Gion TAKUYA French charm of innovative Tea pairing delivers to the world!

高級飲食店が立ち並ぶ京都祇園の一角にオープンしたフランス料理店「祇園MAVO」のオーナーシェフ西村 勉 (Tsutomu Nishimura)Just keep Envisioning、試行錯誤の末に完成させたフレンチと融合する日本茶の新しいカタチを伝えるプロモーションビデオがお披露目の時を迎えました! 西村シェフは小田原より祇園に移り、2014Since July 14, play reopened as "Gion MAVO.、Feeling strongly "means stay here in Kyoto.、Japan tea-producing great teas of Uji in Kyoto is also considered "material"、In sense to cook tea for roasted、Try out various extraction methods, temperature, spices, herbs and aromatic、料理全てに合わせる「pairing tea」を造り上げて来ています! フランス料理のコース一皿一皿に日本茶を主軸とし、That pair the tea "tea pairing aya / Sai "is、As the wine of love we still got over 1、味わったことのない日本茶のフルコースです! オープン当初、Nishimura chefs love not andanalyzed、From that the staff had worked as a tea master and named "Shinomiya Aya"、"Could not complete without her," told hot thanks、Pairing course named in honor to her name "tea pairing aya / Aya "and naming、そこには「食卓を彩る」という意味合いも込めて提供! 西村シェフがこの「tea pairing aya / Aya "on、That was me passionately to us "in the shape you want! "And that was consulted、Two years ago may be。In there、主人が親しくしており浜松でも活躍されている映画監督の鈴木 研一郎 (Kenichiro Suzuki)You will speak to、Nishimura chef's story "tea pairing aya-Japan tea new shape" to be produced、ようやく完成致しました! 世界中の方々に届くように、Because it is accompanied by the narration of Japan easily readable English subtitles、一人でも多くの方にこのPVを観て頂けたら嬉しいです! tea pairing aya / 彩 プロモーションビデオ https://youtu.be/_N4SocfkM1I...

Was born in August celebrate at full-course French "portebonur" an elegant birthday party

浜松市中区田町にそびえ立つビル「ビオラ田町」に2014年6月10日(火)にアートウェディング空間としてオープンした「Porte Bonheur(ポルテボヌール)」の1階にある「ギャラリーバンケット」にて「丸八不動産グループ」内の「丸八アセットマネージメント」に不動産管理を任せるオーナー様方の8月生まれの方々をお迎えするパーティが開催されたため参加して参りました! アートのある落ち着いた空間で少人数の結婚式に対応した人前式や両家の顔合わせ食事会にも対応できその他の会合・会食の場としても活用できる「ギャラリーバンケット」Paul Augustin AÏZPIRIやPablo Picassoの画が素敵! 「Porte Bonheur(ポルテボヌール)」の佐々木 毅一 (Kiichi Sasaki)Chef will put France cooking course at the birth of the、スパークリングワインでの乾杯からスタートします! 前菜には、Cool mind "tomato mousse and the consomme.。 Red Snapper, seaweed 〆 and、Olive oil、Lemon、In Tabasco, including Ceviche style to finish.、In rolls and caviar in cucumber Ayu Rillettes and、夏らしさを感じる胡瓜のクーリを注がれた一品で楽しみます! スープは「ヴィシソワーズ」。 Paris-Soir(Paris soir)The seasonal 蓴菜 with a thick lobster ice cream and sorbet、1 dish a rich flavor。 Fish's "steamed snapper.。 The salt lemon and herbs and steamed snapper、In the lobster consomme sauce、あっさりといただきます! 肉料理は「国産牛リブロース」。 And domestic beef Rib Steak with polenta grits sautéed (coat)、Baked、マデラ酒とアルマニャックで仕上げたソースで楽しみます! デザートは「スイカのガスパッチョ バニラアイスに炭の塩ブレーク」を食後のコーヒーと共に! 〆のデザートを楽しんでいると、Hirano, President of round 8 real estate group started.、President of Hirano, Keisuke、Our employees are aligned and、Chairman's favorite ukulele birthday celebration song and sing to me、和やかなムードで主役の方々に花束贈呈と素敵なプレゼント! 最後に平野会長と啓介社長を交えて記念撮影と素敵な時間を過ごすことができました!今坂 佳美 (Oshimi Imasaa)San、お誕生日おめでとうございます! Porte Bonheur ポルテボヌール 住所:Hamamatsu-Shi Naka-ku, 223-21 Viola, 1.2 floor:053-413-0880(お申し込み・お問い合わせ専用番号) フリーダイヤル:0120-208-809 Hours of operation:10:00-20:00 Closed on Mondays:火曜日...

