Nagoya "Bistro Culture Western Restaurant" Old private house bistro lunch developed by a long-established Western restaurant

The long-established Western-style restaurant "Bunka Western-style restaurant" was founded in 1983.、In addition to the head office set up in Ike lower、A long-established Western-style restaurant that has many stores in Nagoya, such as the Midlands and Meitetsu Department Store、その内の一つとなる千種の「ビストロ文化洋食店」にてランチタイム! 千種駅から徒歩数分圏内の「ビストロ文化洋食店」は古民家を改装されており隠れ家のような落ち着いた雰囲気ながらに気軽に利用できる洋食店となります! 店内は玄関先で靴を脱ぎ、It becomes a style to go up to the floor of the small rise、In a tasteful atmosphere that has changed over time、歩めばきしむ木の床の昭和レトロな雰囲気がそそられる店内! 1階にテーブル席24席、216 seats on the 1st floor、4 terrace seats、A total of 44 seats and a number of seats are well prepared.、With a structure that feels spacious between tables、Hand disinfection and acrylic parting are installed, etc.、コロナ感染予防対策もされてます! こちらは、We are particular about ingredients such as organic vegetables from China and fresh fish purchased at the market.、Including "Kanikoro of culture" that brings out the rich taste of boiled crab over 8 hours every day、山形平田牧場の三元豚を使ったハンバーグやオリジナルのビーフカレーなどが人気です! 昔ながらの洋食店の雰囲気が大好きな私たち! それにプラスして落ち着いた雰囲気の古民家リノベということで興味をそそられ、I entered the store between jobs.、やはり人気店ということで活気のある様子が伺えます! 本日のランチメニューから文化洋食店伝統の「ビーフカレー」と「三種のチーズ焼きハンバーグ」をセレクト! 「ランチセットのサラダ」 ランチセットでは、Because you can choose salad or red dashi、私たちはサラダをチョイス! 優しい酸味のドレッシングで和えた粗微塵のキャベツがたっぷりと忍ばされており、Mizuna and lettuce、Purple Onion、In a salad with tomatoes, etc.、セットのサラダにしては食べ応え感があります! 「ビーフカレー」880円 2日間かけて仕込む昔ながらの製法のルーで作る文化洋食店伝統のカレー。The umami of softly stewed domestic beef is soaked in、You can enjoy the texture of torohororo、スパイスの奥深さとコクがありつつもまろやかな味わいのカレーライス! 「ピクルス」 ビーフカレーに付いてくる野菜や根菜の優しい味わいのピクルスは、Daikon radish、Carrot、Sweet potato、パプリカなどとカラフルで箸休めになります! 「三種のチーズ焼きハンバーグ」1,320円 モッツァレラ、Gordashred、Using plenty of three kinds of cheese of Edam cheese、The cheese-baked hamburger baked in the oven、more than a clenched fist、I feel destructive power from the look! Grilled vegetables、Crispy and fragrant potatoes、Hohokuho no Carrot、Broccoli that left a colorful and beautiful texture moderately、1/4カットで皮ごと焼き上げた甘い玉ねぎと野菜もボリューム満点! 三種で絡み合うチーズの濃厚な味わいと良い塩梅の塩味がハンバーグの肉の旨みを引き出し、It is a well-balanced finish with a rich tomato sauce that feels a sweetness that goes well with cheese、グリル野菜にも残ったソースをたっぷりと絡めて楽しめます! 「コーヒー」 色彩の魔術師と呼ばれ、19French painters active in the 20th century、彫刻家のアンリ・マティス(Henri Matisse)のアートが飾られた空間で癒されながらのランチタイムとなりました! ビストロ文化洋食店 住所愛知県名古屋市千種区内山3-21-5 TEL:052-733-4072 Hours of operation:Lunch 11:30-15:00(L.O.14:00)Reservations not accepted、Dinner 17:30-23:00(L.O.21:45)予約可 ※緊急事態宣言下での営業時間は店舗へ直接直接ご確認下さい。 Pets:テラス席のみ可 駐車場無(近隣にコインパーキング有)...

