Rides at Kouri island "restaurants Sith" was born from the 第6感 French course part I

沖縄北部の離島・古宇利島に2018年4月15日にオープンしたばかりのフランス料理店「レストラン6(CIS) Restaurant SIX」にて至極のフレンチコースを堪能!前編となります! 「レストラン シス」古宇利島で第6感から生まれる至極のフレンチコース後編 こちらは昨年2017年まで名古屋にて「フランス料理シェ小杉」「イレテテュヌフワ (Il etait une fois)」としてフランス料理店を営まれてきたオーナーシェフの小杉浩之(Hiroyuki Kosugi)さんが奥様・小杉 妙 (Tae Kosugi)さんの御実家である沖縄へ拠点を移しオープンされたお店です! 店内は、Chic, modern building full of restless、Shakes back and works of Ryukyu pine hanging from ceiling、その陰影で真っ白なテーブルクロスに光と影のアート性ある世界感を演出! 席数16席となる全席から古宇利大橋を望めるオーシャンビューとなり、While watching the sky blue sky at dusk、静かな時をゆるりと過ごすことができるレストランとなります! コースは、And only incose Kosugi chef's 18000 yen (service charge and tax)、1 plate 1 plate is available in a small potion、感性豊かに楽しませてくれる奇想天外な小杉ワールド全開の20皿以上が展開されていくスペシャルディナーとなります! 今回「レストラン6(CIS) Restaurant SIX "also、わたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器(※後編で登場します)とコラボしていただくことに! 「レストラン6(CIS)"Now、1 serving of each dish every image to fit、A very unique instrument has been adopted、On this day, Kosugi chef、While watching the instrument brought us ' this is work I looked really real! "And me happy、一部の器を変更してコラボしてくださいました! コースには、Food fit Kosugi chefs pair to ask、希少なChampagne「ベルナール・ペルトワ ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ(Bernard Pertois Champagne Grand Cru Blanc de Blancs Brut)」で乾杯! 「もしや天然では!?」とも取れる愛らしいキャラクターの奥様・妙さんの朗らかな笑顔と軽快なトークが炸裂し、Cook started being carried in the endearing while delicate liken to serve、Little tables becomes lively、楽しく食事がスタートします! [レストラン6(CIS) Restaurant SIX~Special Dinner~] <ウェルカムティー> 試験管で提供されるウェルカムティーは、Is olive brown with organic olive leaf in sweet felt、さっぱりと口中を潤し食欲を湧き立てます! <第1の皿> 目でも楽しめる感動の1皿目は沖縄の県魚となる「グルクン」の木製オブジェの上にひょこりと添えられて登場!...

Enjoy an elegant restaurant overlooking the Oriental terrace bird good sanaruko Lake

White Street along the Palm tree becomes a landmark、Position and then climbed up the slope、佐鳴湖を一望できる最高のロケーションを誇る「The Oriental Terraceジオリエンタルテラス」へ! 旧名である「鳥善」は、Historic restaurant was founded in 1868, (0/1868)。 1963Moved head office was Kaji-Cho (0/1963), on the shore of a quiet, sound current、2000Venue over the square from fine until the location became a hot topic、Though it has been passed down from generation to generation 150 years of history and experience is valued、Change the sales form with the background of the times、常に新しい風を巻き起こしています! 長い間、Restaurant has been operating as a Japanese restaurant 9/2009 a Oriental Asian resort and redesigned in the luxury space, renovated、フレンチの料理長として前川智裕(Tomohiro Maekawa)氏を迎え入れられてからは幅広い年齢層に愛される高級レストランへと進化! 6代目となる伊達 善隆 (Date Yoshitaka)Just from being appointed as Manager、Especially in the training of the next generation has been poured power、Bringing the dream of 1人1人 staff、Learn as many workplaces、よりパワーアップされています! 12月に入ると、Dyed lobby feeling Christmas、Ceiling as a giant Christmas tree is decorated、一流ホテルさながらの演出でお出迎え! 毎年好評となる完全予約制の「クリスマス限定スペシャルコース」が頂ける12/21(金)~12/25(火)までの期間は、Further than this Galaxy Navigator and I wonder if subjected to the decoration and the、インスタ映え間違いなしの豪華な装いになることでしょう! レストラン「THE DINING ザ ダイニング」の店内は、High ceilings, open、And atmosphere with dark-brown color、Semi private rooms also are in the Hall seats other、席数はゆったりとしながらも60席も収容! 昼は、Overlooking the sanaruko Lake、Boasts the best location can't get anywhere else! Also、This year 2018 on the March、Birth of "infinity pool" following the Chapel and gardens、Design a naturally blend into the horizon of the rich Lake、水面の煌めきが清々しい印象を与えています! この日も多くのゲストで賑わう中、Maekawa chef to ask in advance、1人6,000円のコースで用意していただきました! この時期ならではの白子や、And the marriage of foie gras with strawberries、Appetizers using luxurious ingredients 二品 and warm thick Bisque、And、ドライエイジングビーフ(Dry Aging Beef)で名高い富士宮市の「肉匠 さの萬」のブランド豚「萬幻豚」を用いたメインディッシュとデザートで締めくくるランチコースとなります! [THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN~Special Lunch Menu~] ■前菜1「白子のフリット 冬野菜のラビゴットソース竹炭パンに桜海老と野菜 ロメスコソース」 ■自家製パン「リュスティック、Rye bread、Bamboo charcoal Pan、イチジクと胡桃パン」 ■前菜2「苺とフォアグラのテリーヌ 金柑の香り珈琲テイストのモンブランクリーム」 ■スープ「ビスク」 ■さの萬「ドライエイジングの萬幻豚 牛蒡のソース」 ■デザート「プロフィットロール チョコレートとヘーゼルナッツのソース」 いつも前川シェフの演出には、There might be involuntarily smile surprise and delight、今回は最後の最後に大きな革製のトランクケースが登場しました! 逸る気持ちを落ち着かせ、We look forward to open and、熱を持たないLEDでライトアップされ浮かび上がるように整列された色とりどりのカラフルなマカロンたち! こちらのマカロンは、Is very popular at wedding party、インスタ映えすることから「マカロンが付くコースで!」とオーダーされるゲストが増えているのだとか! ロゴが刻まれたオリジナルのトランクケースに敷き詰められた愛らしいマカロンたちは全種類食べ放題で提供されています! 年の瀬も押し迫る12月! クリスマス・イベントも近付くこの季節に目にも鮮やかな前川マジックが羽ばたきます! THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN ジ オリエンタルテラス トリゼン...

