9天終於來了最後一天早餐和養老金區步行

尼泊爾旅遊9天和最後一天、パタン(Patan)のプルチョウク(Pulchock)地区にある「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」で迎える朝食も最後となります!この日は、在尼泊爾珍惜每一天、民族衣装の「クルタ・スルワール(Kurta Suruwal)」を身に纏い額にはティカ(Tika)を付けネパリースタイルで帰国!ナマステ!(नमस्ते)おはようございます! ペンションの朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1食品6.5 美元 (日元約728日元) 變得越來越! 這是一個早餐的最後一天, 我很高興, 只要日本! 也、炊きたて御飯にツアーメンバーの片平仁男(Kimio Katahira)さんが持参された自家製梅干しをいただき、幸福的時刻! 理想的早餐、やはり日本食にあります! 朝食の後は、大約一個小時, 直到設定的時間、在酒店裡漫步、以前から気になっていたショップ「レディメイド・クルタ・パサール(Readymade Kurtha Pasal)」へ入店! お母様と家族経営で営む娘のレシュマ(Reshma Joshi)のショップでも、告訴你關於設計、クルタ(Kurta)を見せていただきパシュミナのストールと一緒に購入しました! クルタ(Kurta)は華やかなデザインも多く、Westmark 設計中的有效光圈來自女性的線條、若い女性に人気のようです♪ 大人びた感じでも未だ若干24歳のレスマ(Reshma)に「あなたは一体幾つなの?」と聞かれ、"我 44 歲. 告訴你、お母様とレスマ(Reshma)は目をまん丸くして驚いております。"我該怎麼辦、這麼年輕? "的問題、但我的丈夫看到它和 # 8217s; 這是一個魔術!」と教えて笑いを取っておりました(笑) ペンションへ戻るとガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)さんとお母様のプレマヤ(Premmaya)さんと妹のリタ(Rita)がお見送りにいらしてくれました!とても優しく面倒見の良いリタ(Rita)には、尼泊爾教許多令人愉快的一天。下一次、会う時には「サリーにトライしようね!」と約束をしました♪ 「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の秦延明(Nobuaki Hata)さんと奥様となるサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さんには本当に良くしていただきました!日本人オーナーならではのおもてなしの心が感じられるアットホームなペンションを皆さんも是非ご利用ください♪ ツーリストバスのお迎えがあり、行李開始了! 告別今生也很快就習慣了, 當我面對、如果你有機會、もう少しゆっくりと滞在したいですね♪ パタン(Patan)より車でおよそ30分ほどの首都カトマンドゥ(Kathmandu)にある「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へ向かいます!...