Vini del Bottegon, a casual Italian restaurant in Nagoya

Taro Yamaguchi, who operates "MIPROVINI Co., Ltd.", which operates wine dining mainly at Italian restaurants in Nagoya, opened his first Italian restaurant in 2012 at vini del BOTTEGON! Mr. Taro, the owner、"Enoteka Pinchioli" and "Ritz-Carlton Hotel"、I have been active as a sommelier in various Italian、Using that experience to launch a company,、飲食店を多店舗展開されています! 地元の師崎や伊良湖より仕入れる鮮魚をはじめ、In addition to abundantly handling fresh pesticide-free vegetables from the 60th Peninsula、Because Taro is from Shiga Prefecture、メイン料理には滋賀の「肉のサカエヤ」より仕入れる極上の熟成肉や近江牛を使われるなど、Carefully selected ingredients are finished in a unique style。By the selection of Taro who is the sommelier owner、常時3,000本以上を保有するワインも楽しめるワイン&ダイニングです! 店内は木の温もりと落ち着きのあるクラシカルな雰囲気で居心地の良さがありコロナ禍でありながらも多くの常連客に愛され連日大盛況のレストラン! この日は名古屋での仕事を終え、After the peak of lunchtime、ラストオーダーにギリギリ間に合い滑り込みセーフでかろうじて空いていたカウンター席を用意していただきました! テーブル席よりカウンター席にて厨房の臨場感を味わうのが大好きな私たちカウンター席のあるレストランが大好きです! 前菜の盛り合わせの盛り付けに入る堀シェフの真剣な眼差し美味しそうな香りが立ち込め食欲をそそられます! 仕事の合間ということもあり、It's a good feeling that you can't enjoy wine with this dish.、I am glad that I can take lunch time after a long time! There are a lot of restaurants that I want to visit when I come to Nagoya for lunch.、When it comes to eating smoothly in a short time, it is not only a course dish、After all, shops with à la carte are available as an option.。You can enjoy both course meals and à la carte dishes here.、調整できるのが有難いです! 「前菜の盛り合わせ」 手前から、Irako Bonito Carpaccio、White peach and ullahta cheese、Braised Omi beef cheek and three kinds of platter。 First of all, from the strongest combination with peach, which is a seasonal fruit, and fresh and creamy ullahta cheese。And fresh bonito ed with sea grapes from Izenami Island, a remote island in Okinawa where the petit texture is unbearable、Taste and deeply enjoy the grilled eggplant grilled with charcoal with the flavor。最後にはランチにも関わらず近江牛がいただけるという贅沢なアンティパストミストです! 堀シェフと中川さんの御二人で満杯の店内を回しているようで、While you're going to be busy、丁寧に対応していただきました!(感謝) 「自家製フォカッチャ」 ふわっと柔らかな仕上がりながらに、Focaccia that you can enjoy a chewy texture that is easy to eat、Salted plums are also a good feeling! I will put it on the pasta sauce! "Spaghetti Fresh Fish Arlio Ario e Peperoncino Bottarga Flavor" To finish with plenty of Bottarga (karasumi)、目の前に出されると立ち込める香りにノックアウト! ふっくらと柔らかく仕上げた身厚の白魚との相性も抜群で人気の高いメニューです! 「オーストラリア冬トリュフたっぷりのマッシュルームペーストスパゲティ」 メニューにはイタリアの夏トリュフと書かれていましたが、On this day, they shaved off australian fragrant winter truffles! Winter truffles with a more mellow aroma than summer truffles。Plenty of pasta to hide。まさに贅沢の極み!ランチタイムでもこのクオリティで提供されているから素敵です! 「北海道 礼文島の生雲丹たっぷりのクリームソースのスパゲティ」 カラスミ、Following truffles、その圧倒的な存在感たるや!日本最北端の離島礼文島の生雲丹のお出ましです! 北海道産の生雲丹の中でも濃厚で旨み溢れる味わいと絶賛されている礼文島の生雲丹をふんだんに用いたクリームパスタ! 上に添えるだけでなく、Because tapuri and raw sea urchin are also used for cream sauce、香り豊かに濃厚な味わいが堪らない! 濃厚な生雲丹の甘みをソースに絡めながらフォカッチャにも添えて楽しみます! 「本日のドルチェ」 甘さ控え目のティラミスに、Ripe mango with a thick richness、そしてミルキーなジェラートとデザートまでしっかりと楽しんでしまいました! 「食後のコーヒー」 気付けば最後の客になってしまいましたが食後のコーヒーをいただきながら満ち足りたひとときに大満足! 太郎さん、Staff、有難う御座いました!またゆっくり伺いたいです! ヴィーニデルボッテゴン(VINI DEL BOTTEGON) 住所:Tsukasa Building 1F TEL, 2-21-3 Izumi, Higashi-ku, Nagoya City, Aichi Prefecture:050-5593-7568 Hours of operation:Monday to Sunday lunch 11:30-15:00( L.O.14:00-、Dinner 17:30-24:00(L.O.23:00) Closed:Occasionally parking:無し...

Scroll to top