Yugawara birthday lunch surrounded by bamboo forest "ellcambis" and spend a blissful!

Create a fantastic sense of the world, surrounded by bamboo forest on Yugawara、日本情緒と洗練された和の技法を取り入れた本格フレンチを提供してくれる「HERLEQUIN BIS(エルルカンビス)」でのバースデーランチへ! こちらには、2010Since the us first years、Many times in celebration of Memorial Day, we visited、やはり一番の思い出としては「プロポーズを受けた最高の思い出の場所」になります! プロポーズ当日、In a surprise from her husband、Chef Ito Junichi JUNICHI ITO, I started、Madam and the staff involved big Daisakusen is fit success、涙涙の感動のフィナーレを迎えたことを今でも昨日のことのように思い出します!感動のシーン再び! そして、And the quality of how many times you visit not come in tired、Whenever I visit the US welcomed with a warm heart、幾度もの感動をくださる伊東シェフの料理の数々に感謝しています! そんな素敵な思い出が詰まった大好きなレストランにて今回は45歳の誕生日を祝してもう一つの幻のドン・ペリニョンと呼ばれるChampagne「J.M.ゴビヤール ブリュット トラディション(J.M.gobillard Brut Tradition)」にて乾杯! 伊東シェフには以前もご協力して頂きましたが今回もわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』をお願いし企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器とコラボしていただくことに! 卓上に広げさせて頂いた器を一点一点確認しながら楽しそうに選別される伊東シェフ!何と!今回は「木漏れ日のランチ」3,500円(消費税・サービス料別)の全ての料理とコラボしてくださいました! 店内は、White stucco walls lined with natural stone resting on floor、Dark stained glass window overlooking bamboo groves, the table provides 45 seats、Savor the extraordinary time, quiet、優雅なランチタイムが始まります! 日本の風情溢れる優雅な竹林は日本人が本来持つ「静の心」と「動の心」が存在すると伊東シェフは考えられており、Here you will、Emotional to eliminate useless things, order only what you really need、During the course of the time rich and spacious、幸せだと感じられる瞬間を過ごしていただきたいと願われているのです! この日は雨露をしっとりと含んだ竹林がいつもより一層色濃く輝いており心から安らぐ「日本の情緒」を堪能しながらの至福のひとときの始まりです! [木漏れ日ランチ~Menu~] ①アミューズ・ブーシュ「パニプリ、Salami、自家製ピクルス」×「釋永岳mars himawari」 インド料理の定番おやつとして知られる「パニプリ」にはひよこ豆ボロネーゼフロマージュブランミントのスープにミントを添えて! カリカリ食感の中に異国情緒溢れるスパイスの香りが満載でとても爽やかなフィンガーフード! ②一の前菜「ヤリイカのグリル コリアンダー風味のマリネ」×「釋永岳 gen 台皿」「Shimoo Design 浮様 リム皿」 隠し包丁を入れたヤリイカの表面をサッとグリルし中はレアで仕上げ人参と玉葱大根をコリアンダーや八角でマリネしたものを敷きフレッシュな林檎と松の実を添えてカシスフルーツとバジルの2種のソースで! ヤリイカの香ばしさと甘味に根菜類のマリネが浅漬け具合で程良い食感を残しており複雑味を帯びたスパイスとの相性も抜群! そこへ青林檎のシャキシャキとした食感がアクセントになり僅かな酸味が爽やかな余韻を添え思わず顔がほころんでしまう味わい!ヤリイカの美しい白肌を釋永岳の黒釉で魅せるも乙ですし木目の優しさと自然が創り出す木の力強さが感じられる浮様の世界感もまた素敵!同じ料理でありながらも器が変わるとこんなにも印象が変わるのだと教えてくれます! ③「自家製バゲット」×「釋永岳 gen 台皿」 ④二の前菜「地鶏のささみ」×「釋永岳 リバーシブルシャーレmars 平皿」 地鶏のささみに赤海老と帆立貝のたたきを詰めてパート・ド・フリュイで巻いてから表面はカリッと中はしっとりと焼き上げパプリカと焼き茄子のソースでいただきます! 細やかな手法で手を掛けることを惜しまない料理は味わい深く噛めば噛むほどに食材同士のハーモニーが気分を上げてくれます!一歩間違えれば弾力の強さが際立ってしまう”ささみ”をこんなにも繊細な料理に仕上げてしまうシェフの腕に脱帽! ⑤スープ「白菜のスープ」×「釋永岳 gen bowlgen 薄鉢」 白菜を少量のベーコンと共に煮込み塩味を抑え白菜本来の甘味を楽しむ一品!スープはどれだけ美味しくても少量で頂くのが一番!...

