「連理」サルスベリ咲く古城レストランで誕生日を祝うスペシャルランチ

Sat quietly as mokuren's Hamamatsu Kita Toda、重厚感たっぷりと存在感溢れる古城のような「カフェ&レストラン 連理」へ ! こちらはおよそ3,000坪に広がる農園と庭から眺めることのできるシンボルツリー「連理の木」がまた素晴らしいロケーションとなり我が家の愛車が映える風格を持ち合わせています! 岐阜や多治見で修行された後「グランドエクシブ浜名湖」内のイタリアン「グランドエクシブ浜名湖 ルッチコーレ」にて経験を積みイタリア料理とフランス料理の基本を学んだ尾上成彰シェフを迎え入れ、 2013年12月3日(火)にフレンチレストラン「カフェ&レストラン 連理」として再オープンされ非日常的な雰囲気を味わえるレストランとして人気を誇っております! 今時期はサルスベリの花が咲き誇る中庭を眺めながら優雅なひとときが過ごせるため、8/14(水)の旦那様の43歳のお誕生日を祝して昨年同様に尾上シェフにおまかせしスペシャルなランチコースを半個室で楽しみます! また今回も富山作家を応援するlade企画の【器と旅するシリーズ】として陶芸家「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)」と下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo)さん&下尾 さおり (Saori Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo Design」の器と共にコラボしていただきましょう! 「ルイ ロデレール ブリュット プルミエ(Champagne Louis Roederer)」 誕生日を祝うChampagneは淡く煌めく黄金の輝きに豊かな香りとコク繊細なまろやかさを持ち併せリッチな味わいが楽しめる「ルイ・ロデレール」にて乾杯! 「前菜の盛り合わせ」×「器釋永岳 áge Φ320」 ■「富士山サーモンの燻製 胡桃レーズンパンを添えて」 バナジウム水で有名な猪之頭湧水と芝川の豊かな水で育つ富士山サーモンの燻製は色鮮やかな紅色で癖の無い淡白な味わいが特徴ですが香り豊かに楽しめる上品で清らかなサーモンです! ■「稚鮎のコンフィ フレンチトースト添え」 ほろ苦さを楽しむ稚鮎のコンフィには甘味優しいしっとり仕上げのフレンチトーストを合わせさっぱりとした酸味のトマトのピクルスを添えて頂きます! ■「春野町産チョウザメ 蕎麦粉のブリニ キャビア添え」 浜松市天竜区春野町の新たな産業として着手されたチョウザメの養殖に加え世界三大珍味の1つの高級食材であるキャビアを「ハルキャビア(HAL Caviar)」としてブランド化することに成功! ハルキャビアは国産のフレッシュキャビアでキャビア本来の美味しさを引き出す為に添加する塩は必要最低限としており優しくクリアな味わいが特徴で他には無い味わいとなります! 身の締まったチョウザメの炙りと蕎麦粉のブリエと共に楽しみます! 「北海道産ピュアホワイトのポタージュ 大豆のエスプーマを添えて」×「器釋永岳 mars bowl Φ100」 自然栽培にこだわる北海道産の真っ白なとうもろこし「ピュアホワイト」を用いたポタージュはスイートコーンと言われるほどに甘味豊かなとうもろこしで生でも食すことができる幻のとうもろこし! 豊かな甘味で濃厚さを感じながらも後味さっぱりと楽しめるポタージュは優しく胃に染み渡ります! 「甘鯛の鱗かりかり焼き 茄子のジンジャーロースト ブ-ルブランソ-ス」×「器釋永岳 新作áge Φ300」 甘鯛の鱗かりかり焼きはわたし達の大好物! パリパリに仕上げた鱗の食感が歯切れ良く身はふわっふわの絶妙な火入れ! こちらには以前尾上シェフの料理教室でレシピを直伝していただいた鉄板のブールブランのソースを合わせて頂きます! こちらのブールブランソースはバゲットに付けて頂くのもお勧めです!...

Gastronomic French rejoice in peaceful countryside at the foot of Mt. Fuji "restaurant BIOS' of freshly picked vegetables body

