Kouri interest Ocean Tower emerald blue sea and Kouri Ohashi bridge with panoramic view

古宇利島(Kourijima)の海抜82mからの絶景を楽しむことができる「古宇利オーシャンタワー(Kouri Ocean Tower)」へ! こちらは、2013Tourist complex opened on December 11、The Observatory boasts views of the island's premier started.、Stunning views of the ocean view Café and restaurant、Island limited suites is the buzz shop、貝の博物館などが一斉に楽しめる場所となります! 入口の自動券売機で入園チケットとなる大人1人800円のチケットを購入! チケットは、Japanese、English、Korea, 3 languages to choose from each、電動カート内のガイドアナウンスの言語を選びましょう! チケット購入後は、Navigate to the cart station entrance、From the observation deck、ハンドル操作不要の自動で動く電動カートで移動! 電動カートには、Includes Guide announcements features、古宇利島の歴史や観光スポットなどを紹介してくれます! 行きは、Surrounded by Palm trees and subtropical plants, flowers, tropical garden with 7 minutes, slowly climbing up the Hill to the zig-zag、眼下に広がる古宇利島の景色を楽しむことができます! 途中、Visit the exclusive film crew shooting point、アナウンスの合図に合わせてポージング致しましょう! 撮影された記念写真はプリントアウトされ入園して直ぐの売店にて1,000円で販売されています! 1階には「シェルミュージアム(Shell Museum)」があり、More than 1500 species were collected from around the world、110,000 points or more shells are on display、I've never seen unusual shells and、色鮮やかな貝などを間近に堪能することができます! 独立したショーケースに収納された鮮やかなピンクカラーの「深海珊瑚」には、To be surprised、ゆうに200万円を超える代物までもが設置! ミュージアム横には、Dinnerware and accessories made of shells、Also you can purchase accessories such as "shell shop (Shell Shop)"、貝好きの方のお土産として喜ばれることでしょう! 体験工房ではパワーストーンやシェルを使ったブレスレット作りなどの体験コーナーも用意されています! さらに進むと古宇利島の歴史が展示されている「古宇利島資料館」があり人類発祥の地として沖縄版「アダムとイブ伝説」が言い伝えられる古宇利島の歴史を学ぶことができます! 2階と3階には、There is floor observation deck from indoors in the panorama and views! On the second floor、On the island as a parlor limited suites sourced that Kouri Island Specialty Suites based on pumpkin island and has been sold、While enjoying the unique Kouri Island limited suites、雄大な景色を楽しむ仲良しカップルの姿もありました! さらに、Up on the roof、Is the feeling of openness in Cardinal 360-degree panoramic ocean deck.、屋我地島と古宇利島と結ぶ古宇利大橋を望みながら古宇利ブルーの海と空を一望! 晴れ渡る日には遠くに沖縄本島の大宜味村や国頭村まで見ることができます! デッキ先端には「幸せの鐘」もあるので、Visit Kouri island is called the "island of love"、この鐘を一緒に鳴らすと良いでしょう! 1階へ戻り、Passing the exit gate "shop & factory (Shop & Factory) "and、古宇利島限定のスイーツや島ちんすこうをはじめ、Awamori, Okinawa's Ryukyu glass、他にも今帰仁村(Nakijinson)の土産物を販売しているのでお土産探しに立ち寄るのも良いでしょう! 帰りの電動カートへの乗車時間は約1~2分となりあっという間に降りて来られます! 冬の沖縄は曇り空が多いと聞きますが、But it was only a little bit、Blessed with a sunny day to peek behind the clouds blue sky、刻々と表情を変える古宇利ブルーの色合いに癒やされるひとときを過ごせました! 古宇利島へ立ち寄る際には古宇利オーシャンタワーへ足を運ぶことをお勧め致します! 古宇利オーシャンタワー(Kouri Ocean Tower) 住所沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538番地 TEL:0980-56-1616 Hours of operation:9:00To 18:00(Last admission 17:30) Closed:年中無休(台風等悪天候時には臨時休業有) 駐車場:Free 200 (part 1、Chapter 2、第3) https://www.kouri-oceantower.com/...

