Restaurant building maker of proxy deployment of overseas eateries brand "Hasmore Ltd. Group" operated !

「Hasmore Ltd. Group(ハスモアグループ)赫士盟集團」の本部を4階に構え、 1From the second floor to the fifth floor, we moved into a restaurant that we operate in-house.、 Casual restaurants and ramen shops in Japan started.、 高級且つ有名なレストランまでを取り扱う飲食ビルとして注目を集める 「Hasmore Building(ハスモアビルディング)赫士盟大樓」その1階から5階までのレストランを一挙紹介致します♪ 1階には英誌「レストランマガジン」が主催する投票イベント 「アジアのベスト・レストラン50」の2015年度で5位にランクインしたシンガポールの仏料理店 「Restaurant André レストラン・アンドレ」の 江振誠 André Chiang(アンドレ・チャン)シェフの監修するレストラン「RAW ロウ」! 店内に入ると、There is a leisurely waiting space like a luxury café.、 I use a lot of southern pine、ナチュラルな素材でありながらも スタイリッシュで斬新なデザインを用いたバーカウンターの奥が およそ60席(内シェフズテーブルを含む)のメーンダイニングスペースとなります。 This is the status quo.、Always half buried subscription、毎時12時(正午)に15日後の予約をスタートさせ、 Are accepted only on the Internet。 Shortly after the start in just 15 seconds.、It becomes a full 60 minutes for lunch and dinner、 台北一予約困難な最強レストランです! ※前回の取材記事は下記URLをクリック! 「RAW ロウ」世界トップシェフのアンドレ・チャン台北出店に伴い活躍する若き有志たち! http://lade.jp/articles/gourmet-cooking/43888/ 丁度ラストのゲストをお見送りしていたディレクターの何敏瑜(Vivian Ho)と4ヶ月振りに再会を果たし、 Is exchanged greetings with the、そこには何と!!!およそ1ヶ月に1度の頻度でシンガポールより来台される 江振誠(Andre Chiang)シェフに奇跡的に逢うことが出来たのです!(Amazing!!) RAWではメニューのコンセプトに台湾の暦の「二十四節気」を用いており二十四節気とは、1In the concept of the season divided in 24 years、Taiwan customs and lifestyle、And the freshness of the ingredients、 二十四節気に深く関わる「季節料理」を提供したいと考えられているためこの日もAndreシェフは新メニューの切り替えのタイミングで監修に訪れていたようです! この日は、And it's really miraculous swooped、自分の幸運に感謝しました! 先日RAWに訪れた際にAndreシェフに一冊の本を贈呈したのですが友人であるアーティスト味岡伸太郎さんが「365日撮影し続けた陶器と花の本」の「花頌抄」は陶芸好きなAndreシェフに喜んでもらえたらと思い、Is handed over to pottery works。 気に入ってくれていたようで覚えてくれていました!(太好了!) 興奮し過ぎて何を話したかあまり記憶にありませんがきちんと「必ずSingaporeに行きます!」と逸る気持ちをお伝えすることができました♪ 記念撮影をお願いすると快く受けてくれたAndreシェフ!(非常感謝!) 料理は、Is often said with the Cook with a mirror。 およそ30名近いRAWの若きスタッフたちの師と仰がれるAndreシェフは、 Imagined in the warm and lovely gentleman、 そんな懐深き彼の料理をいただける日を夢見て今後も頑張ろうと思います♪ 同じく1階エレベーターホール前には「Pâtisserie Sadaharu AOKI Paris(Taiwan)」のアンテナショップとして...

"RUTH’S CHRIS STEAK HOUSE" Enjoy the aged meat in the American steak house that was born in New Orleans!