第一次體驗國外 ! 檢查的兩個腳踝上型私人醫院"艾爾卡醫院。

ネパールはパタン(Patan)のプルチョウク(Pulchock)地区にある「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から迎える8日目の朝!この日の朝ツアーメンバーの皆さんは「カトマンドゥ・ライオンズクラブ」との朝食会にお出かけされたため静かに夫婦2人での朝食となります!「聖園」で”毒虫”に噛まれた両足首の状態は、另一方面,壞日子一天天過去、最壞的打算,國家說明不能止痛藥、這一天照顧、午前中はペンションでゆっくりさせていただくことになりました! ペンションオーナーの秦(Hata)さん夫妻に足の状態を相談すると、養恤金附近還有一家醫院、オーナーの奥様のサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さんの妹のミラ・シャカ(Mira Shakya)さんが病院に付き添ってくださるとのこと!ミラさんは、在暫停後一直在積極作為托兒所主任、日本語がお上手で本当に助かりました! ペンションより徒歩数分圏内にある私立病院「アルカ・ホスピタル(Alka Hospital)」へオーナーの秦(Hata)さんが車で送ってくださいました! 海外での体調不良は未経験で、甚至去國外醫院的行為當然成為首次體驗、一抹の不安が隠せません! 通常は大変混み合う病院とのことですが、這是免費的祝你好運。還、感謝對保留暫停、無需等待光滑叫的名字、診察室に!診察してくださったドクターのアミット(Amit Amatya)さんは、在一場友誼賽,年輕、症狀問卷對我們有禮貌。。結果、"昆蟲叮咬過敏",診斷我、"沒什麼,但別擔心 ! 沒關係! "這個詞、它是熱的撫胸口上 ! 顯然在尼泊爾、過敏害對外國人是沒有少 ! 但兩個腳踝腫脹像大象一樣、雖然奇怪熱來、雖然屈或可怕的防毒軟體、本当に安心しました! 今回は、被規定了外用膏抗組胺藥和過敏 ! 所以會在尼泊爾醫院附近的藥店、処方箋を薬局で提供すれば良いのです! 病院の診察料は、已經注射和 x 射線、500ルピー(日本円にして約535円)とお安かったのですが「抗ヒスタミン薬」は102ルピー(日本円にして約110円)アレルギー用の「塗り薬」は130ルピー(日本円にして約140円)と、太多是 ! 最初、但是,如果你服用抗生素做得更好、原定于兩天后返回日本的、ドクターのアミット(Amit Amatya)さんより、"一旦我立即返回家園在皮膚科,抗生素處方,"有什麼建議嗎? 那是我第一次的經驗,在國外的醫院、付き添ってくれたミラさんのおかげで緊張も和らぎ、安全被證實了。 在國外、假設這種事故發生和、言語が通じる日本人オーナーのペンションというのは有難いものですね!...

早餐在帕坦賓館"養老金 assert"7 天

ネパールはパタン(Patan)のプルチョウク(Pulchock)地区にある「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から迎える7日目の朝!ルンビニ(Lumbini)から戻り丸1日経過した頃に「聖園」で”毒虫”に噛まれた両足首が腫れ始め、現在為損害走。我們擔心我們的團員、一直"處於戰"和"tokuhon"、最好的調查,"萬金油"、吃止痛藥也是、急救治療沒有效果是、提高你的雙腿,在晚上和試著睡覺、不在太多的痛苦,睡眠狀態。"更好地被折磨壞細菌或別的東西,但我相信通過第一次出國旅行、不安地因病可能是種奇怪的感覺不經驗豐富。 是所以不安和恐懼仍然、7 天行程會來、この日はいよいよ「大統領府」の表敬訪問が控えているため気を奮い立たせます! ペンションの朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1食品日益成為 $6.5(Japan yen approximately 728 yen) ! 在這一天、剛煮好的米飯的出現、它是所有提出他們的聲音和高興 ! 然後、ツアーメンバーの片平仁男(Kimio Katahira)さんが自家製梅干しを持参されており、每個人都有人贈送了 ! 剛煮米飯酸梅和、そこはまさに日本の食卓です! おかずも、Atsuyaki 是以磨碎的大蘿蔔、燉的菜和味噌湯、和泡菜、胃袋が喜ぶ御馳走となります! 大根に里芋、海帶卷起來、おふくろの味をまさかネパールで食せるとは思いもしませんでした! 食後には、幫我出綠茶、久々の緑茶の香りに癒やされてほっこり♪ 食後は中庭に集合し、並檢查一天的排程、ツアーメンバーのリーダーである浅井政則(Masanori Asai)さんから「大統領府」における注意事項が述べられます!この日はネパールのビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領にお会いできるということで、每個人都、正装で挑みます! この日もツーリストバスのドライバーとしてサーザン(Sajan Ghimire)が迎えに来てくれました!前日に主人が撮影した彼の写真をとても気に入ってくれたようでFacebookのプロフ写真を変更してくれていました! パタン(Patan)より車でおよそ30~40分の首都カトマンドゥ(Kathmandu)に向かいます!ネパールの平日の朝は、在非常擁擠繁忙時間、時間に余裕を持っての移動が必要になります! ...