Lunch at Bistro "グゥキッチン" creative dishes fit the natural

Now just opened near a year ago 8/10 rosai Hospital of Shogen Higashi-Ku, Hamamatsu City、To Bistro just greeted the year anniversary Goût Kitchen - guukitchinn -! The name Goût Kitchen - guukitchinn - "Goût (guu).、In France, which means "Taste (taste).、"Customers want you to enjoy the various taste! "And as a shop that offers creative dishes of Italian and French owners Mr. and Mrs. hope、With her chef husband and Hall, two are conducted along! Concrete floor in brick wall、Though it makes extensive use of wood key points into simple taste restaurant。 Ceilings are high around quiet propeller、Giving out the fabric awning window.、Made with a soft atmosphere、On the big Board by hand drawn messages、A restless during the casual space that provides。 4 counter seats、テーブル席はゆったりと配置してあるため居心地も良いです! ランチメニューはコースのみとなり、Appetizers、Salad、Soup、Today's main (meat or fish)、Baguette PREMIER (Premier) course is 1,200 yen.、To add to desserts and drinks here GRAND (Grand) course is 1500 yen and becomes a very reasonable set price、バゲットはおかわり自由の大サービス! 今回は、The GRAND (Grand) course: 1500 Yen、本日のメインの肉料理「ポークソテー 白ワインソース」をオーダー! 自然派のワインを静岡市葵区の”くらし”のセレクトショップ「À VOTRE SANTÉ(ア・ヴォートル・サンテ)」より仕入れ置かれていることから、Night、ワインを楽しみながら食事を楽しむことも可能です! 前菜は、And offers along with a salad plate、This day was "green salad、Cold pumpkin soup、Marinated sauce、Cured ham、Cucumber pickles、Pork Rillettes and baguettes.。 Awareness colors、Guthrie also cute appetizer plates、一品一品ハーブの香りも楽しめるテイストです! メインの肉料理「ポークソテー」は白ワインのソースで提供ポークの下には彩り鮮やかな夏野菜とフランスの平打ち麺「Nouille(ヌイユ)=麺」を添えボリュームアップ! デザートも日によって変わりこの日はしっとりとした「ガトーショコラ」に濃厚で爽やかな「パイナップルのソルベ」が添えられて来ました! 食後のドリンクは、Choose the homemade ginger ale、レモンと生姜の味わいで甘過ぎずピリッとした辛口がさっぱりと楽しめました! 自然派のワインが割りと好きなので奥様に仕入先の「À VOTRE SANTÉ(ア・ヴォートル・サンテ)」のお話を伺いました!次回静岡に出向く際に足を運んでみたいと思います♪ Goût Kitchen(グゥ・キッチン) 住所浜松市東区将監町7-15 TEL:053-545-9522 Hours of operation:11:30-15:00(L.O.14:30)、18:00-23:00(L.O.22:30) Closed on Mondays:月曜・第3火曜定休 駐車場有...

