"Mandarin Oriental Taipei" "Bencotto" Dinner while drinking a select wine of exclusive sommelier!

Set up headquarters in the Hong Kong S.A.R.、Expand to more than 27 countries worldwide、As a leading luxury hotel chain in the world loved also by international royalty and celebrities、5One star crowned to Mandarin Oriental Hotel Group (Mandarin Oriental Hotel Group) in central Taipei City's modern classical in a European-style decorated with taste、 Approximately eight years old over the years, and construction、開業されたのは2014年5月18日のこと。 Already celebrates two-year anniversary、台北の一流ホテルのシンボル的な存在で活躍される 「Mandarin Oriental Hotel Taipei(マンダリン オリエンタル 台北)台北文華東方酒店」へ。 Place、MRT Nanjing station (formerly named:Nanjing East Road Station) from 8 minutes walking distance, yet、 The beauty and the city、緑豊かな敦化北路沿いに位置しており環境に恵まれております台北松山空港までは車で約5分桃園中正国際空港も車で約40分圏内となり有名な台北101タワーまでも車で約15分圏内、Located convenient to local shopping areas as well as、 台北観光に適した立地といえるでしょう♪ 台北市内とは思えぬ、The huge and heavy feeling building entrance、 And teeming in tranquillity and dignity、Surging tension and elation。 にこやかに「ようこそ!マンダリン オリエンタル 台北へ」と、 Doorman who welcomes two men smile makes my heart suddenly becomes light。 白を貴重とした大理石を用いたエントランスホールではこちらのホテルを象徴するクリスタルシャンデリアが煌めく世界へとゲストを出迎えてくださいます。 Here is、チェコスロバキアのデザイナーがデザインを施しその数何と!5万ピースものクリスタルを用い、1.4tもの重さの眩いばかりの輝きを放つシャンデリアとなっています♪ 今回はMarketing Communications Executiveの馬慧錡(Bellona Ma)と再会を果たし「BENCOTTO ベンコット」にてディナーミーティングとなりますこちらでも「Grand Victoria Hotel(グランドヴィクトリアホテル)台北維多麗亜酒店」の Sales Assistant Managerを務められる友人の高橋賢二(Kenji Takahashi)さんに 通訳していただけ大変助かります♪ 「マンダリンオリエンタル 台北」の5階にある終日営業のイタリアン 「BENCOTTO ベンコット」はミシュラン3つ星を獲得している イタリアのトスカーナ出身のMario Cittadini(マリオ・チッタディ-ニ)シェフが監修しており、 In the classic what heart warming、Country-style restaurant will。...

"The Sherwood Taipei" It holds 100,000 bottle of wine of the center of the "Hospices de Beaune" of charity!

Altho、His delicate impressions、 While there are top notch service as "trip home" seem as though、 Heart happy hospitality 'The Sherwood Taipei the Sherwood Taipei West Hua hotel。 Place、6 min walk from Zhongshan in station on the MRT's muzha line、 By car from Taipei Songshan Airport and about 5-10 minutes and、アクセス良好です♪ ホテル2階に位置するプライベートバンケットの「西華漢廳」は、 Classic, elegant attire.、Size is 30-40 persons and can accommodate、 Here you will、Chinese food chefs、Japan food、西洋料理の各種メニューをアレンジさせた美食を楽しめます♪ ”名物GM”のAchim V. Hake(アキム・フォン・ヘイク)の案内でPublic Relations Officerの吳婉瑜(Yvonne Wu)にサポートいただきながらGuest Relations Officerの横地真子(Shinko Yokochi)さんに通訳していただきます♪ シャーウッド台北にてソムリエとして活躍される F&B Beverage Managerの楊凱琅(Orbie Yang)を紹介していただきました!(你好!) F&B Beverage Managerの楊凱琅(Orbie Yang)はシャーウッド台北に保管されているワインを全て任されているため、 About the wines、楊凱琅(Orbie Yang)をご指名されると良いでしょう♪ プライベートバンケットの「西華漢廳」には特別にワインセラーを設置されています。 The Sherwood Taipei、Each area placed wine cellar、 Keep the approximately 100000 bottles of wine、ゲストのあらゆる要望にお応えすることが可能です♪ シャーウッド台北では、2010年に香港で開催された150回目の「Hospices de Beaune(オスピス・ド・ボーヌ)」の チャリティーオークションに参加されており、 Since 2011、2013年と続き「Hospices de Beaune(オスピス・ド・ボーヌ)」を落札されています! 「Hospices de Beaune(オスピス・ド・ボーヌ)」とは、That charity hospital located in Beaune in Burgundy、 It is very old.、1443年にブルゴーニュ公国フィリップ公のもとで財務長官を務めていた ニコラ・ロランによって設立された病院が始まりとされています。 This hospital is、Facilities to provide medical services to those less fortunate originally had、 Soon、From neighboring Lords, including the charite as an alternative to money vineyards donated by is to be、 Sales of wines from its vineyards and earmarked for operating expenses of the Hospices de Beaune、 Building a brilliant original tiled hospices、In the beautiful buildings representing the medieval Burgundy、 Has been published as the Museum is currently、Has become a tourist attraction in Beaune。 As the wine auction、1859Held since、And one of the oldest、...