第 6 天早餐模式賓館"養老金 assert"

返回到帕坦,尼泊爾、「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から迎える6日目の朝! ペンションの中庭では二胡奏者の内藤ゆみ子先生が早朝から演奏練習されており心安らぐ音色に包まれてのひとときを過ごすことができました! 朝食会場の1階ダイニングにて、早上從 7 上午做準備早餐。早餐就成了額外的費用和開支、1食品日益成為 $6.5(Japan yen approximately 728 yen) ! 綠色沙拉,新鮮的、與很多草藥種植在花園裡、這一天陪同金槍魚 ! 香腸炒與布朗。、雞蛋烤香荽,有趣的在亞洲的胃口、毎朝の楽しみになっています!この日の卵焼きは生姜のアクセントも! そして滞在日数も折り返しを迎え、累了胃,即使他猜對了,你做我的感覺、主食は野菜たっぷりの「雑炊」!あっさりとした味わいで胃に優しいテイストが嬉しい限りです! 二胡奏者の内藤ゆみ子先生がネパールの伝統楽器サランギ(Sārangī)を購入されたため少し手ほどきしていただきました!ゆみ子先生に教わるのはおよそ10年振りのこと。相差甚遠的薩倫吉琴溫柔的聲音、初見で音階が取れて嬉しかったです♪ この日もみっちりとスケジュールが予定されており集合時間は朝9時となります! ツーリストバスに乗り込みガイドのナレス(Naresh)さんと視察団の1人桐原悦雄(Etsuo Kirihara)さんが客員教授をされているバクタプール(Bhaktapur)の「ネパール工科大学(Nepal Engineering College)」へ!...

家庭旅館模式"養老金 assert"在其第三天早餐

ネパールはパタンでの朝は早く、每天早晨、野良犬の大合唱と共に日の出前に目覚め「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から美しい朝陽が昇る様子は緩やかな時間を感じることができます!しかし困ったことにこの朝はシャワーを浴びようとするもこちらはソーラー温水器での供給のため一定の温水量を超えてしまうと温水が出ないため残念ながら水でのシャワーとなってしまいました!気温の暖かいネパールとはいえ水シャワーはなかなか老体に堪え身の引き締まる思いで行水しました(笑)こうした経験をすると日本の現代社会のライフラインの安定感や豊かさを心から有難いものだと痛感致します! ネパール滞在3日目も天候に恵まれペンションの中庭は過ごしやすい気候でツアーメンバーの癒やしの憩いの場となっております♪ 朝食会場の1階ダイニングにて、早上從 7 上午做準備早餐。この日の朝食は1時間遅れで8時頃いただきました。實際上,、ペンションの離れにおられるツアーメンバーの方々が毎晩飲み会をされていたので前夜に少しだけ参加させていただいたのです!本来なら最後までお付き合いしたいところですがツアー中はハードスケジュールなため深酒は禁物です!少々寝不足ではありますが朝食をしっかりと食べて1日の英気を養います! ペンションの朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1食品日益成為 $6.5(Japan yen approximately 728 yen) ! 綠色沙拉,新鮮的、與很多草藥種植在花園裡、この日はポテトサラダが添えられておりました!こんがりとソテーしたウインナー、雞蛋烤香荽,有趣的在亞洲的胃口、毎朝の楽しみになっています!こんがりとトーストされた食パンにはバターとコンフィチュールをお好みで添えてこの日のスープは野菜がたっぷりと入ったコンソメスープで栄養バランスもGood!デザートはフルーツヨーグルトをいただき朝から大満足の朝食です! 前夜に遅くまで飲み会に参加されていたツアーメンバーも朝から元気良く特に井上文夫さんの日課は日本であろうとネパールであろうと変わらず毎朝10km以上を走ることだそうでこの日も寝不足にも関わらず早朝6時頃元気に走られたとお聞きし本当に驚きました!1日10km以上を目標とし月間400kmほどを達成されるという井上さんの恐るべし体力!わたしの1日の歩数目標はたったの6,000歩ですがこの差は一体何なのでしょう!?(笑) この日もみっちりとスケジュールが予定されており集合時間は朝9時となります!ツーリストバスに乗り込み車で30分ほどの首都カトマンドゥへと向かいます!...

