尼泊爾 tribuvan 國際機場到泰國素萬那普機場

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へ渋滞もなく到着!最後の最後まで天候に恵まれこの日も格好のフライト日和です! 一同、他們的行李, 手、Departure airportへ向かいます! 空港内では象足のように腫れ上がった負傷中の両足首の負担を軽減させるために車椅子を申請していただきました! 偶然にもナレス(Naresh)さんと内藤ゆみ子(Yumiko Naito)先生の知る著名な写真家の大村次郷(Tugusato Omura)さんに遭遇しました!大村(Omura)さんは、由一個主要在亞洲活躍的攝影師、1977年には「聖なるカトマンズ ネパール(山と溪谷社)」というネパールで撮り納めた写真集を出版されています! 行きと同じく帰りの便も「タイ国際航空」にてタイの首都バンコク(Bangkok)の「スワンナプーム国際空港」でのトランスファーとなります! 車椅子は最優先にて案内していただけるようで、當大家都在看、第一次登機 如果你不能攀登梯子是靠自己、即使用樓梯升降機可隨身攜帶輪椅、我慢慢地被武力的無助的手上去了! 你最好趕緊急躁等待其他乘客去和、"慢慢地, 我沒事! "和機艙船員不斷服務員給我們! 身體殘疾的人通常什麼感覺不、可能會收到這樣的感覺。這一次,、它在巡演時傷了腳、我們很抱歉對旅行團的不便、在不便、能觸及每個人的善意、像這樣的場景將去滿足、只要我想成為的人可以採取行動取代自己與所有。比什麼都重要、我的丈夫是最接近、我的分鐘、我無法入睡在痛苦我的腳涼快、我與我跳舞, 以利用、真的救了我的恩情! 偶然、"我不知道, 如果老年護理安全現在? "過rimashita 頭、全てお互い様の精神で生きていければ幸せですね♪ 窓から伺えるカトマンドゥ(Kathmandu)の景色ともお別れです!フェリベトウラ!(फेरि भेटौला)また会いましょう! 座席も最前列にしてくださったおかげで、你可以自由伸展你的雙腿、俯瞰飛行, 並告訴醫生, 以防止壓迫! 小屋總是希望酒精、從淘汰賽它需要幾天的禁欲。為肉桂與大量的好溫暖的霜凍 (尼泊爾奶茶)。、ほっこりと身体を温めます♪ 「タイ国際航空」の機内食はいつも楽しみにしています!今回はチキンを選びました! バンコクの「スワンナプーム国際空港」までおよそ3時間30分のフライト。照片看、楽しかったネパールツアーを思い返しながらのフライトとなりました!...

從 tribuvan 國際機場在佛陀喬達摩佛機場空氣中

尼泊爾 4 天早上、宿泊先の「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」を6時30分に出発しツーリングバスにてカトマンドゥにある「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へ向かい、乘坐國內航班、仏教の開祖となるブッダ(Buddha)の生誕地とされるルンビニ(Lumbini)の「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」へ! ネパールルツアー視察団の中に仏教徒の方がおられるということまたガイドのナレスさんのお母様のプレマヤ(Premmaya)さんと妹のリタ(Rita)も亡くなられた御父様の墓参りに行かれるとのことで一緒に仏教の聖地へ参ります!この日の前夜に恐ろしいほどの雷雨に見舞われ、沒睡的大雨聲和風太。、更壞的消息?、由於大雨,愛上一個混蛋、通常ルンビニのタライ平原は湿度も高く40℃超えの猛暑と伺っておりましたがこの日のルンビニは何と30℃近くと快適な気温になっているとのこと! トリブヴァン国際空港の国内線ではフェワ湖(Phewa Lake)を望むリゾート地のポカラ(Pokhara)やトレッキングを目指すルクラ(Lukla)、和、今回の目的地バイラワ(Bhairawa)行などがあります!バイラワ(Bhairawa)までの国内線のフライト料金は、1人当たり24,630円でした! フライト時間はたったの40分ほどですが、目的是在汽車和走崎嶇崎嶇的山路、何と9時間以上もかかってしまうというから驚きです! 早朝出発で朝食抜きだったため空港内にある「Tea/Coffee & Confectionery Shop」にて軽食を購入します! 軽食は、三明治和炒飯、但摘桃子、避免生蔬菜、 咖啡和甜點。 RS。 300"杯美式咖啡"(日元日本約 320 日元)、「生クリームコロネ」200ルピー(日本円にして約214円) ザックザクの生地で少々固めのコロネには、鮮奶的油是太豐富了 ! 咖啡是熱的和令人驚歎。、良好的嗅覺和味覺、バランスの良いコーヒーです♪ 空港内には、配備水箱、帶你的寵物如、自由に給水可能です! ウェイティング中に不思議なご縁で、從座位的後面坐著、我聽說日本的詞 ! 他給我們講故事、京都からいらした岸田ひとみさん御夫妻が留学生として迎え入れたジュムラ(Jumla)村出身のAp Adhyaya Devkotaくんの故郷に初訪されるとのこと!岸田さん御夫妻もネパールは初来訪とのことでとても楽しみにしていらしたそうです!出会いを記念して皆で記念撮影!ナマステ!(नमस्ते)こんにちは! 「ブッダ航空(Buddha Air)」のボーディングタイムを待ちますが、無能的國內飛行時間是的 8 看來 (笑) 飛行 851 號登機時間:15為指向、万全を期して待ちましょう! ターミナルビルから飛行機搭乗口まで移動するランプバスに乗り込みます! ランプバス内にてツアーメンバーの点呼をし、確保每個人都騎在平安 ! 所以一天晚上在藍毗尼、你讓我的恩寵商譽秦養老金擁有者手提箱放、1泊2日分の着替えと身軽な旅になりました! ガイドのナレスさんは、尼泊爾,和日本日本以及英語流利、與土耳其美到下一個故事了、我們充分利用 ! 告訴你我們也經營在卡帕多西亞土耳其朋友的洞穴酒店、「トルコはいつか行ってみたい国の1つです!」とここでもまた素敵なご縁をいただきました♪ ブッダ航空(Buddha Air)ATR 72 9N-AJO 全長27,166 m(89 ft 2 在中),、6枚翅のプロペラ機となります! 機内の定員は最大74名、它是小飛機左兩個席位每個和將 ! 飛行時間是 40 分鐘,有時短、當然沒有飯、ミネラルウォーターの配給とブッダ航空の飴1個となります! 雲海上からはヒマラヤ山脈がお目見え! あっという間のフライトでルンビニ(Lumbini)を目指すための「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」へ到着です!まるで蛇のように流れるティナウ川(Tinau River)の他には木々に囲まれた緑豊かな大自然が見られます!...

