access a "Amba Taipei Songshan" born good and stylish hotel!

国賓大飯店アンバサダーグループの創立50週年を祝しセカンドブランドとして誕生した新しいホテル「amba(アンバ)意舍」。 Including Zhongshan and Taipei continued、第3弾として松山エリアに2016年7月20日に待望のグランドオープンを果たし「amba Taipei Songshan(台北松山意舍酒店)」が誕生しています! 松山駅(Songshan Station)の2階に直結し緩やかなカーブを描く美しい連絡通路は 「amba松山」の入るビルディングの3階に繋がりアクセス良好となっています♪ エントランスにはamba松山を象徴するサインが掲げられており、 Wood pole wall Cup decorated with baskets that Taiwan's traditional arts and crafts、Greet you in a warmer atmosphere will。 Located on the first floor、台湾でコーヒースペシャリストとして活躍される 日本人の伊藤篤臣 (Atsuomi Itou)さんが手掛ける台湾・阿里山のスペシャルティコーヒーブランド 「Alisan Coffee(アリサンコーヒー)」のアンテナショップが入っており香り高いスペシャルティコーヒーがいただけます♪ ホテルスタッフのCamel Chen(通称:AJ)が爽やかな笑顔で声がけしてくれ荷物をサポートしながらフロントまで案内してくださいます! こちらのホテルスタッフのユニフォームは、And a casual shirt & denim、 親近感の湧くスタイルを取られています♪ エレベーターにて17階のフロントまで上がりチェックイン致しましょう♪ フロントスタッフには日本語を勉強中のスタッフが多く日本語でのチェックインも可能です! 前回訪れた「amba台北西門町(台北西門町意舍酒店)」のフロントにいた 吳宗儒(Victor Wu)がこちらに配属されたようでわたし達を憶えてくれていました!(感謝!) 今回はRooms Managerの蔡筱君(Judy Tsai)がわたし達の取材をいろいろサポートしてくださいます蔡筱君(Judy Tsai)はほんの少しですが日本語が話せるため安心の対応です♪ 天井高7mと開放的な空間を誇り、All window glass in a good vantage point at the front lobby。 Like a huge Lantern hanging on the ceiling lighting、And the traditional crafts and craftsmen have been involved hand-knitted in Taiwan、 By woven baskets from leaking slightly friendly atmosphere。 In the restaurants and the complete trunk tables and Nordic-style rocking chair、 Table games of soccer and there、 決して遊び心を忘れないambaのコンセプトがこちらでも伺えます! こちらからの眺望は松山エリアの賑わう街並みを見渡すことができる他夜はイルミネーションで輝く台北のシンボル「台北101」や 緩やかに流れる長閑な基隆河を眺めることも可能で特に夕陽が美しいとのこと♪ チェックインを済ましたら、Will be guided to your room, this。 Next in line、amba松山でお世話になるお部屋の紹介です♪ amba Taipei Songshan 台北松山意舍酒店 所在地台北市南港區市民大道七段8號 TEL:+886 2 2653 2828 https://www.amba-hotels.com/jp/songshan/...