In the peaceful countryside at the foot of Mt. Fuji、自家農園「ビオファームまつき」の採れたて無農薬野菜をふんだんに用いた身体に優しいフレンチレストラン「レストラン ビオス(Restaurant Bio-s)」へ! 富士山の雪解け水が豊富に流れる山麓は、And rich natural environment suitable for agriculture、1.8with HA (5400 square meters) farm plantations "Matsu biofilm when" now、Is aimed at farming without pesticides and chemical fertilizers、Mainly including herbs grown vegetables、年間50品目以上の作物を生産されています! 「レストラン ビオス(Restaurant Bio-s)」は自家農園「ビオファームまつき」を営む松木 一浩 (Kazuhiro Matsuki)Mr. 12/8/2009 opened farm restaurant! In room was originally opened in Japan Taillevent Robuchon (Joel Robuchon now) when m-deter (maître d'hôtel) the first steward says matsuki、MATSUMIYA, Daisuke is Manager of the old House Hotel in Kamakura the other day I went "Kamakura now and then. (Daisuke Matsumiya)Mr. also、That had been a waiter at hamburger with matsuki、Now that relationship continued as a supporter of each other! I arrived at the parking lot and、We waiting for pick-up goat cry be healed! Kid's in friendly manner、Shake hands and came up very near、フェンス越しに顔を覗かせ挨拶してくれる愛嬌一杯の姿にメロメロです! 木目をふんだんに用いたナチュラルな店内は、Cozy bathed with natural light from the large Windows spread out on a full wall space! Living room architects called the magician of light and Mexico's Luis Barragan's House, reminiscent of the cross to what design is impressive! Pieris rapae crucivora boisduval full dance、緑溢れる農園越しに雄大な富士山を拝める特等席を用意してくださいました! この日はランチメニューの「季節のティスティングコース 12皿〜」9,500円にコースに合わせて提供される「ノンアルコールペアリング(おまかせ4glass)」2,800円を追加しオーダー! 真っ白なテーブルクロスの上には、In the festive, decorate the table dainty with the image of flowers blooming in Germany tableware "Rosenthal" summer meadow "Fleurs Sauvages (wild flower)"、ワクワクのランチタイムスタートです! [季節のティスティングコース 12皿 + ノンアルコールペアリング] ①「長谷川さんのマッシュルーム」 富士市の「長谷川農産」代表である長谷川光史さんが、In the finger food using organic mushrooms have made painstakingly in fungus was imported from the Netherlands、Used on occasions sliced mushrooms are so fresh,、A gavotte France candy in the bottom-took the crispy dough in finely chopped mushrooms and slipped into the screen is and、In one mouthful of fish and、マッシュルームの香りと甘味が口中一杯に広がります! ■「ノンアルコールのスパークリング ミントを添えて」 ペアリングでは、Sommelier and enjoy performance matsuki's Owner who serves freshly prepared drinks on the desktop、Instead of wine or non-alcoholic、気分はChampagneのような雰囲気で乾杯! ドライテイストのノンアルコールスパークリングに自家製ミントシロップを垂らし、Pick fresh mint with refreshing cup! (2) also made wishes goat cheese with onion and sauteed until "Parmesan tart" caramelized tart in bite-size pieces and、玉葱の甘味とチーズの塩気のハーモニーが絶妙です! ③「スナップエンドウ」 フレッシュなスナップエンドウや空豆、The colored buds of Chrysanthemum stone、Snap peas boiled lightly onto the boat-shaped thin tart with white bean puree、スナップエンドウの白い花が添えられて来ます! 生の状態では甘さと瑞々しさを楽しみ、Are boiled, the more colorful leave snap peas add texture with shakishaki juicier and enjoy! Because salt is gentle、採れたて野菜の本来の旨味を存分に味わえる一品! ④「自家製リコッタ」 ガラス製のクロッシュの中からお目見えの自家製リコッタチーズはスモークを纏わせて提供!薄いメレンゲと合わせ、And served with smoked oil during the、スモーキーな香りとミルキーな味わいを楽しみます! ■「Chardonnay(ノンアルコール)」 ノンアルコールのChardonnayを用いたハーブのジュースには、Mint and lemon grass、エディブルフラワーの香りが一杯! ⑤「自家製パン」 自家製の天然酵母でライ麦と全粒粉、Golden ratio derived in flour in bread、Outside is crisp and white sesame seeds roasted、Are soft and have、Such as bread too heavily and balanced finish、This is a delicious bread as you go! Boil unpasteurized milk、Milky butter whipped with butter、Served with a light touch with the salt! Focaccia start burning at the time faced in opening visitor always seems so、Focaccia is rumored next time 'round the world "and also look forward to! (6) flit was wrapping cloth in "onion" onion、Sun-dried tomatoes and capers、Olive、Along with the pine nuts and sour condiment、Served with sliced marinated or dry onion、Coriander flower and herb accents! Food between takes、Chef and sous chef alternately emerge from the kitchen and went to the farm、用いる分だけのハーブや花を収穫に! レストランとしてこれほど理想的な環境はありません! ⑦「豆ごはん」 提供できるのは僅か2週間程度とまさに旬の時期しか食べれない豆ごはん!...

