"Maserati Japan" Japanese CEO Kazuo Makino to stir up a new wind to Maserati

「ARK Hillsアークヒルズ」は、Established as Tokyo's first large-scale urban redevelopment project、 センターのある「アーク森ビル」はアークヒルズのシンボルとなるオフィスタワーとなっています。 2 minutes on foot from Roppongi 1-Chome station、4 minutes walk from tameike-Sanno station and located in a convenient and、 Close to the Nagata-Cho where the central organs of the State、In the area where the embassies and foreign companies。 In buildings in many eateries and shops have.、高い利便性を誇っています♪ アークヒルズの中心に位置し街に彩りを加えてきたサントリーホール前の噴水広場「アーク・カラヤン広場」ホールの設計にアドバイスを与えたザルツブルク生まれの ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)の名に因んで名付けられています。 In the hustle and bustle of the season filled with various events are held、 City life and more engaging.、アークヒルズの賑わいの中心を担っています♪ 音楽を愛する人々がともに集い、Playing、聴くことを堪能し合う響きの空間「Suntory Hall サントリーホール」クラシック音楽のコンサートホールとして「世界一美しい響き」をめざして設計されており、 Located in front of the great Hall pipe organ、 Stop number * 74、Having a pipe total number 5898、世界でも最大級を誇ります♪ 「ARK Hillsアークヒルズ」の噴水 「アーク森ビル」1FのWEST WING ウエストウィング受付にて、 Admission procedures for deeds、22Fの「MASERATI JAPAN マセラティジャパン本社」へと向かいます♪ 2015年4月より「マセラティ ジャパン株式会社」のCEOに就任された牧野一夫さん。 And Maserati Japan、2010年4月にイタリア、Founded as a subsidiary of Maserati HQ、 2011年にそれまで正規輸入元であったコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドから、 Transferred the right of importers、As the Maserati Japan Corporation starts operations。 昨年の2014年には創業100周年という節目を迎えたマセラティ。 To celebrate it、新型モデルのGhibri ギブリを導入するなど、It strategy from different angles、 Are you now trying to carve out a new market。 During such、長年ドイツブランドに携わってこられた牧野一夫さんを日本人としてCEOに抜擢し、 Trying to breathe。 This time the、牧野さんに今後の事業展開についてお話を伺うことができました! マセラティ ジャパン株式会社 CEO 牧野一夫さん 1963年生まれ(三重県出身) 東京大学卒業後、1988Year joined McCann-Erickson。1990In the year to the BMW Japan。 Product Manager、Dealer Marketing Manager、Brand Communications Manager、 Served as Senior Vice President advertising propaganda。 1997Since、He moved into the Porsche Japan、Serving as Executive Officer, sales & Marketing Director。 2015年4月よりマセラティ ジャパン株式会社 CEOに就任され現在に至るドイツブランド車に25年もの月日を費やされてきた牧野さんですが、 As a very new challenge yourself、And decided to change the brand of、...

Scroll to top