"The LALU" To a modern resort hotel nestled on the Lake side of Sun Moon Lake

Lakeside resort hotel nestled on the shores of Sun Moon Lake "The LALU (the Larue) Han, AOI House.。 Here is a once in the former President Chiang's Villa.、 Has been used as a place to invite to come visit the vacation or Taiwan Foreign Minister。 After that、Lai I-Chung, 鎰 CEO of village forests right by snahbrandy、 Over about five years, and renovation、2002Plays a long-awaited opening in March。 Hotel、世界的に有名なオーストラリア人の建築デザイナーであるKerry Hill(ケリー・ヒル)が設計を担いデザインのテーマには「シンプル」と「禅」をコンセプトに 「木」、"Stone"、"Glass"、「鉄」の4大資材で構成されたモダンな一流ホテルとなります♪ ホテルの名前は日月潭に浮かぶ小さな島「Lalu Island(ラルー島)拉魯島」から名付けられています。 Sun Moon Lake area is a residential area of Taiwan Aboriginal Thao (Thao tribe).、 「Lalu Island(ラルー島)拉魯島」はサオ族の祖霊が宿る聖地とされているのです♪ 涼しげな雰囲気を漂わせる竹藪を通り抜け車寄せへと進むと大きな鐘が出迎えてくれます♪ エントランスでは、Twitter's bird in the cage、Comfortable and feel good、 And enshrines the two lions (guardian)、Quietly like watching guest。 AKAN (OH) shape, shape with open mouth posture、Mouth closed to UN (I) shape Yes say a "guardian"、 Your "Aun (OH)" means。 And gaping lion right、 願掛けするように世界中から訪れたゲストがコインを置かれて行きます♪ 爽やかな笑顔で出迎えてくれたGeneral Managerの張鍾權(Stanley Cheong)と PR Managerの郭怡君(Jennie Kuo)廖偉立(Willie Liao)と一緒にエントランスにて記念撮影♪ スッキリとシンプルモダンなデザインを用いたフロントカウンターその背景には美しき日月潭が伺えます。 Next to the front desk has a lobby lounge、 通常はそちらでウェルカムティーをいただきながらのチェックインとなります♪ チェックインの前にPR Managerの郭怡君(Jennie Kuo)と 廖偉立(Willie Liao)が簡単に施設を案内してくれました♪(謝謝♪) 建物は「ミニマリズム」と「禅」を建築のデザインの基軸とし、 A building、B building、C building three houses from history.、Boasts a 26690 square meters of total area。 A hotel's room、B Hotel's Spa、Jim、Sauna、Recreational facilities, including a members ' Club、 C hotel is a villa area、Conference room、Library、駐車場などがあります♪ 「台湾の中心にひそむ真珠」と称えられる日月潭が一望でき静かな時を過ごすことができる「The LALU(ザ・ラルー)涵碧樓」建築デザイナーのKerry Hill(ケリー・ヒル)はThe LALU(ザ・ラルー)涵碧樓の建築デザインを「Ongoing Style」と呼んでおり、 Has taken the peculiar style of"forward"。 With its stately building、10 year、20Do not clean even after years、 高い価値を持つ建築物となります♪...

"The Sherwood Taipei" Again to the hotel heartwarming to what seems the home of places!

Altho、His delicate impressions、 As much as there is on the whole seem "journey home"、Hearts hospitality awaits.。 In addition、Proud for comfortably、Provided top notch service、 From domestic and foreign businessmen、Many celebrities to visit、No one becomes prisoner five-star hotel The Sherwood Taipei the Sherwood Taipei West Hua hotel。 Place、6 min walk from Zhongshan in station on the MRT's muzha line、 そして「Taipei SongShan Airport(台北松山空港)臺北松山機場」からは 車で約5~10分の距離となりアクセス良好です。 During the last 1 month stay、Hotel very discreet and I feel、 Also、The hotel's elegant atmosphere and、Peaceful rooms at hotel comfort、 And、"Famous GM" charm and Achim V referred to. Hake(アキム・フォン・ヘイク)の 数々の神対応に魅了されてしまい「また必ず再訪したい」という想いを胸に帰って来ました♪ 広々とした吹き抜けの開放感溢れるエントランスホールでは、 Spread over marble、Profound sense of、綺羅びやかなシャンデリアと巨大なタペストリーに 春らしくオンシジュームと桜の装花でお出迎え!(注滞在時は4月です) ホテル名の「シャーウッド(西華)」とは、Just like its name、The symbol of integration of Chinese and Western culture、 The hotel design and decoration、Also、Furniture and furnishings、And、Specialties and services、 ホテルの至る所において中洋折衷の美が表現されています♪ 創業当時よりこちらに従事され”名物GM”と称されるAchim V. Hake(アキム・フォン・ヘイク)が、 The joy of reunion, in the words、素敵な花束で出迎えてくださいました!(Mr.Achim!Danke schön!) まるで、To know I am preferences、 大好きなピンクとグリーンで統一されたとても素敵なアレンジメントです♪ 入口右手奥に広がるフロントカウンター。 Prior to、The guest available from Europe and America accounted for 7 percent for the entire、 In recent years、And Japan、For guest use from Asian countries also continue to increase、 日本語が話せるスタッフを配されるよう心掛けられております♪ 今回は、At the front, not will loom cel check-in、 In Japanese only、Guest Relations Officerの横地真子(Shinko Yokochi)さんに 客室へと案内していただきます「おかえりなさいませ」と温かく声がけしてくださる真子(Shinko)さん♪ その一言で、After a tiring journey to heal.。 In the frame of the elevator Hall shines beautifully in gold antiqueeurpian、 イギリスのイングランドにある「シャーウッドの森(Sherwood Forest)」を描いた絵画が飾られておりまさにシャーウッド台北を象徴する作品となります!(この画が本当に癒されるんです!) その下には、And Louis 16th period、「手に琴を持つ金銅女神の鐘の時計」が置かれています。 In addition、1875年に作られた「フランス戸棚」には、 Decorated with a pattern of Chinese gardens landscape to emerge on the black surface、Are subjected to a typical European style。 Very valuable paintings remain in beautiful condition and antiques、全てホテルオーナー劉文治(B.V.Riu)のコレクションとなり、 It is possible to watch free in the hotel。...