"Mandarin Oriental Taipei" Italian restaurant "Bencotto" Introduce the excellent sommelier !

「Mandarin Oriental Taipei(マンダリンオリエンタル 台北)台北文華東方酒店」の 5階にある終日営業のイタリアン「BENCOTTO ベンコット」はミシュラン3つ星を獲得している イタリアのトスカーナ出身のMario Cittadini(マリオ・チッタディ-ニ)シェフが監修しており、 In the classic what heart warming、Country-style restaurant will。 The chefs prepare your meal、Using the finest fresh ingredients、 Authentic immersive open kitchen with an Italian as well as、 イタリアの美食によく合う多彩なワインやカクテルなども豊富に用意されています♪ 広々とした店内には、Filled with warm shades and tones and、 Provides table and sofa seats、Provides good atmosphere。 特別に用意されたシェフズ・テーブルは大人気でその他にも12~50名まで対応可能の2つのプライベートルームもございます♪ 前回ランチした際の記事は下記URLをクリック! 「マンダリン オリエンタル 台北」大人気の「ベンコット」でイタリアンランチ http://lade.jp/diary/travel-diary/taiwan/43970/ 今回は、Unfortunately miss the afternoon flight to、I had lunch.、 ベンコットの友人ソムリエであるAlex Tsaiに顔を出してから帰ろうと立ち寄らせていただきました! 会議を終えたDirector of Communicationsの李佳燕(Luanne Li)と Marketing Communications Executiveの馬慧錡(Bellona Ma)も加わり暫し歓談タイムを楽しみます♪ ソムリエのAlex Tsaiが、 "This time、I can't give you the terrace、代わりに僕のお気に入りを贈るよ!」 と特別に彼がお気に入りだというワインを用意してくださいました!(Surprise!!!) Alexは、My 1973, born in the same year。 知的で優しく紳士とパーフェクトな男性です! 次回、I want to have something that when you see him happy。 Alex, Thank you very much! This wine was very delicious! Alex Tsai(Hsiao-Lun)プロフィール 1973年8月20日台北生まれ...

Yugawara French "HERLEQUIN BIS" Friends of the sommelier is active as Hall staff from March!

