Michelin one-star six Bliss surround and wood French Le Sputnik foodies want their birthday lunch

昨年2014年5月にこちら「東京ミッドタウン」内の「ザ・リッツ・カールトン東京」にて開催された 「マセラティジャパン株式会社」主催の「マセラティ100周年記念パーティ」ぶりの六本木。 This day teaser for foodies、六本木のミシュラン1つ星のフレンチレストランにてランチと参りましょう♪ 5年連続ミシュラン1つ星に輝いた代官山のフレンチレストラン 「Le jeu de l’assiette ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」でシェフとして務められた髙橋雄二郎シェフが2015年7月20日に独立しオープンされたフレンチレストラン「le sputnik ル・スプートニク」。 Place、六本木7丁目の「東京ミッドタウン」から道を挟んで向かい側にある細い路地を「国立新美術館」方面へ進んだところの新しいビル「リッモーネ六本木」の1Fに位置しており六本木駅より徒歩5分圏内という好立地です♪ 店名の由来となった「sputnik(スプートニク)」は、 Is the world's first unmanned satellites of the former Soviet Union named、もともとロシア語で「同行者・旅の連れ」を意味する言葉となりますフランスでは定冠詞「le」を付けて使われているため「le sputnik ル・スプートニク」としています。 Respect the avant-garde, flexible attitude of France's recent words in other countries to their word、 That want to try new traditions of France dishes while also feeling trapped、 And the new proposal comes from the traditional companions、To enjoy the fleeting trip named hope。 髙橋雄二郎(Yujiro Takahashi)プロフィール 1977年福岡県に生まれ、After graduating from college to College of culinary arts。 France food is apt to study、And training at the Tokyo restaurant、2004In France。 3つ星レストラン「Le Pavillon Ledoyen ルドワイヤン」をはじめ、Bistro、Boulangerie、Pastries, etc.、 EESC specialized in each area.、2007Come back in。 シェフを務めた「Le jeu de l’assiette ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」では5年連続ミシュラン1つ星を獲得。 2015In July, the independent、六本木にフレンチレストラン「le sputnik ル・スプートニク」をオープンし、To the present。 2001年 都内レストランで修業 2004年 ルドワイヤン(3つ星レストラン) シェ・ラミジャン(ビストロ) メゾンカイザー(ブーランジェリー) パンドシュクル(パティスリー) 2007年 ヌーヴェル・エール(1つ星レストラン)丸の内 スーシェフ 2009年 ル・ジュー・ドゥ・ラシエット(1つ星レストラン)代官山 シェフ 2015年 ル・スプートニク(レストラン)六本木 独立オープン オーナーシェフ 白を基調としシンプルながらに、Calm spaces using a binary search tree。...

In Taipei, really great procession 'subscript lucky in Hong Kong S.A.R. Michelin one star earned Dim sum!