"Silks Place Yilan" Check-in to the modern hotel features a huge shopping mall

The "English Silks Place Yilan (Ilan silk sprays) Crystal Orchid Hotel"、 Eastern Taiwan's largest amusement spot Luna Plaza (lunaplaza) Orchid Castle Crescent square 6th floor ~ located on the 11th floor offers shopping、And also Japan colonial hotel in the area, such as、You can also explore。 Yilan station is located within walking distance and location approximately 10 minutes ' walk。 This hotel、「FIH Regent Group(FIHリージェントホテルグループ)」が運営する オリジナルブランドホテルとして、2009The first IKEA store was born in October, it will be。 In 2011 would be opening two years later.、An adult concept that focuses on the kids ' families from the modern routes, renewal with change、 今やファミリー向けのホテルとして大ブレイクしています♪ 開放感溢れるエントランスロビー。 1 floor of the hotel's concierge counter only becomes、Reception is located on the 6th floor。 Using the lift should be checked、そのまま6階へとお進みください♪ Marketing Communications Managerの郭穎珊(Mavis Kuo)に紹介いただきMarketing Communications Asst.Managerの林庭妮(Annie Lin)と 日本語が話せるFront Office Managerの陳詩綺(Joan Chen)にご挨拶させていただきました!(你好!) 先ほど送迎の運転手を担当してくれた フロントスタッフの張敬弦(Jack Chang)は台中生まれで、 For vocational high school had been majoring in Japan Japanese、Japan to talk to and very helpful。 宜蘭の大学を卒業され宜蘭の街の豊かさに惚れ込みこちらでの仕事を希望されたそうです♪ 中国様式をモダンにアレンジした素敵なエントランスロビー。 The flower arrangement、艶やかな胡蝶蘭が出迎えてくれます♪ エレベーターでフロントカウンターのある6階へと上がります♪ ホテル6階にあるフロントロビーの天井高は7mにも及び開放的な空間が広がります! カウンター上部に目をやると木彫りで台湾歌劇が表現されており、 Has a very nice look。 And、左右の壁には中国の唐の軍人である尉遅恭と泰叙宝が対照的に配置され門神として鎮座しています♪ 中国の唐の軍人尉遅恭 台湾歌劇 中国の唐の軍人泰叙宝 フロントロビーに設置された巨大な銅鑼は歓迎を意味し、 And the birthday guests、Was given the right to tap into the guest's first visit to the restaurant first、 楽しいイベントとなっています♪ Front Office Managerの陳詩綺(Joan Chen)に担当していただき、...

"Chateau de Chine Kaohsiung" Check-in to the design hotel nestled on the banks of the Love River in Kaohsiung city center

Located in the heart of Kaohsiung、Design hotel was opened, renovated old hotel "Chateau de Chine Kaohsiung (Kaohsiung shuttered SIN) mikegb Taipei Kaohsiung"。 And the Chateau de SIN、In France, "Castle Chateau (Chateau) noble live)" and "de chine (de chine) China)" means、 Hotel chain brand "LDC Hotels & Resorts Group(雲朗観光)」が運営されるブランドのひとつですロゴにはヨーロッパ貴族の盾(Coat of Arms)を描き、 Dragons and Chinese color painted copper strong design、Represents a beautiful fusion of Chinese and Western。 Current、In Taiwan、ヨーロッパの風格を備えた「シャトー・ド・シン新荘」優雅なデザインが特徴の「シャトー・ド・シン桃園」お洒落なテイストの「シャトー・ド・シン高雄」エコ&ロハスを強調した「シャトー・ド・シン花蓮」と全部で4軒「シャトー・ド・シン高雄」は高雄の中心地でありながらも、Located on the banks of the Love River and the lush green Park、 MRTの「鹽埕埔駅(Yanchengpu Station)」からは、2Out of the exit, turn right、Will walk about 3 minutes。 The idea of Japanese architect, Yamane、 The façade was designed entirely glass、For bold changes and marks the night、そちらも楽しみです! 今回高雄でお世話になるホテルはこちらになります♪ 落ち着いた色調で風格漂うエントランスロビー。 The wall in front of the、石造りの高雄市内のマップが設置されていますこちらは観光としてもビジネスとしても利用しやすいホテルとなります♪ ホテルの至る所に、In the owner's collection of works of art are on display、 One of them is designed mountain was placed into the waiting booth metal sofa。 Metal for the、Did not expect seating、I sat on、Very cool with cold、 亜熱帯気候に属する高雄ゆえに、Soaking up the Sun outside the、火照った身体には嬉しいソファとなります♪ 光を使った装飾や芸術性の高い装飾もホテルの魅力のひとつであり、 Lobby height decorated with large Crystal rocks are 6 m、 On the walls、The production of glass and lighting、1時間毎に色合いが変わる光の世界が広がります! 結晶岩前には、A hawk's perch、中国語の「鴻雁来賓」を表し各地から多くのゲストが集まり楽しく過ごせることを意味しています♪ フロントカウンターにてチェックインを行いましょう。 (Check-in time is 15.:00からスタート) こちらには、Front、Staff speaks both Japan reception staff、 For displayed information in Japan、大変便利です♪ フロントスタッフの許華純(Phoebe Hsu)がにこやかにチェックインを担当してくれました♪ 日本語が話せるフロントスタッフの陳耀庭(Derrick Chen)がサポートしてくださるのでお部屋まで案内していただきましょう♪ 客室は7階~11階までとなり、11Provide room type and、All 152 guest rooms and will be。 7th floor of the hotel became the Executive floor、There are lounge and business center。 Now、お次はお世話になるお部屋の「デラックスシングル(Deluxe Single)」の紹介です♪ Chateau de Chine Kaohsiung(シャトードシン高雄)翰品酒店高雄...