French dinner seafood "house sitting" Izu peninsula along with the Japan tea to entertain! ◆ part two •

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設されているフレンチレストラン「やまもも」でのバースデーディナー後編となります! こちらのレストランでは京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村 勉 (Tsutomu Nishimura)Menu dedicated to chef tea "tea pairing aya / Sai "in mountain received the impression that this Chef、The most famous tea adopted only a Shizuoka Japan tea、静岡茶のティーペアリングと共に楽しめるコースを用意されています! 今回「坐漁荘」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器と「やまもも」の素晴らしい料理をコラボしていただくことに! 「やまもも」では、Ceramic inter-relation between the Izu and distinctive instrument originally ordered by "Kamachi pottery shop.、Also、The generator Niijima glass collected at the coast of the Izu Islands, including great instrument has been adopted、この日は一部の器をわたし達が持参した器に変更してくださっています!久々の『器と旅するシリーズ』です! [やまももSpecial Dinner Menu] ⑥「キノコのテリーヌ 西伊豆産黒米のおこげ 貝柱とキノコの餡」 キノコと貝柱、The tender white fish Terrine、Nishi Izu terraced rice for rice to finish、Weekly us enjoying the texture and crunch! The last bite、By squeezing a lime marinated、さっぱりとした後味とまろやかな料理の輪郭がハッキリと仕上がる面白い味変になります! <和烏龍あおい(島田)> 同じく「カネロク松本園」の発酵熟成させた世界農業遺産最高位認定の和烏龍茶!発酵を浅めに抑えてあるため、Chinese oolong tea and the gang differences、Even those who love green tea astringency、えぐ味は一切感じずに華やかな香りを楽しめます! きのこや貝柱の旨味をスッキリとさせ旨味に渋味を加えることでコクを感じさせる意味もあり合わせた一杯! <シャブリ・プルミエ・クリュ ラ・フォレ / ドメーヌ・ヴァンサン・ドーヴィサ(Chablis 1er Cru“La Forest Domaine Vincent Dauvissat)> ミネラル感溢れる極上シャブリを貝の旨味と掛け合わせて楽しむ一杯! ⑦「特薦魚のポワレ ベルモット」×「釋永岳 mars 平皿mars himawari」 伊豆といえば金目鯛!ということで、Body moist、Sauteed snapper finished the skin surface to crisp the grilled Eggplant、Along with Brussels sprouts、You will be in a rich Vermouth sauce! Finishing and sprinkled powder Baked Eggplant、ふんわりと残り香が楽しめます!...

French dinner seafood "house sitting" Izu peninsula along with the Japan tea to entertain! • Part I ◆

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設されているフレンチレストラン「やまもも」にてバースデーディナー! 天然記念物「山もも」の巨木が群生する広大な自然庭園内に佇むことから付けられた店名「やまもも」では料理長である山本晋平/Shinpei Yamamotoシェフが腕を振るう伊豆高原の海の幸と静岡の厳選素材を用いりフレンチのテクニックと日本の魂を掛け合わせ「和魂洋才」で織り成す伊豆ならではのフレンチが頂けます! また京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村 勉 (Tsutomu Nishimura)Menu dedicated to chef tea "tea pairing aya / Sai "in mountain received the impression that this Chef、The most famous tea adopted only a Shizuoka Japan tea、静岡茶のティーペアリングと共に楽しめるコースを用意されています! 1階フロアは緑豊かな庭園と本館が望め純和風の茶室を設けた落ち着き溢れる空間となり、In the evening of the day、台湾からの団体客で賑わい華やぐ店内! わたし達は2階の個室「蕾」に案内していただき山本シェフおまかせのフルコースを頂きながら、1つは「ティーペアリング」3,500円をもう1つは「ワインペアリング」9,500円を合わせてオーダー! また同じ2階には、There are 6 counter seats spread over the sea of Izu、ヴィラ宿泊客限定で提供される「鉄板焼」も大人気メニューです! 今回「坐漁荘」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器(※後編で登場します)と「やまもも」の素晴らしい料理をコラボしていただくことに! 「やまもも」では、Ceramic inter-relation between the Izu and distinctive instrument originally ordered by "Kamachi pottery shop.、Also、The generator Niijima glass collected at the coast of the Izu Islands, including great instrument has been adopted、この日は一部の器をわたし達が持参した器に変更してくださっています! 久々の『器と旅するシリーズ』です! 今回は特別に日本茶のティーペアリングについては山本シェフ自らが料理と共に紹介してくださりワインペアリングについてはテーブルを担当してくださるホールスタッフの永田良太さんがサーヴしながら説明してくださいます! [やまももSpecial Dinner Menu] ①「戸田の本エビと人参 メヒカリ 伊豆のお米とひじきのチップス」 最初にテーブルに用意されたのはレストランで取り扱う無農薬野菜を栽培され三島の鈴木 達也 (Tatsuya Suzuki)さんが手掛ける「フードカルチャー・ルネサンス」の現在の畑を肌で感じて頂くようにとオクラの下にマリーゴールドが咲き乱れ華やかさと儚さが混在する様子をそのままイメージされてのあしらい! 曲げわっぱにアイアンを施した2段重ねで和のアフタヌーンティーセットのような飾り台。In the upper、小枝に刺した軽やかなメヒカリのフリットを添えて! 下段には戸田の特産である本エビを藤枝の日本酒や醤油にて軽くマリネ本エビの甘味を人参のムースの甘味と合わせて楽しめる一品!伊豆のお米とひじきを合わせてチップにし西伊豆の伝統食品となる潮鰹をフレンチの調理法となるブランダードで仕上げ塩辛さと奥深い味わいを楽しめます! 日々畑に足を運ばれる山本シェフが現状の畑にフェンネルの種が豊富だったことから卓上に添えてくださったドライ状のフェンネル・シード!「良かったら食べてみてください!」とシェフに誘われ一粒パクリ!お口の消臭効果のようなものを感じる爽やかさと甘味!スパイス好きには堪らない粋な演出です! <焙じ茶(藤枝)> 藤枝市瀬戸谷で、40年間無農薬で自然のサイクルを大切にされながら栽培されてきている杵塚さんが運営する「人と農・自然をつなぐ会」の綺麗な味わいを楽しめるお茶で最初の一杯は彩り鮮やかな焙じ茶にヴィネガーを合わせて!香ばしさの中に爽やかな酸味が広がり食前茶として食欲を掻き立てます! <Champagne ボランジェ(Bollinger Special Cuvee...