良好的平衡模式賓館"退休金 assert"早餐

ネパールはパタンでの朝は早く野良犬の大合唱と共に日の出前に目覚め「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から朝陽が昇る様子を眺めながら朝を迎えます! ペンションの中庭は芝が生い茂り木々に囲まれ花やハーブなどが植えられる豊かな庭園となっておりツアーメンバーの癒やしの憩いの場となっておりました♪ 朝食会場の1階ダイニングにて、早上從 7 上午做準備早餐。皆さんより一足お先にテーブルへ週間天気予報ではツアー中はずっと雨予報でしたが嘘のような晴れ間が続き晴れ女パワーを遺憾なく発揮! 奥様のサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さんがネパールコーヒーを淹れてくださいます!わたしたちはコーヒーはストレートでいただきますが温めた水牛のミルクも添えてくださいます水牛のミルクは、在口味、牛乳よりもスッキリとしています。含早餐、ネパール紅茶やインドのチャイに当たるチヤなどの要望にも応えてくださるのでお願いしてみましょう♪ 緑豊かな中庭を望めるダイニングではゆったりとした時間の流れと共にバランスの良い朝食が楽しめます♪ 朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1食$6.5(日本円にして約728円)となります!彩りも良く嬉しいフレッシュのグリーンサラダには庭園で育てられたハーブなどもたっぷり!卵焼きには大根おろしを添えられ和のテイストかと思いきやアクセントにパクチーが入っておりアジアンテイストの風味豊かな香りが食欲をそそります!こんがりとトーストされた食パンにはバターとコンフィチュールをお好みで添えて温かいマッシュルームのポタージュが胃に優しく染み渡り絶品!デザートにフルーツのマンゴーソース掛けをいただき朝から大満足の朝食です! 旅先ではホテルでブッフェスタイルの朝食も良いですがこのようなペンションでこれだけ美味しい朝食をいただけるとは思っていなかったので本当に驚きました!朝食は1日のパワーの源しっかり残さず美味しく堪能させていただきました! ネパール初日を終えた翌朝の集合時間は朝9時となります遅くまで飲んでいた元気な方もいらっしゃるようですが皆さんとても元気です!この日は「パタン市役所」の市長への表敬訪問を予定しているため皆さんジャケットを着用です! 丁度ペンションに長期滞在されている日本人の武田千秋さんにお会いすることができました!実はこの方は「JFA 公益財団法人日本サッカー協会」に所属され「ネパールサッカー協会」の技術委員長としてネパールでサッカーを教えられているそうです!JFAアジア貢献事業の一環として「サッカーを通じて子どもたちに明るい未来を与えアジアサッカーの普及・発展につなげたい」という想いを掲げ支援活動に励まれているそうです! 「清水ライオンズクラブ」を代表しツアーリーダーの浅井政則さんよりスケジュールが円滑に進むよう注意事項等の説明が入ります浅井さんはトレッキングの趣味がおありでヒマラヤ登山の経験も豊富でネパール渡航は手慣れたものです元警察署長と言うこともありとても頼りになる存在です! 静岡県焼津市在住のネパール団体「ナマステ・ネパールしずおか」会長であり「ふじのくに親善大使」のマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)先生、この街パタンの出身ですが日本に長く住みすっかり日本人の習慣が板に付いています(笑)この日も現在お住いの焼津市をPRするために「焼津魚河岸本舗」の「魚河岸シャツ」を着こなしています!ネパールと日本の架け橋となり活発に活躍されています!さて、裡西奧、出発しましょう!...