"Silks Place Tainan" Hotel to coexist with modern on the theme of the history and culture of old age

The Tainan、And in the ancient city formerly prospered as the center of Taiwan、Known as the "Kyoto of Taiwan"、 The city exists tells the history and culture of various ruins and cultural relics。 From the tasteful atmosphere、Is very popular as a tourist destination、The city is known, both domestic。 This time、We landed first lade (de la) that Tainan! The hotel become indebted "English Silks Place Tainan (Tainan silk sprays)-South Pudong"、 「FIH Regent Group(FIHリージェントホテルグループ)」が運営する5つ星ホテルとなり、 Opening up in 2014、Attracting a big buzz。 Located in Tainan Nakanishi、Become a useful place to visit tourist attractions and shopping、 デパートの「新光三越台南新天地」や商業エリアに隣接しているホテルです♪ シルクスプレイス台南は、Rooted in the local、 The brand philosophy of aiming at "coexistence and co-prosperity" with local、 Incorporating this age-old history and learning throughout the space culture、 "Confucian (jusha) hangs on the subject, and image of ' Confucius Temple (koushibyou).、 現代と古き時代の共存が見られる設計を施されています♪ ホテルへと到着すると日本語が達者なスタッフ総出でお出迎えしてくださいました!謝謝大家! 右から容姿端麗なVIP Service Managerの黃美瑋(Mei Huang)天真爛漫でムードメーカーのOffice managerの林佳蓉(Karen Lin)イケメンで好青年の新人Officeスタッフの吳堉平(Ivan Wu)、 To be surprised、For the above three speaks very fluent Japan language、For conversations that spring is all done without problems in Japan、 とても不思議な感覚に陥りました(笑) Marketing & Communications Managerの姚明瑩(Ariel Yao)は英語での応対となりましたが優しく解りやすく丁寧に話してくれようと努力をしてくれる天使のような女性です! 皆さんの笑顔がとても素敵で旅疲れを癒してくださいます♪ 天井高があり開放感に溢れ、The dignified entrance lobby、 Coexistence of contemporary and old age is seen、And using the design of the Nan South wind (Taiwan-style)、It combines elements of Western and Chinese。 O-Daiko also contains the symmetry on both sides、 Equipped with identical drum has been used during the Confucius birthday ceremony held at the Confucius Temple。 大太鼓はゲストへの【歓迎】を意味します。 Soft natural light stretching from the watermark Kido bespoke image of doors of the private schools、 From the modern and luxury space、どこか心落ち着かせる和のテイストも感じられます♪ エントランスロビーの華やかな装花は、Change its appearance on a regular basis and will be delighted to welcome。 シルクスプレイス台南ではフラワーアレンジメント部隊を内製化されているため、 Decorated with colorful flower arrangements everywhere、日々のケアを徹底されています♪ シルクスプレイス台南にいらっしゃる唯一の日本人スタッフである 小林広樹(Hiroki Kobayashi)さんが挨拶に出向いてくださいました! 小林さんは北海道出身ですが台南の風土や人の暖かさに惚れ込んでしまい、Emigrated with prayer。 現在はシルクスプレイス台南のフロント業務を担当されています♪ フロントカウンター脇には東洋と西洋のお茶文化をテーマとした社交の場として 「T...