58 ° Grill lunch at French Grill Michelin star chefs

「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」の中庭に面したモダンなスタイルのフレンチレストラン「Fifty 8 Degrees Grill at Mandarin Oriental Pudong, Shanghai(58°グリル)」にてランチタイム! こちらのレストランは、France cooking "Alan-passer (Alain Passard)" and Guy Savoy (Guy Savoy)、Pierre Gagnaire (Pierre Gagnaire) and renowned restaurant、2One supervised by Richard eckeba of the Netherlands who won the Michelin-starred chefs-Star (Richard Ekkebus)、フランス料理の伝統技術を基本としたグリル料理を主軸に提供しています! Director of Marketing CommunicationsのAngela Caiにレストランのお勧めランチメニューを伺いながらオーダーしシェアして頂きます! [Fifty8° Grill Lunch Menu] ①「グリーンアスパラガスとグリーンサラダ マスタードドレッシング(Green Salad with Chia Seeds & Mustard Dressing)」 色味の美しいボリュームサラダは、Green asparagus and sliced lengthwise、Along with Chia seeds morimori green salads and fine Super food! Become a micropakchee smell good accents、マスタードのドレッシングで風味を増した食感の良いヘルシーサラダです! 午後のひとときを楽しむためにも軽やかなリースリングを合わせて乾杯! ②「ハマチのカルパッチョ トマトとラディッシュ(Raw Hamachi with Heirloom Tomatoes,Radishes&Mild Chili)」 プリプリの新鮮なハマチはスライスしたカラフルなミニトマトとラディッシュと合わせてピリッとスパイシーなサラダ仕立てのカルパッチョに!薄くスライスしたフェンネルとマイクロパクチーを添えて香りも楽しめる絶品サラダ! ③「ブッラータチーズとトマトと西瓜のサラダ(Burrata with Compressed Watermelon,Tomato & Black Olive)」...

Birthday lunch in the castle restaurant blooming Crape Myrtle "now and forever".

Sat quietly as mokuren's Hamamatsu Kita Toda、重厚感たっぷりと存在感溢れる古城のような「カフェ&レストラン 連理」へ!およそ3,000坪に広がる農園と庭から眺めることのできるシンボルツリー「連理の木」がまた素晴らしいロケーションとなり我が家の愛車が映える風格を持ち合わせています! こちらは岐阜や多治見で修行された後「グランドエクシブ浜名湖」内のイタリアン「グランドエクシブ浜名湖 ルッチコーレ」にて経験を積みイタリア料理とフランス料理の基本を学んだ尾上成彰さんをシェフを迎え入れ、 2013Since December 3, (Tuesday) as a French restaurant "café & restaurant now and forever" reopening are、Centered on the vegetable garden by the fusion of Eastern and Western colonial France cuisine、浜松で非日常的な雰囲気を味わえるレストランとして人気を誇っております! 広々とした敷地内に古城のような佇まいで、Other locations that are not made、Taste、Cospa、And the personality of the chef、Excellent balance in all、In Hamamatsu we best and favorite to become the restaurant、Also one of the legs to carry friends from far away and can recommend restaurants。The nice atmosphere of the night、やはり緑豊かな庭園を望める午後のひとときも心地良くお勧め! 今時期は、To spend time overlooking the interior courtyard of Crape Myrtle flowers、8/14Will celebrate the birthday of the 42-year-old husband, book in advance and leave it to the Onoe chef、スペシャルなランチコースをオーダー! また、 Lade planning to cheer the Toyama writers from previous series travels with said Onoe chef and also trying to practice for、今回は新作も含めた作品と共にコラボしていただきます! [Special Lunch Menu] ①「鯰のエスカべッシュに冬瓜 梅の肉 唐辛子」 鯰のエスカベッシュは、Plum liqueur soaked pulp in a refreshing taste and、The winter melon under cooked in spices、Cold put on a roasted pepper with accent strap with tile、夏に減退してしまう食の細さを香りと共にリカバリー! ②「豆腐のム-スと生しらすのエクレア 浅利 アスパラ 浅利のサバイヨン」× 器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga)(SCHALE シャーレ) 亜麻仁を乗せて焼き上げたサクサクと香り良いエクレアに豆腐のムースと生しらすを忍ばせていただくクリーミィーな浅利のサバイヨン!大粒の浅利は身がプリプリで、Entanglement and a thick Sabayon feel the flavor of the clams well、アスパラのシャキシャキ食感と共に楽しめる一品!釋永岳のリバーシブルで使えるシャーレの黒釉面に鮮やかなアスパラガスがとても美しく映えています! ③「バターナッツの冷製ス-プ 大豆の泡カプチーノ仕立て」 甘味が立つバターナッツ南瓜は冷製に仕上げ上に添えた大豆の泡と一緒にいただくと風味豊かで濃厚ながらに後味をさっぱりと仕上げた一品! 「バゲット」 今年の4月から我が家のお気に入りの「とあるブーランジェリーのバゲット」を仕入れていただいており熱々で提供されるとその湯気と共に香りが立ち込め良い香り! ザクザク、Crisp! And it sounds、噛めば噛むほどに甘味が感じられます! ④「甘鯛の鱗かりかり焼き おぼろ昆布添え ブ-ルブランソ-ス」× 器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga)(ÁGE アージュ)&(新作 MARS マーズ) 甘鯛の鱗かりかり焼きはわたし達の大好物! 富山土産でお渡しした”おぼろ昆布”を香ばしく炙り、The walls like they likening tilefish! Good crisp texture of finished in parisparis scales、The sting was fluffy's exquisite lighting! Here you will、Previous、Please fit the griddle Onoe chef cooking provided 直伝 recipes for beurre blanc sauce、Serve potato or okra was soggy and、サクサクの十六ササゲと共に楽しみます! 釋永岳の代表作でもある年輪模様のアージュと、The instrument expressing the harshness of craters on Mars was born in new、波打つようなおぼろ昆布のコラボが美しい仕上がりです! ⑤「ショ-トチャックテ-ルフラップのロ-スト」× 器:Shimoo Design (caudate, Kazuhiko (Kazuhiko Shimoo) / Shimoo Saori (Saori Shimoo))浮様丸皿&浮様リム皿 肉厚なザブトンに香ばしくローストしたプリプリのオマール海老と帆立、Align the torotoro texture roastitidik、ジューシィな茄子を器にラタトュイユを乗せてポルト酒の赤ワインソ-スで楽しみます! 全てを少しずつ取り合わせいただくことで生まれる深みのある味わいのハーモニーが最高! 自然な木目の美しさを浮き立たせる「浮造り」と「根来塗り」双方の技法を取り入れた浮様の器に木株のように存在感のあるザブトンが鎮座しています! ⑥「フォンダン・オ・ショコラのバースデーケーキ」 旦那様の42歳の誕生日を祝うバースデーケーキは、Freshly baked piping hot one fluffy thick fondant au chocolat can enjoy food! At the finish of the pulp、濃厚でありながらも軽い口当りでペロリと平らげてしまいます! ⑦「ドラゴンフルーツとピスタチオのアイス」器釋永岳(THIN...