We feel the grace of Shizuoka through "KAWASAKI" vegetables and game French

Shizuoka-Shi Aoba-Dori along the、Is the stylish buildings standing quietly, characteristic of antique block BROOKLYN SQUARE (Brooklyn square building).、The collection of this building、Will be planned ago about 4 years or so from now was engaged in falconry is popular "passages falconers'" anfini homes Inc. INFINI HOMES "property。 The anfini homes、Designing and building blends in its place、And to suggest that pique the interest of people watching at the same time、Providing thorough, good sense, has been attracting attention! "BROOKLYN square (Brooklyn square Bldg.) 1F、Is a group led by European import brands "Giotto".、To a French restaurant located on the second floor "KAWASAKI"! This time、Approximately 2 years revisited. The "KAWASAKI"、Yoshinori Kawasaki he used longtime chef at Fujinomiya city's renowned "restaurant bio-s" (Yoshinori Kawasaki)Mr. French restaurant 12/2014 opened on the concept of food self-sufficiency! Owner-chef Kawasaki Yoshinori,、In Hyogo Prefecture、After graduated from the music school in Tokyo、Started career in Akashi city of Hyogo Prefecture Japanese restaurant。 Since France food in eating out、And you want to learn French、Tokyo's people tree restaurant Kinoshita、Omote-Sando "restaurant Leek.、High takadanobaba "limited"、He served in the Marunouchi "bloosriozami"。 The Tokyo store、Have ingredients delivered organic farm of old shibakawa-Cho (present Fujinomiya-Shi) "Matsu biofilm when" is、Visit the farm to study、Surprised at the difference in taste and vegetables eating in Tokyo、With dishes made with fresh ingredients and strong desire meet to be、 2007年には富士宮市に移住を決意! そこで農園直営のレストラン「レストランビオス Restaurant Bio-s」にて経験を積まれます。 After that、2014And independent in December、「KAWASAKI」を静岡市常盤町にオープン! 「KAWASAKI」では、Introduction to game hunted Kawasaki chef owns hunting license (wild birds and beasts meat)、毎朝収穫する新鮮な野菜を使った料理を提供されています! シンプルでシックな落ち着きのある店内は、Table 2 table 8 seats、With 11 seats and the chef's counter is close、Enjoying a meal while watching a live feeling in the open kitchen of cooking counter seats、女性1人でも気軽に立ち寄れる雰囲気です♪ 食材の良さをお客様に知っていただきたいという想いから、Location of the hotel placed inside cellars and vegetable cold storage warehouse、Can ask the State being groomed as well as good homemade ham。 Kawasaki chef in Fujinomiya city shibakawa-affiliated farmers fields to raise the ingredients say routine。 Even to this day while stocking up on fresh vegetables、She happily told love of food! This time、Lunch menu "MENU B(Hors d'oeuvres、Soup of the day、Vegetable dishes、Main dish、Dessert、Homemade bread、Cafe)"Order for 2800 Yen! It's the first、"With 30 months aged homemade ham and summer vegetable Ratatouille poached egg.。 30Homemade ham finished in rich month, ripening and flavor、Gentle seasoning with salt、To enjoy the taste and aroma of the meat becomes "do 's"、スパークリングワインに大変良く合い絶品です! 旬の夏野菜のラタトゥイユは、Moist and、With the sweetness of the vegetables is finished、While poached eggs、黄身を絡ませて楽しみます! スープは、Chilled soup of Hasegawa produce mushrooms "。 Home / Netherlands cultivation techniques and equipment、無農薬・無漂白でマッシュルーム栽培をしている富士市にあるこころ生産者紹介 長谷川農産のものを使用したポタージュ! 日本での本格的な栽培をスタートして約20年、The support of the people for real、Hasegawa agricultural fans increased steadily mushrooms、 Became a very famous mushroom widely used in hotels restaurants across the country, including、Its taste and、一度口にしたらファンになってしまうほどの芳醇な香りと美味しさです! フランスと国産の粉をブレンドし、The tasteful finishing bucket、Roasted crispy texture.、In moist makes poop pretty、料理にも良く合います! 「虹鱒のミ・キュイ」は、The skin surface from paritto、In the moist and rare finish stunning lighting、Next to Harrah's Rainbow Trout tartar sauce、Cucumber gazpacho in vivid color spread、To see beautiful finish! Bluish EITA to avoid and no flavor whipped cream cucumber sauce is also good! 1 plate of vegetable food offered "and vegetables (vegetable Cook)。 With only salt and butter ingredients:、The Braising vegetables with water only in simple dishes。 Organic vegetable farms of contract farmers directly feet carry has adopted a、In a simple Cook as long as you can、Thoughts of Kawasaki chefs that want to enjoy the taste of the original material though is filled with 1 plate。 So savory butter flavor、Salt is the sweetness of the vegetables drawer、At the finish, fresher, and juicier、This "carrot 2 species、Burdock root、Red Moon、Green beans、Green peppers、Chinese cabbage ' and better color。 You will also enjoy this 1 dish to come to this shop and say! "Mainland deer roast.、It is a female deer last as well as throughout the year is stable! You cut in front of me and、Puffy was frenzy of good body and how much stability the beautiful rose color! The side dish is、Okra、Malabar spinach、And onion、And consider that the appetite to spring summer、The source is、Soup of deer to the acidity of the vinegar add ease-of-eat twist。 My warm feelings of compassion for the chef!, dessert、Each dessert offered from Fujinomiya city distillery Lees by using "Lees Manger" with "cinnamon-flavored creme Brulee.。 While neither for the coffee in the sweetness of bliss。 This time the、You have to eat at the counter also、Chef Kawasaki and many enjoy chat、You could spend a great time! Mr. Kawasaki、Next time I come、Would you like honey discourse with the Nepal tea! (Lol)..

The birth of the "Levon le fond" provides authentic French cuisine while a nice casual bistro!