"aru" here with unique delicate French wines unique Japan

Since 12/27/2017 opened in the city of Toyohashi, Aichi prefecture building 2nd floor、As early as distinguished oneself、東三河エリアを代表する人気店へと成長されるフランス料理店「aru(アル)」へ! 場所はJR豊橋駅から徒歩5分圏内となり、Under the soft light of olive trees and a bare light bulb hung a simple brass sign is on、この日はミモザとアザミも出迎えてくださいました! ゆったりとしたアプローチの先にはこのお店のテーマカラーとなるスモーキーブルーの木製扉が優しく出迎えてくれます! 店内のデザイン設計は、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe ハーグデザイン+ハーグカフェ」がシェフのこだわりを取り入れ手掛けられており、Exudes a cosy soft air to flow into the simplicity of space。Kitchen suggests that the appearance of the floor are arranged on the right、ゆったりと14席~18席ほどの席数を用意! こちらは料理の基礎を大阪のビストロ「アヴォロンテ(’Avolonte)」の川田祐志シェフから学び、In addition、パリの3つ星「アストランス(l’Astrance)」で修行後に独立され最短でミシュラン1つ星を獲得した人気店「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake Hiroki)And the chef、同じく「アストランス(Astrance)」出身でミシュラン1つ星となる仙台の「ナクレ(nacrée)」の緒方稔シェフの御2人から素材の活かし方を多く学ばれ大阪の「レストランエテルニテ(Eternite)」ではサービス兼Sommelierとして経験を積まれた鈴木 琢 (Takumi Suzuki)Chef is a 32-year-old youth、Sommelierの奥様である鈴木 彩 (Aya Suzuki)さんと二人三脚で独立したお店です! 20代後半にパリでの修行時代に見つけたお気入りのレストランのような雰囲気を出したくて、Suzuki chef talk round table using the old material was item 外せない。Think that chef is granted the、愛知県設楽町の工房「木と革 aoyama」の職人である青山 和志 (Kazushi Aoyama)And I'm of the handicraft、敢えて古材を繋ぎ合わせ造り上げた味のある円卓には「肩肘張らずに食事を楽しんでいただきたい」というシェフの温かい想いが詰まっており気取らずに会話を弾ませながら心から食の楽しさを知ることができるのです! こちらではランチディナー共におまかせとなりランチで6皿前後の3,400円と8皿前後の6,800円となりディナーで8皿前後の6,800円と10皿前後の8,800円とそれぞれに2つずつのコースを用意されておりシェフ自らの目で信頼を置く生産者たちの顔が見える食材を活かして此処でしか味わえない東三河ならではの料理を提供されています! 先日我が家で開催している陶芸展に遥々足を運んでくれた御2人その時に「実際に器を使ってみたいです!」と嬉しいお言葉を頂きこの日はLade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』として企画第一弾で登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器を持参し「aru」とのコラボを特別にして頂きます! 店内のウォークインセラーには日本ワインを中心におよそ700本ものワインが置かれ今まで御2人で少しずつ収集してきた秘蔵っ子たちが並びます近年注目を浴びる日本ワインを料理に合わせて楽しむことができるのもこのお店ならでは! ホールを担当されるSommelierの彩さんにコースに合わせたワインのペアリングをおまかせすると良いでしょう! 先ずはChampagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」にて乾杯! 1皿目「トマトとローズマリーと自家製リコッタチーズのタルト」×「Shimoo Design 浮様 リム皿 280」 玄米の上に添えたフィンガーフードからスタート!一口で頬張ればフレッシュで糖度の高い豊川のミニトマトのジューシィーな甘味が広がりそこに滑らかで口溶け良く優しい味わいの自家製リコッタチーズ彩りに春菊の花そして風味豊かなローズマリーのパウダーを纏い薄く仕上げたタルトとのサクサクとした軽さが相まり思わず笑みが溢れてしまう一口!...

France restaurant in fujieda move if frequenting it "lagap" marriage 7 year anniversary celebration

藤枝市青葉町の青島中学校通り沿いのテナントビルの一角にある「フランス料理 レストランラガップ L’AGAPE」にて、To celebrate our wedding anniversary, "銅婚式"! Shop here、Matsushita, owner-chef Takayuki (Takayuki Matsusita).、Tokyo、Gain some experience in your stores in the Kansai region、After France also trained independent in September 2008。Simple white interior colours and、席数10席ほどのプライベート感溢れるレストランとなり結婚してからずっと通い詰めているお店の一つです! 今年も入籍日となる2/22(猫の日)を迎え結婚7周年「銅婚式」を記念し「フランス料理 レストランラガップ L’AGAPE」にて楽しく過ごして参りました! ランチメニューは1,800円の気軽なAコースから、Up to 10000 Yen course with Chef's seasonal ingredients and capable of handling 5-course、In the course of all Pan (pork Rillettes with)、Soup, and Cafe、デザート付となり、This time the、前菜と主菜ともに好きなものを1皿ずつ選べるBコース3,500円をそれぞれにオーダーし持ち込みワインと共に至福のひとときを楽しみます! 我が家で開催している陶芸展のお知らせも兼ねて、lade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』をリクエストし、Potter appeared in planning the first "釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器とのフレンチコラボを特別にしてただきましょう! 「ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエ(Louis Roederer Brut Premier)」 浜松の大好きな「Patisserie アボンドンス」のBernard Heberle・長谷川 豊佳 (Toyoka Hasegawa)さん夫妻からお祝いで頂いたChampagneを開栓し乾杯! フォアグラの濃厚さにも負けない深みのある味わいで芳醇さが堪らないChampagneとの相性も抜群です! アミューズブーシュ(Amuse-bouche) 「フォアグラのチーズケーキとテリーヌ」×「釋永岳 gen台皿 Φ20」 本来アミューズは無いのですが前菜のメニューにあるこちらのフォアグラが大好物なのですが規定量だと少しボリュームが有り過ぎるので、And ask in a small portion in Matsushita Chef ' served as amuse?! "and glad you care! Strawberry jams include foie gras cheesecake is moist and dense、Finish terrine, foie gras marinated in white port wine、キャラメリゼされたフォアグラは表面のカリッとした食感と香ばしさにとろけるように滑らかなテリーヌの余韻に浸れる一品! 前菜 「サーモンの自家製スモーク 厚切りポワレ」×「釋永岳 gen台皿 Φ30」 こちらのレストランではいつも清潔感に溢れ、So often see a white porcelain tableware is the source and the basics of France cooking、Outlined in black with food feels very fresh! Salmon sauteed crispy skin surface、Intriguing appetite smoked incense、Moist and wearing thick with filling、Kneeling up on salmon in cabbage、Finish light fried Greens with garlic odor on the ascetic garlic and Chinese vegetables Hom vegetables Moss (Kutaisi)、色鮮やかなビーツのソースで頂きます! 前菜 「カサゴの生ハムフリット」×「釋永岳 mars himawari Φ25」 旬菜となる蕗の薹とオリーブのペーストをカサゴで巻いたサクサクのフリットは中ふっくらと柔らかく旨味を閉じ込めた仕上がりに! 甘くローストされた小玉葱や人参、White asparagus、ほうれん草の添え野菜にマイルドなタルタルソースは粒マスタードやピクルスのアクセントで楽しみます! スープ 「有機栽培人参のスープ」 藤枝の農家がつくる有機栽培の人参は素材本来の人参の甘味が味わえリッチなテイスト! パン...