招待所由日本圖案"懸浮和斷言。

ネパールはパタンの旧市街に隣接するプルチョウク地区には日本人オーナーが営むゲストハウス「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」があります今から19年前となる1998年にオープンされ、2014年からはアパートの経営形態も追加され長期滞在のゲストを迎え入れる体制も備わっていらっしゃいます! フロントで出迎えてくださったのは日本人オーナーの秦延明(Nobuaki Hata)さん!とても温厚で物静かな雰囲気が落ち着いた雰囲気を醸し出しています♪ リビングとなるウェイティングスペースにて部屋割りなどの案内をしていただき、吸一口氣。 ネパール人で秦さんの奥様となるサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さん!日本語がとても堪能で常に笑顔で温かく出迎えてくださいます♪ オーナー夫妻は日本語で対応してくださるため滞在中の心配は全くありませんペンション内のお手伝いさんは全員英語での会話が可能でとても親切です!ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)先生、こちらのオーナー夫妻とは家族ぐるみのお付き合いをされているため「皆さん安心してお過ごし下さい」とお声がけくださいました♪ ペンション1階のリビング横には朝食会場ともなる食堂兼休憩スペースがあります!芝に恵まれた中庭が望める素敵なダイニングスペースです♪朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1食$6.5(日本円にして約728円)となります! ペンションは4階建てとなり玄関に用意された内履き用のスリッパに履き替えるスタイルとなっています! 今回わたしたち夫婦は最上階の4階部屋「402号室」となり、生活、臥室、廚房、公交車、トイレが完備された1LDKタイプとなりゆったりとした広さとなります!部屋毎に料金は異なりますがこちらは1日$40.5(日本円にして約4,536円)と驚くほどにお安い価格で宿泊できます!$計算となりますがルピー(Rupee)での支払いも可能です! リビングにはダイニングテーブルの他窓際にコーヒーテーブルもセットされミラー付きの化粧台も嬉しい限り!落ち着きのある木目調のインテリアで温かみのある雰囲気となります♪ ベッドルームはシングルベッドが2台用意されたツインルームとなり足元にはLサイズのスーツケースを開くことができるほどにスペースの余裕もあります!懸念すべき点はエアコンが無いということ朝晩は日中よりかは若干涼しくなるとはいえ窓を開ければ風は通るものの野良犬の遠吠えなども筒抜けとなるため騒音と蒸し暑さとの我慢大会となりますベッド横のナイトテーブルには柔らかな灯りの照明スタンドと小さな扇風機が1機用意されておりこの扇風機がなかなかの活躍をしてくれます♪ シャワールームはタイル式でトイレと一体型となりミラー付きの洗面台と小さな浴槽も設置されています浴槽は後付の浴槽とのことで湯船にお湯を張ると水漏れするので禁止されているそうですシャワーの水圧は弱めとなり温水は容量に限界があるため大人数で大量に温水を使用すると水でシャワーを浴びることになってしまうこともライフラインに関してはまだまだ不十分な傾向にあります。然而,、毎日清掃はきちんと入ってくださるので清潔です。毛巾、バスタオル・フェイスタオルを人数分用意してくだり毎日清掃時に交換ボディソープ用の石鹸が2個用意されていますが髪を洗うシャンプーやトリートメントは持参すると良いでしょう! 今回こちらのペンションにお世話になる日数は7日間となります。在路上、洗濯洗剤をツアーメンバーにお分けいただきTシャツや下着など簡単な洗濯をしました湿気の少ないネパールでは洗濯物が直ぐに乾くのが良いですね!その際にシャワールームに置かれていた大きなバケツやタライが大変役に立ちましたツアーメンバーに伺うと「僕の部屋には洗濯機があったよ」とおっしゃる方もおりましたがわたしたちは一昔前の時代のように手洗いを経験日本では感じることのない不便さも不思議なもので数日も過ごせばそれが当たり前の世界となり慣れてしまうものです人間とは順応性に優れた素晴らしい種族だと思います♪ キッチンには小さな冷蔵庫が設置されています各部屋には1Lサイズのミネラルウォーターを人数分用意してくださるので冷やしたい方は冷蔵庫へ収納しましょう!シンク台の下には食器やグラスカップなどが用意されているので自由に使用可能です! ウェルカムドリンクとして冷えたピーチティーをいただき乾いた喉を潤し大満足!こちらではホテルとは一味違ったアットホームな雰囲気で居心地も良くツアーメンバーの皆さんと楽しい時間を過ごせます♪...

滾動到頂部