Sagami Bay in the hasedera temple surrounded by flowers in the four seasons, the temples hasedera Temple flower!

鎌倉の「花の御寺」または「あじさい寺」として親しまれ日本最大級の木彫仏の本尊「十一面観世音菩薩像(通称長谷観音)」が祀られる「長谷寺 (鎌倉市)(The official name:Hase-Dera 海光山慈照院長谷寺)」へ! 奈良時代の天平8年(736年)に開創と寺伝に残り、And Nega, and stipulated under the reign of the Emperor Shomu's leading Kamakura historical Temple、Buddha juichimen kanzeon bosatsu is a picture of wood carving Buddha leading Japan's largest (9.18 m)、Zaka East variant thirty-three Kannon sacred place no. 4-bow, is counted! And is called the "Temple of flowers"、境内には四季を通じて様々な花々が咲き誇り季節を問わず境内散策が楽しめる長谷寺は「鎌倉大仏殿高徳院 (Kamakura Daibutsu)」と並ぶ人気振りでどちらも江ノ電「長谷駅」より徒歩圏内なことからセットで参拝される方も多い観光名所となります! また山の斜面に沿って広がり高台に位置する境内からの眺望は鎌倉随一とも称賛されており鎌倉の街並みと相模湾を見下ろすことのできる絶景スポットでもあります! 「門かぶりの松」と共に出迎える大きな赤提灯が掲げられた山門! その左手に見える拝観受付にて拝観料大人400円を支払い拝観券を手に入れましょう! 緑が溢れ手入れの行き届いた4月下旬の境内にはツツジの花が姿を見せ始めており大輪の牡丹が咲き誇る姿は、I am, very pure and say beauty! On the map of said precinct "(1) main hall" and "(2) Amida-Dou"、"(3) Temple" "(4) Daikoku Hall.、"(5) Benten Hall.、"(6)-Inari Shrine.、"(7) library.、"(8) Bell Tower.、"(9) Academy.、"(10) calm jizo.、"(1) (1)-an ocean light.、「①②眺望散策路」「①③見晴台」「①④観音ミュージアム」と記されており見所満載! 山の高低を活かした造りの境内は上下に分かれており下境内には「妙智池」 と「放生池」 を中心とした回遊式庭園が広がりその涼やかな景色に癒やされる多くの参拝者で賑わいます! 右手に進めば弘法大師(空海)が廻国修行の折に参籠した洞窟として知られる「弁天窟」があります! 弁天窟の中は蝋燭の灯りを頼りに進むと洞窟の壁面を利用して彫られた二臂の「弁財天と眷属である十六童子」の御姿が見られます! 金運上昇や商売繁盛の御利益! 江戸時代に「出世弁財天」の名で世に知られていた弘法大師(空海)が刻まれた八臂の「福徳弁才天」は現在本堂横の「観音ミュージアム」に収蔵されているため「弁天堂」には御本尊に代わる「福徳弁財天」が祀られています! 階段を上り上境内右手へと進むと子安・繁栄に御利益のある「福壽地蔵」を祀る「地蔵堂」があり周囲には水子や先亡諸霊の供養のための「千体地蔵」が奉納されています! 「千体地蔵」と「卍池」の間には「水かけ地蔵」の御姿がありますので水を掛けて供養致しましょう! さらに階段を上ると「鐘楼」「阿弥陀堂」「本堂(観音堂)」「観音ミュージアム(入館料大人(高校生以上)300円(※長谷寺拝観料要別途)」へと横並びに続きます! 早速御本尊の「十一面観世音菩薩像(通称長谷観音)」が安置されている「本堂(観音堂)」にて参拝致しましょう!(※本堂内は撮影禁止) 高さ9.18m日本最大級とされる木彫仏の本尊(長谷観音)の造立は「養老5年(721年)に大和(奈良県)長谷寺の開山である徳道上人の本願に基づき一本の楠の巨大な霊木から二体の観音像を三日三晩にして造顕されたといいますそのうち一体は大和長谷寺の本尊となり残る一体は有縁の地における衆生済度の誓願が込められ開眼供養を修した行基菩薩によって海中に投じられました。 