French courses part of the rides at Kouri island "restaurants Sith" comes from 第6感

沖縄北部の離島・古宇利島に2018年4月15日にオープンしたばかりのフランス料理店「レストラン6(CIS) Restaurant SIX」にて至極のフレンチコースを堪能!後編となります! 「レストラン シス」古宇利島で第6感から生まれる至極のフレンチコース前編 こちらは昨年2017年まで名古屋にて「フランス料理シェ小杉」「イレテテュヌフワ (Il etait une fois)」としてフランス料理店を営まれてきたオーナーシェフの小杉浩之(Hiroyuki Kosugi)さんが奥様・小杉 妙 (Tae Kosugi)さんの御実家である沖縄へ拠点を移しオープンされたお店です! 店内は、Chic, modern building full of restless、Shakes back and works of Ryukyu pine hanging from ceiling、その陰影で真っ白なテーブルクロスに光と影のアート性ある世界感を演出! 席数16席となる全席から古宇利大橋を望めるオーシャンビューとなり、While watching the sky blue sky at dusk、静かな時をゆるりと過ごすことができるレストランとなります! コースは、And only incose Kosugi chef's 18000 yen (service charge and tax)、1 plate 1 plate is available in a small potion、感性豊かに楽しませてくれる奇想天外な小杉ワールド全開の20皿以上が展開されていくスペシャルディナーとなります! 今回「レストラン6(CIS) Restaurant SIX "also、わたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器とコラボしていただくことに! 「レストラン6(CIS)"Now、1 serving of each dish every image to fit、A very unique instrument has been adopted、On this day, Kosugi chef、While watching the instrument brought us ' this is work I looked really real! "And me happy、一部の器を変更してコラボしてくださいました! [レストラン6(CIS) Restaurant SIX~Special Dinner~] <14皿目>×<釋永岳 gen シャーレ> 光の加減で色の見え方が変わり虹色のようにも観える美しいオオム貝に注がれる温かな貝柱のコンソメスープは、Clear color crystal clear golden color I feel the 発shi work! Fragrant with steaming the fish without salt, 仕上gere et has、身体の髄まで染み渡る美味しさです! 「バシュレ・モノ サン・トーバン1erCruアン・レミリー2015(2015 Domaine Bachelet-Monnot Saint Aubin 1er Cru En Remilly)」 バシュレ兄弟が手掛ける淡い緑が美しく透き通る極上のシャルドネ! <第15の皿> 見事な程に鮮やかなヴァイオレットカラーで一際目を惹く大皿には、Incorporating marinated red onion Quiche a chrysanthemum and Travis、Flower of purple cauliflower slices and lippia、Served with red cabbage powder、単色でまとめたセンスがキラリと光ります! 生地はサクッとホロホロな食感で、Travis bitter giving off the scent of a woman、野菜の甘味を楽しめる上品なヘルシーキッシュです!...

Rides at Kouri island "restaurants Sith" was born from the 第6感 French course part I

沖縄北部の離島・古宇利島に2018年4月15日にオープンしたばかりのフランス料理店「レストラン6(CIS) Restaurant SIX」にて至極のフレンチコースを堪能!前編となります! 「レストラン シス」古宇利島で第6感から生まれる至極のフレンチコース後編 こちらは昨年2017年まで名古屋にて「フランス料理シェ小杉」「イレテテュヌフワ (Il etait une fois)」としてフランス料理店を営まれてきたオーナーシェフの小杉浩之(Hiroyuki Kosugi)さんが奥様・小杉 妙 (Tae Kosugi)さんの御実家である沖縄へ拠点を移しオープンされたお店です! 店内は、Chic, modern building full of restless、Shakes back and works of Ryukyu pine hanging from ceiling、その陰影で真っ白なテーブルクロスに光と影のアート性ある世界感を演出! 席数16席となる全席から古宇利大橋を望めるオーシャンビューとなり、While watching the sky blue sky at dusk、静かな時をゆるりと過ごすことができるレストランとなります! コースは、And only incose Kosugi chef's 18000 yen (service charge and tax)、1 plate 1 plate is available in a small potion、感性豊かに楽しませてくれる奇想天外な小杉ワールド全開の20皿以上が展開されていくスペシャルディナーとなります! 今回「レストラン6(CIS) Restaurant SIX "also、わたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器(※後編で登場します)とコラボしていただくことに! 「レストラン6(CIS)"Now、1 serving of each dish every image to fit、A very unique instrument has been adopted、On this day, Kosugi chef、While watching the instrument brought us ' this is work I looked really real! "And me happy、一部の器を変更してコラボしてくださいました! コースには、Food fit Kosugi chefs pair to ask、希少なChampagne「ベルナール・ペルトワ ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ(Bernard Pertois Champagne Grand Cru Blanc de Blancs Brut)」で乾杯! 「もしや天然では!?」とも取れる愛らしいキャラクターの奥様・妙さんの朗らかな笑顔と軽快なトークが炸裂し、Cook started being carried in the endearing while delicate liken to serve、Little tables becomes lively、楽しく食事がスタートします! [レストラン6(CIS) Restaurant SIX~Special Dinner~] <ウェルカムティー> 試験管で提供されるウェルカムティーは、Is olive brown with organic olive leaf in sweet felt、さっぱりと口中を潤し食欲を湧き立てます! <第1の皿> 目でも楽しめる感動の1皿目は沖縄の県魚となる「グルクン」の木製オブジェの上にひょこりと添えられて登場!...