Taipei Station directly connected "Palais de Chine Hotel" Check-in to the stately five-star hotel in Europe!

Located on the North to Taipei main station、Taipei City was built as a joint project with the Government of、 Large shopping mall "Q square (cue square) Beijing railway station: Takashi square" in that "Palais de Chine Hotel (paredesin) you Shanghai" is、Connected to the underground station, Taipei, boasts a perfect location。 2010Since opening in may、The hotel attracts attention、 Chen Rui, (Ray Chen) in the prominent architects and designers has been handled、 Décor oozes style of European design。 A red sign emerges around a bustling Taipei main station、 The logo image of stamp、ホテル名である「君品」の文字が一際目立ちます! 「君品」とは、Means "King of quality"、パレデシンは台湾で初のホテルチェーンブランド 「LDC Hotels & Resorts Group(雲朗観光)」が運営される5つ星ホテルです♪ パレデシンの1階はスペースの関係で、Only the Concierge counter seating、 To support the travel guides and taxi、Bertha virus、Banquet reservations are possible。 古い街並みでノスタルジックな雰囲気を醸し出す 人気の観光スポットである九份などへ出向かれる場合などのタクシー手配もされています桃園国際空港までは1,300TWD(日本円:4,680円)で案内されております♪ コンシェルジュカウンター コンシェルジュの本棚はカルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)の図書館をイメージされていますヨーロッパの歴史や芸術がお好きなオーナーの好みに合わせ陳瑞憲(Ray Chen)がデザインしホテル全体に様々な要素を組み込まれていますコンシェルジュの上部にはラテン語で「PLVS VLTRA(Plus Ultra プラス・ウルトラ)」と記されており「もっと先へ」「もっと向こうへ」「更なる前進」という意味を持ち、 Adopted from the personal motto of Carlos、And the motto in the country of Spain、Is the word written coat of arms。 In establishing this term at the entrance、 「何事にも限界を超えろ!」というオーナーの想いが記されているそうです♪ エントランスホールには、Sparkling chandeliers and beautiful velour curtains are placed、 Exhibits of antique wooden horses with presence and、その大きさは何と本物の馬の等身大とのこと! このお馬さんの紹介は後程ホテルツアーにて詳しくさせていただきます♪ コンシェルジュカウンターにて、 Deposits with non-valuable items of luggage、Ask our morning Bell。 Was this day near midnight midnight、ベルサービスは24時間体制で受付けてくださいます♪ ホテル1階からエレベーターに乗り込み、6Go to the floor at the front counter。 Click here 2-4F is a Department established。 Decorated like a Merlot in the mirror in the elevator design、アンティーク風デザインとなります♪ エレベーター内の案内は、And touch screen、 英語・中国語の他に日本語表記もあり大変見やすくなっており便利です♪ エレベーターを6階で降りると、Spread out in front of the front desk lobby。 Colours and shades of dark tones filled with restless、 Using the walls quarried rock walls and chandeliers、And is the image of the European、 Well embraces the new design with the classical elements。 やはり陳瑞憲(Ray Chen)のデザインゆえに光や鏡を上手く使われていますね♪...

"The Sherwood Taipei" Visit everyone is fascinated, first-class hotel to honor "Your Home Away From Home"

