"La fete Hiramatsu "while overlooking the city of Osaka in the top floor of a high rise tower hours of bliss

At Osaka Umeda neighborhood redevelopment is significant from four suji South go、 Cross a bridge over the dojima River.、Nestled between the tosabori and dojima River sandbar Nakanoshima。 From a bridge overlooking the Festival Hall、2009年から取り壊しに掛かり「中之島フェスティバルタワー」として新たに2012年11月に竣工し地上200mの威容を誇るランドマーク的存在のタワーとして生まれ変わりました。 Grand staircase leads from the entrance hall to the Festival Hall feeling atmosphere。 Music fans look forward to the new Festival Hall、2013年4月に開業していますそれに先立ち2012年12月3日には息を呑むようなパノラマビューを贅沢に望める最上階の37階にフレンチとイタリアンを融合させたモダン・クラシックのグランメゾン 日本のフランス料理界の巨匠である平松宏之氏が率いる 「ひらまつグループ」の「ラ・フェット ひらまつ」さんがオープンし注目を集めています♪ 1982年に創業し一軒のフランス料理店から始まった「ひらまつ」さんは、 Now、押しも押されもせぬひらまつグループとなりそのグループの関西初進出店となる「ラ・フェット ひらまつ」さんラ・フェットとは「祝祭」を意味し、Literally force and is put on the wedding、 Cooking、Wine、Service、Space、Underscoring its increased commitment to pursue the "best" in every restaurant to make、 From the top-floor location with pride、Provides a colorful stage。 Here is、ひらまつグループのレストランの中で一番大きな店舗となります♪ ひらまつグループは日本人オーナーシェフとして 初めて本場フランス版ミシュランの星を獲得した平松宏之氏の料理を楽しめる「レストランひらまつ」やフランス料理の最高峰と評されるポール・ボキューズ氏のレストランなど、 Nationwide expanded numerous restaurants and cafés、With refined service and delicious food attracts many people。 Also famous as the pioneer restaurant wedding、 “美味しい料理でゲストをもてなしたい”というこだわり派の新郎新婦様から支持を得ています♪ メーンダイニングへと続くコリドール。 Using illumination like spaceship、On the inside of the opera lyrics are engraved。 In the entrance and main dining room chandelier、 Tin followed from the Edo period Osaka pewter technology are used in abundance、 煌びやかな世界が待ち受けています♪ レストランの至るところの壁面には画家の額賀加津己(ぬかがかつみ)氏が描かれた静物画が飾られています。 To hear、四兄弟である平松氏のご長男は画家の額賀加津己氏であり、Art dealer's son、 そして三男の平松氏がシェフをされ四男は数学の教員をされていらっしゃるのだとか!(凄) ご兄弟揃ってご活躍されているようですし、 Glimpse also decorated restaurant's own brother of the brotherhood、 素敵な四兄弟とお見受けしました♪ レストランは2つのダイニングルームと4つの個室が用意されています。 It is possible that up to 30 people to use room dividers with。 Views from Osaka Castle town during the day、 大切なパートナーとの記念の食事や 「ここぞ!」という場面での夜景デートの場所としても一役買ってくれそうです♪ こちらは是非とも殿方に利用していただきたい場所となりますTOILET(笑) 壁面がガラス張りで開放感に溢れ、Create black and white and modern world using photos of Paris。 I think the exhilaration of writing for that purpose over that。 The women's、洗面スペースが開放的にガラス張りとなっております♪ 鏡張りのアプローチを抜けて、To the high-ceilinged spacious main dining room。 Is composed of multiple dining options and private rooms、 世界中で活躍されるデザイナー「GLAMOROUS co., ltd.」の森田恭通氏がインテリアデザインを手掛けられています。 While interweaving contemporary essence、Elegant and gorgeous Interior、 And Memorial Day entertaining、Will be directing us to glamorous party and various dining scene。 Unleash the breathtaking pomp Tin was involved in the Central chandelier。...

Scroll to top