Enjoy an elegant restaurant overlooking the Oriental terrace bird good sanaruko Lake

White Street along the Palm tree becomes a landmark、Position and then climbed up the slope、佐鳴湖を一望できる最高のロケーションを誇る「The Oriental Terraceジオリエンタルテラス」へ! 旧名である「鳥善」は、Historic restaurant was founded in 1868, (0/1868)。 1963Moved head office was Kaji-Cho (0/1963), on the shore of a quiet, sound current、2000Venue over the square from fine until the location became a hot topic、Though it has been passed down from generation to generation 150 years of history and experience is valued、Change the sales form with the background of the times、常に新しい風を巻き起こしています! 長い間、Restaurant has been operating as a Japanese restaurant 9/2009 a Oriental Asian resort and redesigned in the luxury space, renovated、フレンチの料理長として前川智裕(Tomohiro Maekawa)氏を迎え入れられてからは幅広い年齢層に愛される高級レストランへと進化! 6代目となる伊達 善隆 (Date Yoshitaka)Just from being appointed as Manager、Especially in the training of the next generation has been poured power、Bringing the dream of 1人1人 staff、Learn as many workplaces、よりパワーアップされています! 12月に入ると、Dyed lobby feeling Christmas、Ceiling as a giant Christmas tree is decorated、一流ホテルさながらの演出でお出迎え! 毎年好評となる完全予約制の「クリスマス限定スペシャルコース」が頂ける12/21(金)~12/25(火)までの期間は、Further than this Galaxy Navigator and I wonder if subjected to the decoration and the、インスタ映え間違いなしの豪華な装いになることでしょう! レストラン「THE DINING ザ ダイニング」の店内は、High ceilings, open、And atmosphere with dark-brown color、Semi private rooms also are in the Hall seats other、席数はゆったりとしながらも60席も収容! 昼は、Overlooking the sanaruko Lake、Boasts the best location can't get anywhere else! Also、This year 2018 on the March、Birth of "infinity pool" following the Chapel and gardens、Design a naturally blend into the horizon of the rich Lake、水面の煌めきが清々しい印象を与えています! この日も多くのゲストで賑わう中、Maekawa chef to ask in advance、1人6,000円のコースで用意していただきました! この時期ならではの白子や、And the marriage of foie gras with strawberries、Appetizers using luxurious ingredients 二品 and warm thick Bisque、And、ドライエイジングビーフ(Dry Aging Beef)で名高い富士宮市の「肉匠 さの萬」のブランド豚「萬幻豚」を用いたメインディッシュとデザートで締めくくるランチコースとなります! [THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN~Special Lunch Menu~] ■前菜1「白子のフリット 冬野菜のラビゴットソース竹炭パンに桜海老と野菜 ロメスコソース」 ■自家製パン「リュスティック、Rye bread、Bamboo charcoal Pan、イチジクと胡桃パン」 ■前菜2「苺とフォアグラのテリーヌ 金柑の香り珈琲テイストのモンブランクリーム」 ■スープ「ビスク」 ■さの萬「ドライエイジングの萬幻豚 牛蒡のソース」 ■デザート「プロフィットロール チョコレートとヘーゼルナッツのソース」 いつも前川シェフの演出には、There might be involuntarily smile surprise and delight、今回は最後の最後に大きな革製のトランクケースが登場しました! 逸る気持ちを落ち着かせ、We look forward to open and、熱を持たないLEDでライトアップされ浮かび上がるように整列された色とりどりのカラフルなマカロンたち! こちらのマカロンは、Is very popular at wedding party、インスタ映えすることから「マカロンが付くコースで!」とオーダーされるゲストが増えているのだとか! ロゴが刻まれたオリジナルのトランクケースに敷き詰められた愛らしいマカロンたちは全種類食べ放題で提供されています! 年の瀬も押し迫る12月! クリスマス・イベントも近付くこの季節に目にも鮮やかな前川マジックが羽ばたきます! THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN ジ オリエンタルテラス トリゼン...

Yugawara birthday lunch surrounded by bamboo forest "ellcambis" and spend a blissful!

