 靜靜地坐著、定義一個有尊嚴、偉大建築與符號樹可以從花園、 樹木和永遠存在、こちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 レンリ」さん昨年2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープン。說的廚師將在這裡這一次過,重明、後整理培訓在岐阜縣多治見、我 grandxiv 在義大利"luccicore"在務marete 廚師濱名湖約十年在義大利和法國進來、充分利用這項技術已栽培為止、提供主要生計的融合東方和西方殖民的法國菜。大廈被修建了一座城堡、ライトアップされて昼の顔とはまた一味違った厳かな雰囲気を醸し出しております♪ 暖炉が設置されている店内は、溫暖的爐火上寒冷日子的光線將會。商店、與柔和的自然光線,一天的不同、立即與溫馨的照明和醇厚的空間。 在這一天、連理さんが尾上シェフの手によってリニューアルオープンされてから丁度1年が経過した2014年12月3日で一周年記念パーティにお招きいただき夫婦で参加して参りました♪ 1階では通常の営業でお客様をお迎えされるとのことで、聚會場地、2使用房間地板上的酒吧和私人。ホール担当の石川さんが1階と2階を行ったり来たりのサーブでお忙しそうですが精一杯の笑顔で出迎えてくださいました♪ 用意されたシャンパーニュ「Moët & Chandon モエ・エ・シャンドン」をいただき乾杯!その他にも「髙瀬物産株式会社 TAKASE」さんより仕入れられたオーガニックワインの白や赤を用意されていたり、Onoe 的奇聞趣事 (笑) 選擇的命中和精品葡萄酒。有自助服務似乎很好、皆さんそれぞれにお好きなワインを手に取り祝杯を上げておりました♪ 尾上さんよりご招待いただき集まられた皆さんは総勢20名ほどで、彙集豐富多彩的專業。、会場はまるで異業種交流会と化しています♪ 個室のテーブル席も用意されており歓談を楽しみながら尾上さんが用意してくれたブッフェ形式のディナーをいただきます♪ 朝採り桜島大根 特製ピクルス 生ハムフルーツ添え サーモン 盛り合わせ ハムと赤カラシ水菜 ハム 魚介のトマトサラダ ひじき煮のサラダ仕立て 白身魚のグリル 鯖河豚のグリル 松坂牛のサラダ仕立て 「ayanoha」のヨガセラピスト代表・大城綾さん(写真左) 「農+NOTICE」代表・今津亮さん(中央) 「髙瀬物産株式会社 TAKASE」浜松営業所所長・松井高さん(写真右) 尾上さんとお仕事を共にされたことのあるこちらの御2人は今でももちろん連理さんと尾上さんの大ファンです♪ 「tekuiji DESIGN テクイジデザイン」の代表・星野晃由さん(写真左) 「K’s FACTORY ケーズファクトリー」の代表・仲野寛州央さん(中央) フォトグラファー・御手洗里美さん(写真左) 「浜松ぐるぐるマップ編集室」編集長・忠内理絵さん(中央) 「農+NOTICE」代表の今津亮さんは、生於玉 Kasukabe、這著迷 mikatahara 紅土土壤好和濱松天氣、這似乎是開始農業轉移到玉! 從今津先生談蔬菜、農業に対する猛烈な熱意が伝わってきますね♪ 尾上さんが連理さんにて使用する「農+NOTICE」さんの野菜たち。這盒杯子裡的蔬菜、在蔬菜現在可利用、甘だまキャベツ・小さなブロッコリー・ダイコン・小ぶりな葉付きニンジン・1年越しの葉玉ねぎ・グリーンリーフレタス・ラディッシュ・ワサビ菜・赤カラシ水菜などが入り、2000円+送料でご提供できるとのこと(天候や植え替えのタイミングで変動の可能性有)。在這個時候、而蔬菜的描述、グリーンリーフレタスの触感を確かめさせてくれたのですが、令人驚訝的韌性! 非常厚, 所以享受。想到這樣的今津, 不要田間種植蔬菜、離家近、很快就會讓直接去購買。美味蔬菜、健康餐的第一步! 今津先生、連絡しま~す♪ 1階のお客様を終えて、Onoue 二樓到。周圍的偉大的朋友和慶祝 Onoe 的、非常非常高興。照片沒有存放、除了我們非常激動人心的滿足您可以、可以花一個晚上的樂趣。奧諾埃女士、お招きいただきありがとうございました♪(感謝) 尾上さん、石川先生、これからも連理さんで益々のご活躍を! カフェ&レストラン 連理 レンリ 浜松市北区都田町8501-2 TEL:053-428-7000 上班時間:10:00-22:00週一閉館:木曜日 http://wp.lenri.com/...

滾動到頂部