Museum by Tadao Ando, architect "of Shanghai Fudan Museum Aurora Museum"

「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」には、There is limited service to the Club floor guests、Morning 7.:00-Night 20:00Up to the time、ホテルから2km圏内の距離であれば送迎をしてくれる「ホテルハウスカーサービス」があります! 今回はその送迎サービスを利用し「AuroraMuseum 上海震旦博物館(オーロラミュージアム)」へ! こちらの博物館はヒスイ製品をはじめとする古代の文物収集に力を注いでいる台湾系企業「AURORA GROUP(オーロラグループ)震旦集團」が2013年10月に正式にオープンさせたミュージアムです! また、Here in the Museum of design in the Japan architect is、世界的に有名な安藤忠雄氏が率いる「安藤忠雄建築研究所 Tadao Ando」が手掛けられているため興味が湧き訪れた観光スポットとなります! (注博物館のある震旦国際大廈のビル設計は異なります) 館内には、Over more than 40 years Yun Thailand Chiang, Chairman of the Aurora Group、And collect the jewelry of ancient Chinese pottery and statues、Is the historical statues and other artifacts.、Heritage materials and many are housed、数ヵ月毎に企画展を開催! インフォメーションにて博物館入口を伺い、Climb up stairs drew a superb arch the glittering chandeliers、自然光がふんだんに注がれる踊り場を抜け進みます! 入館料大人1人60元(日本円:Approximately ¥ 1020) next、Entrance with tickets for passing、手荷物検査を済ませ入館! 博物館は、Cooperation with Beijing University Aurora ancient civilization Research Center formed a team of professional researchers, and research、古代分野の研究と共に古代遺物の復元にも力を注いでいます! 1階から6階まで各フロアでテーマ毎に展示内容が分けられており、2017October 19-year until 10/18/2018、「玉見設計-中國古玉形紋設計特展」として中国古代の玉の形のデザインを展示する特別展を開催中です! 静かな館内でゆったりと鑑賞に浸っていると、Just like in ancient times, to feel like time-slip! And delicate design provide the ancients was fascinated by the beauty of the long-ago jade、仏像の穏やかな表情に癒やされるひととき! 5階にあるカフェからは、Riverside view out to panoramic views of the Bund、館内一のお勧めスポットとなります! 月曜日が休館日となり、Normal opening hours are 10 am:00-17:00That would be、Only the Friday closing time is 21:00To be extended for、金曜日の夜に訪れて外灘の夜景を堪能するのも良いでしょう! AURORA MUSEUM(オーロラミュージアム)震旦博物館 所在地:Shanghai Pudong district Aaron Kwok road 99, (seismic Fudan International Plaza in) 99 Fucheng Rd, LuJiaZui, Pudong Xinqu, Shanghai Shi, People's Republic of China 200000 TEL: +86 21 5840 8899 Admission fees:大人1人60元 営業時間:10:00-17:00 Closed days:月曜日 http://www.auroramuseum.cn/...

Memorial Monuments of "Yi-LAN installation Memorial Hall and Ilan Orchid literature Museum" Japan rule age remains