After that、三浦半島の横須賀長井浜に打ち上げられたので天平8年(736年)藤原(中臣)鎌足の孫房前(ふささき)が徳道上人を開山として尊像は鎌倉へ遷座され長谷寺開創の礎となりました」と記されています! 日本最大級とされる木彫仏の長谷観音は木彫りを感じさせないほどに金色に輝いておりました! それぞれの御堂を堪能した後「観音ミュージアム」前に設置された「聖観音菩薩像」と一緒に記念撮影! 2015年10月18日にリニューアルされた「観音ミュージアム」は鎌倉長谷寺の本尊である「観音菩薩」を主題とした博物館「観音ミュージアム」へと生まれ変わっています! 「経蔵(転輪蔵)」の内部には立派な回転式書架「輪蔵」があり中には一切経(大蔵経)が収められております! これを一回転させることで一切経を全て読誦した功徳が得られるとされていますが輪蔵は観音御縁日(毎月18日)正月三が日、4月8日(灌仏会)、8月10日(四萬六阡日)のみ回す一大行事! 一般参拝者は、By pushing forward while turning the prayer wheel of 18 wall、For it is said to have the same merit chanting Buddhist scriptures were、By turning you around! The prayer wheel is a tool primarily used in Tibetan Buddhism、Previous、ネパールの「ゴールデン・テンプル(Golden Temple)正式名称ヒラニャ・ヴァルナ・マハヴィハール(Hiranya Varna Mahavihar)」に訪れた際も同じようにマニ車を回したことを思い出しました! 開けた境内の先を進むと見事な眺望を誇る「見晴台」へと続きます! 見下ろす長谷の街並みの先に由比ヶ浜を一望! 個人的には「見晴台」からの眺望より、Views from the Hill further view-long walking path is recommended because、Have any of your time、If you are confident in the legs、Right or wrong、「眺望散策路」までお進みください! 観音山に広がる「眺望散策路」は、As well as yuigahama、遠くに見渡す三浦半島や相模湾をも一望でき絶景です! わたし達が伺った時期はシャクナゲやシャガの花が散策路を彩っておりましたが、During the rainy season,、40Enjoy 2,500 stock type hydrangea color stunning "hydrangea size"、Here is "asaji is Temple" and for projecting the point referred to、その時期の訪問を楽しまれるのも良いでしょう! 高台からの眺望を楽しんだ後は階段を下り下境内まで戻ります! 下境内には、2007Pleasing your face was produced by order of the chief priest at shakujii sculpture workshop in "stone's world collection" has been established、Called jizo nagomi、その朗らかな笑みで多くの参拝者の記念撮影スポットとして愛されております! 同じく制作された「石んこ地蔵三人」は、3体が寄り添った30cm程の小さな小さなお地蔵様で「良縁地蔵」と称されています! 「良縁地蔵」は境内3箇所(観音堂への石畳参道途中、In the bamboo forests libraryof left、眺望散策路途中)に設置されており、3体全てに出逢えると良縁に恵まれると噂され今や目玉スポットとして大人気! 自然豊かな境内で華やぐ花々に癒やされながら過ごす見所満載の「長谷寺」は鎌倉でも有数のお勧めスポットとなります! 鎌倉長谷寺 所在地神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 TEL:0467-22-6300 Lighthouse:夏時間3月~9月:8:00-17:00(閉山17:30 ) 冬時間10月~2月:8:00~ 16:30(閉山17:00) 拝観料:Adults: 400 Yen、小学生200円 駐車場有料駐車場有...