Inevitable visits in Yugawara and French restaurants。 Narrow steep path uphill.、Surrounded by bamboo forests, and create a fantastic world of、 日本情緒と洗練された和の技法を取り入れた本格フレンチを提供してくれる「HERLEQUIN BIS エルルカン ビス」オーナーシェフの伊東淳一さんは、Left the old good emotional Yugawara, Favorites、 自らが運営していた東京・恵比寿のレストラン「HERLEQUIN エルルカン」を9年でクローズさせ、 Very new、2006年3月にオープンさせたフレンチレストランです♪ 以前の駐車場は、Down the steep side slope than in stores、There was a little bit away、 Now、Secured parking and spacious store kosaka came up on the left、 以前よりも停めやすくなっています♪ 駐車場より歩き、Stone stairs going down.、Gravel's approach, which becomes、Come to the entrance of the restaurant a point。 The retreat-like atmosphere and superb location、 Having more fans to visit from far away、Restaurants know。 わたし達夫婦も2010年11月の誕生日旅行を機に足を運ぶようになり、As early as 5 years is flowing。 Enjoy the four seasons of Yugawara、 伊東シェフが織りなす優しいフレンチをいただくために定期的に足を運んでいます♪ 「HERLEQUIN BIS エルルカン ビス」のコンセプト紹介 「エルルカン ビス」が継承する本格フランス料理には、 Japanese Japan emotion becomes graceful and refined technique is hidden。 It's、Communicated only to the mouth of the essence。 Capped who come only to deliver、Is the spirit of hospitality。 And、Taste the Yugawara land of fresh seasonal ingredients and、 One of those able to offer to our customers also the history and culture of。 「日本の伝統的技法」と「おもてなしの心」 そして「新鮮な食材」がトリコロールとなって「エルルカン ビス」が存在するのです。 Such a thing、Taste of space and well-being through、 Always connection of people to want to believe。 Shop、White stucco walls lined with natural stone resting on floor、 Dark stained glass window overlooking bamboo groves, the table provides 45 seats、 Savor the extraordinary time, quiet、An elegant lunch begins。 Elegant bamboo forest filled with the taste of Japan、 Chef Ito thinks that there is a "heart of stillness" and "a heart of movement" that Japanese people originally have.、 Here you will、Emotional to eliminate useless things, order only what you really need、 During the course of the time rich and spacious、Is being wished for enjoying the moment to feel happy。 Utilizing the technique of Japan food serving France、 Utilizing the land of Yugawara、You can enjoy France cuisine made with fresh seasonal ingredients。 Lunch menu、Following two courses there is.。 今回は11月に伺ったばかりでしたが、During my last visit、伊東シェフがスタッフを募集されていることをお聞きしており、 Just、For the sommelier friends was looking for work、Let me tell you about、Ranch for interview will be。 Talks will go smoothly、2016年3月よりソムリエ兼ホールスタッフとして立たれることに決まりました! エルルカンビスの常連様、Please please do enjoy new staff。 On the lunch menu、11Just visited, although that、伊東シェフにお任せしています♪ 「木漏れ日のランチ」3,780円(※サービス料別10%) アミューズ、One appetizer、Two appetizers、Soup、Fish dish or meat dish of the day、Dessert、ドリンク...

Salon du sommelier than Kakegawa to relocation of 40 years veteran sommelier!

ワインに関わり続けて40年というベテランソムリエが運営する京都のワインバー 「サロンデュソムリエ SALON DU SOMMELIER」オーナーソムリエである岩本厚さんは、 Previous、静岡の掛川駅前にて長年営んできた「サロンデュソムリエ」を 海外で活躍していた外国人ソムリエに譲り渡し、 67Years old now、「人生の最後は京都で」と心に決め、She moved to Kyoto alone、 2015年4月14日に移転オープンされています六角麩屋町角の「三木半旅館」の道を挟み西側にあるドルチェヴィータ京都六角ビルの地下1階にあります♪ 店内は、Dark red base、 A casual table and sofa seats、And provides 40 seats in a private room。 The restaurant at the back、岩本さんが15年の歳月を掛けて取り揃えた珠玉のワインコレクションが並び、 The number of what、およそ200種類で2,000本にも及びます! そのワイン毎に最高の飲み頃で提供してくださりいずれもワインに良く合う厳選メニューの料理も楽しめます♪ オーナーソムリエ・岩本厚さん 1949年に静岡県袋井市に生まれ「ヤマハリゾートつま恋」にてソムリエとしての修業を積み、50At the age。 静岡県掛川市駅前で「サロン デュ ソムリエ」を立ち上げ、Cuisine with a wine full of originality。 長年営んできた「サロンデュソムリエ」を海外で活躍していた外国人ソムリエに譲り渡し、 67Years old now、「人生の最後は京都で」と心に決め、She moved to Kyoto alone、 2015年4月14日に「サロンデュソムリエ SALON DU SOMMELIER」を移転オープンさせ現在に至る。 And meet here through wine、 Many years of knowledge and experience、So you can know how many wines of true attracted to win life's offer、 人生を思う存分謳歌するために今日も孤軍奮闘される岩本さんあなたのライフスタイルの潤いに是非ご利用ください♪ サロンデュソムリエ SALON DU SOMMELIER 京都府京都市中京区大黒町90 ドルチェヴィータ京都六角B1F お問い合わせ専用TEL:075-744-6812 Reservation number:050-5571-9519 Hours of operation:17:00翌-2:00 Closed on Mondays:Tuesday's http://www.salon-du-s.com/...