「蘭城晶英酒店 Silks Place Yilan シルクスプレイス宜蘭」から徒歩5分圏内で、There's popularity as a tourist spot、日本統治時代の歴史的建造物が残されているスポットへ! こちらでは、And there was at that time stone walls and buildings、Enjoy a nostalgic scenery reminiscent of the bygone era、This time of year is fresh、撮影を楽しむ観光客の姿も多く見受けられます! 入り口には、Map to know a decade ago are drawn! Population of about 100000 people became the present-day Yilan city、Silk sprays Ilan, in the Center、Diameter 3 close by nearby Yichang ran river around downtown is。Over the range、見渡すかぎり畑や田園風景が広がる長閑な街となります! 「宜蘭設置紀念館」の入館料は、Adults 30 TWD (Japan Yen:About 110 yen) is! This is、In 1906, during the occupation of Japan、Built as an Administrative Secretary at the time of "Saigo Kikujiro" (first Ilan County Chief) of the Palace。 Site area of 800 square meters、Floor area is 74 square meters or so and、100-year-old camphor tree scents drifting in Japan garden、Still preserved.。 And "established" rule ["officer" to the throne: in comes from the mind。 Japan and Western architecture the building is、Built using quarried from the Taiping Mountain Cypress or、Would be valuable in architectural history。Now transformed as the Museum of history、宜蘭県の200年に及ぶ歴史を学ぶ資料館として役目を果たしています! 古い日本家屋に見られる土間。About、三つ指を付いて「お帰りなさいませ」と言いたくなります(笑) 玄関入って右手のお部屋では、VTR to introduce the history of Yilan has been aired、Japanese、Chinese、And support to Taiwan、約15分間で鑑賞できます! 広々とした立派な記念館は、Is the long corridors that wind around a central courtyard.、Japanese-style tatami mats on the floor、Using Japanese paper sliding doors and fretwork transoms、And a wood-fired bath wood、一昔前の日本にタイプスリップしたかのような雰囲気が漂います! 奥に位置する「宜蘭文學館」は、In wooden buildings built in 1906, during the occupation of Japan by b, residence and、After that、1926Use as an "agricultural and forestry school principals residence" since。In addition、2004Renovated in the year、現在は「宜蘭文学館」として一般公開されています! 館内では定期的に開催されている企画展示を見学できたり併設されている「喫茶室」で寛ぐことも可能です! こちらでは、CM filming location for Chunghwa Telecom to cast actors Kaneshiro Takeshi and became very buzz、多くの観光客が訪れています! かくいうわたしも、Only celebrities like Kaneshiro Takeshi and so may、Shrewdly CM in same location as I took the same pose! (Laughs) probably、同じ風景を眺めたであろうその時間を共有し至福のひととき! ゆっくりと時間をかけて散策を楽しみたいと思える場所。 Visitors inside the building is 17.:00To become so、Try to arrive early。 From Ilan circus plays 5 minutes walking distance、長閑な散策エリアが広がりお勧めです! 宜蘭設治記念館 開放時間:9:00-17:00 Admission fees:Adults 30 TWD (Japan Yen:約110円) 定休日:Every Monday、月の最終日 http://memorial.e-land.gov.tw/ 宜蘭文学館 所在地宜蘭市舊城南路縣府二巷19號 TEL:(03)9324349 Opening hours:Closed on Mondays:Every Monday、大晦日 https://travel.yilan.tw/ja/attraction/details/624 シルクスプレイス宜蘭 蘭城晶英酒店(Silks Place Yilan) 所在地台湾宜蘭市民権路二段36号 TEL:886-3-935-1000 http://www.silksplace-yilan.com.tw/ PHOTO ALBUMはこちらをクリック! 2018/4/21台湾旅行/Silks Place 宜蘭 Vol.3 https://photos.app.goo.gl/whkt1dBzq7UPdatg1 ...

World Heritage sites in Nepal ethnic music band "KUTUMBA" live.&Birthday party!

パタン(patan)の「ダルバール広場(Durbar Square)」の王宮の一部である「マニ・ケシャブ・ナラヤン・チョーク」を改良され、1997年に開館された「パタン博物館(Patan Museum)」にて、The other day、お会いしたサランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんが所属するネパール民族楽器バンド「KUTUMBA(クトゥンバ)」の生ライブ「MAGIC OF MUSIC」@PATAN MUSEUMが開催されるとのことで、All tour members pre-opening support! Live rates、1人400ルピー(日本円にて約428円)と破格です! 「パタン博物館(Patan Museum)」の中庭にステージが設置され、100The venue seats or more seats are available! Enter include Nepal television coverage、会場内は四方をカメラで埋め尽くされておリマス! ガイドのナレス(Naresh)さんの同級生であり「パタン市役所」の役所員であるビックラム・シャカ(Bikram Shakya)さんがネパールで一番有名なサランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんと繋げてくれたキーパーソンです!この日は、Bring system child and daughter, had come to cheer! Both father with WeGame、ドレスアップした愛娘ちゃんがとても可愛らしかったです! メンバーがステージ上で準備する中、Our tour members、この日大きなミッションが待ち受けておりました! それはツアーメンバーの最年長である杉山昇(Noboru Sugiyama)さんの”81歳の誕生日”を祝してお誕生日会をすること!旅先でお誕生日を迎えられた杉山さんに喜んでいただけるよう、To raise a big birthday cake in advance、We will be a big celebration! It is affixed to the birthday cake、Candles with flowers is fire! At the same time and blow spark intense、ステージ上で準備をする「KUTUMBA(クトゥンバ)」からまさかのサプライズで「バースデーソング」が贈られたため全員で合唱しこれからも杉山さんに健康で大いに人生を謳歌していただくよう心からお祝いをさせていただきました! パタン博物館の館長をされているBepyn Bazracharyaさんを御紹介いただきました!今回のライブをはじめ博物館では様々なイベントを企画されているそうです! 日も沈み始めた夜19時スタートの会場は、Become a packed auditorium、Many of the standing room only crowd, is a great success! Beside the venue、Prepared food stalls、Alcohol and food is freely available for purchase! With no roof garden、Comfortable style、夜空を眺めることもできるためロマンティックな会場となります! パーカッションのマダル奏者のパヴィット・マハラジャン(Pavit Maharjan)さんがMCもこなし、6名のメンバーをそれぞれ紹介します!ネワリードラムのラジュ・マハラジャン(Raju Maharjyan)さんメタルパーカッションのシッダールタ・マハラジャン(Siddhartha Maharjyan)さんフルートのルビン・クマール・シュレスタ(Rubin Kumar Shrestha)さんサランギのキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんアルバジョのアルン・マナンダー(Arun Manandhar)さん! サランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんは「サランギ(Sārangī)」をスタンドにセットし立ちながら演奏される姿がクールでスマートです! 赤煉瓦に色とりどりのライティングが施され昼の雰囲気とは違った妖艶なイメージでステージがスタートします! 民族楽器というだけあって、Sound makes you feel nostalgia somewhere warm to dust comparatively here! Including Nepal folk songs arranged in contemporary music、「KUTUMBA(クトゥンバ)」のアルバム曲の中から演奏されており、2曲目が最高にクール! 最前列でライブを見ている最中に仲良くなったマダムはスウェーデン(Sweden)から長期滞在で1ヶ月ほどネパールにおられるベレット(Beret Bertilsdotter)さん!陽気で愛らしいベレットさんとは、Love traveling and hit it off with comrade、スウェーデンのエステルフスンド(Östersund)にも是非遊びにいらして!と嬉しいお誘いを受けました! リズムに乗ってライブは盛り上がりを見せます! すると!ガイドのナレス(Naresh)さんがステージ前のスペースで踊り始めました! すると、Dance time starts to、To live music、To the elderly than to kids、Our audience is rising、Revelry! Hall was born in unity、Filled with enthusiasm、最高潮に!!! 明朗快活なナレス(Naresh)さんということは存じ上げておりましたが、By unexpectedly popped、"Nature here present." and feel、I have been tossing around the smile a lot! The people of Nepal、The Festival also included、Dancing in a place like this is compelling! Me too both ankles fault without、Certainly、いの一番に踊っていたことでしょう!次回は是非リベンジしたいと思います!(笑) 最後に「KUTUMBA(クトゥンバ)」のメンバーを囲んで記念撮影! ダンニャバード、 Delay comb Largo! (धँन्यवाद, धेरै खुशि लाग्यो)ありがとうございます!とても楽しかったです!...

