"Lou Dumont Wine Tasting Party" 邀請日本釀酒師活躍在勃艮第!

ブルゴーニュで活躍する日本人醸造家である 「Maison Lou Dumont(メゾン・ルー・デュモン)」の仲田晃司(Koji Nakada)さんを招かれて浜松市の街中にある「WINE & DINNING Abend(ワイン&ダイニング アーベント)」にてワイン会を開催致しましたルーデュモンのフラッグシップであるGevrey-Chambertin(ジュヴレ・シャンベルタン)をはじめ、 同時享受優秀龜稱為罕見的選擇,包括 20 種葡萄酒、 仲田晃司(Koji Nakada)さんを交えての交流会としてスタンディングの試飲会スタイルのパーティーとなります♪ 店内にカウンターを用意し、 20種類のワインをおおよそ4コースに分けて順不同に提供していくスタイルです♪ 仲田晃司(Koji Nakada)さん 大学時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を頂いた青年は、1995年、追索權也應不是單一的法國。 留學法國和重量訓練時,釀造的房子周圍敲打大門。、 2000在 7 月 7 下午、ブルゴーニュの地に「Maison Lou Dumont(メゾン・ルー・デュモン)」を設立されました仲田晃司(Koji Nakada)さんのワイン造りを特徴付けているのは、 正如日本工匠說、令人尷尬的周圍每一個細節徹底是棍法癡迷。 在字元和葡萄酒的風土火車做了他們的研究和、拋光的酒桶選擇有限和老化方法。 2003年5月、在りし日のHenri Jayer(アンリ・ジャイエ)翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として「天・地・人」が生まれました「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田晃司(Koji Nakada)さん現在Lou Dumont(ルー・デュモン)のワインは、 日本、韓國、台湾、中國、亞洲國家,如新加坡和銷售的主要、 2008在 8 月,、Gevrey-Chambertin(ジュヴレ・シャンベルタン)村に念願の自社カーヴを取得されています乾杯には「Lou Dumont Cremant de Bourgogne Blanc De Blancs (ルー・デュモン クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブラン・ド・ブランNV)」を用意されておりオーナーソムリエの山田晃通(Akimichi Yamada)さん自らが美しいサーヴ姿でサーヴしてくださいます♪ 会場にはおよそ60名のワイン愛好家が集い、在一個平靜的心情、会はスタート! オーナーソムリエ山田晃通(Akimichi Yamada)さん 1972年11月8日生まれの山田晃通(Akimichi Yamada)さんは、...

「NOX Taipei」相比喝台灣奇蹟的單一麥芽威士忌中的“KAVALAN” !

