New Open "N°168 PRIME Steakhouse dunhua store" Steak restaurants of aging meat

The most popular hotels in Taipei's development in the Lake area is "Grand Victoria Hotel (Grand Victoria Hotel) Taipei Wei-Li nitrous"at "N ° 168 PRIME Steakhouse (N ° 168 PRIME beef blade Museum).、 大安エリアの「太平洋SOGO敦化館」7階に姉妹店として 「N°168 PRIMEステーキハウス敦化店(N°168 PRIME牛排館敦化店)」をオープンされています♪ 太平洋SOGOは日本の「そごう」と台湾の「太平洋建設」が合弁会社として設立し台湾に本拠を置く百貨店となります♪ 「N°168 PRIMEステーキハウス敦化店(N°168 PRIME牛排館敦化店)」のエントランスは、 Giving out classic art deco design、 Modern, luxurious atmosphere is different from the head office。 入口の床にプロジェクタースポットライトで照らされた店名でもある”168”の数字は、 And good luck in the pronunciation of the Chinese numbers、台湾では大変好まれる数字として起用されています♪ 店内は、A serene look.、For a luxurious space。 Utilizing the open kitchen in the middle of the Hall and spacious open feeling、 How to cook in the oven the。 Enveloped in the smell of cooking meat、Build a tantalizing live is the same as the head office。 フランス産鋳物ホーロー鍋の「ストウブ STAUB」を用いて提供される熱々のステーキ、 The copper pot、丈夫で質の高い「ムヴィエール Mauviel」が大活躍! 卓上で輝く器は高級食器の「ナルミ Narumi」を使用されています。 Behind 30-furnished private room up to 50 people are available、 食事を楽しみながらの会食やイベントなど様々な用途に対応可能となります♪ この日はグランドヴィクトリアホテルのオーナーの御令嬢である 呂佳恬(Valerie Lu)と御主人様の黃立翰(Lihan Huang/Frank L.H.Huang)と一緒にランチミーティング! 御2人にlade-ラデ-企画の【日本の伝統工芸品・絹(SILK)と旅するシリーズ】として富山県南砺市で140年以上の歴史を誇る「株式会社 松井機業」の伝統工芸品である しけ絹の大判ストールを松井機業6代目の松井紀子さんに見立てていただき紹介させていただきました! 松井機業が取り扱う「しけ絹」とは、2つの蚕が力を合わせて織り成す 奇跡の玉糸で織り上げた【二頭の愛の結晶】が生み出す素晴らしい織物です。 Before you travel to Taiwan from Japan、日本を誇る伝統工芸品が日台交流のより良い【縁結び】となるようこちらの商品を選定させていただき贈呈して参りました♪ 今回ご紹介した松井機業の商品は日本が誇るべき優れた地方産品とする「The Wonder 500」にも選出されており、 The other day、「Taiwan Design Expo(台湾デザインエキスポ)台灣設計展2015」でも展示発表された 新たなブランド「Johanas(ヨハナス)」の絹(SILK)になります。 Impressed by the spring in warm, friendly smile、 そして誰もが羨む美貌を兼ね備えた呂佳恬(Valerie Lu)には「アフレルオモイ」と題された柔らかなブルーグリーンの色合いのストールがピッタリです♪...

The miracle of South Nanto City Johana "kigyo Matsui" silkworm! Johana beautiful traditional woven natural silk

Now 440 years ago goes South Nanto City Johana in Toyama johana Betsuin zentoku temple as a branch of the honganji in Kyoto、The city flourished as a temple town, also referred to as "little Kyoto in ecchu johana。 Because of Higashi honganji Temple in inami "Jodo Shinshu Otani sect wells wave Betsuin zuisenji Temple.。 Nanto City has also two branch, seen nationally rare said。 And silk fabrics began in 1577 in the age。 老舗の機業場である「松井機業」は、 1877Since founded in (0/1877)、140Nearby, one between the、Has been the manufacture of silk fabrics。 Here you will、2つの蚕が生み出す奇跡の繊維「しけ絹」をはじめとし、 Silk gauze、斜子、Monsha-、Has been produced as well as herringbone。 This time、「リバーリトリート雅樂倶」と「L’évo レヴォ」にてその存在を知った 松井機業さんの機業場の見学をさせていただくと共に現在6代目見習いとして活躍される松井家の三女・松井紀子さんに会いにやって参りました「リバーリトリート雅樂倶」素晴らしき富山屈指のリゾートホテル宿泊記 http://lade.jp/articles/travel/35508/ 爽やかなラベンダー色の夏着物でお出迎えしてくださる6代目見習い・松井紀子さん 工場内は、Who put a bunch of Cascina with dupioni superb harmony sound playing the dawn to dusk。 In ancient times、It seems had been also silk cocoons out of yarn、 Due to changes in the economic structure and economic growth、Sericulture in Japan Japan is almost extinct so。 Current、Nanto is the filament in the city without、Just purchased raw silk was played around with actually。 Dupioni made two silkworm cocoon from the、The difference with silk usually glossy、 There's firmness and strength、A unique clause remains in the impression beautifully。 ※ショールーム・工場見学は「しけ絹コースター」が土産に付き、1人600円となります松井機業 お問い合わせ先TEL:0763‐62‐1230 http://www.shikesilk.com/ 蚕は、By yarn and create a cocoon、Release the unwanted proteins in the body too much eat larvae around。 Make the cocoon、Is a pupae become adults, it is difficult for an act of essential。 On the inside the cocoon、100S to 2-born second by only three percent.、Produce the two horses 'dupion' is.、 Is nearly twice its size compared to normal cocoon。 But the dupion from yarn can be called a dupioni、 In ancient times、Woven in this dupioni silk see section silk "and call、By becoming a fine kimono、 Is discarded or sold on the cheap。 However,、The Johana idaman、その玉糸の節を「二頭の蚕の愛の結晶」と謳い、 Produce natural miracle fiber、As dupioni a rarity worth a look out、 Assemble the paper as part of the space、Such as sliding doors and Interior、 ライフスタイルに溶け込むように合わせてつくられたことが「和紙を裏打ちしたしけ絹」のはじまりだそうです。 The old、The employees 100 people company-wide by the time was prosperous in silk、 You can get a card was left at the entrance to heavily from。 Now、紀子さんを筆頭に両親と数人の社員と共に、On the dupioni、A proud tradition and technology has been in perpetuity。 The delicate dupioni、May lose part of the section、Machinery such as Edo、Quietly watch skilled hands needed。 姉倉比賣神社 太古越中に姉倉比賣という姿かたちの美しい女神様 故郷の舟倉山から大竹野(今の呉羽町)の 地へお移りになり、Since then joined forces with local people、 To develop、Was Telecasting the kind heart ratio、Daughters taught weaving、 Because the villagers were encouraged to attend、 Goddess told everyone you yearn to so was enshrined。 See here、いずこぞ大竹野よ 機を織りますわたくしは 心もともに トンカラリ トンカラリ 」...

Scroll to top