To manage approximately 1000 bottles of wine "wine & dining Abend smile"

肴町のぬいやビル4Fにあります「WINE & DINNING Abend ワイン&ダイニング アーベント」さんの店名はドイツ語で仕事の後の”自由時間”を意味します”ワインを心から楽しむ場所を提供したい”という想いが込められているそうです。 To finish that drink wine、And is open till late、 友人のソムリエがいるアーベントさんに足を運びました♪ こちらは、Can be used as restaurant wedding and wedding reception venue、 100Large hall capable of seating as a name。 Even to this day is in place、ソムリエさんとの距離が近いカウンター席へ♪ 常時1,000本ものワインを保管されているというアーベントさんその日の気分やお好みで可能な価格帯を伝えるとソムリエさんが、 Please provide the recommended wines。 So of course that can be served by the glass、御1人の場合は少しずつ嗜まれるのも良いでしょう♪ ソムリエの加藤稔店長にデキャンタしていただき、Are quietly pouring our wine、 In the village of Pauillac MEDOC area's best wines Bordeaux。 「シャトー・クロワゼ・バージュ 1985」フランス ボルドー ポイヤック村で生み出されるワインの中でも、 Through keep presence in the classic building is the favourite Chateau、Chateau croisset Burj。 Here is、1995After gave rider a year、Memorial monumental vintage convinced me further quality improvement and makes。 A soft body with an attractive wine fruity fruity。 「シャトー・コス・デストゥルネル 1994」 メドック格付第一級に匹敵する高い人気を誇るコス・デストゥルネル。 Can that contains a lot of Merlot、Saint-Estèphe.、Skeleton by powerful Cabernet Sauvignon tannins and、 Bulge of Merlot fruit flavors in perfect harmony、Great harmony。 In the deep dark shades、Guests can enjoy a fruity spicy palate while also gently is。 On this day、Ordered 3 bottles of this wine.。 加藤店長の間違いのないセレクトで楽しい〆となりました(笑) 「ドライフルーツ」 「ボンゴレロッソ」 パスタで何ができるか伺うと、We recommend the clams were so、We ordered vongole Rosso in。 4So after us segregate people pictures、Was terrible.、加藤店長!(笑) 3軒目だというのに味わいは美味しくペロリと平らげてしまいました♪ 東京の「赤坂 Leverre」さんからこちらに配属された小椋雅都さん。 1983Born in、浜松市の「レストラン一味真」に在籍中にソムリエ 資格を取得され、 Then in 2008, and France、ロワール地方の「Domaine des Bois Lucas」にて、 Learned a lot about vineyards and wine-making。 東京・西麻布のミシュラン2つ星の「L’Effervescence レフェルヴェソンス」さんを経て、 2013年にソムリエの山田晃通氏が運営する「アーベントグループ」に入社され、Where I am today。 But Tokyo's cousin and a close friend.、 Always smiling touching me、爽やかな小椋さんです♪ 「フロマージュ」 コンテにウォッシュチーズの代表格であるエポワス、And、It's fluffy white mold Saint-Andre。...

