Taipei Station directly connected "Palais de Chine Hotel" Check-in to the stately five-star hotel in Europe!

Located on the North to Taipei main station、Taipei City was built as a joint project with the Government of、 Large shopping mall "Q square (cue square) Beijing railway station: Takashi square" in that "Palais de Chine Hotel (paredesin) you Shanghai" is、Connected to the underground station, Taipei, boasts a perfect location。 2010Since opening in may、The hotel attracts attention、 Chen Rui, (Ray Chen) in the prominent architects and designers has been handled、 Décor oozes style of European design。 A red sign emerges around a bustling Taipei main station、 The logo image of stamp、ホテル名である「君品」の文字が一際目立ちます! 「君品」とは、Means "King of quality"、パレデシンは台湾で初のホテルチェーンブランド 「LDC Hotels & Resorts Group(雲朗観光)」が運営される5つ星ホテルです♪ パレデシンの1階はスペースの関係で、Only the Concierge counter seating、 To support the travel guides and taxi、Bertha virus、Banquet reservations are possible。 古い街並みでノスタルジックな雰囲気を醸し出す 人気の観光スポットである九份などへ出向かれる場合などのタクシー手配もされています桃園国際空港までは1,300TWD(日本円:4,680円)で案内されております♪ コンシェルジュカウンター コンシェルジュの本棚はカルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)の図書館をイメージされていますヨーロッパの歴史や芸術がお好きなオーナーの好みに合わせ陳瑞憲(Ray Chen)がデザインしホテル全体に様々な要素を組み込まれていますコンシェルジュの上部にはラテン語で「PLVS VLTRA(Plus Ultra プラス・ウルトラ)」と記されており「もっと先へ」「もっと向こうへ」「更なる前進」という意味を持ち、 Adopted from the personal motto of Carlos、And the motto in the country of Spain、Is the word written coat of arms。 In establishing this term at the entrance、 「何事にも限界を超えろ!」というオーナーの想いが記されているそうです♪ エントランスホールには、Sparkling chandeliers and beautiful velour curtains are placed、 Exhibits of antique wooden horses with presence and、その大きさは何と本物の馬の等身大とのこと! このお馬さんの紹介は後程ホテルツアーにて詳しくさせていただきます♪ コンシェルジュカウンターにて、 Deposits with non-valuable items of luggage、Ask our morning Bell。 Was this day near midnight midnight、ベルサービスは24時間体制で受付けてくださいます♪ ホテル1階からエレベーターに乗り込み、6Go to the floor at the front counter。 Click here 2-4F is a Department established。 Decorated like a Merlot in the mirror in the elevator design、アンティーク風デザインとなります♪ エレベーター内の案内は、And touch screen、 英語・中国語の他に日本語表記もあり大変見やすくなっており便利です♪ エレベーターを6階で降りると、Spread out in front of the front desk lobby。 Colours and shades of dark tones filled with restless、 Using the walls quarried rock walls and chandeliers、And is the image of the European、 Well embraces the new design with the classical elements。 やはり陳瑞憲(Ray Chen)のデザインゆえに光や鏡を上手く使われていますね♪...

Scroll to top