Create a fantastic sense of the world, surrounded by bamboo forest on Yugawara、日本情緒と洗練された和の技法を取り入れた本格フレンチを提供してくれる「HERLEQUIN BIS(エルルカンビス)」でのバースデーランチへ! こちらには、2010Since the us first years、Many times in celebration of Memorial Day, we visited、やはり一番の思い出としては「プロポーズを受けた最高の思い出の場所」になります! プロポーズ当日、In a surprise from her husband、Chef Ito Junichi JUNICHI ITO, I started、Madam and the staff involved big Daisakusen is fit success、涙涙の感動のフィナーレを迎えたことを今でも昨日のことのように思い出します!感動のシーン再び! そして、And the quality of how many times you visit not come in tired、Whenever I visit the US welcomed with a warm heart、幾度もの感動をくださる伊東シェフの料理の数々に感謝しています! そんな素敵な思い出が詰まった大好きなレストランにて今回は45歳の誕生日を祝してもう一つの幻のドン・ペリニョンと呼ばれるChampagne「J.M.ゴビヤール ブリュット トラディション(J.M.gobillard Brut Tradition)」にて乾杯! 伊東シェフには以前もご協力して頂きましたが今回もわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』をお願いし企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器とコラボしていただくことに! 卓上に広げさせて頂いた器を一点一点確認しながら楽しそうに選別される伊東シェフ!何と!今回は「木漏れ日のランチ」3,500円(消費税・サービス料別)の全ての料理とコラボしてくださいました! 店内は、White stucco walls lined with natural stone resting on floor、Dark stained glass window overlooking bamboo groves, the table provides 45 seats、Savor the extraordinary time, quiet、優雅なランチタイムが始まります! 日本の風情溢れる優雅な竹林は日本人が本来持つ「静の心」と「動の心」が存在すると伊東シェフは考えられており、Here you will、Emotional to eliminate useless things, order only what you really need、During the course of the time rich and spacious、幸せだと感じられる瞬間を過ごしていただきたいと願われているのです! この日は雨露をしっとりと含んだ竹林がいつもより一層色濃く輝いており心から安らぐ「日本の情緒」を堪能しながらの至福のひとときの始まりです! [木漏れ日ランチ~Menu~] ①アミューズ・ブーシュ「パニプリ、Salami、自家製ピクルス」×「釋永岳mars himawari」 インド料理の定番おやつとして知られる「パニプリ」にはひよこ豆ボロネーゼフロマージュブランミントのスープにミントを添えて! カリカリ食感の中に異国情緒溢れるスパイスの香りが満載でとても爽やかなフィンガーフード! ②一の前菜「ヤリイカのグリル コリアンダー風味のマリネ」×「釋永岳 gen 台皿」「Shimoo Design 浮様 リム皿」 隠し包丁を入れたヤリイカの表面をサッとグリルし中はレアで仕上げ人参と玉葱大根をコリアンダーや八角でマリネしたものを敷きフレッシュな林檎と松の実を添えてカシスフルーツとバジルの2種のソースで! ヤリイカの香ばしさと甘味に根菜類のマリネが浅漬け具合で程良い食感を残しており複雑味を帯びたスパイスとの相性も抜群! そこへ青林檎のシャキシャキとした食感がアクセントになり僅かな酸味が爽やかな余韻を添え思わず顔がほころんでしまう味わい!ヤリイカの美しい白肌を釋永岳の黒釉で魅せるも乙ですし木目の優しさと自然が創り出す木の力強さが感じられる浮様の世界感もまた素敵!同じ料理でありながらも器が変わるとこんなにも印象が変わるのだと教えてくれます! ③「自家製バゲット」×「釋永岳 gen 台皿」 ④二の前菜「地鶏のささみ」×「釋永岳 リバーシブルシャーレmars 平皿」 地鶏のささみに赤海老と帆立貝のたたきを詰めてパート・ド・フリュイで巻いてから表面はカリッと中はしっとりと焼き上げパプリカと焼き茄子のソースでいただきます! 細やかな手法で手を掛けることを惜しまない料理は味わい深く噛めば噛むほどに食材同士のハーモニーが気分を上げてくれます!一歩間違えれば弾力の強さが際立ってしまう”ささみ”をこんなにも繊細な料理に仕上げてしまうシェフの腕に脱帽! ⑤スープ「白菜のスープ」×「釋永岳 gen bowlgen 薄鉢」 白菜を少量のベーコンと共に煮込み塩味を抑え白菜本来の甘味を楽しむ一品!スープはどれだけ美味しくても少量で頂くのが一番!...

French dinner seafood "house sitting" Izu peninsula along with the Japan tea to entertain! ◆ part two •

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設されているフレンチレストラン「やまもも」でのバースデーディナー後編となります! こちらのレストランでは京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村 勉 (Tsutomu Nishimura)Menu dedicated to chef tea "tea pairing aya / Sai "in mountain received the impression that this Chef、The most famous tea adopted only a Shizuoka Japan tea、静岡茶のティーペアリングと共に楽しめるコースを用意されています! 今回「坐漁荘」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器と「やまもも」の素晴らしい料理をコラボしていただくことに! 「やまもも」では、Ceramic inter-relation between the Izu and distinctive instrument originally ordered by "Kamachi pottery shop.、Also、The generator Niijima glass collected at the coast of the Izu Islands, including great instrument has been adopted、この日は一部の器をわたし達が持参した器に変更してくださっています!久々の『器と旅するシリーズ』です! [やまももSpecial Dinner Menu] ⑥「キノコのテリーヌ 西伊豆産黒米のおこげ 貝柱とキノコの餡」 キノコと貝柱、The tender white fish Terrine、Nishi Izu terraced rice for rice to finish、Weekly us enjoying the texture and crunch! The last bite、By squeezing a lime marinated、さっぱりとした後味とまろやかな料理の輪郭がハッキリと仕上がる面白い味変になります! <和烏龍あおい(島田)> 同じく「カネロク松本園」の発酵熟成させた世界農業遺産最高位認定の和烏龍茶!発酵を浅めに抑えてあるため、Chinese oolong tea and the gang differences、Even those who love green tea astringency、えぐ味は一切感じずに華やかな香りを楽しめます! きのこや貝柱の旨味をスッキリとさせ旨味に渋味を加えることでコクを感じさせる意味もあり合わせた一杯! <シャブリ・プルミエ・クリュ ラ・フォレ / ドメーヌ・ヴァンサン・ドーヴィサ(Chablis 1er Cru“La Forest Domaine Vincent Dauvissat)> ミネラル感溢れる極上シャブリを貝の旨味と掛け合わせて楽しむ一杯! ⑦「特薦魚のポワレ ベルモット」×「釋永岳 mars 平皿mars himawari」 伊豆といえば金目鯛!ということで、Body moist、Sauteed snapper finished the skin surface to crisp the grilled Eggplant、Along with Brussels sprouts、You will be in a rich Vermouth sauce! Finishing and sprinkled powder Baked Eggplant、ふんわりと残り香が楽しめます!...