A fun conversation and wine bar "Kokubo" shopkeeper coherent while the wine pleasures and including

名古屋のオレンジタウンビルの2階にあるワインバー「小久保 KOKUBO」さん。 Went up the stairs and left back shop。 タクシーで出向かれる方は「オレンジタウンへ」と伝えればOKです。 Is the mailebyuart our log eating better transported to、For the ratings high so I had become、 「LA VAGABONDE ラ・ヴァガボンド」さんの後の夜の〆に足を運びます♪ フランスのボルドー地区のミシュラン3つ星レストラン「ジョルジュ・ブラン Hotel Restaurant Georges Blanc Vonnas」にて ソムリエの経験を持ち、Importer、ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラのアドバイザーとして活躍してこられた ソムリエの小久保祐介氏が6年程前にオープンされたお店です♪ 店内は、L-shaped counter seating only and are small、店主の小久保さんとの会話を愉しみながらセレクトされたよりすぐりのワインや美味しい料理をいただくワインバーとなっています♪ ワインは、Budget to tell them in advance、Wine it will offer at reasonable prices and can。 Also、On board the wines by the glass on top、For each three presented with champagne, red or white、 Would you order from there。 Match wine to food and variety、This menu is written on the Board。 While cheese is、小久保さんが買い付けたものを独自に熟成させているそうで、 Could you please provide the cheese fits your individual taste if you like and if you tell。 This day is already stomach full for、ワインをそれぞれにオーダーしました♪ 「ピエールモンキュイ」フランス シャンパーニュ 1,700円 コート・デ・ブラン地区最上の長熟のシャルドネ100%のシャンパーニュ爽やかで喉越し良くフルーティな味わいを楽しめます♪ 「サン・トーバン・1er 2012」フランス ブルゴーニュ 2,000円 古くからピュリニーに本拠地を置くドメーヌ・ジャン・シャルトロン。 Formal permission village to village of Puligny-Montrachet and Puligny village headman was the founder。 Dense overflow、Is strength.、フレッシュな果実味と程良い樽香がうまく溶け合い バランスの良いエレガントな余韻の長いワインです♪ 当時小久保さんが3つ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」にて働かれていた際の貴重なワインリストを見せてくださいました錚々たるラインナップに興味津々です♪ 「クロマルガレーヌ 2008 シャトー・マロジャリア」フランス ボルドー 2,000円 サンテミリオンヴァランドローが手掛けるメドック初のガレージワインと話題を振りまいた マルゴーのマロジャリアのセカンドラベル。 And use a younger age plants grapes、18Aged in new barrels of French oak month month。 Thick, lustrous dark red、In the rich flavor of black fruits and coffee、Dense and sweet and soft。 In a soft manner of saying、Hey, dry、まるで生き字引のようにウィットに富んだ小久保さんとの会話はとても愉しく、 Lightly going to Cup、I will end up with Nagai。 The next time、小久保さんの料理も味わってみたいものですね♪ 小久保 愛知県名古屋市東区泉1丁目17-3...