台湾で行われるカクテルコンペティションでも受賞を重ねる Owner BartenderのMordie Tsengがつくり出すカクテルは最高!と人気の「NOX Taipei」MRTの「信義安和駅」付近に位置し、女性的地方一條小巷的阿波路徑主要街道兩級、 磚混房屋被標有暗褐色遮陽篷。 在這一天、アレキサンダーズ・ステーキハウスの帰りに鮨「千壽」と「東京咖哩」のOwnerと 稗田良平さんと待ち合わせて3ケ月ぶりの再会の夜を迎えます♪ 明かりが灯されたサインもショートカクテルグラスが描かれBarと判断しやすいです♪ 店内は、隨隨便便穿著溫暖溫暖形象正在蔓延、人們收集空間。 更不用提雞尾酒、也鮮明的硬 Erika、 さらにフードメニューも気軽な価格帯で美味しく楽しめると評判のダイニング&バー♪ 仕事終わりの稗田良平さんに「釋永岳 Gaku Shakunaga」の新作を観ていただきながら日本や台北のレストラン情報の話題で盛り上がります♪ フードメニューを拝見すると確かにお手頃な価格帯(200~300TWD)でバーにしては珍しいです! まだ食事前という御2人が早速オーダーします♪ 「サイドカー」 わたしが、挎鬥欄訂購此當我命令在這裡。 昔からこのカクテルは「バーテンダーの力量を知るカクテル」と言われているそうで、 我會問的雞尾酒去任何一家店。 不是去測試你的調酒技巧,、挎鬥,適合想要知道的真實意圖是。 在平衡的酸度和甜度適中均衡的味道、 作為後你已經吃了一餐 1 杯、ややマイルドに感じたほど飲みやすいサイドカーです♪ 「ジン・ライム(タンカレー)」 豊かで個性のある香味が広がり、 坦克裡提供典雅細膩風味杜松子酒石灰。 旦那様はジンがお好きです♪ 「ミックスナッツ」 軽くスパイスの利いたミックスナッツ。 杏仁、腰果、核桃、果仁、青刀豆、阿月渾子、 巨大的玉米、花豆。 特別是皮膚巴黎和喜歡咸的紋理、 そして何とも言えない豆の香ばしさが癖になる花豆が病みつきになります(笑) 「德國豬腳(Pork knuckle)」300TWD(日本円約1,080円) ドイツの古都Dresdene(ドレスデン)で名物のポークナックルで皮はパリッパリのサックサクで 中はジューシィーと、身體健康,很好的啤酒是一個旋鈕。 一般不是很胖很好在、これほど見事なパリパリ具合だと 香ばしくて甘みがあり最高ですね♪ 台湾のバーいるのであれば台湾が生み出した奇跡のシングルモルトウイスキー「KAVALAN」を素通りするわけにはいきません! お店にある2種の「KAVALAN」を試飲で飲み比べさせてくれ、 那些想選擇的人 ! 和、とても良心的なスタイル!(謝謝!) 「KAVALAN(カバラン)」とは台湾北東部の雪山山脈を東に下った場所に位置する 宜蘭(イーラン)・蘭陽平野の先住民の呼び名です。 大祭司 Kavaren 威士卡、臺灣的第一次在臺灣宜蘭的單一麥芽威士卡開始釋放 2008 年 ! 大祭司 Kavaren 威士卡歷史太膚淺了。、臺灣的亞熱帶氣候是威士卡的有用的早期成熟、 從原材料採購到製造都在臺灣內伸來顯示、我們把話題。 在短短兩年內出生後,贏得了世界各地的無數獎項、世界中から注目を浴びる奇跡のシングルモルトウイスキーです! 【世界で最も注目されているKAVALANの受賞暦(2014・2015)】...

管理大約 1000年瓶酒的"酒 & 餐飲 Abend 微笑"

肴町のぬいやビル4Fにあります「WINE & DINNING Abend ワイン&ダイニング アーベント」さんの店名はドイツ語で仕事の後の”自由時間”を意味します”ワインを心から楽しむ場所を提供したい”という想いが込められているそうです〆に美味しいワインを飲もうということで遅くまで営業されており友人のソムリエがいるアーベントさんに足を運びました♪ こちらはレストランウェディングや結婚式の2次会会場として利用することも可能で、 100名ほどまでの収容が可能な大きなホールこの日も定位置でソムリエさんとの距離が近いカウンター席へ♪ 常時1,000本ものワインを保管されているというアーベントさんその日の気分やお好みで可能な価格帯を伝えるとソムリエさんがお勧めのワインを提供してくださいますもちろんグラスでの提供も可能ですので御1人の場合は少しずつ嗜まれるのも良いでしょう♪ ソムリエの加藤稔店長にデキャンタしていただき静かに注いでいただくワインはメドック地区最上のワインを生み出すポイヤック村のボルドー「シャトー・クロワゼ・バージュ 1985」フランス ボルドー ポイヤック村で生み出されるワインの中でもクラシックな造りで存在感を光らせる通好みのシャトーがこのシャトー・クロワゼ・バージュ。 這裡、1995年に復活の狼煙をあげた後以後の品質の向上を確信させてくれた記念碑的ヴィンテージとなります柔らかなボディでフルーティな果実味が魅力的なワイン「シャトー・コス・デストゥルネル 1994」 メドック格付第一級に匹敵する高い人気を誇るコス・デストゥルネルメルロが多く含まれていることによってサン・テステフらしい力強いカベルネ・ソーヴィニヨンのタンニンによる骨格とメルロの膨らみのある果実味が見事に調和し素晴らしいハーモニーを奏でます深みのある濃い色合いで口当たりはスパイシーながらも優しく厚みのある果実味が楽しめます。 在這一天、いただいたのはこちらの3本のワイン加藤店長の間違いのないセレクトで楽しい〆となりました(笑) 「ドライフルーツ」 「ボンゴレロッソ」 パスタで何ができるか伺うと浅利をお勧めされたのでボンゴレロッソでオーダーしました。 4人分を取り分けてくださった後の写真なので盛り付けが酷いですね加藤店長!(笑) 3軒目だというのに味わいは美味しくペロリと平らげてしまいました♪ 東京の「赤坂 Leverre」さんからこちらに配属された小椋雅都さん。 1983年生まれで浜松市の「レストラン一味真」に在籍中にソムリエ 資格を取得されその後2008年に渡仏されロワール地方の「Domaine des Bois Lucas」にて畑やワイン醸造について多くを学ばれます東京・西麻布のミシュラン2つ星の「L’Effervescence レフェルヴェソンス」さんを経て、 2013年にソムリエの山田晃通氏が運営する「アーベントグループ」に入社され、今天的地方。 東京の従兄弟と仲良しなこともありますがいつもにこやかに接してくださり爽やかな小椋さんです♪ 「フロマージュ」 コンテにウォッシュチーズの代表格であるエポワス、和、ふかふか白カビのサンタンドレ。...