National treasure statues "kotokuin Temple, Kamakura great Buddha" Kamakura's only! Big Buddha statue celebrates the overwhelming power of the kotokuin Temple

Temple of the Jodo sect in the historic town of Kamakura hase "Kamakura great Buddha kotokuin Temple (Kamakura Daibutsu)(The official name:Large different bowler hospital clean fountain Temple) "on about、Only Kamakura national treasure statues see Buddha (official name:銅造阿弥陀如来坐像)」を拝観! 「高徳院」の山門は山号「大異山」を記す扁額が掲げられた「仁王門」の「仁王像(金剛力士像)」が守護神としての猛々しい御姿で出迎えてくださいます! 木造寄木造の仁王像は、2011Part of the dais and the head is damaged during the earthquake in eastern Japan、Repair work has started with Agata、2014Sometimes that just finished the repair work in the spring of the year、今や色鮮やかな御姿で安置されています! 門をくぐると左手に券売所があるので、Admission here.:Adults (junior high school students and older) 200 yen is paid、参拝券を頂きましょう! 券売所先の手舎水にて両手口を清め、When it comes、本尊へ! 真っ青に晴れ渡る空の下に鎮座する「鎌倉大仏(正式名称銅造阿弥陀如来坐像)」! 1252年から10年前後の歳月をかけて造立されたとみられる二代目の大仏様は「鎌倉大仏」または「長谷の大仏」の愛称で親しまれています! 見るもの全てを魅了するその大きさは、Including the pedestal h 13.35 m、11.312 metres the Buddha high.、仏体 weight is what! 121 t &、圧倒的な存在感を誇ります! 大仏前に置かれた大香炉の煙にて身を清め今一歩目前へ! 参拝者と眼を合わせ、Watch gently little eyes the cool mind eye、With a shapely nose nose、Tied to the gentle mouth、肩にも達する程の立派な福耳!見れば見るほど惚れ惚れとしてしまいます! 元々は金箔の大仏だったことから、When lit by the setting sun、頬の辺りがうっすらと金色に見えるのがお判りでしょうか? 手は阿弥陀仏の9種類ある印相の中でも最も格式が高い「上品上生印(じょうぼんじょうしょういん)」を結ばれております大仏様と同じ手の組み方で輪をつくり記念撮影を楽しみました! 「かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな」 と歌人である与謝野晶子が、That of Kamakura Daibutsu sang "you're beautiful" and is famous for its、その歌碑が大仏裏手にある「観月堂」の傍らに建てられています! その歌の通り、And look up at the image of the Buddha、Dignified MOC、初夏の暑さをも感じさせぬ清々しいお顔立ちはとてもハンサムに思えます! しかしながら、Buddha is Western pure land of the Buddha ', "Amitabha Buddha" for、歌に出てくる「釈迦牟尼」ではないそうです! 「吾妻鏡」によると1238年に木造の初代大仏が造られておりますが、1252Enshrined in the great Hall, built in the bronze statues of the current。However,、Due to repeated natural disasters it collapsed the daibutsuden、現在の露座の御姿になっております! かつては巨大な大仏殿に安置されていた大仏様ですが周囲を囲むように残された「礎石」によって当時の状況を伺い知ることができます! 背面へ回ると、And make the columns at the reception desk of the diverging、Pay the admission fee (elementary school students and over) 20、空洞化されている大仏胎内を拝観する貴重な体験ができます! やや猫背ともとれる大らかな背中に開放された窓は、Built upon a cast at that time to eliminate for and medium-sized、現在は胎内拝観をする際の明かり取りの役割を果たしています! 日本三大大仏の1つとして知られる「鎌倉大仏」は、And to compare its size and also Japan's three great Buddhas in Todai-ji Temple, Buddha NARA todaiji Temple Daibutsu Buddha only slightly beyond.、On this day、Sometimes too much and sunny、On this bright spring time、自然と一体化した大仏様の御姿は伸びやかな印象を受ける気がしました! 極楽浄土へ導いてくださる鎌倉の大仏様は、As a symbol of Ancient Kamakura、Under the blue sky again today、多くの参拝者を見守ってくださっています! 南無阿弥陀仏! 鎌倉大仏殿高徳院 所在地神奈川県鎌倉市長谷4丁目2番28号 TEL:0467-22-0703 Lighthouse:4January-9 January (8:00-17:30-、10January-March (8:00-17:00) 拝観料:Adults (junior high school students and older) 200 yen、小学生150円 大仏胎内の拝観料別料金1名当たり20円 駐車場周辺に有料駐車場有 https://www.kotoku-in.jp/...

One of the most historic "West Port District Keian Palace" temple worshiping the gods, including the heavenly Virgin in Tainan

In the South is a famous West port Keian Palace、1712Founded in the year、300Years with pride、 In the dynasty, the celestial Madonna、To Ling Po xiaoyunli, twelve 瘟 King God started.、Enshrined gods。 Tainan locals first.、Cross over the years.、Attracts many visitors。 In the Festival of the temple named "old King" raised in Taiwan、"South East port、North West harbour "and said so in the famous、 A large Festival in particular King Boat Festival、3年に1度開催される「西港慶安宮」の儀式であり、 Cutting incense around the circumambulation God、King well-beings sacrifice ritual to give thanks to Toya King、 Chung King Festival、Deer ear gate Buchanan Patriarch、-Ma zu feed、焼王船などが盛大に行われています♪ 慶安宮の大門には、"Spicy Marshal' from the left、"Miya yasumoto.、Lo Tak-Kun Dai Emperor God figure is watched。 天上聖母 羅德君大帝 關聖帝君 浮かび上がるように立体的に当時の様子を描写した壁画は色鮮やかで美しい仕上がり。 The distinctive ornamentation and delicate workmanship in Chinese-style architecture with wooden pillars and vaulted ceilings、 心奪われるものがあります! 地藏王菩薩 「地藏王菩薩」を前に林中智(Tomo Lin)さんが住まう 台南へ足を運べたことに感謝し、Calms the mind and worship together。 Sacred precincts in tone and voice。 Visit the temple Administrative Office、Tomoさんにそっくりな銅像の姿が!? 銅像を前に「わたしのおじいちゃんね」とさらりと話すTomoさん何と!こちらはTomoさんの今は亡きお祖父様の黄圖さんです! こちら「西港慶安宮」に多額の寄付をされ寺院に貢献された証として記念碑が建てられたとのこと! そのお優しいお顔立ちをじっくりと拝見するとやはりTomoさんのお顔はお祖父様の面影があります! 「西港慶安宮」に参拝にいらした方は是非Tomoさんのお祖父様にも感謝のお気持ちをお伝えください♪ 西港慶安宮 http://www.kcestudio.tw/...