創始者であるRuth Fertel(ルース・ファーテル)が1965年にアメリカのニューオーリンズにて開店させた小さなステーキハウス 「RUTH’S CHRIS STEAK HOUSE(ルースクリスステーキハウス)」は、 Since the first franchise store opening in 5/1976、 Then one after another to show momentum of branch stores、 Current、Has grown to 144 stores to franchised around the world's largest luxury Steak House。 Taipei、香港を拠点に中台で海外飲食店ブランドの代理展開を手掛ける 「Hasmore Ltd. Group(ハスモアグループ)赫士盟集團」が運営しRuth’s Chris Groupの海外第1号支店として1993年に「松山空港」近くにオープンさせ、 Sales continued for more than 20 years.、Throughout the Taiwan expanding its name synonymous with the finest steaks。 2014年12月15日には台北第2号店として台北大直地区の高級飲食店ビル「赫士盟大樓」の3階に 「Ruth’s Chris Steak House(ルースクリスステーキハウス)茹絲葵經典牛排館台灣(大直旗艦店)」をオープン! アジア圏では、Japan、Hong Kong、Singapore、Taiwan and more、And no. 9 stores。 Here's the Bill、Interviewed in a previous interview、シンガポールの仏料理店「Restaurant André レストラン・アンドレ」の 江振誠 André Chiangシェフが監修するレストラン「RAW ロウ」を1階に、 As well as on the 5th floor、日本料理「龍吟」の台湾1号店「祥雲龍吟」も構えており大いに話題を呼んでいます♪ ※前回の取材記事は下記URLをクリック! 「RAW ロウ」世界トップシェフのアンドレ・チャン台北出店に伴い活躍する若き有志たち! http://lade.jp/articles/gourmet-cooking/43888/ 日本料理「龍吟」が台北進出!「祥雲龍吟」至極の哲学料理とティーペアリング http://lade.jp/diary/travel-diary/taiwan/43712/ 「Ruth’s Chris Steak House(ルースクリスステーキハウス)茹絲葵經典牛排館台灣(大直旗艦店)」は、 In the Steakhouse、Bred in the Midwest of the United States、飼料にトウモロコシを食べさせた牛の アメリカのビーフ総産量の2%を占める希少なプライムビーフのみを使用しています。 Wettageing, 21-28 days to、Flavor your own drawer.、 The flavor of the meat inside and to confine、 およそ980度もの高温の専用ブロイラーで焼き上げ、Placed on a heated plate、 ジュージューと音を立てながら提供することで話題のステーキハウスです! アジア圏の出店としてはこちらは第9号店となります♪ 「Hasmore Ltd. Group(ハスモアグループ)赫士盟集團」の Vice President&Marketing...

"Grand Victoria Hotel" Lunar New Year a limited time ! Deco pineapple cake of the Spring Festival is recommended!

19United Kingdom Victorian dynasty of the century atmosphere was built based on、クラシック且つモダンなアレンジで装いを施された 5つ星を誇る「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」。 2007年1月にグランドオープンMRTの剣南路駅より徒歩3分圏内の場所となり現在台北で最も開発が進んでおり発展している「内湖エリア」となります内湖エリアのシンボルである「美麗華百楽園 Miramar(メイリーホア)」の大型観覧車の姿も伺え「国立故宮博物院」や「国民革命忠烈祠」などの観光名所からも程近く、 Also、「台湾桃園国際空港-Taiwan Taoyuan International Airport」まで車でおよそ35分「台北松山空港」まで車でおよそ15分と、Located in a very convenient location。 The last、昨年の2015年11月の取材旅行でお世話になった素敵なホテルです♪ 天井高があり開放的な空間が広がる中、Clean and white, wall。 2014年8月にリニューアルを施し、It has redesigned art works in the machine。 台湾人アーティスト「賴純純(ライチュンチョン)」が手掛けるアート作品の「水雲恵」を天井とフロント背面に設置。 Water and clouds、And represent the blessings of the Earth、Nature of the sky and the Earth are represented in the colorful glass and、 Walls shine brightly coloured works beautifully、Give the eye-catching。 さらに巨大なクリスマスツリー色鮮やかに出迎えてくれました! この日は丁度クリスマスツリーを撤収する日だと伺い、Good timing。 After this、春節の飾りになっていきます♪ オーナーのお嬢様である呂佳恬(Valerie Lu)(写真左)に 「ayaco渡したいものがあるから会える?」と嬉しいメッセージをいただき、 Because the coverage was at near、グランドヴィクトリアホテルへ立ち寄ることにしました。 Pulchritude、眉目秀麗なValerieは日本語がとても流暢で大の親日家です! 日本に別荘も構えており、Enjoy the ski winter、Go gourmet、 日本で休暇を楽しまれることも多いようです♪ PRマーケティングマネージャーの陳怡樺(Elvila Chen)(写真中央)は、 Bright, bright,、173cmととても背が高いモデルさんのようなチャーミングな女性です♪ 現在こちらのホテルで唯一の日本人スタッフである セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)(写真右)さん。 Nearly three years ago has been engaged in this hotel。 台湾に移住されてからは11年の高橋さんは、 Japanese、English、And fluent in spoken Chinese、営業マンとしても素晴らしい功績を挙げられています♪ Grand Victoria Hotel「春節パイナップルケーキ」 10個入り+厳選茶5包880TWD(日本円にしておよそ3,200円) (ダークチョコとホワイトチョコそれぞれ5種類のテイスト) ①ゴマ&金柑②Earl Grey&金柑③レッドベリー&ラズベリー④ストロベリー&ラズベリー⑤抹茶&金柑 呂佳恬(Valerie Lu)がプレゼントしてくれたのはグランドヴィクトリアホテルの春節限定のとても可愛いパイナップルケーキです! 「福」や「春」が舞い降りてくるようにと逆さ文字で描かれた台湾スタイルのチョコレートのデコレーションに、 And the cute monkey monkey、Good luck Red Snapper or fan is depicted。 チョコとパイナップルケーキの融合は初めての経験です! 台湾茶と共にほっこりとする台湾スイーツ!...