Altho、His delicate impressions、 As much as there is on the whole seem "journey home"、Hearts hospitality awaits.。 In addition、Proud for comfortably、Provided top notch service、 From domestic and foreign businessmen、Many celebrities to visit、No one becomes prisoner five-star hotel The Sherwood Taipei the Sherwood Taipei West Hua hotel。 Place、6 min walk from Zhongshan in station on the MRT's muzha line、 そして「松山空港」からは車で約5~10分の距離となりアクセス良好です♪ ドアマンは、Represents a feeling of hospitality from the heart、安らかな笑顔で心地良く出迎えてくださいます♪ 広々とした吹き抜けの開放感溢れるエントランスホールでは、 Spread over marble、Profound sense of、綺羅びやかなシャンデリアと巨大なタペストリーに生花のお出迎え! ホテル名の「シャーウッド(西華)」とは、Just like its name、The symbol of integration of Chinese and Western culture、 The hotel design and decoration、Also、Furniture and furnishings、And、Specialties and services、 ホテルの至る所において中洋折衷の美が表現されています♪ チェックインタイムということもあり、Front、Lobby、And the Concierge Desk、 Even though crowded with many guests and staff、 From the spacious with a high ceiling and spacious space、Unleash the restlessness and、 緩やかな時間に流れる暖かな空気を感じ取ることができます♪ 入口右手には、The Concierge Desk is poised、 Multilingual staff can be arranged、Respond to every request of guests will。 Do Japan speak speaking staff、心強いです♪ 入口右手奥に広がるフロントカウンター。 Prior to、The guest available from Europe and America accounted for 7 percent for the entire、 In recent years、And Japan、For guest use from Asian countries also continue to increase、 To be divided Japan staff、心掛けられているそうです♪ フロントスタッフとコンシェルジュデスクでのお出迎えを担当するスタッフは全員胸元に美しい生花を挿しており、 Every morning、ユニフォームに着替える際に新しい生花を胸にお付けになるそうです♪ フロントにてチェックインを済ませルームキーをいただきます。 Usually the、15時よりチェックイン可能です。 Now、こちらに唯一いらっしゃる日本人スタッフのGuest Relations Officerの 横地真子(Shinko Yokochi)さんが迎えてくださいました!(感謝!) 真子さんをはじめ、Japan staff and other staff、So come with Japan flag pin badge on the chest、 The language people with anxiety、このピンバッチを付けている方にお声掛けすると良いでしょう♪ シャーウッド台北には、Works of art from around the world and exhibited all over the place、 18th century mainly from early 19th century Western Impressionist art and the Orient、Especially the Chinese works of art.。 While walking around the hotel、There are many great works of art in、 Full of grace、優雅なひとときを過ごせます♪ 美しく金色に輝くアンティークヨーロピアンのフレームにはイギリスのイングランドにある 「シャーウッドの森(Sherwood Forest)」を描いた絵画が飾られておりまさにシャーウッド台北を象徴する作品となります!(素敵!) その下には、And Louis 16th period、「手に琴を持つ金銅女神の鐘の時計」が置かれています。 In addition、1875年に作られた「フランス戸棚」には、 Decorated with a pattern of Chinese gardens landscape to emerge on the black surface、 Are subjected to a typical European style。 Very valuable paintings remain in beautiful condition and antiques、全てホテルオーナー劉文治(B.V.Riu)のコレクションとなり、 It is possible to watch free in the hotel。 Now、今回お世話になるお部屋へと案内していただきます! お次はシャーウッド台北の「ジュニアスイート(Junior...

"The Landis Taipei" France 1920's art deco design classic hotels!

France 1920's art deco design that incorporates a concept、 A stately, classic、ヨーロッパの雰囲気を醸し出す「The Landis Taipei(ランディス台北)亜都麗緻大飯店」。 Place、MRTの「中山國小駅」の4番出口から徒歩5分圏内に位置しています。 1979Founded in the year、37From the years of history、Its stately pride.、台北を代表する5つ星ホテルの1つです♪ クラシカルな趣に相応しいドアマンのユニフォームが心をくすぐられる素敵な装いで上品なライトグレーのヨーロッパ調の燕尾服にシルクハット姿と最高の笑顔で出迎えてくださいます♪ ベルボーイのユニフォームもグレーで統一されていますが、I got a red accent、 Also in a nice dress、颯爽と荷物を運んでくださいます♪ シックでモダンな色調で重厚感溢れるフロント・ロビー落ち着きのある縁起物の松の枝に鮮やかな極楽鳥花(ストレリチア)が出迎えてくれます♪ 中央に設置されたチェックインカウンターにて、Check in and check out。 チェックインは15:00It is more possible。 The Japan staff、Will be staffed in shifts day and night for、言語に何の心配も及びません♪ 日本語が流暢なSenior Duty Managerの林守芬(Linda Lin)と Guest Relations Managerの莊蝶語(Choco Jhuang)が 昼夜に分かれて日本語対応してくれるため安心のホテルステイが可能です。 Thought on the feelings of the guest said、親身にお世話をしてくださる優しく温かなサービスが印象的です♪ Marketing & Communication Managerの陳裕文(Yu Wen Jonathan Chen)と Marketing & Communication Coordinatorの蔡郁淳(Amanda Tsai)にご挨拶させていただきます♪ 日本語が話せるGuest Relations Managerの莊蝶語(Choco Jhuang)に お部屋まで案内していただきましょう。 In a classical lift、落ち着きがあり上品です♪ 上質で落ち着きを放つ色調を貴重としたエレベーターホール全客室209室を誇りその内87室が「Suite Room(スイート・ルーム)」となり、 2011年には全室の客室リニューアルを完了されています♪ アール・デコをコンセプトにしたクラシカルなデザインやインテリアは重厚感があり優雅で快適なホテルステイを想像できます♪ こちらはエレベーターホールにありますアンティークな電話。 Don't depress the dial is、Links to the Service Center picked up the stage on。 Visitors are、Please click here。 Now、Next in line、今回お世話になる7階715号室「Corner Suite(コーナースイート)」の紹介です♪...