中華料理で世界初のミシュラン3つ星を獲得した「フォーシーズンズホテル香港」の広東料理レストラン「龍景軒(ロンケイヒン)」の点心部門チーフだった麥桂培が独立し、2009年に同じく香港に開いた点心専門店「添好運(ティムホーワン)」香港の九龍半島中部の旺角に開いた店は、Enjoy a taste of first-class hotels at popular prices and become famous、By its ability、早くも1年後にミシュラン1つ星を獲得し連日多くの客に恵まれ「世界でもっとも安い1つ星レストラン」と謳われてきています。Now、5 branches in Hong Kong S.A.R.、4 locations in Singapore、フィリピンに1店舗と拡張し続けついに台湾にも2014年7月26日に「添好運(ティムホーワン)」1号店がプレオープンしました。The Grand opening、2014年8月28日となり、Day and night、I've heard rumors and long lines that make sense。もっとも安い1つ星レストランと評されたお店の台湾支店とは、What would you like what do you immediately visit。 Place、台北駅南側の8番出口が最寄りとなります。Rumors、Can see from that line at a glance、A Taipei station and conveniently located place。Established a waiting area in the entrance area of the store、Heaters are located for guests to wait in the cold。Along the way are lined up、Staff sent was asked for the name and number of。The rotation、That can be seen as somewhat early、As long as people wait to see、1We prepared for about an hour wait。 While lined up in advance so that menu、In some places equipped Board of photo。In addition、And we Japanese know、Staff who promptly, because it brought Japan Japanese menu、It is possible to order with confidence。驚くことにNT$98~138(日本円にしておよそ380円~540円)程度のお安いメニューがズラリと並びます。Sense of family would。 While waiting for the staff, I'm from handed order sheets so、We will fill the order number on the menu I want to eat。This time the、Shop for the first time that there、Can be ordered from the chef's menu.。 On this day、Common cold in Taiwan、気温10℃ほどの寒空の中でのウェイティング。On the way、Tea service is.、「わぁ!温かいお茶!」とぬか喜びするとお茶は冷たいプーアル茶でした(苦笑)流石に身体を冷やしたくなかったのでお茶のサービスを諦め旦那様がセブンイレブンのコーヒーを買いに走ってくれました冷えた身体に染み渡るホットコーヒーで生きながらえることができました(笑) ウェイティング1時間ほどで入店することができ、Was guided into a crowded store。Shop、Become a kitchen booth walls are decorated with shandmacle、Underscoring its increased work restlessly in、醸し出す雰囲気はフードコートです各テーブルに置かれたシェフお勧めのメニュー 店内サービスで配られる飲み物は不思議とお水ではなく白湯でした「酥皮焗叉燒包(パイナップルパンにチャーシュー餡)3個」NT$118(日本円にしておよそ460円) 看板メニューの内の1つである酥皮焗叉燒包は毎週末の2日間で3,000件オーダーされたという人気商品です。On the menu、パイナップルパンと表示されていますが、Open, broke through the surface of the dome-shaped sweet bread, such as crispy cookie dough、Sweet barbecued pork omelette of bean paste into in。Honest thoughts on personal and evaluated、Too sweet and elusive as a meal 1。本当に一押しメニューがこちらなのでしょうか一抹の不安を抱きながら、Internet photos of Hong Kong S.A.R. search... a bit more dough thickness and、サクサクふわふわしているようにも見えます(笑) 「鮮蝦菠菜餃(野菜入りエビ蒸し餃子)3個」NT$98(日本円にしておよそ380円) 薄皮から透けて見える鮮やかなグリーン。Contains spinach sauteed in garlic with shrimp、Also I dust texture。 「鮮蝦腐皮巻(エビの湯葉巻き上げ)」NT$138(日本円にしておよそ540円) 湯葉はサクサクというよりザクザクで、Too thick and too much sucking up oil and is a little heavy。 「咖哩牛腩拉麵(牛肩バラ肉カレーうどん)」NT$138(日本円にしておよそ540円) こちらもシェフお勧めの一品の中から選んだもの。Dish Curry cooked cubes of beef Udon noodles boiled with vegetables (carrots and potatoes).。With life chewy udon in Japan、Boiled vegetables、Leave the texture is fine and will be、Taiwan Boyle receives the usual impression of crunchy not hospital food。Essential in curry sauce and spices is a no、Light seasoning of extra milk。Once you have what looks like a、By pouring more school lunch in Japan ate Curry Curry、It is felt lonely without the smell of cilantro (coriander)。 「臘味糯米飯(ソーセージの蒸しご飯)」NT$108(日本円にしておよそ420円) 臘味(ラブメイ)とは、With Chinese sausage found in the markets of Hong Kong S.A.R.、糯米とは粘り気のあるお米でもち米のことです臘味を糯米と合わせて炊く(または蒸す)ご飯で、Hong Kong、And favorite of the Chinese national people's。もち米というと、Rice was texture, such as the click is my favorite、And here anytime for helpful with。Overall impression、Great hustle and bustle of the night less than hand every day、Such as the quality of the kitchen staff have fallen so far?。My name is only my personal impression, and、香港でミシュラン1つ星と讃えられるお店の支店と謳うに等しいものか疑問だけが残るお店です。Whether or not worthy of taste in a big queue and waiting until。Because the taste is different from each person、So far 申shi上gemasenn。All decisions will leave。Foods to enjoy、Because of think time will enrich the heart in our life、Now a little 口寂shi and lingering bitter memories。Quiet、Would you like to go back to the hotel。 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! すべての台北記事がご覧いただけます! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/ 添好運(ティムホーワン) 住所:Taipei Chiang Kai-shek, zhongxiao West Road further 36 No. 1 House TEL:02-2370-7078 Hours of operation:10:00To 22:00(L.O21:30) http://www.timhowan.com.tw/...

Scroll to top