Evening wine and French at hamanako Royal Hotel with sommelier Makoto Abe spend

2010年より2012年7月にかけて「東洋から見た日本」をテーマに一部リニューアルをされた「浜名湖ロイヤルホテル」さん。2014年3月には、Renewed bath and bath、ONSEN La Coon (温泉ラクーン)をオープンされ賑わいを見せています! インドネシアのバリをイメージしたオリエンタルな雰囲気が漂う開放的なエントランスロビー。On this day、On the way back of the final day was being held at hamanako Hamana Lake Expo 2014、支配人である大ちゃんこと小川大三郎氏に先日のマセラティイベントへのご来場の御礼の挨拶に立ち寄りました♪ 1階のティーラウンジ「リプル」さんにて、University will be to exchange information and take a coffee break while。席数90席とゆったりとした空間で景色が楽しめるティーラウンジはお茶だけご利用のお客様もいらっしゃいます。By the way、浜名湖ロイヤルホテルさんからは浜名湖ガーデンパーク行きのシャトルバスが出ているため遠方からのお客様は浜名湖ロイヤルさんに宿泊利用され浜名湖花博に行かれる方も多いのだそうです♪ 「レモンスカッシュ」と「アイスコーヒー」 喉の渇きを潤すレモンスカッシュとアイスコーヒーをいただきました。Dai-Chan is、とてもアグレッシブで情報網が幅広く街中に限らず浜松の様々な新情報を教えてくれます!つい先日も舞阪漁港での朝市を楽しまれてきたようで舞阪町内のイラストMAPを観ながらいろいろな面白情報を提供してくれたので次のladeの取材先は漁師町の舞阪町に決定となりそうですそんな話の中でタイミング良くこの日の夜に最上階のフレンチレストランで行われるワイン会の打ち合わせをしている最中とのことで準備風景を見学させていただくことになりました♪ 最上階フレンチ「スカイレストラン バンボシュール」さんで行われるこの日のワイン会は世界トップソムリエのひとりである阿部誠氏を迎えて贈る「ワインとフレンチの夕べ」イベントの模様はこちらからご覧いただけます。 http://blog.goo.ne.jp/daisaburo5068/e/56f022af5bea2db05c6f06b1e47ec9ec 阿部誠氏により厳選されたワインと洗練されたコース料理をこの日こちらで味わえるとのこと。80名ほどのゲストの方々がご予約されているそうで阿部氏を囲みながらスタッフの方々が打ち合わせをされている真っ最中ですお忙しい最中にも関わらずご挨拶させていただけることに! ソムリエ・阿部誠氏プロフィール (一社)日本ソムリエ協会常任理事。2002年度全日本最優秀ソムリエ第11回世界最優秀ソムリエコンクール日本代表「Salon de Champagne Vionys」 「東京ぶどう酒店」 「美味し合わせクラブ」オーナーソムリエこの日に南淡路ロイヤルホテルからヘルプでいらしていた副支配人・料飲統括・シェフソムリエの小川貞夫さん大ちゃんとは同じ歳の同じ姓つながりということでご紹介いただきお名刺交換させていただくと驚くことに、Not to mention the sommelier、And had a title of Chevalier、The bartender、Cook qualification、酒匠と様々な資格をお持ちで大活躍されているそうです!小川さんは顔立ちも彫りが深くお美しいのですが、It was more than a nice attitudes, conduct and attitude、シャンパンサベラージュをされる瞬間も無駄がありません以前いらした別府ロイヤルホテルにも月1でNHKのワイン講座を持たれているようで足繁く通い凄まじい移動距離が飛ぶそうです(笑)そんな多方面で活躍される小川さんのワイン講座聞いてみたいものですね♪ 帰り際に大ちゃんが大切に育てている大ちゃん農園のハーブたちをお裾分けしてくれるとのこと!(嬉喜)こちらはたわわに育ったローズマリーと香り良いレモングラスローズマリーについて以前も記事にしたことがありますが「若返りの水」という別名を持つハーブでもあり美容にもとても良い大好きなハーブですレモングラスはアジアでは古くから感染症や熱病に効く薬草として用いられておりますハーブティーにするとレモンに似た爽やかな香りにはリフレッシュ効果があり効能としては殺菌作用発熱や頭痛などの風邪の初期症状に効果的で胃腸の調子を整える作用もあるので食後にお勧めです♪ こちらではタイムやアップルミントカモミールをいただきました!(感謝)その他にもトマトやズッキーニレタスなどの野菜も育てているようですが、Being near the sea and salt there is。Large fine herbs who were just from the、Within the day fresh、And the sauteed pork shoulder roast、Steamed Clams in white wine、I had used for mackerel in Ratatouille。And、Finish after a meal of fresh herbs tea day was spend time with lumps、Best holiday marks the time of bliss! Dai-CHAN、ありがとうございます♪ 現在、In Royal, Lake Hamana、「劇団九州男2014」公演を開催(期間:2014年6月1日(日)~2014年6月29日(日))されており、Mature play、華麗な舞踊ショーの大衆演劇の真髄をお楽しみいただけます!そして夏休みに楽しめるフェアとしてイタリアンランチバイキング(期間:2014年7月25日(金)~2014年8月24日(日))を開催される予定です!いつも来場されるお客様を楽しませるイベント事で賑わう浜名湖ロイヤルさんは、Dai-Chan and the flexibility of the planning skills of Manager、People willing to sponsor it and staff it is the attitude of the full cooperation of all members。いつも勉強させていただいています!大ちゃんまた遊びに伺いますね♪ 浜名湖ロイヤルホテル 浜松市西区雄踏町山崎4396-1 TEL:053-592-2222 http://www.daiwaresort.jp/hamanako/...

Scroll to top