Check-in at the hotel fusion 'Humble House Taipei' art like works of art!

台北の一大観光スポットとして観光客で握わう「台北101 タイペイイーリンイー」やグルメや大型のショッピングビルも充実の人気スポットが目白押しとなる信義区に 2013年11月にオープンして以来話題の5つ星ホテル「Humble House Taipei(ハンブルハウス台北)寒舍艾麗酒店」。 Place、MRTの板南線の「市政府駅」3番出口より徒歩5分圏内と好立地に位置し「微風松高(Breeze SONG GAO)」が入る複合ビルの5階から24階がハンブルハウス台北となります「SHERATON GRAND TAIPEI HOTEL(シェラトン・グランド台北)台北喜來登大飯店」や 「Le Méridien Taipei(ル・メリディアン台北)台北寒舍艾美酒店」と同Groupで、 Contemporary art and antiques、Flower design、飲食やホテルサービスなど幅広い経営を行っている 「My Humble House Hospitality Management Consulting Co., Ltd.(マイハンブルハウスグループ) 寒舍餐旅管理顧問股份有限公司」が運営しており、 Olives Taipei、自社ブランドのホテル運営としては初となります! ハンブルハウス台北は、New style blend of art, culture and composed its theme、注目を集めています♪ 高貴な笑みを浮かべる郭俊佑(Paul)さんがお出迎えしてくださいました♪ 天井高9mもの高さを誇り開放的なエントランスホールには美しいアート作品が目に飛び込んで参ります! ハンブルハウス台北の大きな特徴として、 Hotel、現代アートを主軸に世界各国のアート作品が600点近く展示されており、 The exhibition concept、 インド人の詩人であるタゴールが自然と自然をテーマにして詠った「生きては夏の花が絢爛なように・・・」を啓発に 「Let life be beautiful like summer flowers・・・人生は夏の花の如く」と題し、 In the urban jungle、Stepping on to the step hotel、 滞在者が心身共に桃源郷に歩み入ったかのような美しい旅路を体験できるよう願われているのです♪ 「突風(Bourrasque) / Paul Cocksedge」 Paul Cocksedgeは感性の科学家です。 From the idea of having the power of beauty is light、 Excellent, innovative works exceeded the boundaries of science and technology and material to produce、 Beauty astonished the people simple in design while incorporating visual tricks that。 作品の「突風(Bourrasque)」は、 Combination of conductive light-emitting plates of various sizes、And express moments of paper flutter in the strong winds while spreading、...

Taipei "Gloria Prince Hotel" peace of mind check in at a Japanese brand of 1970 establishment!

「グロリアプリンスホテル台北 Gloria Prince Hotel Taipei 華泰王子大飯店」は 日本のプリンスホテルと同系列のホテルとなり「GLORIA HOTEL GROUP グロリアホテルグループ(華泰大飯店集團)」が運営する 1970年創業の老舗ホテルです。 You can stay at a relatively reasonable price、 And it staff can converse in Japan、Guests can enjoy a friendly peace of mind。 Among the guests for years、Japanese stay rate is 70-80% and accounted for the vast majority、 Is very popular in Japan hospitality。 Location is in the heart of Taipei、文化の発信地で至るところにマルチ&クリエイティブな生活の空気が溢れる 立地の良い中山エリアで日本人に人気のあるエリアMRTの「雙連駅」から徒歩5~8分となり繁華街である林森北路沿いとなります♪ こちらでは「真心のこもった接客」をサービス信念に掲げられておりスタッフのホスピタリティは 日本レベルで安心のクオリティとなります。 On this day、But with the arrival of approximately 10 minutes before midnight late-night、 And you face the doorman、颯爽とスーツケースを受け取ってくださいました♪ ホテルのエントランスロビーには、Prepare for the new year spring is underway、 赤や金の煌びやかな春節飾り(フェスティバル・グッズ)が色鮮やかに出迎えてくれます♪ フロントロビーは、Soft tones and colours、過度なインテリアを避けシンプルな中にも 上質なアンティークを展示することで重厚感溢れる雰囲気を醸し出しています。 Poised at the front desk at the entrance on your right back、Concierge services at the right。 Can Japan language speaking staff are waiting for、英語が苦手な方でも安心のサービスが受けられます♪ 【招財進寶(しょうざいしんぽう)】 ホテル随所にホテルオーナーの陳昶福(Fudy Chen)の母である郭玉玲がコレクションされた アンティークなどの美術品が展示されており、This delicate carvings、 財を招き宝を手に入れるという意味を持つ「招財進寶(しょうざいしんぽう)」と彫られ財運アップの大変縁起の良い美術品となります♪ 通常のチェックインタイムは午後15:00From the possible。 To submit your passport and credit card、宿泊事項の確認後にサインをすればチェックイン完了です♪ ポーターに荷物を預けてエレベーターホールから客室へと参りましょう♪ 1970年創業の「グロリアプリンスホテル台北 Gloria Prince Hotel Taipei 華泰王子大飯店」は、 2001年7月9日より西武グループと提携し「プリンスホテルズ&リゾーツ Prince Hotels&Resorts」の一員となる国際観光旅館です♪ 9階エレベーターフロア 開業され46年の月日を経た館内は落ち着きのあるクラシカルな佇まいを装いますが、 Including the room has been successively renewed for each floor、Equipped with old and new rooms 220 rooms、 7タイプの客室から要望に合った客室タイプを選ぶことが可能です♪ フロア毎に趣の異なるアンティークな調度品も中国様式の物が多く風情があります♪ 【客室タイプ...