Gosha shrine located in Hamamatsu City Centre East slope down.、257号線沿いの交差点角に2017/4/20に新たに本格フレンチの「Bistro Le Fond(ビストロルフォン)」がオープンしました! こちらは、Piled up training in many starred restaurants、浜松ではハウスウエディング「AMANDAN RISE ~アマンダンライズ~」て料理長を務められていらした水野 厚雄 (Atsuo Mizuno)Let's become independent、本格フレンチを気軽に食べれるビストロ感覚のレストランをオープンされています! 立地は街中交差点角ということもあり、In the vantage point、The location will be、Because there is no parking、From afar are traveling before parking on metered parking around the city we recommend。 Shop、Colours and white、Naked light bulb hangs、In a cosy feel with soft、 6 counter seats and 6 table seats 6 and 12 seats、壁に面した席は長ソファ席としてゆったりとした造り♪ ランチコースは、Soup and me only "express 1900 yen.、Appetizers and soups and main、Dessert "dejene 2600 yen.、Appetizers and soups and main (fish food、Meat dishes) "compare 3800 yen.、For all 6 chef's offers four kinds of special 5400 Yen course、All taxes and service included price。 This time the、Choose from the main order for "dejene 2600 yen.、魚料理と肉料理に分けていただきます! 前菜は3種類から選べ、"Pate de campagne"、"Enjoy different parts of pork jelly.、In "antipasti platter.、盛り合わせをチョイス! 「前菜の盛り合わせ」は、And thinly sliced、Mouth of the FAT to melt you with Mesclun Salad with Prosciutto di Parma with smooth、Marinated of fresh Red Fuji、And、舞阪産の鱧を洋風の酸味の優しい南蛮漬けでマンゴーとともにいただきます! 一品一品、Politely and CHOY、Beautiful platter((Be 艸 ' *))ワインが恋しくなってしまいます♪ 天然酵母の自家製パンは2種用意してくださり、Refills are available。 Aroma rich, crispy and savory、中はふんわりと上質な食感!ソースやドレッシングとの相性も抜群です! 本日のスープは、"Rokko Brown mushroom potage soup.、One drool and espuma of milk and fresh olive oil、熱々でいただきます! 香り高く濃厚なブラウンマッシュルームのと旨味が凝縮されておりあえて濾さず仕上げた粒々食感がまた美味しい! 本日の魚料理は「浜名湖産の黒鯛のポワレ」は彩りも美しく活け〆されたプリプリの鮮度を味わいます! バルサミコソースにグレープフルーツの酸味を合わせて軽やかな仕上がりに♪ 肉料理は、"From Hungary, mangalica pork roast (+500 yen)。 Then baked in a skillet lightly cooked in charcoal、Make Finally, lightly smoked with chips、So soft and smells、食欲をそそります! 肉厚なマンガリッツァ豚は、Beautiful with the colors of the cross-section and exquisite lighting、Sweet and great at Jussieu、脂まで美味しい! ソースはレーズンとケッパーの甘酸っぱいソースと”お肉屋さんのソース”と直訳されるシャルキュトリー・ソースの2種で。 Affixed to the main summer vegetables were delicious.、Okra in Eggplant、Potato、獅子唐など野菜本来の味わいが楽しめます♪ デザートは「3種のソルベ(桃、Mango、Raspberry).。 According to after-dinner drinks、小菓子はしっとりとしたチョコブラウニーで大満足なランチタイムとなりました! わたしは以前「AMANDAN RISE (アマンダンライズ)」のエステを担当させていただいていたこともあり、So orimashita views of several Mizuno chef's cuisine、 Independent of this machine、We are extremely pleased to be active as a casual restaurant。 Just、A friend of yours who was rushed independence celebration of the Mizuno chef chef dinner、アットホームな雰囲気が広がる店内♪ 次回はワイン片手にアラカルトをいただきに、Would you want to bother as much of the night. Mizuno chef、ありがとうございました♪...

Enjoy an elegant appearance, such as "now and forever" Castle and garden views

Sat quietly as mokuren's Hamamatsu Kita Toda、重厚感を露わに存在感溢れる古城のような「カフェ&レストラン 連理」へ! こちらには3,000坪に広がる農園と庭から眺めることのできるシンボルツリー「連理の木」がまた素晴らしいロケーションとなり我が家の愛車でもあり「マセラティ 浜松」が取り扱う「New Quattroporte」がとても映える風格を持ち合わせています! 岐阜や多治見で修行をされた後、In Italian "Lake Hamana grandxiv" in "luccicore"、イタリアン並びにフレンチで10年ほど修行を積まれてきたシェフの尾上成彰さんを2013年12月3日(火)に迎え入れ、Reopened as a restaurant "café & restaurant now and forever.。Onoe chefs use technology have been cultivated so far、東洋と西洋の融合による自家菜園を中心としたコロニアル仏蘭西料理を提供されています♪ こちらのレストランは、Location、Taste、Cospa、Excellent balance, such as the personality of the chef、In Hamamatsu we best and favorite to become the restaurant、遠方から友人が足を運んでくれるとお勧めしているレストランの1つです♪ この日はわたしが若かりし頃の美容師時代にお世話になった大先輩であり現在は「焼津 美容室 上小杉のAMARENA(アマレーナ)」のオーナー美容師となる安住 真帆子 (Maria Fransiska Mahoko)さんが浜松に足を運んでくれたため一緒にランチに出向くことにしました♪ 彼女と再会するのはおよそ十数年振りと随分ご無沙汰してしまっていたのですがお互いにFBの近況報告などにより常々身近に感じていたため長い年月のブランクを感じさせないほどの再会となりました!((*° ∀ °))こういう時にFBの凄さを痛感致します! ランチはメインディッシュのワンプレートにパンとソフトドリンクがセットとなる「本日鮮魚おまかせ料理(1,600円)」と「本日のおすすめお肉料理(1,800円)」をオーダー! こちらには、+1,000円でオードブル+本日のデザートを追加することが可能です♪ 遠州灘から水揚げされた鮮魚と菜園野菜を彩り良く添える鮮魚料理は「黒ムツのポワレ ノイリーソース」皮面はカリッと焼き上げ身はふっくら仕上がるように仕上げた黒ムツには風味豊かなノイリーソースが良く合い添え野菜との相性も抜群です! 「都田産朝採れヤングコーン」は鞘付きでローストされており香ばしくほっくりと甘味が楽しめる美味しさ! 「三方原産馬鈴薯のロースト」は新ジャガを皮付きのままほっくほくにローストすることで旨味を凝縮! 「鈴木農園の花付きズッキーニ」にはラタトュイユを詰めてローストし花をガブリと一口で頬張ると野菜の旨味がジュワッと7口中一杯に広がります! 他にも「鈴木農園」の艶々の「パールオニオン」や食感の良い「シマインゲン」「都田産」の立派な「グリーンアスパラ」や「おかひじき」「大麦と小麦のクリーム煮」を添えて肉料理は厳選した素材を用いており遠州を代表する「奥山の竜神豚肩ロースのロースト ポルト酒とマデラ酒のソース」肉厚ながらに柔らかくジューシーに仕上げ豚特有の癖が少ない竜神豚の脂肪は体温で溶ける良質なもので噛めば噛むほどに脂の甘味を楽しめます♪ 添え野菜は魚同様に彩り豊かで野菜の旨味を活かしたシンプルな調理法でいただけそれぞれに食べ応え感もあります! 食後のコーヒーを楽しんでいると尾上シェフからデザートのサービスがあり「キリマンジャロのブランマンジェ 大豆のカプチーノ仕立て」をいただきました! 先日のフルコースディナーでいただいた時に虜になってしまったこちらのデザート! ブランマンジェは見た目は真っ白な仕上がりで見た目からはコーヒーを連想できない仕上がり! しかしコーヒーの味わいが広がり大豆のカプチーノが後追いの風味を醸し出し絶妙なバランスで甘さ優しい大人のスイーツなのです! 美容の世界に長く従事する真帆子さんと一緒に食の楽しみや健康維持などを中心に「美」について語り合いながらの楽しいランチタイム♪ この後は浜松を案内しながらドライブし腹ごなしをしたいと思います!...