Taipei's oldest temple worshiping the power spot "Longshan Temple" Taoist and Buddhist god's premier Taipei

台北随一のパワースポットともいわれる台湾の寺院「龍山寺(ロンシャンスー)」。 The official name is、「艋舺龍山寺(もうこうりゅうざんじマンカーロンシャンスー)」と称しますが地元でも「龍山寺(ロンシャンスー)」と呼ばれることが多くこの龍山寺を中心としたエリアは台北で最も古くから開かれた街の1つで龍山寺は、1738年(乾隆3年)創建で、Taipei is one of the oldest temples of the oldest。 Buildings decorated decorated with multicoloured is is worth a look、 As a particular blessing out miraculous Temple、Rated the trust from the local people。 MRTの板南線の龍山寺駅で下車し、1番出口より徒歩およそ3~5分圏内の場所に位置。 During a visit to Taipei、是非とも足を運んでいただきたい観光名所である「龍山寺」をご紹介します♪ 真っ青な空に映える赤い屋根頭上に輝く気韻生動たる龍や「銅雕龍柱」などにご注目ください色彩に彩られた廟建築が見事な龍山寺龍山寺はこれまでに災害や戦争の影響を受けて、Renovation work has come repeated many times、 1919年(民国8年)の大改修工事で色鮮やかで壮麗かつ荘厳とした芸術性の高い 「中国宮殿式廟宇建築」が取り入れられています境内の総面積はおよそ1800坪と広く、 And Central shrine which enshrines the Gohonzon、Surrounded on、Bell Tower on the East side、Apse、Located west of the drum tower。 All links in the corridor、Is a big feature has been in the "times" shape with the top-down structure。 Entrance "Longmen" on the right side of this picture、On the left side is exit "Tiger gate"、 The temple here is、Has determined that flow in and out, with separate entrance and exit。 When entering the front gate、To the first entrance on your right across from the.、Visit the entrance on your right "Longmen" into your environment。 After that、左手の出口「虎門」から帰るという流れに従いましょう♪ 正面の門をくぐったら、According to the flow of people、右手にある入口「龍門」へ向かいましょう♪ 入口(龍門)からの入場は左足から入る事、And the threshold is important not。 There is a gift shop sells incense and candles to the entrance on your right、Buy incense and candles。 Previous、Incense was paid on 7、 現在は線香は3本になり無料で配布されています♪ 龍山寺は、Artistic value high country level 2 artifacts is provided in。 反り返る屋根の上から今にも昇天しそうな龍や大空に羽ばたきそうな鳳凰に注目してください! 色鮮やかな瑠璃細工で出来ており、Its sophistication is eye-opening。 また正面入口にある一対の龍柱「銅雕龍柱」は、In the production of Taiwan only built approximately 100 years ago、 Wonderfully expressed over dairyu pillars with gods and animals、Also in one of the highlight points。 In addition to、Main hall decorated with stunning engraved pillars,、 After the porcelain decorated on both sides of the wall、Stone carved window frames、Drum stone pillars,、 龍山寺と名を表すように無数の龍の勇姿を拝むことができます♪ 信仰心の厚い地元民や世界中からの観光客で賑い、Increases the smoke of incense。 こちらは龍山寺の前殿「三宝仏・釈迦三尊」となり、 It is dedicated to sambosan Buddha-God of the three bodies lined the far right Yakushi Nyorai、It is God who cure diseases General。 Here you will、Surroundings in order seven worshipped various gods incense burner、 Each God their not his prominence, to the。 【龍山寺の参拝方法と心得】 ①参拝する時間は心を清らかに服装を整え、Correct posture、Quietly we strive to work。 And igniting the candles (2)、The offerings left on three treasures Buddha and Shakyamuni triad candlesticks, respectively。 (3) in the Lungshan Temple before.、7One had a censer、Because the current three incense、3To all of this incense、 Chodo, main hall and then go up one at a time and visit the incense of the order while three incense sticks。 (4) worship (worship cult bye bye) in the way、Its incense sticks head in front of God、3The worship times。 The name、Date of birth、It is important to pray from the introduction, such as current address neatly told God。 To draw a fortune in the precinct where the two installed、You might try pulling the visits after。 Fortune is a former Palace General wishes、 If you wish to business or work related to later choose respect Holy Emperor I Dono are Fortune。 Fortune concept is different from Japan、願い事をするのではなく自分の悩みや願い事について 「神意」を伺う事が目的となります【おみくじの引き方】...

