法式晚餐海鮮 "房子坐" 伊豆半島與日本茶一起娛樂! ·第一部分

位於伊蘇-高原海岸溫泉的豪華酒店 "abba 度假村 – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設されているフレンチレストラン「やまもも」にてバースデーディナー! 天然記念物「山もも」の巨木が群生する広大な自然庭園内に佇むことから付けられた店名「やまもも」では料理長である山本晋平/Shinpei Yamamotoシェフが腕を振るう伊豆高原の海の幸と静岡の厳選素材を用いり、弘揚法國技術與日本的精神、「和魂洋才」で織り成す伊豆ならではのフレンチが頂けます! また京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村 勉 (勉西村)主菜茶的功能表 "茶搭配雅 / 賽 "在山上收到的印象是, 這個廚師、最有名的茶只採用靜岡日本茶、静岡茶のティーペアリングと共に楽しめるコースを用意されています! 1階フロアは緑豊かな庭園と本館が望め、充滿了不安的風格茶室的空間、在白天的傍晚、台湾からの団体客で賑わい華やぐ店内! わたし達は2階の個室「蕾」に案内していただき、山, 而這個廚師的 omakase 課程、1一個人必須打一個戒指3500日元、もう1つは「ワインペアリング」9,500円を合わせてオーダー! また、在同一棟二樓、有6個櫃檯席位散佈在伊豆海、ヴィラ宿泊客限定で提供される「鉄板焼」も大人気メニューです! 今回「坐漁荘」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器(※後編で登場します)と「やまもも」の素晴らしい料理をコラボしていただくことに! 「やまもも」では、伊豆島與 "卡馬奇陶瓷店" 最初訂購的獨特樂器之間的陶瓷相互關係。、還、在伊豆群島海岸收集的發電機 niijima 玻璃, 包括偉大的儀器已經被採用、この日は一部の器をわたし達が持参した器に変更してくださっています! 久々の『器と旅するシリーズ』です! 今回は特別に、對於日本茶的類型環、由廚師介紹的山本菜、關於葡萄酒搭配、テーブルを担当してくださるホールスタッフの永田良太さんがサーヴしながら説明してくださいます! [やまももSpecial Dinner Menu] ①「戸田の本エビと人参 メヒカリ 伊豆のお米とひじきのチップス」 最初にテーブルに用意されたのは、這家餐館裡有種植的無農藥蔬菜嗎?、三島の鈴木 達也 (鈴木達屋)さんが手掛ける「フードカルチャー・ルネサンス」の現在の畑を肌で感じて頂くようにと、秋葵下的萬壽菊綻放、華やかさと儚さが混在する様子をそのままイメージされてのあしらい! 曲げわっぱにアイアンを施した2段重ねで、餐桌裝飾, 如和下午茶套裝。在上部、小枝に刺した軽やかなメヒカリのフリットを添えて! 下段には、在 toda 清淡富士達的特產和醬油醃料中的這種蝦、在這個蝦盤裡, 與胡蘿蔔慕斯的甜味一起享受! 伊豆米、海魚和海屑、最後與白蘭地潮波尼托和法國菜譜的西伊祖的傳統食物、塩辛さと奥深い味わいを楽しめます! 日々、山運載了到領域這個廚師、在現狀的領域, 從漏斗種子是豐富的、卓上に添えてくださったドライ状のフェンネル・シード!「良かったら食べてみてください!」とシェフに誘われ一粒パクリ!お口の消臭効果のようなものを感じる爽やかさと甘味!スパイス好きには堪らない粋な演出です! <焙じ茶(藤枝)> 藤枝市瀬戸谷で、40年間無農薬で自然のサイクルを大切にされながら栽培されてきている杵塚さんが運営する「人と農・自然をつなぐ会」の綺麗な味わいを楽しめるお茶で、第一杯第一種顏色生動///馬魯伊適合醋! 在味道清爽的酸度傳播、食前茶として食欲を掻き立てます! <Champagne ボランジェ(Bollinger Special Cuvee...

只園也法國的魅力, 創新的茶配對傳遞給世界!

高級飲食店が立ち並ぶ京都祇園の一角にオープンしたフランス料理店「祇園MAVO」のオーナーシェフ西村 勉 (勉西村)只是保持構想、試行錯誤の末に完成させたフレンチと融合する日本茶の新しいカタチを伝えるプロモーションビデオがお披露目の時を迎えました! 西村シェフは小田原より祇園に移り、2014自7月14日起, 重新開放為 "只園 MAVO。、強烈的感覺 "意味著留在京都。、日本茶葉生產的宇在京都的大茶也被認為是 "物質"、在意義上煮茶烤、嘗試不同的提取方法、 溫度、 香料、 香草和芳香、料理全てに合わせる「pairing tea」を造り上げて来ています! フランス料理のコース一皿一皿に日本茶を主軸とし、那對茶 "茶配對綾 / 西 "是、作為愛的酒, 我們還有超過1、味わったことのない日本茶のフルコースです! オープン当初、西廚師愛不 andanalyzed、從那職員工作了作為茶大師並且命名了 "宮綾"、"無法完成沒有她, 說:" 熱感謝、配對課程命名為榮譽她的名字 "茶配對綾 / 綾 "和命名、そこには「食卓を彩る」という意味合いも込めて提供! 西村シェフがこの「tea pairing aya / 綾 "上、這是我熱情地向我們 "在你想要的形狀! "這是諮詢、兩年前可能是。在那裡、主人が親しくしており浜松でも活躍されている映画監督の鈴木 研一郎 (鈴木佐佐)你會和、西廚師的故事 "茶配對綾-日本茶新形狀" 將生產、ようやく完成致しました! 世界中の方々に届くように、因為它是伴隨著日本的敘事容易閱讀的英文字幕、一人でも多くの方にこのPVを観て頂けたら嬉しいです! tea pairing aya / 彩 プロモーションビデオ https://youtu.be/_N4SocfkM1I...

滾動到頂部