Looking at my farm "now and forever" 3000 square meters spread over chef's Omakase course

Sat quietly as mokuren's Hamamatsu Kita Toda、重厚感を露わに存在感溢れる古城のような「カフェ&レストラン 連理」へ! こちらには3,000坪に広がる農園と庭から眺めることのできるシンボルツリー「連理の木」がまた素晴らしいロケーションとなり「マセラティ 浜松」が取り扱う「Levante レヴァンテ」も映える風格です! 岐阜・多治見での修行を終えた後、In Italian "Lake Hamana grandxiv" in "luccicore"、イタリアン並びにフレンチで10年ほど修行を積まれてきたシェフの尾上成彰さんを2013年12月3日(火)に迎え入れフレンチレストランとして再オープン! 尾上シェフは今まで培ってきた技術を最大限に活かし東洋と西洋の融合による自家菜園を中心としたコロニアル仏蘭西料理を提供されています! この日は「WINE BOUTIQUE PANIER (Panie sanarudai shop)」のオーナーである小野 哲義小野 由紀子夫妻と一緒にディナータイムとなり小野さんセレクトのワインをペアリングしながら尾上シェフおまかせのフルコースを堪能します! 乾杯は限定キュヴェの「ペリエ・ジュエ・ベル エポック・エディション・プルミエール2007」! 日本の桜からインスパイアされてつくったという特別な1本で淡い桜色のボトルが愛らしくシャルドネの繊細さとフレッシュ感が楽しめフローラルな仕上がりがまたエレガントにテーブルを彩ります♪ 前菜は「京都奥嵯峨小倉山産筍 由比産桜海老 遠州灘産しらす 山せり山ふき酒粕と餅 白味噌チーズ仕立て」と旬の筍と静岡の名産品を掛け合わせた和テイストの意外な組み合わせの一品! 酒の当てにピッタリの付き出しとして連理の農園で収穫した柚子を3ヶ月乾燥させて造った「自家製ゆべし」をクリームチーズに合わせて味噌仕立ての「ゆべし」は風味豊かでシャンパーニュにも日本酒にも合いそうです♪飲兵衛には堪らない味わい♪ お次は「アップルスタートマトにズワイ蟹詰め マンゴーソース オマールエビ 苺のモスタルダと生ハムサンドイッチ添え」見た目は真ん丸い丸ごとトマトが盛られシンプルな仕上がりですがくり抜かれたトマトの中にはズワイ蟹がたっぷりと詰め込まれており甘酸っぱいマンゴソースとの相性が抜群の冷製の一皿!マンゴーと蟹の組み合わせは前回も頂きましたが鉄板の美味しさです♪ 前菜はまだまだ続き「花付きズッキーニと帆立貝・ウニのムース 駿河湾産金目鯛と的鯛のマリネ 炙り焼き オマールエビソース」彩り美しいズッキーニの花の中にはシュワっと口溶け滑らかなムースが仕込まれており口中で海の恵みを目一杯感じ取ることができ至福の時間!添えられた2種の白身魚もサッと炙ることで中はしっとりとしながらも香ばしさが堪りません! 白ワインは「Beaune Champs-Pimont Premier Cru 2005(ボーヌ・1er cru シャンピモン・ブラン2005/ドメーヌ・ジャック・プリュール )」濃縮されたChardonnayの旨味は熟成を経て丸みを帯びたまろやかな味わいとなり温度変化による余韻の違いも楽しめる優れ物♪ ポテンシャルの高いChardonnayに合わせて「朝採れグリンピースのスープ 黒胡麻ロワイヤル カレー風味のクリーム添え」と「駿河湾サおご鯛 柏の葉包み焼き ブールブランソース」ここのところ様々なスパイスにハマっている尾上シェフならではの風味豊かな味わいが楽しめるスープとお得意のブールブランソースでいただく魚料理がワインとの相性も良く絶品! トマトとバジルを利かせた自家製パンもふっくらもちもちでスープやソースと絡ませれば2度美味しくいただけます! メインディッシュの肉料理「三歳雌鹿 フィレ肉のロースト ポルト・マデラ酒ソース」には赤の「2008 Kistler Pinot Noir...