Most sacred Temple in northern Thailand mountain standing wattplatartdis tape gold stupa

標高1,080mのステープ山の山頂に立ちタイ仏教の聖地として崇められる神聖な寺院 「ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ Wat Phra That Doi Suthep」。 1383年に当時のクーナ王によって建立され高さ22mもの金色に輝く仏塔はその緻密な装飾は見事なまでの美しさで仏舎利(仏陀の遺骨)が納められ今も人々の厚い信仰を集めていますチェンマイ市内中心地より車でおよそ40分程度の場所こちらの山頂には蛇神ナーガを模した350段の階段を上るか有料のケーブルカー(片道50THB)を利用するかの2通りの道順がありますがほとんどの方が行きはケーブルカーを使用し帰りは階段で下りるとのこと。 On the way back、350段もの階段からの景観を楽しむことをお勧めします♪ 片道分のケーブルカーの乗車チケットを現地ガイドのグローイさんに購入してもらい、Immediately、列に並びましょう♪ こちらがケーブルカー入口です。 20人乗れるケーブルカーが2台あるため比較的順番は早く回ってきます。 Us、観光客にしてみればアトラクションの1つと思いワクワクできますが毎日参拝にいらっしゃる方にとってみればなかなか大変な場所のように思えますケーブルカーというと山頂までの景色が眺められ・・・と想像していたのですが、 Here is、残念ながらロケーションはあまりよくありません(笑) たった2分の乗車時間ですが行き帰り共にこの景色は寂しいのでやはり350段の階段は必須ですね♪ こちらの寺院誕生に至るにはこんな言い伝えがあります。 The old、神聖な仏陀の遺骨をクーナ王が白い象に乗せて神聖なる白い象に納骨場所を決めさせようと自由に歩かせます。 The elephant is、歩いて歩いて最後にはこのステープ山に登りそこで息絶えたとのこと。 In there、このステープ山の山頂のこちらにクーナ王は寺院を建てたと言われています「ドイ・ステープ寺院に登らずしてチェンマイに来たと言うべからず」とタイ人の間で言われるほどのメジャースポットです! 寺院にはシンボルとなっている黄金に輝くチェディ(仏塔)と傘があり高さ22mもの眩いばかりの金の仏塔には仏舎利(仏陀の遺骨)が納められており、 Not only tourists but also、参拝にくる多くの地元の方々で大変な賑わいを見せていますそれにしても雨で濡れている境内を裸足で歩くのはなかなか妙な感触です山頂なため雨季での好天候はなかなか望めませんね献花と線香を捧げ黄金の仏塔の周りを3周歩くと願いが叶うそうです仏塔の前に寄進された仏像は綺麗なエメラルドをしておりこちらはガラス製ですが本物のエメラルド仏像はバンコクの「ワット・シーラッタナーサーサダーラーム Wat Phra Sri Rattana Satsadaram」通称「エメラルド寺院」に安置されています生まれた曜日毎の守護仏で左から日曜日(お腹の辺りで手を組んでいるのが特徴)月曜日(許すスタイル)月曜日(許すスタイル)火曜日(寝釈迦像)水曜日(托鉢スタイル)木曜日(瞑想スタイル)金曜日(胸元で手を交差させています)土曜日(頭の上に7本の頭を持つ蛇(ナーガ)に保護され瞑想する座像)と並びます。 In Thailand、自分が生まれた曜日を知っているためその曜日の守護仏の前でお祈りをされるのです寺院内には多くの仏像が並んでおりこちらに埋葬されたいと願う方々が寄付をしてこの墓内に埋葬されています風鈴のように風になびくはガディン(Gading)日本の絵馬のように願い事を書いて吊るします♪...