"Reminiscence" aromatic richness and lingering taste would be revisited only French

名古屋の緑溢れる「白川公園」から程近い白川公園東本町通り沿いのコンフォート栄ビルの高級生食パン専門店「乃が美」2階にあるフレンチレストラン「Reminiscenceレミニセンス」へ! こちらは東は「Quintessence カンテサンス」の岸田周三 Kishida Shuzoシェフ西は「Hajime ハジメ」の米田 肇 (Hajime Yoneda)Under the chef、東西一流のレストランにて修行をされた若きシェフ葛原将季 Masaki Kuzuharaさん(33歳)が、In the shops opened on the 30-year-old's birthday is 7/23/2015、An instant popularity、3Continue to evolve and now celebrating its anniversary、And many foodies have to groan quite French、わたし達もお勧めのレストランとなります! この日は過去最高気温となる40℃超えの猛暑の名古屋! パーキングのアスファルト上のラインが溶けるほどの過酷な熱射をジリジリと感じつつも、One side in the marble dining room Interior、Dubai smart cool handsome Sommelier Matsunaga Shin-Ichiro!、一気にクールダウン! 窓側席ですが外気を感じることなく心地良い陽を浴びながらの優雅なランチタイムのスタートです! レミニセンスのコースは、Lunch、Dinner together and only one Corse "Chapter 1-afterglow-"、See chapter II ~ memory ~ "、See chapter III-relief-.、「第四章~追憶~」の構成で組み立て提供されています! ランチ 7,500円(料理とデザートで8皿前後+食後のドリンク)、Dinner 13500 yen (12 plates back and forth with food and desserts is meal + drink) * tax、サービス料10% またそれぞれの料理に合わせたワインペアリングとして3種類のワインコースも用意! [Lunch Menu] 第一章~余韻~ ①「雲丹」× 器:Kamachi-Toho co;ltd カマチ陶舗 Arita porcelain company 最初の一品はフィンガーフードとなり、Fresh Hokkaido will hand in taking one bite kudzu beneath the Sea Urchin fisheries hadachi fried with green seaweed chips! Accents and accompanied by condensed dry pork and green seaweed and Lily、磯の香りの余韻を噛む毎に楽しむ一品! ②「車海老」× 器Kamachi 車海老はボイルされ美しい色合いを映し出し、Head of savory fried, and enjoy the food! Shellfish flavor of Dashi and bubbles、Bell Pepper puree、下にはアクセントとなるアーモンドやクスクスという粒状のパスタを添えて食感に変化を加えます!暑い日が続き食欲が落ちてしまいがちな胃を優しく味わい深く押し寄せる旨味の波で出迎えてくれます! ③「トマト」× 器Kamachi 真ん丸と手に収まる球体の器の中にはトマトのムースやジュレセミドライに泡のソースと様々な形に変化させたトマトを提供!最後に卓上でトマトの冷たいスープ注いでくださりオレガノや赤紫蘇食感のアクセントとしてクルトンなどの具材とスープ合わせていただきます!トマトの甘味と酸味のバランスが良くギュッと濃縮されたソースの塩梅も具材と一体化する絶妙なさじ加減です! ④「鮎」× 器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) “MARS鮎は炭火で焼き上げた小鮎とその下に俵形にフリットにして間に肝のソースを詰めた鮎と2種の味わいを楽しめる一皿! ふんわりとたっぷり削った黒トリュフやトリュフのソース鮎料理に良く使われる蓼(たで)の少し辛味のある葉を使ったグリーンのソースアクセントに花穂紫蘇やペッパークレスマイクロパクチーと言う小さな新芽のハーブを添えてトリュフの香りに包まれた鮎の肝のほろ苦さが大人の味わいで複雑味を増しアクセントのマイクロハーブたちが爽やかな余韻を醸し出しています! 第二章~記憶~ ⑤「鰻 サザエ」× 器釋永 岳 薄鉢THIN炭火で香ばしく白焼きにした鰻! 鰻の側に同じ炭火で焼いたサザエや食感の良いインゲン豆ソースにもサザエの肝やマデラ酒手前に白醤油とソーテルヌを合わせて山葵も添えられているため好みの味わいを楽しみます! 前回も鰻の白焼きをいただきましたが火入れは確実に進化しておりサックリ音が耳にこだましカリッと香ばしい皮に対してふわふわの口溶けの良い身はその熱量の多さに驚きを隠せません! ⑥「仔羊」× 器Kamachi 低温でゆっくり火入れをし香ばしくローストしたオーストラリア産の仔羊!...

