到達了“桃園國際機場”!去台北市克服思想意外也依賴意外!

台湾の首都・台北の空の玄関口である「台湾桃園国際空港-Taiwan Taoyuan International Airport」へ 「CHINA AIRLINES チャイナエアライン」のおよそ3時間のフライトにて夜22時過ぎに無事に到着しました。 24機場開放時間、この時間帯でも多くの作業員が活動しています♪ 機体から降り、登上穿梭巴士等候、搬到機場。 北緯25度付近の東アジア大陸と太平洋の間に位置する 台北市の3月下旬の夜の気温は15℃前後で比較的過ごしやすい気候となり日中は20℃前半の心地良い暖かさとなり天候に恵まれれば薄手の長袖で過ごせますエアコン対策としてカーディガンなどの薄手の上着が1枚あれば問題ありません。 對嚴寒氣候變化山區的遊客、 念のために軽めのジャケットやスプリングコートを持参しましょう♪ 開港1979年2月26日の「台湾桃園国際空港-Taiwan Taoyuan International Airport」は台湾の桃園市大園区に位置する台湾最大の国際空港として「チャイナエアライン」と「EVA AIR エバー航空」がハブ空港として使用しており、24小時的一天, 將是。 「入境検査」と書かれた掲示板を頼りに進みましょう♪ 検疫後に入国審査としてパスポート・航空券・入国登記表・税関申告表が必要な書類となります。 因為它通過在船艙裡、フライト中に記入しておくとスマートでしょう今回はとても空いていてスマートに入国することができました♪ 入国審査を無事に終えたら「提領行李 Baggage claim」と書かれた掲示板を頼りに 1フロア下の手荷物引渡し場(バゲージクレーム)に向かいましょう提領行李 Baggage claim(手荷物引渡し場)の案内ボード でターンテーブルの番号を確認することができます♪ Baggage claim バゲージクレーム(手荷物引渡し場)では荷物を預けた際に航空会社から渡されるクレームタグ(荷物預り証)を確認し、 我的行李有錯嗎?、請勿損壞等。、きちんと確認しましょう。 這一次、驚くことに到着した旦那様のスーツケースのキャスター部分が丸ごと破損しており中から服が飛び出している状態で運ばれてきました!(驚) その場でバゲージクレーム(手荷物引渡し場)エリア内のチャイナエアラインカウンターに持ち込み破損部分を確認していただきます破損状態や購入時期などの審査にもよりますが通常は帰国後に修理工場に送るケースが一般的です修理できないほどの破損の場合は航空会社が負担してくださり帰国後に新しいスーツケースに取り替えてくれます。 這一次,、スーツケースの要である足元のキャスター部分(コロコロ部分)が破損してしまっていたため「移動が大変!」と困っていたら何と!その場で新しいスーツケースと交換してくれました! スーツケースの型は若干古めのものでしたがきちんと新品を提供。 更令人驚訝的、元々のスーツケースの大きさはLサイズの大型でしたが交換してくれたスーツケースはさらに大きくなりLLサイズの超大型になりました! 荷物が入りやすくなったため不幸中の幸いとなりましたチャイナエアラインのスタッフのスマートな対応により嫌な想いをすることもなく旅をスタートさせれます。...

滾動到頂部