Singh "Wat Phra" golden statue, highly prestigious 1 Chiang Mai temples

THA PAE gate in the East of the old town entrance roads straight toward the West、その突き当たりにある チェンマイ市内で最も格式が高いとされている寺院「ワット・プラシン Wat Phra Sing」。 1345In the Biru Kings、Is the temple started to put the ashes of the late father King Kam Fu Chedi (pagoda) built。 The temporary、But under the rule of the Burmese 寂remashita、And living in this Temple famous monk siewitchai monk、 Donations from a lot of people、Is a service, which revived Temple。 どの寺院の本堂も外壁の装飾がとても綺麗です! 本堂の入口には蛇の頭を持つ蛇神「ナーガ Nāga」がこちらにもおり、 Has become indispensable to the Temple of Lanna of northern Thailand also this style。 Filled with a sense of openness and Hall in the ceiling is very high and has。 「ワット・テェディ・ルアン Wat Chedi Luang」と比べてみると、 Remains of plaster because column、Dunhuang and, although it lacked in bulk、Is giving restless。 The people of Chiang Mai、Very strong faith.、 Visit every day to worship、So many people get the monk preaching。 本堂の中の釈迦像トンティップ仏。 1477In the casting of the year、Is like a Buddha statue in northern Thailand the most revered by the people。 Has been a gentle face、A quiet smile、Please wrap people warm hospitality。 Previous、1月にバンコクに訪れた際に拝観した「Wat Pho ワット・ポー」の寝釈迦仏(涅槃像)の凛々しさと比べると、 And features of the Buddha in Chiang Mai、幾分か慈悲深き優しさが滲み出ているように思います♪ 思わず立ち止まり、That was stunning、こちらのリアルに人にしか見えない僧侶! 実はこちらは蝋人形なのです!(驚) 有名な高僧で祀られているのですが、Too real for、 Quietly take a deep breath and、Pulsing body it can be seen as well。 Also try approaching the face side、A presence seem real to look impressive.、そして高貴な佇まいです! こちらの高僧の前でも、I watched many and kneel and worship that is。 Not in front of the main building of the golden statue of WAT Singh、 For installed in the small chapel of the left hand went to the back to、So many unfortunate tourists Miss。 By still guided by local guides、Do not worry about missing。 This area is、The old、It was a downtown market, and。 The Biru Kings、You were choosing a location to my father's ashes、Looking for the best place、 It was near the Centre of the old town market。 本堂の左手後方にある美しい礼拝堂「ヴィハーン・ライカム」。 About 500 years ago this building、Not only the typical classic Lanna style、 It is mix of Sri Lankan style。 The front doors of carved wood painted gold、Feel the weight of history。 The Chapel、Red-painted walls and pillars is a picture drawn with gold、 In facing the changes and、A unique atmosphere。 礼拝堂の「ヴィハーン・ライカム」にはこのお寺の名前の由来にもなった黄金のプラ・シン像が鎮座しています。 Built more than 1,500 years from now、One was brought from Sri Lanka、 Style conquered the demons that are。 The building is、Teak wood and is made based on、The pillars are painted Lotus、 Some squinting eyes, and watching the、It is painted pillar Phra Singh conquered the devil。 This mural is in the wíhǎan like。 This mural was depicting Lanna customs and Palace、 In original at the time、As is said of northern Thailand traditional art masterpieces。 As one of the characteristics of the Lanna style building、Thus the roof heavy layer that is seen、曲線美が素晴らしいです♪...

A formality with a name and a large Chedi of WAT Chedi Luang Temple

ターペー門から徒歩10分程度の中心部にある「ワット・テェディ・ルアン Wat Chedi Luang」は、 High on one of the precinct of the Chiang Mai temples。 Is approximately 200 locations around temples in Chiang Mai、 Temple of approximately 62 is in the old town、Seems to be still counted not in Temple。 Visited on a tour among the many temples you always want to visit temples one is here.。 そのスケールの大きさと煌びやかなお姿に言葉を失うこと間違いなしです! こちらは、1391年にメンラーイ王朝の第7代セーンムアンマー王が 亡き父を偲んで建てたと伝えられています。 And at the entrance of the temple decoration、And the splendor of the Buddha inside、Great temple priests,。 It's the same look、Introspection than for days and and maybe world awaits。 Looks like a dragon protecting the entrance of the temple snake sculpture、Regarded as the most beautiful in Thailand。 この蛇神を「ナーガ Nāga」といい、The spirit of the serpent to have originated in India mythology、Refers to the Serpent God。 Overlap the three Serpent God, make up the stairs。 メコン川の洞窟に住んでいるとされるナーガ Nāga。 The snake God and guardian of Buddhism are、Me defending when it opens a Buddha's enlightened Buddha、 For coming aboard the Serpent God when you get down to the human world and、How the temple's Naga has set up on the stairs at the entrance。 As when they visit a note、 The palaces and temples、Royal Family temple deep involvement in the、Try to give special consideration to。 Shorts or mini-skirts、Culotte、Admission in a tank top and scantily clad outfits are prohibited。 There are Temple enters the attire check at the entrance、 So here coat me can be borrowed free of charge、Be sure to put。 Stepping into the main hall and、眩ku、Fine in the Dunhuang and or? decoration and reliefs are reflected in the eyes、 Buddha statue in the back、息を飲むほどの美しさです! 頭上には、And hanging strips marked Zodiac picture of、People are prayers to the talismans。 A number of talismans and fill the side。 Chiang Mai is more a religious、Lots of people came to worship。 The bundle、Paying the alms, buy、Your Zodiac、Looks like even my birth day wishes write hang。 (In Thailand、皆さん自分の生まれた曜日を知っています) わたし達も生年月日から曜日を調べてみるとわたしが金曜日(青)旦那様が土曜日(紫)ということが判明しました金曜生まれの青のわたしは、Rice cake with delicate creativity、社交家で働き者だそうです! 土曜生まれの紫の旦那様は、Strong sense of Justice、1人が好きな晩婚タイプ!?とのこと(笑) タイでお参りを予定される方は、You would know in advance。 生年月日から生まれた曜日を調べる表 日本の干支は、 Rat、Cow、Tiger、Rabbit、Dragon、Snake、Horse、Sheep、Monkey、Chicken、Dog、猪で、 Zodiac signs in Thailand、 Rat、Cow、Tiger、CAT、Dragon、Snake、Horse、Sheep、Monkey、Chicken、Dog、豚 となりさらに象が加えられるケースもあり、Will any support at all。 Here near the entrance、100THB(日本円にしておよそ370円)をお布施をし、 Strips of color on the day they were born, one I'd、Write to your Zodiac and hang with a bamboo stick。 The temple was repaired in the Lanna style、Statue of Sukhothai in northern Thailand are enshrined。 その煌びやかな佇まいと凛々しいお姿に圧倒されます! チェンマイの寺院では、For most of which consists of believers giving money、Have taken the admission fee, such as not。 There are、Unlike the temples of Bangkok may be。 And is now enshrined in the main hall、Dunhuang-Navigator and how systemic gilded Buddha statue。 Here、Alms giving 20 THB (about 74 yen for Japan yen) pass、 For visit 4-piece set Lotus Flower candles are line incense and gold leaf、The last thing。...