美酒佳餚 Abend 微笑做義大利面和葡萄酒的締約方的工作人員。

肴町のぬいやビル4Fにあります「WINE & DINNING Abend ワイン&ダイニング アーベント」さんの店名はドイツ語で仕事の後の”自由時間”を意味します”ワインを心から楽しむ場所を提供したい”という想いが込められているそうです向かいのビル3Fの居酒屋「美酒粋料理 いなせ」さんで軽く食事をいただいた後はもう1軒行こうということで遅くまで営業されており友人のソムリエがいるアーベントさんに新年の挨拶を兼ねて足を運びました。這裡、レストランウェディングや結婚式の2次会会場として利用することも可能で100名ほどまでの収容が可能な大きなホール平日の夜ではありますが新年会をされる団体様もいらして賑やかですこの日も定位置でソムリエさんとの距離が近いカウンター席へ♪ 「DELAMOTTE BRUT デュラモット ブリュット」フランス シャンパーニュ シャンパーニュで2度目の乾杯!「DELAMOTTE デュラモット」はプレステージシャンパーニュの「SALON サロン」のセカンドワイン。葡萄品種:50%霞多麗、ピノノワール30%ピノムニエ20%シャルドネを5割と高い比率が使用し涼しげな酸と透明感のある軽やかな味わいが楽しめます♪ お通し「ドライフルーツ」いちじく枝付き干し葡萄 「地鶏卵のカルボナーラ」1,080円 アーベントさんのキッチンには今年2015年より新しい厨房スタッフが入られました。來源語言、袋井の「IZA CAFE coo-kai?」さんにいらした子なのでパスタが得意だそうです地鶏の卵を使用した濃厚なパスタです♪ 「プピーユ カスティヨン・コート・ド・ボルドー 2009」フランス 友人ソムリエの加藤稔さんにお願いし赤ワインをセレクトしてもらいました濃く絹のように滑らかなワインが品評会でも話題となり専門家によるブラインド・コンテストで最後まであの「シャトー・ペトリュス」と張り合ったというエピソードで一躍有名になった「Poupille プピーユ」凝縮した果実味とエレガントなアロマが楽しめます♪ チーズ「エポワスクラッカー」972円 大好きなチーズの1つエポワスをいただきますフランスのブルゴーニュ地方エポワス村で作られているチーズでウォッシュタイプのチーズの代表格言われています。、優しいオレンジ色をした表皮の内側にはとろりとしたミルク色の身がたっぷりその特徴は熟成のさせ方にあります普通のウォッシュタイプのチーズは塩水で表面を洗いながら熟成させますがエポワスは塩水と一緒にマールという葡萄の搾りかすからとったブルゴーニュ地方の地酒でチーズを洗いながら熟成させていきます強いお酒で洗いながら熟成させることによりエポワスは強烈な臭いを放つようになりフランスでは「神様の御御足」イギリスでは「豚の蹄の間」と例えられるほど例えからしても万人受けするような臭いを放つわけではありませんが、就個人而言,、エポワスの特性とも言える独特な香りと濃厚なコクそしてクリーミィさは赤ワインとの相性も良く堪りません美味しく楽しい時間は過ぎていきあっという間に午前様MGさんまた気持ち新たにMNくんも交えて飲み会しましょうね!RRもRKさんと一緒に是非新年会企画してください♪ WINE & 餐飲 Abend 酒&ダイニング アーベント 浜松市中区肴町322-1ぬい屋ビル4F TEL:053-456-5601 上班時間 18:00-27:00 週一閉館:無 http://www.a-bend.com/ ...

