位於加德滿都山谷 "gyrince" Thamel 區的藏菜午餐

在尼泊爾首都加德滿都的心、 世界中のバックパッカーや登山者などをはじめ、遊客聚集。、雑多な雰囲気を醸し出すタメル地区(Thamel Chowk)へ! こちらの地区は、許多廉價的住宿和、從便宜的價格、世界各地的背包客和登山者避難所現在也在尋找、它會在哪裡的便宜的美食世界 ! 作為日本日本、拉麵、烤的雞、巻き寿司などが提供される「東京居酒屋(Tokyo Izakaya)」などもあります! スーパーマーケットの「Shop Right Supermarket」では何でも揃います!100円前後で購入できるバラマキ用のお土産が必要な方は立ち寄ると良いでしょう! 観光客が多いこともありショップも軒並み連なります! 人力三輪車リクシャー(Rickshaw)は、異國情調是有用、有師爺觀光的遊人學習為、事前にきちんと価格交渉を行いましょう! 格安宿や土産物屋、Thamel 區林立的餐館提供國際美食。特に登山者向けのトレッキング用品やスポーツ用品店が多い印象です!ツアーメンバーの皆さんはこちらでネパールの伝統的な織物「パシュミナ・ストール」を大量に大人買いされておりました!パシュミナ100%であれば、在日本,成為奢侈品到超過 10000 日元、現地では1枚3,000円程度とお安く購入できます! 今回ツアー中に初めて自由行動となったため、非利士人在 Thamel 區餐館網、チベット料理の有名店「ギリンチェ(Gillingche)」にランチにやって参りました!場所はとても分かりづらく、變得有點從這條路回到設置位置、Google Mapで確認することをお勧めします! カラフルな店内で明るく、對小的午休時間、店内はわたしたち夫婦のみの貸し切り状態!いつもは大勢の人で賑わう人気店のようですがラッキーです♪ アルコールはドクターストップがかかったため炭酸水「キンリー(Kinley)」60ルピー(日本円にして約64円)にレモンをギュギュッと絞っていただきました! 「テントゥク・チキン(Thenthuk Chicken)」150ルピー(日本円にして約160円) 日本でいうきしめんのような、Hoto 像、像烏冬面、甚至像烤寬麵條 (? ) 麵條清湯蕎麥面藏族灌裝正方形 ! 包含了大量的蔬菜和果凍、香料是周到。、鮮嫩可口,像麵條和平原、一些好的厚雞湯、即使你可以吃美味的食物,仍然是溫暖 ! 在你的選擇、添えられた辛味調味料を足して味変すると良いでしょう♪ 「モモ・野菜(MoMo Vegetable Pan fried)」180ルピー(日本円にして約193円) ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。饅頭、烤、深油炸類型和劃分、似乎使用 bean 果醬在水牛城。有干擾成分:、成為我們的主流和辣醬。"類型蒸"沫沫測試在各種餐廳、所以烤、今回は”焼きタイプ”をオーダー! こんがりと焼かれたモモの皮は薄く、在一個脆皮的紋理、選擇你的蔬菜、這麼多的蔬菜,和辣豆咖喱、香ばしさが堪らなく食欲をそそります!添えられるソースにたっぷりくぐらせて頂くと尚美味しいです!モモは日本人にウケる味わいだと思います♪ お腹も一杯になり大満足なところで、位置和旅遊諮詢的成員、ショップ巡りをしていきたいと思います♪...

露臺晚餐在藍毗尼"紮西 Delek 餐廳。

ブッダの生誕地「ルンビニ・ガーデン(Lumbini Garden)」を半日かけて巡り夕刻17時を迎える頃に早めの夕食をいただきにチベット料理とネパール料理を提供するレストラン「Tashi Delek Restaurant」へ!日中の暑さが落ち着き、你設置空氣外面是舒適的露臺、料理ができるまでこちらで一杯やることにしました! ルンビニ・バザール(Lumbini Bazar)の入口にあるこちらのレストランとなります!テラス席へは巨大な扇風機を2台セットしてくださり快適です! こちらでもデンマークのカールスバーグ社との合併会社でゴルカブルワリー社の「TUBORG」と「ゴルカ(GORKHA)」をオーダー!この時、我是中暑樣症狀 (頭暈、 面部潮紅、噁心、劇烈的頭痛),不平衡的條件、因為它不斷被打亂、停止對蘇打汽水啤酒。在這個時候還。、但我是完全不知道這種昆蟲被咬兩個腳踝在禦園、就像已經毒藥吃我的身體。、逐漸成為了症狀惡化 ! 這一次、在藍毗尼旅行時的特殊考慮事項、紫外線対策と虫除け対策が重要視されていたため、UV 噴塗從日本和 bug 噴霧帶來整個身體吹來。然而,、它後來發現的、日本驅蚊噴霧、這似乎對蚊子在尼泊爾工作、這並不有助於多在地理、說到任一、タイガーバームのようなハッカの香りが効果的だそうです! 視察団の皆さんをはじめ最年長の杉山昇さんも体力的に全く問題なさそうで待ちに待ったビールタイムを楽しそうに過ごされておりました♪ 「パパド」南アジアでは良く食されるパパドは、如何根據區域和家像每個、像薄餅乾由豆類或大米麵粉。為制定鹽和香料、享受一脆可口甚至與、ビールの当てにも最高です! トラクターが走り去る道路にはコブ牛が優雅に闊歩する姿が!? 何かに繋がれる訳でもなく、甚至不由人、路上を歩くその姿がゆったりとした空気と長閑な街並みを感じさせてくれました! まるで現地人のようにネパール帽がお似合いの白髪ダンディ岸山惣憲さん!煙草を片手に物思いにふける姿がとても格好良かったです! 食事の準備ができた頃に店内へ入店! 「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」。尼泊爾菜的烹飪、Dal (豆湯)、巴特 (水稻)、Tarkari (配菜)、它是均衡 Achar (鹹菜) 被放置在盤子午餐 ! 這是、豆湯,或堆在盤子上、水稻和被鑄造成位置按類型、見た目も美しく食べやすかったです!ミトチャ!(मिठो छ)美味しい! 「骨付き牛のスパイシー煮込み」骨付きですが、非常放鬆和拉自己已被燜軟、スパイシーさが後を引く美味しさです! 「野菜のスープ」主食の「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」は、熱,我完全吃、戰神的指南請、我只是不得不單獨訂購湯。可能不是嘴只有大約一半、胃に優しく染み渡る美味しさで嬉しかったです♪ 主人の食べていた「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」も少しだけ味見させてもらいましたが、餐館、どの料理も美味しかったです! 食事が終わる頃に日も沈み、這裡的點心 ! 回到酒店是步行距離內、經過一天的排程審查、在 7 下午提前解散 ! 醫治病人、補充水分,然後上床早與頭痛的藥物、成為受雷暴像躺在這陽光明媚的一天一夜、薬のおかげでぐっすりと深い眠りに就くことができました!...

滾動到頂部