"Pâtisserie Francis' Fairy tale sweets such as the world of the merry-go-round is popular in Taipei !

Since they have passion and admiration for dessert、 Boston、フランスへと渡りパティシエの道へと進んだOwner pâtissierの張瓈文(Francis Chang)がオープンさせた 「Pâtisserie Francis(パティスリー・フランシス)旋轉木馬點心坊」。 Place、MRTの「剣南路駅」に程近く、Large or district (in area) of located in the first floor of the building located at the intersection、 一際目を惹くTiffany Blueの鮮やかな色合いが飛び込んでくる可愛いパティスリーです! 先日、Taiwan's Taipei residents on Central Asia、 グルメ評論家として活躍されている「費奇(Eagle)」に、Because I was introduced and favorite Patisserie、 Immediately、お店にも足を運んでみました♪(謝謝♪) 2012年8月にオープンした「Pâtisserie Francis」のサインは、A fairy tale with umbrella、 店名である「メリーゴーラウンド(回転木馬)」をイメージされています♪ 純白の清潔感溢れる店内にはOwner pâtissierである張瓈文(Francis Chang)が大好きなTiffany Blueをお店のイメージカラーとし、In a gift box to use、 Has become an eye-catching accent color、Cute shop, mergentick、女性をはじめとし台北で大人気! ショーケースには目にも鮮やかなケーキなどのスイーツが並びます♪ 生菓子 マカロン 焼き菓子 「Pâtisserie Francis」のスイーツは、 Along with the whipped cream on the body for kindness、Quality ingredients, such as organic、 And everything is secure handmade、 What to say、このパッケージの可愛さがその人気に拍車を掛けています♪ こちらの1Fのフロアから流れるように続く螺旋階段には、 Like merry go round carousel of lights alight、小さなお子様にも大人気♪ 店舗の2Fには、And provide a soft space using natural wood、 お茶会などの貸切パーティも可能です! フードやドリンクを運ぶ食品エレベーターを用意し、Providing smart service。 The views from the large Windows、Beautiful trees spread.、 And see the lush green summer、秋には紅葉を眺めながらアフタヌーンティーが楽しめます♪ 中国語と英語のみを話す張瓈文(Francis Chang)が日本語が話せる叔母の林貞吟(Jan Lin)を通訳として紹介してくださいました!(謝謝!) 幼き頃からデザートに対する強い憧れと情熱を持ち続けていた張瓈文(Francis Chang)はアメリカはボストンの料理菓子専門学校「The Cambridge School of Culinary Arts」に進み、 And、フランスへと渡りパリの料理菓子専門学校「Le Cordon Bleu Paris」で卒業を果たし、...

Scroll to top