通過"義大利咖啡廳及餐廳 fukutsu"快樂銷售到晚午餐

JR浜松駅より徒歩5分圏内のところに2010年7月にオープンされた「SAN FELICE イタリアンカフェ&ダイニング サンフェリーチェ」さんは、王陳和寬敞的露臺座位好舒適,有明快、 整潔的白、義大利咖啡館感覺日常差事可。功能表是、窯烤那不勒斯和麵食、如家庭自製的甜蜜、 你可以享受義大利休閒、沒有別的市通過有價值的是少數商店之一已運作。濱松市,買了很多,我們、14以及在午餐時間和他們踢了它是事實。每天的這個時候是好了周圍 14:00、這很難找到在那裡你可以嗖嗖地擺動和午餐在城市、被提醒,通過咖啡館、大急ぎで向かいました♪ 店内はすっきりとしたシンプルなデザインで広々としており、議席的數目是 82 議席總數。群體的接受、這一天是與憲章 》 組從 15:30、およそ20分ほどの食事タイムが許されましたので単品でオーダー!(ダッシュでいただきます!笑) パスタ「ボスカイオーラ」900円 ボスカイオーラ(boscaiola)とは、在意義上,"伐木工"、這義大利面、經與在森林裡的蘑菇煮伐木工人風格是指。蝦是海鮮,蘑菇和魷魚等豐富的奶油汁。 ピッツァ「マルゲリータと牡蠣と芽キャベツのマリナーラ」1,100円 ピッツァはお好きな2種を選びハーフ&ハーフにすることができます。2吃種子有的是我們很高興。瑪格麗塔的機智和咸番茄醬、 馬蘇里拉乳酪、 乾酪、 羅勒、 新鮮的牡蠣和球芽甘藍、黑橄欖、大蒜、我也可以嘗大蒜太多牛至、這個地區是乾淨的 (哈哈)、沒有在所有喧囂和忙碌的氣氛與市、園內還設有、環境也是很好、散歩するにも良い場所ですね♪ SAN FELICE イタリアンカフェ&ダイニング サンフェリーチェ 住所:濱松市中區-ku 中央 13/3/7 區 Sereno 新町 1F 電話:053-522-7810 上班時間:11:00-22:30 通過銷售(L.O.22:00) 週一閉館:無休 http://www.sanfelice.jp/...

麻雀吠愉快地交談我午餐"Passeretti paseletti"的讓

連尺大通りの連尺交差点付近にガラス張りが目印の2階建ての「cafe&dining Passeretti パセレッティ」さんカフェ好きが高じて店を始めたという店主の大原オサムさん店名のパセレッティとはイタリア語で”すずめ”の複数形を意味するようでいつでも気軽に集まりいつまでもおしゃべりが楽しめるよう心地良い空間を提供したいという想いから付けられたそうです♪ 1階の入り口からはキッチンの動きが伺えるカウンター席が3席螺旋階段を登り2階フロアへ♪ 店内は温かみのある生成りの壁に落ち着いた茶系統でまとめた家具たち椅子もところどころに顔を変えソファ席も含め33席用意されており寛げます壁をつたうブックスタンドにはお洒落な本が並びひとりでの時間も心地良く過ごせそうですガラス窓からは連尺大通りを走る車や颯爽と走る自転車人の動きが見下ろせ動きのあるウィンドウがまた楽しめますこちらのランチは日替わり定食をはじめサンドセットやパスタセットが950円からいただけます♪ 「エビとキノコのトマトクリームオムライス」950円 あっさりとしたトマトソースがたっぷりとかかった半熟卵のオムライス中からはチキンライスではなくパセリライス(?)が出てきましたご飯のサイズは女性で丁度良い感じです♪ セットの「スープ」 玉葱、大蘿蔔、人参などの野菜が入ったコンソメスープは生姜が利いていて美味しいです。這裡、ランチタイムは15時までですが夜の営業はなんと夜中の2時まで営業されているとのこと街中で飲んだ後コーヒーで酔い覚ましでもという方には嬉しいですね♪ cafe&dining Passeretti パセレッティ 浜松市中区連尺町307 TEL:053-452-0899 上班時間:11:30~ 午夜 2:00(午餐時間11:30-15:00) 週一閉館:無休 http://www.passeretti.jp/...

滾動到頂部