Accommodation Symbol "Atami Fufu" Atami prestigious surrounded by coming Miyanomori quietly standing hot spring inn

熱海の格式ある来宮の森に囲まれひっそりと佇む温泉旅館「熱海ふふ」。 2007年12月22日にオープンし、 Hotel and food service、Restaurant、Public resort、Spa、Ryokan、Entertainment、 「喜び」を創造するトータルプロデュースカンパニー 「株式会社カトープレジャーグループ」が運営されています。 26Room but all rooms、熱海の源泉掛け流しの自家温泉露天風呂付きの ゆったりとしたスイートルーム仕様となっており、Is known as the purveyor of celebrities-Juku。 旅館名となる「ふふ」には、2One thought though and、 1One is、女性が優しく笑みを浮かべる”うふふ”の笑い声、 Another one、将棋の”歩兵(ふひょう)”の頭文字の”ふ”を意味し、 Step by step、In the infantry at a glance、「熱海ふふ」が、 Space for relaxation even better and will be the、Employees devote every day to make their wishes、 ”ふふ”と名付けられています「ふふ」の書体が異なるのもそこに持ち合わせる意味が2つ隠されているからなのです! きっとわたし達も滞在中に”うふふ”と笑みが溢れてしまうことでしょう。 This time、わたしの11月の誕生日を記念する、At Travel Inn、 そんな「熱海ふふ」に決定です♪ ここにはかつて「水口園」という旅館がありかの黒澤明監督が愛した庭園と源泉かけ流しの湯が自慢の宿とされておりました時代の流れと共に客足が途絶えてしまった「水口園」は廃業となり、 A building dismantled、Has been constructed on the site、こちらの「熱海ふふ」となります。 The building itself will be established、To leave traces of time、 深い森と初川のせせらぎは今も変わらず健在です♪ 熱海の中心部を流れる初川。 But still leaves in early years、きっと紅く染まりゆく姿もまた素敵なことでしょう♪ 熱海駅より車でおよそ10分圏内初川の橋を抜け玄関アプローチには、Big Rock sculpture greets。 小豆島の上質な花崗岩を岩専門のデザイナーがイメージして切り出し、Here is assembled、 欠片1つでも重さ1t以上と、Had is very difficult in the construction。 Rotary is built around the rock、Driveway with the car is here。 In the hotel、Is safe because he conducted the valet parking service (*)。 Check-in time、午後15時となります。 * Unlock the car came driving by yourself is to due from banks、Acting out the car parking、 Further turning me out at the front door car service。 フロントロビー モノトーンを基調とし、Flow's quiet time、Lobby space to shoot。 「熱海ふふ」の設計は、 1989年に「studio CUBE 一級建築士事務所」を設立されホテルトータルプロデュースなどで活躍している椎橋 隆が手掛けられています。 In the lobby、「熱海ふふ」のオリジナル商品をはじめ、 And the gift shop have specialties in Atami、 読書を楽しめるようコンパクトなライブラリーを設けられています♪ ロビーラウンジ 中庭を望める落ち着いた和モダンのロビーラウンジ。 Will loom cel check-in and check-in、 Received a welcome drink at the lobby lounge、お部屋へと案内していただきます♪ 熱海と聞けば”海”を連想される方も多いはず。 However,、This became part of Atami town、 Forested nature enjoying the lush landscaping、Body and soul free、Ideal place to spend quiet time with。 Now、Next in line、今回お世話なるお部屋「隆(とき)」でルームチェックインです♪ 熱海ふふ...

Scroll to top