Talking about cool on 'HSL' Salt Lake City restaurants

「グランドアメリカホテル(The Grand America Hotel)」の支配人のChris Erickson(クリス・エリクソン)がお勧めしてくれたレストラン「HSL Restaurant」へウーバ(UBER)を予約して出向きます! こちらはパークシティ(Park City)のレストラン「Handle(ハンドル)」の姉妹店で、And as a result handle launched by Executive Chef Briar Handly (Brier Hanley)、2016年4月に新たにソルトレイクシティ(Salt Lake City)に「HSL」としてオープン! オーガニック野菜や厳選された食材を用いて提供されるAmerican cuisineが話題を呼び大人気店となります!事前に予約されることをお勧め致します。 Looks simple and modern look to unleash、店内はグリーンカラーで統一された居心地の良い空間が広がります! 入口レセプションにて予約名をつ告げると開店時刻より少し早い時間だったためにウェイティングソファに通された後にテーブル席へ! オープン17時入店ということ、Also、Up to 20 o'clock in summer time from bright、No Cook table candles、昼の雰囲気を醸し出しているディナータイム(笑) 先ずは、Order a Beer and sparkling water to moisten the dry throat。 Cook、わたしたちのテーブルを担当してくれたスリムで優しいSARAH(サラ)にお勧めを伺っていただくことに致します! 大理石のバーカウンター奥は、And open kitchen、調理風景が楽しめる臨場感のある造りがまた素敵!それぞれのスタッフが持ち場を担当しながら熱気に包まれ働く様子が伺えます♪ サラダは「SEEDED CRACKER(grandma britton’s pepper jelly,cream cheese mousse,Herb salad) $ 6 (Japan Yen:About 660 yen).。 Fit well with plenty of black sesame crispy Krispie chips was accompanied with plenty of cream cheese and fresh vegetables、食感がGood! 前菜は、"SMOKED PARSNIP “BARCON”(red beets,Granny smith apple,peppercom honey pink) $ 15 (Japan Yen:About 1650 yen).。 Locally sourced in yellow carrots and roasted with the skin、Beetroot and Green Apple、Jar of pickled onions.、Accented with black sesame seeds and honey.。 A sweet yellow carrot in sweet potatoes were soggy and the texture.、柔らかいビーツとシャキシャキ食感のグリーンアップルとの意外な組み合わせも絶妙で美味! メインディッシュには、Grilled US beef "NY STRIP STEAK (zursun's heirloom bean salad,wild greens) $ 32 (Japan Yen:約3,520円)」をミディアムレアでオーダー! 数種のビーンズに人参ピールやピクルスを取り入れたベビーリーフサラダをビネガーソースと合わせてヘルシーに。 So the aroma of charcoal-grilled、After eating one bite of US beef is spread、しっとりとした火入れが具合がGood! 〆のデザートは、A refreshing Sava plum "SORBET $ 3 (Japan Yen:約330円)」のソルベをいただき大満足! レストラン前にいつの間にか我が家の愛車と同じ現行の「MASERATI Quattroporte」が出現! どうやらこの日のゲストの車のようです!...

Taipei 101 "STAY by Yannick Alléno" Exquisite French of Paris three-star restaurants supervision!