French dinner seafood "house sitting" Izu peninsula along with the Japan tea to entertain! • Part I ◆

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設されているフレンチレストラン「やまもも」にてバースデーディナー! 天然記念物「山もも」の巨木が群生する広大な自然庭園内に佇むことから付けられた店名「やまもも」では料理長である山本晋平/Shinpei Yamamotoシェフが腕を振るう伊豆高原の海の幸と静岡の厳選素材を用いりフレンチのテクニックと日本の魂を掛け合わせ「和魂洋才」で織り成す伊豆ならではのフレンチが頂けます! また京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村 勉 (Tsutomu Nishimura)Menu dedicated to chef tea "tea pairing aya / Sai "in mountain received the impression that this Chef、The most famous tea adopted only a Shizuoka Japan tea、静岡茶のティーペアリングと共に楽しめるコースを用意されています! 1階フロアは緑豊かな庭園と本館が望め純和風の茶室を設けた落ち着き溢れる空間となり、In the evening of the day、台湾からの団体客で賑わい華やぐ店内! わたし達は2階の個室「蕾」に案内していただき山本シェフおまかせのフルコースを頂きながら、1つは「ティーペアリング」3,500円をもう1つは「ワインペアリング」9,500円を合わせてオーダー! また同じ2階には、There are 6 counter seats spread over the sea of Izu、ヴィラ宿泊客限定で提供される「鉄板焼」も大人気メニューです! 今回「坐漁荘」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器(※後編で登場します)と「やまもも」の素晴らしい料理をコラボしていただくことに! 「やまもも」では、Ceramic inter-relation between the Izu and distinctive instrument originally ordered by "Kamachi pottery shop.、Also、The generator Niijima glass collected at the coast of the Izu Islands, including great instrument has been adopted、この日は一部の器をわたし達が持参した器に変更してくださっています! 久々の『器と旅するシリーズ』です! 今回は特別に日本茶のティーペアリングについては山本シェフ自らが料理と共に紹介してくださりワインペアリングについてはテーブルを担当してくださるホールスタッフの永田良太さんがサーヴしながら説明してくださいます! [やまももSpecial Dinner Menu] ①「戸田の本エビと人参 メヒカリ 伊豆のお米とひじきのチップス」 最初にテーブルに用意されたのはレストランで取り扱う無農薬野菜を栽培され三島の鈴木 達也 (Tatsuya Suzuki)さんが手掛ける「フードカルチャー・ルネサンス」の現在の畑を肌で感じて頂くようにとオクラの下にマリーゴールドが咲き乱れ華やかさと儚さが混在する様子をそのままイメージされてのあしらい! 曲げわっぱにアイアンを施した2段重ねで和のアフタヌーンティーセットのような飾り台。In the upper、小枝に刺した軽やかなメヒカリのフリットを添えて! 下段には戸田の特産である本エビを藤枝の日本酒や醤油にて軽くマリネ本エビの甘味を人参のムースの甘味と合わせて楽しめる一品!伊豆のお米とひじきを合わせてチップにし西伊豆の伝統食品となる潮鰹をフレンチの調理法となるブランダードで仕上げ塩辛さと奥深い味わいを楽しめます! 日々畑に足を運ばれる山本シェフが現状の畑にフェンネルの種が豊富だったことから卓上に添えてくださったドライ状のフェンネル・シード!「良かったら食べてみてください!」とシェフに誘われ一粒パクリ!お口の消臭効果のようなものを感じる爽やかさと甘味!スパイス好きには堪らない粋な演出です! <焙じ茶(藤枝)> 藤枝市瀬戸谷で、40年間無農薬で自然のサイクルを大切にされながら栽培されてきている杵塚さんが運営する「人と農・自然をつなぐ会」の綺麗な味わいを楽しめるお茶で最初の一杯は彩り鮮やかな焙じ茶にヴィネガーを合わせて!香ばしさの中に爽やかな酸味が広がり食前茶として食欲を掻き立てます! <Champagne ボランジェ(Bollinger Special Cuvee...

58 ° Grill lunch at French Grill Michelin star chefs

「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」の中庭に面したモダンなスタイルのフレンチレストラン「Fifty 8 Degrees Grill at Mandarin Oriental Pudong, Shanghai(58°グリル)」にてランチタイム! こちらのレストランは、France cooking "Alan-passer (Alain Passard)" and Guy Savoy (Guy Savoy)、Pierre Gagnaire (Pierre Gagnaire) and renowned restaurant、2One supervised by Richard eckeba of the Netherlands who won the Michelin-starred chefs-Star (Richard Ekkebus)、フランス料理の伝統技術を基本としたグリル料理を主軸に提供しています! Director of Marketing CommunicationsのAngela Caiにレストランのお勧めランチメニューを伺いながらオーダーしシェアして頂きます! [Fifty8° Grill Lunch Menu] ①「グリーンアスパラガスとグリーンサラダ マスタードドレッシング(Green Salad with Chia Seeds & Mustard Dressing)」 色味の美しいボリュームサラダは、Green asparagus and sliced lengthwise、Along with Chia seeds morimori green salads and fine Super food! Become a micropakchee smell good accents、マスタードのドレッシングで風味を増した食感の良いヘルシーサラダです! 午後のひとときを楽しむためにも軽やかなリースリングを合わせて乾杯! ②「ハマチのカルパッチョ トマトとラディッシュ(Raw Hamachi with Heirloom Tomatoes,Radishes&Mild Chili)」 プリプリの新鮮なハマチはスライスしたカラフルなミニトマトとラディッシュと合わせてピリッとスパイシーなサラダ仕立てのカルパッチョに!薄くスライスしたフェンネルとマイクロパクチーを添えて香りも楽しめる絶品サラダ! ③「ブッラータチーズとトマトと西瓜のサラダ(Burrata with Compressed Watermelon,Tomato & Black Olive)」...