Sleeping in the temple Wat Pho Bangkok's oldest of Shakyamuni Buddha tried to visit your appearance and lying

アユタヤ時代の創建と伝わるバンコク最古の寺院「Wat Pho ワット・ポー」(正式名称:Wat Phra certo Pont ratchathewi WA larame)。またの名を涅槃寺(ねはんじ)と呼ばれ、As the name suggests、涅槃に入る直前の寝姿をした巨大な黄金の寝釈迦仏がお姿を現します。In the vast、本堂に鎮座する気品溢れる本尊や王様の遺骨を納めた仏塔など見所満載の寺院ですこちらが正面入口となりますが入口は複数あります♪ 入館するためのチケットをチケット売り場で購入しましょう。Thailand people are free、外国人は入館料がかかります♪ 入館料はB100(日本円にしておよそ360円ほど)です入館するためにもぎる半券とミネラルウォーターと交換する半券が付いてきます天候の良い日のタイの日中は暑く水分補給をマメにする必要があるためお水付きとは嬉しいですね♪ タイにある仏教寺院全てにおいて巡礼する際に共通する服装の注意点をご紹介します寺院は、Tank top or Camisole、ミニスカートやショートならびにハーフパンツなどの肌を露出した服装では入場不可となります無料で羽織りものを貸出してくれますがキャッシュやクレジットカードなどのデポジットが必要となり面倒なので無難なファッションで臨みましょう♪ 礼拝堂へは靴を脱いで素足で入るため、In easy-to-wear off shoes with good。盗難防止のため礼拝堂の前の箱に靴を入れる袋が用意されておりこちらに靴を入れて中に持参します。Also、帽子を被っている方は帽子も取りましょう。This bag is、出口で回収ボックスに返却しましょう♪ 頭からつま先までの体長46m高さ15mの寝釈迦仏のお出ましです寝釈迦仏(涅槃像)の安置のために造られた仏堂のため寝釈迦仏(涅槃像)の周囲は柵で制限されており、Without a spare space、寝釈迦仏(涅槃像)全体を眺めて拝むということはできません。However,、目の前に突如として現れた大きな大きな寝釈迦仏(涅槃像)のお姿を拝見すると思わず歓声が漏れてしまいます♪ 寝釈迦仏(涅槃像) 支柱の隙間を覗き込むと現れる寝釈迦仏(涅槃像)は全身を金箔で覆い光輝くその様は圧巻です!どの角度から見ても穏やかな笑みを浮かべられており、Humane look like turned to me、The appearance of graceful、観る者の心を静かに触れてくれているかのように思えます♪ ワットポーは、1788年にラマ1世によって建てられており、This statue is、ラマ3世の手により1832年に建立されています寝釈迦仏(涅槃像)とは悟りを開いた釈迦が涅槃に入る直前を表現したもので、And kind with half-open eyes、One hand piece elbow support with head、The other hand calmly with the body stretched out、I lay leisurely and relaxed appearance。So for a while just stood there ago、Majestic and graceful appearance and I、釈迦の悟りの境地と慈愛を感じずにはいられません♪ 全体を支柱で遮られることなく拝むことができるのは、From the foot of this angle will be。And、注目すべきは足の裏。Width 5 m、高さ3mの巨大な扁平足(へんぺいそく)です扁平足は“悟りを開いた者のしるし”とし仏教では仏陀にも見られた扁平足を「足下安平立相」という慈悲の平等を意味する良い印としています。On the soles of the feet、仏教と深い関わりを持つバラモン教から生まれた仏教の宇宙観「モンコイロンペート」が108の絵で表されています螺鈿細工という、Truth painted delicately brushed, Pearl inlaid technique by Dunhuang and or or in、人々に幸福をもたらすとされています。Welcome your various foot is、DON & # 8217s; T TOUCH!、触れてはいけません♪ 寝釈迦仏(涅槃像)につい見惚れてしまいがちですが建物内部の壁面にもご注目ください。There、様々な釈迦の物語が緻密に描写されており拝み解くには勉強が必要ですがなかなか見応えがあります♪ 寝釈迦仏(涅槃像)の後ろ姿へ回ると、1バーツの100分の1の価値を持つサタン硬貨をB20(日本円にしておよそ70円ほど)で購入できるカウンターが設置されています。Here the applicant is、長く伸びた廊下に並べられた108つの鉢に喜捨していくためのものです♪ 108つの鉢にコインを投げ入れる事によって自身の108つの煩悩を捨てれると言われています。Shalene Barnett、Shalene Barnett、Shalene Barnett and coins to throw sound echoed in the Chapel、不思議と心が軽くなるのは気のせいでしょうか♪ 108つの鉢を過ぎるといよいよ出口に到着します最後の最後に寝釈迦仏(涅槃像)の後ろ姿や枕もお見逃しなくご覧ください♪ 礼拝堂の出口を出て、Let's explore the vast precinct if you wear shoes。