pairing dinner and enjoy the delicacy "aru" hand is French

愛知県豊橋市のJR豊橋駅から徒歩5分圏内の雑居ビル2階に昨年末2017年12月27日に新規オープンされたフランス料理店「aru(アル)」へ! 雑居ビルの階段脇にあるオリーブの木と裸電球が灯す柔らかな光の下にシンプルなサインを施した真鍮の看板が目印となります! 店内のデザイン設計は、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe(ハーグデザイン+ハーグカフェ」が シェフのこだわりを取り入れ手掛けられたとのことでシンプルさの中に柔らかな空気が流れる居心地の良い空間! フロアの様子が伺えるキッチンを右手に配し、With 14 seats and provides 18 seats seats、Sommelierとしてホール経験を経てシェフになられた鈴木 琢 (Takumi Suzuki)さんと奥様の鈴木 彩 (Aya Suzuki)Is it also in the restaurant is run by the Dojo of the Sommelier's wife、Culminating from the open between the foodie、In the shop we married couples also got at least once、既に人気店の仲間入りを果たしております! 前回はランチ訪問でしたがこの日は友人を交えての再訪ディナー! こちらでは、Lunch by appointment only.、And style-only dinner with Chef's choice of incose、So I thankfully staying the driver will、コースに合わせてペアリングワインをオーダー! aruでは、At all times the nearly 700 wine stored in working seller、Japan wines and is about 7 in the、御2人が年月を掛けて収集してきた面白いワインも登場します! 先ずはシャンパーニュ「エドモンドシュルラン カルトノワール」で乾杯! ピノノワール主体となりバランスの取れたエレガントな味わいで清々しさを感じながらスタートです! [aru ” été “"Appetizer plates 3、Fish dishes、Meat dishes、Dessert dish 2、カフェ 5,800円 ①「ズッキーニ サワラ バジル」 サワラは冷やし過ぎると脂の口溶けが悪くなってしまうため、From finished with salt smoked over、Lighten one's face faintly warm, then offer! Source is summer is designed to feel a sense of femininity、Basil in red onion、In a staggered vinegar vinaigrette、Based upon the new garlic olives of Provence and the Zhujiang new town, taste Tapenade served with fresh! Raw Zucchini served with texture accented with color、In the eyes、丁寧な手仕事を感じさせてくれる繊細な前菜! ②「メロン トマト キュウリ」 メロンとトマトの組み合わせを楽しむ頂く一品は鈴木シェフがフランス修行中に「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake Hiroki)Is it the memories was making in the summer when he was working in the food color arrangement of self in addition, provides a rich! Melon mousse-like source the local Earl (mask)-Mellon espuma、A variety of tomato and cucumber、Can serve with Lemon Basil and perilla micro herbs、You can go and eat! Hokkaido large deep-water shrimp, and plus as an element of flavor、果実とは違う甘味を投入することで味に変化を起こし楽しませています! こちらには透明感のある軽やかな瑞々しさと爽やかな味わいが楽しめる「甲斐ワイナリー株式会社」の「かざま甲州シュールリー 2016」を合わせて! ③「フォワグラ プラム メレンゲ」 スペインのフォワグラのポワレに地元のプラムのコンポート、Source jams、Plum syrup、Served with salt meringue。In our fit all、Sour plum and sweet foie gras、1 dish to balance the saltiness of the meringue. By using the short season of plums、日本だからこその季節感を感じてもらえたらと願って作られた一品です! 夏にフォアグラは重いかしら!?という概念をいとも簡単に覆してくれる逸品! こちらには長野の「城戸ワイナリー」の「オータムカラーズ コンコード 2016」のベリー系の優しい甘みとプラムの甘酸っぱさ楽しめ濃厚且つフレッシュなグレープジュースのような味わいと共に楽しみます! ④「イサキ フェンネル オクラ」 魚料理のイサキは、From the skin over high heat, quickly cooked crisp、High-temperature roast in hot oven! The concentrated flavor of the clam broth base、The smoked butter whipped sauce、Effect that intense local herb fennel combined with vinegar or lemon puree with accents! Garnish、Raw red round okra and green quickly blanched okra、Served with zucchini in butter the glass、Dare not just fish、It is a stunning summer taste of Veggie delight! In Tray 1 Tray 1、It is an assortment of people employed writers work in neighboring Aichi Prefecture 'aru (Al)"this generator also instinctively wants to welcome home! Here you will、"Gianmarkubowaiyo Macon village 2014, Burgundy, France。According to grunt took the fat and sauce of smoked bubble、Along with good acidity with barrels of Chardonnay white、Among the fresh sense of condensed、たっぷりとしたボリューム感とまろやかな味わいで余韻を楽しめます! ⑤「みさき牛 トマト トレヴィス」 肉料理は、Aichi Misaki beef Prime roast! High-temperature oven out and take about an hour and a half, slowly baked dish! As part of the body fat also has gotten on、Travis quickly burned a bitter accent、Zhujiang new town of organic tomatoes and dried and ironed with salt and a small amount of broth, thick tomato sauce、Sour accents on the side、At the finish of the stomach does not feel greasy insistently against not knowing! Saladnas of the mouth a rest, will be trying to present! On the beef thin was even and took a variety of meat from broth by、より深みのある旨味を感じさせ楽しませてくれる絶品肉料理! 同じくブルゴーニュ「ジャンマルクボワイヨ ブルゴーニュルージュ 2015」を。With over a youthful Pinot Noir acid、みさき牛の脂を食べやすくなるように! ⑥「スイカ」...