Birthday lunch in the castle restaurant blooming Crape Myrtle "now and forever".

Sat quietly as mokuren's Hamamatsu Kita Toda、重厚感たっぷりと存在感溢れる古城のような「カフェ&レストラン 連理」へ!およそ3,000坪に広がる農園と庭から眺めることのできるシンボルツリー「連理の木」がまた素晴らしいロケーションとなり我が家の愛車が映える風格を持ち合わせています! こちらは岐阜や多治見で修行された後「グランドエクシブ浜名湖」内のイタリアン「グランドエクシブ浜名湖 ルッチコーレ」にて経験を積みイタリア料理とフランス料理の基本を学んだ尾上成彰さんをシェフを迎え入れ、 2013Since December 3, (Tuesday) as a French restaurant "café & restaurant now and forever" reopening are、Centered on the vegetable garden by the fusion of Eastern and Western colonial France cuisine、浜松で非日常的な雰囲気を味わえるレストランとして人気を誇っております! 広々とした敷地内に古城のような佇まいで、Other locations that are not made、Taste、Cospa、And the personality of the chef、Excellent balance in all、In Hamamatsu we best and favorite to become the restaurant、Also one of the legs to carry friends from far away and can recommend restaurants。The nice atmosphere of the night、やはり緑豊かな庭園を望める午後のひとときも心地良くお勧め! 今時期は、To spend time overlooking the interior courtyard of Crape Myrtle flowers、8/14Will celebrate the birthday of the 42-year-old husband, book in advance and leave it to the Onoe chef、スペシャルなランチコースをオーダー! また、 Lade planning to cheer the Toyama writers from previous series travels with said Onoe chef and also trying to practice for、今回は新作も含めた作品と共にコラボしていただきます! [Special Lunch Menu] ①「鯰のエスカべッシュに冬瓜 梅の肉 唐辛子」 鯰のエスカベッシュは、Plum liqueur soaked pulp in a refreshing taste and、The winter melon under cooked in spices、Cold put on a roasted pepper with accent strap with tile、夏に減退してしまう食の細さを香りと共にリカバリー! ②「豆腐のム-スと生しらすのエクレア 浅利 アスパラ 浅利のサバイヨン」× 器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga)(SCHALE シャーレ) 亜麻仁を乗せて焼き上げたサクサクと香り良いエクレアに豆腐のムースと生しらすを忍ばせていただくクリーミィーな浅利のサバイヨン!大粒の浅利は身がプリプリで、Entanglement and a thick Sabayon feel the flavor of the clams well、アスパラのシャキシャキ食感と共に楽しめる一品!釋永岳のリバーシブルで使えるシャーレの黒釉面に鮮やかなアスパラガスがとても美しく映えています! ③「バターナッツの冷製ス-プ 大豆の泡カプチーノ仕立て」 甘味が立つバターナッツ南瓜は冷製に仕上げ上に添えた大豆の泡と一緒にいただくと風味豊かで濃厚ながらに後味をさっぱりと仕上げた一品! 「バゲット」 今年の4月から我が家のお気に入りの「とあるブーランジェリーのバゲット」を仕入れていただいており熱々で提供されるとその湯気と共に香りが立ち込め良い香り! ザクザク、Crisp! And it sounds、噛めば噛むほどに甘味が感じられます! ④「甘鯛の鱗かりかり焼き おぼろ昆布添え ブ-ルブランソ-ス」× 器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga)(ÁGE アージュ)&(新作 MARS マーズ) 甘鯛の鱗かりかり焼きはわたし達の大好物! 富山土産でお渡しした”おぼろ昆布”を香ばしく炙り、The walls like they likening tilefish! Good crisp texture of finished in parisparis scales、身はふわっふわの絶妙な火入れ! こちらには、Previous、Please fit the griddle Onoe chef cooking provided 直伝 recipes for beurre blanc sauce、Serve potato or okra was soggy and、サクサクの十六ササゲと共に楽しみます! 釋永岳の代表作でもある年輪模様のアージュと、The instrument expressing the harshness of craters on Mars was born in new、波打つようなおぼろ昆布のコラボが美しい仕上がりです! ⑤「ショ-トチャックテ-ルフラップのロ-スト」× 器Shimoo Design(下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo) / Shimoo Saori (Saori Shimoo))浮様丸皿&浮様リム皿 肉厚なザブトンに香ばしくローストしたプリプリのオマール海老と帆立、Align the torotoro texture roastitidik、ジューシィな茄子を器にラタトュイユを乗せてポルト酒の赤ワインソ-スで楽しみます! 全てを少しずつ取り合わせいただくことで生まれる深みのある味わいのハーモニーが最高! 自然な木目の美しさを浮き立たせる「浮造り」と「根来塗り」双方の技法を取り入れた浮様の器に木株のように存在感のあるザブトンが鎮座しています! ⑥「フォンダン・オ・ショコラのバースデーケーキ」 旦那様の42歳の誕生日を祝うバースデーケーキは、Freshly baked piping hot one fluffy thick fondant au chocolat can enjoy food! At the finish of the pulp、濃厚でありながらも軽い口当りでペロリと平らげてしまいます! ⑦「ドラゴンフルーツとピスタチオのアイス」器釋永岳(THIN...

Scroll to top