The importance of being aware、Toggle switch where your story is your switch

今日からスタートしたLife Style WEBマガジン ladeをクリックしてくれた皆さんおはようございます♪ いつも元気に笑顔を絶やさず愛溢れる日々を過ごすことをモットーに生きるladeのライター担当ayacoです。 Today、Diary of a rough、Let's talk about the kind of things I think。 It's the story of "switch"。 「人間が頭で考えることはすべて実現可能である」 これはアインシュタインの言葉ですわたしの知る相方は口癖のようにこんな言葉をよく使います「頭でイメージできることは必ず形になる」と。 What?、似てませんか?この2人(笑) 相方がアインシュタインに似ているかどうかはさておき彼と出会ってからのわたしはイメージすることの大切さを知りましたそしてそのイメージを膨らませ一つずつ形にしてきた結果今の幸せがあるのです人生には歌の歌詞にもあるように楽があれば苦もあります。 every day、何気なく時間が過ぎ去り、every day、何気なく送ってしまったら息をすることの大切さ生きることの大切さを考えることすら忘れてしまいそう人生の長さが決まっているのだとしたらできるだけ美味しい空気を吸ってできるだけ充実した日々を送りたいそんな風に思うようになりました過去のわたしを振り返ってみるとB型というおおっぴろげな性格が災いするのか物事を深く捉えることもなく脳裏に思い描かれたこと全てが言葉となりバズーカー砲のようにそれを放った瞬間に責任という文字に対しあまり重く捉えずに生きてきましたその行為が一体どれほどの人を傷付けていたのかも考えずに。 Of course、発言で人を傷付ける気など毛頭ありませんただただ楽しくその時を過ごしたかったのです。 However,、相方によく言われたことがありました「自分がどう思うのではなく相手がどう思うかなんだよ」とこれは目から鱗の言葉でした当たり前のように思い当たり前のように感じていた価値観が崩れ落ちる瞬間でしたそれからのわたしは発言にまつわる責任を強く感じるようになりましたがまだまだ未熟でなりません。 Future、その発言力に伴う責任意識と在り方についても身に付けようと努力し精進したいと思いますそう思うとこうして日々記事を書くという行為は、 First of all、ひらめきが起こりそして考え学びそれを形にしながら綴っていくのですから単細胞で単純明快なバズーカー砲であったわたしにとってとても良い訓練ではないでしょうか人は面白くて出会いや別れを繰り返しながら様々な壁にぶつかり試練がありその先には必ず成長があるのですそれが定められた運命だとしてもそこで楽をするのも苦労を買うのも自分で選択できるのだとしたら自分の選択はスイッチ一つでいかようにも変わるのではないかと幸せと不幸せは紙一重だと申しますが捉え方次第なのです困難を容易のスイッチに無意であるものを有意のスイッチに悲しみを喜びのスイッチに変えてみよう! スイッチと言えば皆さんも御存知かと思いますがこんなCMソングがありました「やる気スイ~ッチ君のはどこにあるんだろ~う?見つけ~てあげるよ~♪君だけの~やる気スイッチ~♪」 わたし好きだなこの歌なんだか元気が湧いてきますわたしのやる気スイッチはどうやら「額」らしく今日もポチッと押してみましたよ! さぁあなたのやる気スイッチがどこにあるのか探してみよう! http://shindanmaker.com/2590 ← クリック!...

Encounters with people and relationships we will express at lade

<Cakes to ★ kaketa>I had saw、ご無沙汰しています! 2012年9月から更新をお休みしていまして、What shape is also struggled for more than six months of this, or we'll delivery information、ブログというスタイルをブラッシュアップしてWEBマガジンとして再スタートすることにしました静岡へ移住して早6年が経ちましたが、Through the cakes to encounters with various people is、Also many people "connected".。そんな人との「出会い」や「つながり」をこちらのWEBマガジンでも表現できればと思っています今回のWEBマガジンは、Articles on each of the genre and our behaviour diary will be subject。Coverage is what will lead to future articles。またこのWEBマガジンを通じて知り合いサポートしてくれた方々をご紹介していくコンテンツとして「lade supporters」も用意していますのでladeがどんな方々と関わっているのかという相関図がご覧いただけますladeを通じでまた新しい出会いがあることをイメージしながらいろいろなジャンルの情報を定期的に配信していきますのでよろしくお願いいたします! ...

Scroll to top