Sea gang true Le Grill, champagne party! 31 types out drinking!

Every year、海の日恒例で開催される「WINE CLUB HAMAMATSU」主催の「シャンパーニュパーティ(Champagne Party)」が今年も無事に執り行われました!2018年の記念すべき第6回目となる今年の開催場所は浜松を代表するリゾートホテル「THE HAMANAKO」が運営する「一味真 Le Grillage ル・グリル」となり夏の涼し気な催しを飾る豪華な紳士淑女が総勢70名と勢揃い! 「Richmond Hotel Hamamatsu(リッチモンドホテル浜松)」1階にある「レストラン一味真 ・ル・グリル」は大人達が集うモダンでシンプルなダイニングとなりランチやディナーはもちろんのことウェディングをはじめ宴会などのイベントでも利用可能なレストランとなり臨場感溢れるオープンキッチンからの眺めが楽しめる空間となります! シャンパーニュと共に楽しめる食事はブッフェスタイルでカクテルグラスなどの品良く盛られたオードブルやフィンガーフードとなり「富士鱒のコンフィ鮪のアジアンマリネ海老とクスクスのサラダガスパチョ桜海老のグリッシーニ冷製バーニャカウダパエリア風フリットスモークサーモンとハムのミニサンド、Pate de campagne、トウモロコシの冷製スープ」などのコールドディッシュをはじめ旬の鱧を用いた「鱧とオリーブのフリット」やオープンキッチンで豪快に焼き上げる炭焼きコーナーでは「 牛ロース肉豚肩ロース肉鷄の香バター焼き、Sausage、Chorizo、タンドリ串、Shrimp、タコ足」などが炭火の香ばしさと共に食欲を掻き立てます! 終盤には食後のデザートが提供され香ばしい「アーモンドのチュイール」や「ココナッツのブランマンジェカシスシャーベット」芳しい「アールグレイのプリン」と最後の最後までシャンパーニュに合うフードで楽しませてくれました! 今回お届けするシャンパーニュはSTAGE-1~STAGE-4とカテゴリー分けされ「NV Champagne」「Vintage Champagne」「Rose Champagne」「Prestige Champagne」と全31種類の希少なオールドヴィンテージなどを厳選しておりそれぞれお好みのシャンパーニュを自由に飲み比べ ! 会場内にはシャンパーニュが注がれるカウンターが設置されボランティアスタッフとしてイケメン揃いのサービススタッフが並び浜松を代表するパティスリー「Abondance(アボンドンス)」のオーナーBernard Heberleが発する乾杯の挨拶を皮切りに夏の酷暑を忘れさせるかのように爽やかな泡の宴が始まるのです ! [Champagne List] <STAGE -1 NV Champagne> 1.「ルノーブル ブリュットナチュール」 グラン・クリュの畑を所有する小規模家族経営メゾン低ドサージュの先駆者が造るハイクオリティなドザージュ・ゼロChardonnay40% Pinot Noir30% Pinot Meunier30% 2.「アンリジロー エスプリナチュール」 イギリスやモナコなどヨーロッパ上流階級で愛飲されていた幻のシャンパーニュメゾンのスタンダード・キュヴェChardonnay30% Pinot Noir70% 3.「ダニエル・デュモン グランレゼルヴ」 モンターニュ・ド・ランス北部に位置する10haの畑は全てプルミエ・クリュアジア地域初入荷となるRMChardonnay40% Pinot Noir40% Pinot Meunier20% 4.「ドゥラモット ブリュット」 「サロン」の姉妹メゾンエレガントかつしっかりとしたボディが究極のバランス熟成期間は30〜36ヶ月 Chardonnay 55% Pinot Noir 35% Pinot Meunier 10% 5.「ドラピエ ブリュット ナチュール」...

Wedding facility was reborn as an adult space in the Quatre Saisons Hamamatsu City