Show "tilauracott Museum of Kapilvastu palace ruins excavated

ブッダ(Buddha)釈迦が幼い頃から29歳までの歳月を過ごした釈迦族の小国「カピラヴァストゥ(Kapilavastu)カピラ城」の王宮跡地から発掘された収蔵物を展示する「ティラウラコット博物館(Tilaurakot Museum)」へ!門は設置されているものの「此処が博物館!?」と目を疑いたくなるような状態ですが新しい博物館も建設中で少しずつですが開発されていくようです! 「カピラヴァストゥ(Kapilavastu)カピラ城」の案内図には、Highlight point is 11 points.、王宮遺跡から少し離れた場所に(1番ゲート)があります! 博物館入口にて入館料は1人20ルピー(日本円にて約21.4円)となり、If you bring in cameras、撮影料が別途かかります。This delegation on behalf、And pay additional charge of only one camera to shoot the master、全員の携帯や小型カメラでの撮影を止めています! 館内の入口には発掘調査や視察などの様子を展示! 紀元前1~2世紀のシュンガ朝時代に使われていたとされる赤土の土器や、2-Kouchner dynasty in the 3rd century Terra-cotta pot、Late 3rd century-8th century grey pottery、時代を経た歴史ある陶器などが見つかっております! ブッダ(Buddha)釈迦の石像をはじめヒンドゥー教の神様のシヴァ・パールヴァティー(Shiva Parvati)やヴィシュヌ(Visnu)ガルーダ(Garuda)などの石像も残されております! 紀元前8~12世紀のチョーコパーニ洞窟(Chokhopani Cave)からの陶器たち。 As well as、チョーコパーニ洞窟(Chokhopani Cave)からは歯や顎、Skulls、人骨も出てきております! こちらは、And only 2 small museum、ゆっくりと観させていただいても30分程度で回れます! 時代ごとの銀や銅製の硬貨なども発見! こちらは紀元前3~8世紀にかけて使用されていた銀製のコインです! 銅製の動物をモチーフにした銅像は馬などの4つ足動物が多く見られました! 現在新しい博物館を建設中です! 博物館を出た頃に、For exactly reached the lunch break。ランチが食べれるレストランをガイドのナレス(Naresh)さんが探してくださいました!この辺りは、Hard to find a decent restaurant and the、ホテルを探されていました!...

Scroll to top