泰國素萬那普國際機場抵達尼泊爾 tribuvan 國際機場

タイの空の玄関口となるバンコクの「スワンナプーム国際空港」より「タイ国際航空」のトランスファーにて「ネパール連邦民主共和国」へ旅立ちます! 時刻はタイ時刻の朝9時35分に搭乗時刻を迎え、10時15分発のTG319便・Boeing 777に搭乗! 今回ネパールツアーをご一緒する皆さんに加えタイから合流された桐原悦雄さんを含め計14名での出発です! ネパールの首都カトマンドゥの「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へはフライト時間3時間25分を予定しており、完美的天氣、安心安全の快適なフライトです! ネパールの首都カトマンドゥの街並みが見えて参りました!ネパール盆地を流れインド・ビハール州を通って「ガンジス川」に合流する河川「バグマティ川」が流れています! ネパール時間の午後12時35分に無事到着! ネパールの気候は、6月~9月前半が雨季となり、9月中盤~5月までは乾季となりますわたしたちが訪れた9/9は丁度乾季に突入するシーズンとなり気温は最高32℃前後最低20℃前後となり湿度が日本のようには無いため比較的過ごしやすく恵まれた気候です!日本との時差はさほど無く-3時間15分となります! 「トリブヴァン国際空港」は現在ではネパール唯一の国際空港となり「カトマンドゥ空港」と呼ばれる事もあります国際空港とはいえさほど大きくない空港のため移動がとてもしやすいです! 出迎えてくださる神鳥ガルーダ像の前にて手を合わせてナマステ(नमस्ते)!(こんにちは!) 出入国審査カウンターへ向かいネパールへ入国しますネパール入国にはビザが必要になります。這一次、Maharjan 奈爾斯 (Maharjan 納雷什)さんが事前にツアーメンバー全員分のビザ申請をしてくださっていたおかげでスムーズに入国できました! 2階から1階へ手荷物受取場(Baggageclaim)にて自身の荷物を受け取りましょう受取の際には必ずスーツケースに故障等が無いかお調べ下さい空港外では観光客の客引きの姿も多く見られます優しい声で話しかけられ親切心で荷物を持ってくれると思ったら大間違いなため注意が必要です!自分の荷物は自分できちんと守りましょう! 今回のネパール視察ツアーをネパールの民間放送で取材してくださるテレビ局のカメラマンのグンラジュ・シャカ(Gunaraj Shakya)さんもカメラを抱えて出迎えてくださいました!シャカさんは、參觀期間、要所要所で同行され日本人が視察に出向いている状況を編集し放送してくださるとのこと!海外での民間放送に出演するのはこれで2回目となります♪ 家族や友人のお出迎えや客引き等で地元ネパール人が多く出迎える玄関口は人で溢れかえっております! 現地ではナレスさんのお母様のプレマヤ(Premmya)さんと妹のリタ(Rita)が手厚く出迎えてくださいました!ツアー中はツーリストバスとドライバーをチャーターし移動します! ネパールの交通機関は整っておらず鉄道はありません主要な街にはローカルバスまたは乗合のジープやトラックタクシーが走っていますがグループで滞在する場合は人数に応じて車を用意すると良いでしょう! 日本ではあまり考え難いのですがスーツケースはバスの屋根に乗せていきます舗装されていない悪路で荷物を振り落とされないようきちんと場所を確保してもらいましょう! ネパールの風習でナレスさんのお母様より歓迎の儀式を受けマフラーのようなカラフルな「カダ(布)」を首に掛けていただきましたネパールではゲストを歓迎する時や旅の安全を祈願する時旅の終わりの無事を祈る時など想いを込めて「カダ(布)」を首から掛けてくださるそうです!温かな歓迎を受けいざネパールツアーの始まりです!...

滾動到頂部