Michelin one-star six Bliss surround and wood French Le Sputnik foodies want their birthday lunch

昨年2014年5月にこちら「東京ミッドタウン」内の「ザ・リッツ・カールトン東京」にて開催された 「マセラティジャパン株式会社」主催の「マセラティ100周年記念パーティ」ぶりの六本木。 This day teaser for foodies、六本木のミシュラン1つ星のフレンチレストランにてランチと参りましょう♪ 5年連続ミシュラン1つ星に輝いた代官山のフレンチレストラン 「Le jeu de l’assiette ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」でシェフとして務められた髙橋雄二郎シェフが2015年7月20日に独立しオープンされたフレンチレストラン「le sputnik ル・スプートニク」。 Place、六本木7丁目の「東京ミッドタウン」から道を挟んで向かい側にある細い路地を「国立新美術館」方面へ進んだところの新しいビル「リッモーネ六本木」の1Fに位置しており六本木駅より徒歩5分圏内という好立地です♪ 店名の由来となった「sputnik(スプートニク)」は、 Is the world's first unmanned satellites of the former Soviet Union named、もともとロシア語で「同行者・旅の連れ」を意味する言葉となりますフランスでは定冠詞「le」を付けて使われているため「le sputnik ル・スプートニク」としています。 Respect the avant-garde, flexible attitude of France's recent words in other countries to their word、 That want to try new traditions of France dishes while also feeling trapped、 And the new proposal comes from the traditional companions、To enjoy the fleeting trip named hope。 髙橋雄二郎(Yujiro Takahashi)プロフィール 1977年福岡県に生まれ、After graduating from college to College of culinary arts。 France food is apt to study、And training at the Tokyo restaurant、2004In France。 3つ星レストラン「Le Pavillon Ledoyen ルドワイヤン」をはじめ、Bistro、Boulangerie、Pastries, etc.、 EESC specialized in each area.、2007Come back in。 シェフを務めた「Le jeu de l’assiette ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」では5年連続ミシュラン1つ星を獲得。 2015In July, the independent、六本木にフレンチレストラン「le sputnik ル・スプートニク」をオープンし、To the present。 2001年 都内レストランで修業 2004年 ルドワイヤン(3つ星レストラン) シェ・ラミジャン(ビストロ) メゾンカイザー(ブーランジェリー) パンドシュクル(パティスリー) 2007年 ヌーヴェル・エール(1つ星レストラン)丸の内 スーシェフ 2009年 ル・ジュー・ドゥ・ラシエット(1つ星レストラン)代官山 シェフ 2015年 ル・スプートニク(レストラン)六本木 独立オープン オーナーシェフ 白を基調としシンプルながらに、Calm spaces using a binary search tree。...

Yugawara French "HERLEQUIN BIS" It is surrounded by a taste full of bamboo forest bliss birthday lunch

Quietly nestled at the foot of Mt. Hakone Taikan Yugawara-machi。 歌集「万葉集」の中で、As the only hot spring well written,、In the drift of the many patronized by many ancient history and culture。 Well as a hot-spring resort name、In four seasons as the town to the sea and nature、Still adored by many people、 Is indispensable to events such as the anniversary couple we post anyway。 This time、To celebrate the birthday of my 42-year-old travel、旦那様が連れ出してくれた熱海・湯河原の旅。 By always taking in Yugawara place、 我が家の愛車であるマセラティ3200GTのブーメランと共に1枚♪ 湯河原に出向くと必ず訪れるフレンチレストランがあります。 Narrow steep path uphill.、Surrounded by bamboo forests, and create a fantastic world of、 日本情緒と洗練された和の技法を取り入れた本格フレンチを提供してくれる「HERLEQUIN BIS エルルカン ビス」オーナーシェフの伊東淳一さんは、Left the old good emotional Yugawara, Favorites、 自らが運営していた東京・恵比寿のレストラン「HERLEQUIN エルルカン」を9年でクローズさせ、 Very new、2006年3月にオープンさせたフレンチレストランです♪ 以前の駐車場は、Down the steep side slope than in stores、There was a little bit away、 Now、Secured parking and spacious store kosaka came up on the left、 以前よりも停めやすくなっています♪ 駐車場より歩き、Stone stairs going down.、Gravel's approach, which becomes、Come to the entrance of the restaurant a point。 The retreat-like atmosphere and superb location、 Having more fans to visit from far away、Restaurants know。 わたし達夫婦も2010年11月の誕生日旅行を機に足を運ぶようになり、As early as 5 years is flowing。 Enjoy the four seasons of Yugawara、 伊東シェフが織りなす優しいフレンチをいただくために定期的に足を運んでいます♪ 「HERLEQUIN BIS エルルカン ビス」のコンセプト紹介 「エルルカン ビス」が継承する本格フランス料理には、 Japanese Japan emotion becomes graceful and refined technique is hidden。 It's、Communicated only to the mouth of the essence。 Capped who come only to deliver、Is the spirit of hospitality。 And、Taste the Yugawara land of fresh seasonal ingredients and、 One of those able to offer to our customers also the history and culture of。 「日本の伝統的技法」と「おもてなしの心」 そして「新鮮な食材」がトリコロールとなって「エルルカン ビス」が存在するのです。 Such a thing、Taste of space and well-being through、 Always connection of people to want to believe。 Shop、White stucco walls lined with natural stone resting on floor、 Dark stained glass window overlooking bamboo groves, the table provides 45 seats、 Savor the extraordinary time, quiet、An elegant lunch begins。 Elegant bamboo forest filled with the taste of Japan、 Chef Ito thinks that there is a "heart of stillness" and "a heart of movement" that Japanese people originally have.、 Here you will、Emotional to eliminate useless things, order only what you really need、 During the course of the time rich and spacious、Is being wished for enjoying the moment to feel happy。 Utilizing the technique of Japan food serving France、 Utilizing the land of Yugawara、You can enjoy France cuisine made with fresh seasonal ingredients。 Lunch menu、Following two courses there is.。 今回もバースデー記念ということで「陽射しの中で宵の趣を」5,400円をオーダーしています♪ (※サービス料別10%)...

Scroll to top