台北にはフランス・パリのミシュラン三ツ星シェフ YANNICK ALLENO OFFICIEL(ヤニック・アレノ)が監修するレストラン 「STAY by Yannick Alléno(ステイ バイ ヤニック・アレノ)」が2011年にオープンし、 A stylish and elegant cuisine refers to the many topics。 こちらは「台北101」の4階にあり、Is the Xinyi district, famous as a tourism spot。 "French in Taiwan? "Such as throw away preconceptions says、 是非ともショッピングの合間に立ち寄っていただきたいレストランとなります♪ 店名の「STAY」とは「Simple Table Alleno Yannick」の頭文字から名付けられていますBig ChefのAlleno Yannickは、About three times a year in Taipei is gone under the supervision。 When I visited last time here and impressed by its stylish design and luxury nestled、 心行くまでリラックスできた北投の温泉 「三二行館(Villa 32)」と同じオーナーのJerry Chiuが運営されています♪ スタイリッシュでモダンな店内は、 Colours and shades of white and dark、しっとりと落ち着く空間となります♪ 奥には14名が座れる横長のテーブルも用意されておりワイン会なども行えます♪ 特別に用意されたシェフズテーブルの個室が3部屋を用意されているため、 Underscoring its increased kitchen、食事をより一層楽しめます♪ 今回は、Restaurant and Central Asia at the Taipei-based Taiwan people、 グルメ評論家として活躍されている「費奇(Eagle)」に紹介していただきPublic Relationsの謝佩珊(Patricia Hsieh)にご挨拶させていただきました!(你好!) シャンパーニュで歓迎してくださり乾杯のご挨拶♪(謝謝♪) この日は「STAY(ステイ)」のお勧めコースをいただきます♪ 「Spanish Gazpacho(スパニッシュ・ガスパチョ)」 アミューズは何層にも重なるグラデーションが美しい色合いの スパニッシュ・ガスパチョを用意してくださいました。 Smooth avocado von fit a refreshing tomato jelly、 Yellow pepper and cucumber with out the texture、Accents in red&Add yellow pepper、 繊細な味わいを風味豊かに味わえる一品です♪ 今回わたしたちはLade Gourmet & Hotel Web Magazine企画で【器と旅するシリーズ第2弾】として富山県にて活動されながら世界的に活躍される二組の作家で 八尾の「Shimoo Design/下尾...

French Japan colonial period Western "PASADENA" Tainan Mayor's Office renovation

日本統治時代に建立され1974年から当時の台南市長が「台南市長官邸」として使用していた洋館を ゴムやプラスチックの成形からEMI無電解メッキまでの一貫した加工を営んでいる 「湧力實業(Pushpower)」のオーナーである許正吉が、2014年に台南政府による公開入札で 「Pasadena Internatinal Group(パサデナインターナショナルグループ)帕莎蒂娜國際餐飲」として権利を取得。 More than 100 years old garden with towering trees to、Although at the time of、 Hotel under renovation significantly、 フレンチレストラン「Pasadena(パサデナ)帕莎蒂娜台南市長官邸」をオープン市街地とは思えぬ緑豊かなロケーションを誇ります♪ Pasadenaのブランドは2000年から始まり高雄にベーカリー併設のフレンチレストランとして 「Pasadena Restaurant(パサデナレストラン)帕莎蒂娜法式餐廳」を開設されて以来、An instant popularity、 After that、Italian restaurants Japan restaurant、 Restaurants such as pizza and Grill burgers is to open one after another。 店名となる「Pasadena(パサデナ)帕莎蒂娜」とは、In the luxury residential area located in Northeast Los Angeles、 Known as the location of the research institution of science and art、 In the name of high art and beautiful town、 オーナーである許正吉のお子様が留学されていた隣町であったということもあり、 Memorable thoughts not put from being named。 Also、「Pasadena(パサデナ)帕莎蒂娜」とは、From the native American word with the meaning "Crown of the Valley"、 All guests visiting the restaurant's Crown to become、 努力を惜しまないという気持ちも込められているのです♪ Managerの林月娥(Amanda Lin)に挨拶をし通訳の蔡宗昇(Tsai Chuang Sheng)を紹介していただき案内していただきます♪ Managerの林月娥(Amanda Lin)がレスランの概要を説明してくださいます♪ 通訳を担当してくださる蔡宗昇(James Tsai)は、While our core business is a photographer and、 民國前14年の1897年の古民家をリノベーションさせたゲストハウス 「Sai Kau Kin Old House(屎溝墘客廳)」も運営されています。 Helpful and speak for approximately 20 years ago, has international experience to Japan Japan。 ゲストハウスは後程紹介致します♪ 敷地を表す案内図があり、Established a bakery on the left、Studio attached to the back。 In the extensive grounds、日本統治時代から静かな時を刻む樹齢110年を超える玉蘭花や茄苳樹(アカギ)の木や 樹齢70年を超える苦楝樹、And there was more than 60-year-old Rakan pine (Podocarpus)、 4 this is、台南市から指定を受ける大変貴重なものとなります。 A garden with big trees、緑豊かでレストランを穏やかな空気で包み込んでいます♪ 敷地内には別棟で隣接する「Pasadena The Bakery(パサデナベーカリー)帕莎蒂娜烘焙坊」では世界大会にて栄冠に輝いたパン職人の呉寶春(Wu Pao Chun)が生み出し数々の賞を受賞された自家製パン「酒釀桂圓麵包(龍眼パン)」を看板メニューとし、 Cakes and baked goods in the other、デリなどを販売されています♪ ナチュラルなウッドテイストの明るい店内。...