境内の敷地面積は8万㎡ととても広く南北に二分されており、The main hall and Chapel、Corridor、マッサージ場などはすべて北側にあり南側には僧房があります♪ 礼拝堂の出口付近にミネラルウォーターの配布所がありますチケットに付いていた半券で交換できるので、Please pass the number of minutes。ペットボトルで配布されたミネラルウォーターは境内に設けられた給水所で補充することも可能です♪ 境内には色鮮やかな中国陶器の破片をはめ込み造られた色とりどりの仏塔が71塔立ち並びます。Here is、Plays the role of the grave、大仏塔は現チャクリー王朝のラマ1世から4世までの歴代王を象徴する4基となり小仏塔は寄付者の納骨も可能だそうです♪ 色分けされた大仏塔は、I was green、White is II.、III is yellow、青が4世を表し中にはそれぞれのラマ王の遺骨が納められています♪ 本堂を囲み、4つの礼拝堂をつなぐ形で造られた回廊には熱心な信者から寄進された多くの仏像が並びますこちらは座像こちらは大小様々な立像。Corridor、信者にとって憩いの場所となっています♪ ラマ1世によって建立された本堂は、Outside the cloister and in the corridors and surrounded by double、ラマ3世によって修復されています本堂の8枚の扉の外側には「ラーマキエン」の物語が螺鈿細工で表されており、The inside、Depicted with long kurisu the monk fan pattern。The outside of the window、And is decorated with gold leaf and glass carving、On the inside、Contains the name of Thailand's biggest high priest。本堂は、For lack of shoes put bags、手前にある靴棚に揃えておきましょう♪ トンブリーのワット・サラシーナの本堂から移されたというブロンズの本尊(釈迦座像)をはじめとして、150体の仏像が安置されています本尊(釈迦座像)には金箔が施されており、On the pedestal、ラマ1世の遺骨が納められています。On the wall of the temple、The life of Buddha (41 great disciples of Shakyamuni's story、Talk about heaven、タイの童話のもとになった話)が描かれています。Seriously pray so that we、撮影は可能ですが静かにいたしましょう♪ 境内にはラマ3世が設置した医学所の中でタイ伝統医術の1つとして発展したタイ古式マッサージの学校「ワット・ポー・タイ・トラディショナル・マッサージ」があります。Here you will、Will the treatment students。Tired of walking the precincts、マッサージで一休みされてはいかがでしょうか♪ 受付カウンターには、Many tourists are flooding.。At the reception desk of the approximate waiting time inform us。This latency is、およそ15分とのことですので待たせていただきます♪ メニューは、Thailand Thai massage 30 min (B260) or 1 hour (B420)、またはフットマッサージ30分(B280) or 1時間(B420)のみです。Both of us couple、タイ古式マッサージ30分(B260日本円にしておよそ940円ほど)を申込みました♪ 施術室内の撮影は禁止でしたが、Practitioner shot got a permission。Massage、Told the practitioner that still follow the support、Take off your shoes and lie down on the mat、Back、Neck、Shoulder、Waist、Advances in arms and gently massage relax。Pointing to the right、And left lying in the order、Lie face down、Lie on your back、Finally attention to your fingertips and massage、Loosen shoulder sat up from the end。(* Varies by practitioner massage) 30 mins、とてもスッキリとするのでお勧めします♪ 施術が終わると、There was a tea service。Not to shed and wrapped、So are the straw、外で歩きながら飲むことが可能なように気遣いされています♪ タイの歴史を学び見所満載で魅力溢れる最古の寺院ワット・ポー。At least one of the precinct to visit to Thailand come in、I think it is worth a look。If the original、「Wat Phra Keo & Grand Palace ワット・プラケオ&王宮」にも足を伸ばしたいところですが、Also I would try next time。Now next in line、Downtown Bangkok gathering around the world backpackers、Khaosan カオサンへ行ってみましょう♪ Wat Pho ワット・ポー http://www.watpho.com/ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/Thailand/..

Scroll to top