浜松街中の結婚式場「ポルテボヌール」が「浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン(Les Quatre Saisons)」と同グループ店の「キャトルセゾン浜松(Les Quatre Saisons Hamamatsu)」として生まれ変わり、2018年7月11日(水)にグランドオープン! 施設内のリニューアルを終え、Stepped on the wood grain dark brown to shoot in the use、Navy x gold and keynote、【美食】×【上質】×【大人】をテーマに大人たちの社交場として生まれ変わりました! メイン会場となるボウルルームには、Open kitchen and bar、They produce a sound and aroma to enjoy、Other wedding receptions、二次会や各種会合などのイベント用途に合わせて会場作りを提供されていく予定です! 施設に併設されているレストランは、Has been available as adults socializing in the hotel lounge and chic space decor、Kyoto Gion-starred restaurant "swings right" for while being supervised by Chef yonemura m、グランシェフとして立たれる千住悦也シェフが手掛けられる創作フレンチが楽しめます! この日は、Pre-opening special dinner we invite、一足お先に生まれ変わった上質な空間での食事を楽しんで参りました! [Menu for “Les Quatre Saisons Hamamatsu PREOPEN”] ①温前菜「ウッフ・ア・ラ・コック」 三方原産のジャガイモスープの奥に忍ばせた半熟卵と絡ませながら香り高いトリュフとエスプーマの滑らかな口当たりを楽しみながら頂く一品! パンにもトリュフオイルが練り込まれたクリーミーな自家製バターを添えて甘口のイタリアのスプマンテ 「アスティ・DOCG /カザ・ヴィニコラ・アバッツィア・ディ・サン・ガウデンツィオ」 ②冷前菜「オマール海老とカボチャのソース 抹茶のアイスクリーム」 カボチャのスープには、Green tea ice cream and sorbet、Feel bitter after a sweet breaking ball。Basil seed texture in addition to accents、芳しいアマレットのゼリーで爽やかに! ③お魚料理「的鯛のカダイフ包み スペルト小麦と木の子のリゾット ブロッコリーのピュレ」 的鯛には紫蘇を忍ばせ、Cooked and crispy, rolled up in Cardiff、Crispy outside、Jaded appetite in puffy dish! In wheat, spelt wheat gluten less、Ancient wheat with rich nutritional value and will exhaust our happy、木の子と一緒に風味豊かなクリームリゾットでいただきます! 「サン・テステフ・ド・カロン・セギュール 2014(SAINT ESTEPHE DE CALON SEGUR 2014)」 大人気格付けシャトーの稀少性のあるサードラベルは、Approachable price point is.、豊かな果実のアロマと共に軽やかなフレッシュさを楽しみます! ④お口直し「水ダコとピストゥーの冷製パスタ」 水ダコのジェノベーゼは、Dog days of summer with cold finish、Greens and capers、Garnish the refreshing jelly of tomatoes! It is also an element of Japanese seaweed flavor、さっぱりテイスト! ⑤お肉料理「静岡そだちのロース肉のグリエとドフィノワーズポテト」 最高級となるA5ランクの「静岡そだち」を用いたローストは噛むほどに甘く、Manchurian wild rice and sweet potato、With a carrot puree。ドフィノワでボリューム感たっぷりのメインディッシュです! 「ル プティ リオン デュ マルキ ド ラス カーズ 2014(Le Petit Lion du Marquis de...

Scenic overlook "says farm" Himi Winery with a rich French.

氷見の小高い丘にひっそりと佇むワイナリー「Saysfarm セイズファーム」へ! 此処は、People moved to support one man dream desire want work、100%自社栽培の醸造にこだわるワイナリーです! 「富山でワインができるのか?」 誰もがその問いに疑問を抱いていたことでしょう。   Pioneered in 2008 abandoned farmland that once had grown du Zhong tea、 Farms, planting a grape、Nature and location started making farm where people can live together、 今や国内外から足を運ぶワイナリーへと成長! オーナーは「魚のことなら何でもござれ」の江戸時代から続く釣問屋「つりや」を営む釣吉範さん。Achieve the wanted wanted wine Himi ingredients to brother's Word (SAYS)。Wine grapes of European species of about 6000 cultivated farms of about 9 hectares、Because of Toyama、Because of Himi、SAYFARMだからこそできるワインを提供されています! 小高い丘からの眺望は素晴らしく豊かな自然と共存する農園と見渡す限りの富山湾と壮大な立山連峰! この日は醸造家の田向 俊 (Shun Tamukai)And I said ' one year、2 whether or not the weather is! "With that、Gift of the Maserati owners ' everyday activities?、Floating clouds spread into the sky of Toyama Bay clear deeper blue this true treasure of Toyama Tateyama Mountain range overlooking、見事なまでの絶景を眺めることができました! 愛車マセラティとの記念撮影を楽しむには絶好の日和となります! こちらは醸造所をはじめ、Quality local ingredients, Himi's restaurants and cafes、 Works of writers formed in Toyama in the heart、The gallery works beautifully blend into everyday life、 Its cultivation, brewing wine and home-made jams、Of the wine,、 In addition to sticking to our shop、On the new suit only pair one day、 豊かな時間を楽しむことができます! この日は、In the restaurant with our rich lunch! Because the driving、残念ながらノンアルコールスパークリングワイン「Celeble」での乾杯! [LUNCH MENU] ①「フォアグラクリスピーサンド / しらすのティアーナ」 パリパリに焼き上げた薄焼きパンの上にしらすのパン粉焼きを乗せた香ばしいティアーナとフォアグラのクリスピーサンドは、Finger food and we have both、蜂蜜と白バルサミコの2種のソースで楽しみます! ②「カルピオーネ / Himi produced subject / Shrimp farm egg quiche / Pork Pate with Toyama / 氷見牛チリビーンズ」 彩り豊かな5種の前菜を盛り込んだプレートは、Cherry shrimp in an Araucana chicken breeding farm in blue egg bite-size quiche、And the subject of fat in the Himi 漁reru marinated、Spicy and delicious Himi beef chili、And now fresh mackerel in carpione、農園で採れたハーブをふんだんに楽しめるサラダと共に! ③「富山ポーク炭火、Kaga lotus root、筍」 富山ポークを炭火で香ばしく、Trapped in moist and flavor, cooked、Kaga lotus root, bamboo shoots and other seasonal vegetables、人参のソースやイカ墨のソースと共に香ばしさ漂うメインディッシュ! ④「余川米、余川 miso、香物」 余川産のお米をお焦げのようなカリカリ食感を楽しむ焼きおにぎりにし、Whipped cream in 余川 miso soup and Ginger pickles! Finish Western flow if the miso soup with rice、Small children and our elderly so pleased! At the time、The fourth grade the sat expressionless、焼きおにぎりを見た瞬間に歓喜の声が漏れていました! ⑤「チーズケーキ、Granny Smith、オリーブクランブル」 農園で狩るグラニースミスという青林檎のシャーベットにスフレのようなしっとり仕上げのチーズケーキで夢心地! ⑥「珈琲 富山 koffe SAYSFARM オリジナルブレンド小菓子」 食後はレストラン入口のショップにて、Wine for symbiotic's personal story、現在販売中の「Says Farm Cabernet Sauvignon」と「Cidre」を手土産に! その後、Explore the farm、穏やかな優しい瞳をした山羊さん達と和やかな午後のひとときを過ごします♪...

Scroll to top