"The Oriental Terrace Torizen" held a "Wine Maker's Dinner Vol.4" invited "Hugel"

White Street along the Palm tree becomes a landmark、There you can climb the Hill and located on a hill、 佐鳴湖を一望でき最高のロケーションを誇る「THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN ジ オリエンタルテラス トリゼン」旧名である「鳥善」さんは明治元年の創業であり、With a background in the age and changing business forms、 今年2015年で何と152年の歴史を誇り、7代続く老舗となります昭和38年に鍛冶町にあった本店を現在の閑静な佐鳴湖湖畔に移し、 2000Venue over the square from fine until the location became a hot topic、 As now, wedding ceremony and wedding reception halls、Or as venue for parties and events as well as numerous celebrities to visit, and、 It is a highly popular restaurants。 For a long time、和食店として運営をされてきたレストランを2009年9月に オリエンタルなアジアンリゾートを彷彿とさせるラグジュアリーな空間に一新しリノベーションされフレンチを修行してきた若き料理長の前川智裕さんを迎え入れられてからというもの幅広い年齢層に愛される高級レストランへと進化しております♪ 重厚感に溢れておりオリエンタルテラスの名に相応しい アジアンテイストのエントランスは、And the Hamamatsu like me forget all that、 異国の高級リゾートホテルやオーベルジュでお出迎えを受けているかのようなしつらえです♪ フロントロビー ラウンジ ジ オリエンタルテラス トリゼンの宴会場である「The Galleria(ザ・ギャラリア)」にてフランスはAlsaceのドメーヌ「Famille Hugel(ファミーユ・ヒューゲル)」を招き開催された 「Wine Maker’s Dinner Vol.4(ワインメーカーズディナー)」。 In the gathering of about 80 wine lovers、わたし達WEBマガジンladeも参加して参りました♪ 「Famille Hugel」は13代に渡り家族経営で337年続く老舗ドメーヌですHugelのワインの美味しさを伝えるために世界中を飛び回るEtienne Hugel(エティエンヌ・ヒューゲル)さんと ソムリエの資格を持つ日本人のお美しい奥様のKaoru Hugel(カオル・ヒューゲル)さんと一緒に記念撮影♪ 結婚式場「ミュゼ四ツ池」のマネージャーの水口智章(Chiaki Mizuguchi)さんと 同じくミュゼ四ツ池の浜本さん水口さんの奥様で「フラワーコンシェルジュそれいゆ」の フラワーコーディネーターを担当される真里(Mari)さんたちとご一緒させていただきました♪ 乾杯には「2013 Hugel Gentil(ヒューゲル ジョンティ)」が用意されます♪ ジ オリエンタルテラス トリゼンで開催されるワインメーカーズディナーは今回で4回目となり、 1回目はフランスの「Famille...

French restaurant "LENRI" 4 year wedding anniversary to celebrate chef's course

Yet as mokuren sat quietly、Define a dignified、庭から眺めることのできるシンボルツリー 「連理の木」の存在感溢れる素晴らしい建物がこちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 LENRI」。 2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープンされてから、As early as 2 years have passed。 こちらで活躍されているシェフの尾上成彰さんは、 After finishing the training in Tajimi in Gifu Prefecture、In Italian "Lake Hamana grandxiv" in "luccicore"、 務marete chef about ten years in the Italian and French came in、Fully utilizing the technology have been cultivated so far、 Provided mainly subsistence by the fusion of Eastern and Western colonial France cuisine。 Here the image of European castles、 Quietly nestled within the walls of the stone masonry is the、まるで隠れ家のような雰囲気を醸し出しています♪ 店内1階は、25 table seats including the semi private rooms、4 counter seats overlooking the courtyard and、 Dark brown calm can enjoy spacious and dignified atmosphere in the floor and stone walls in。 2On the floor、貸切のイベントスペースなどとしても活用できるフロアを提供されています♪ 広大な敷地3,000坪を誇り、Blessed with a Blueberry farm and herb garden restaurant。 While watching the scenery ago your garden you can enjoy the four seasons、 美味しい食事を味わえる至福のひとときを過ごせます♪ わたし達の結婚記念日4年目を迎える2016年2月22日(にゃんこの日)に伺い、 Celebrate Memorial Day、尾上シェフに事前にお願いしおまかせコースをオーダーしました♪ 浜名湖の「グランドエクシブ浜名湖」で7年ほど尾上シェフと一緒に務められていた中村さんを2016年3月より正式に社員として迎え入れられています中村さんは浜松出身ですがここ2年ほどは「エクシブ箱根離宮」にいらしたところを 尾上さんに声がけされ、Is the firm decided to return to the local。 As a high-value experience Hall staff、安定のサービス提供が見込めると尾上シェフも喜ばれていました♪ 「2011 Hugel Riesling Estate(ヒューゲル リースリング エステイト)」 今回のワインはフランスはアルザスのドメーヌ「Famille Hugel(ファミーユ ヒューゲル)」を招き「THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN ジ オリエンタルテラス トリゼン」にて開催された 「Wine Maker’s Dinner Vol.4」にていただいた 「2011 Hugel Riesling Estate(ヒューゲル リースリング エステイト)」を持込みさせていただきました! ヒューゲルの新商品として、Rieslingesteite has just been released a few months prior to the、 More than half of the grapes has been used Grand Cru shnan ball、 In a vineyard in Burgundy and the same marl soils at steep slope、...

Scroll to top