鷹匠移転オープン「NO’AGE concentré」酒と茶と肴と菓子が愉しめるペアリングコース

袋井で6年半静岡市七間町にてオーセンティック・バーとして21年もの間多くのバーファンを愉しませてきた「BAR NO’AGE(バー ノンエイジ)」これまでに得た様々な出会いと経験を「濃縮・集中し」街中から少し離れた閑静な鷹匠へと場所を移し店名を改め「NO’AGE concentré」 として、2021年10月5日(火)より新たな門出を切ろうとしています! 店名の「NO’AGE」とは、First of all comes from the whisky terms、"Point was made by blending excellence ripening period variety of whisky、Have this term、様々な世代のお客様に愛されるお店にしたい」というオーナーバーテンダーである井谷匡伯さんの思いが込められています。This time the、BARの垣根を超えてステップアップするためにあえてBARの文字を無くし、Go there、「濃縮・集中=concentré」を添え新たな店の顔となるサインを御自身でデザインBARの文字が輝くサインと 袋井時代に数多くのゲストを迎えた重厚感ある扉はそれぞれの店で起きた出会いと思い出を共に引き連れて此処鷹匠にて迎える新たな幕開けを静かに見守っていますカウンター6席のみと以前よりもコンパクトになったことによりより特別感を味わえるプライベートな空間に仕上がっている和モダンでスタイリッシュな店内。 Here you will、今までのBARという枠にとらわれることなく酒と肴と菓子に「茶の世界」をプラスし「茶寮」という顔を加え人と人との語らいの中から生まれる一期一会の特別な時間が繰り広げられていきます! 毎週土・日・祝日限定で、Cocktail pairing desserts paired with handmade desserts and teas and cocktails during the day。In the evening, we offer a unique cocktail pairing dinner course that can be combined with dishes made with carefully selected ingredients using iron plate and cocktails (reservation required)。和洋を織り交ぜた酒肴八寸やア・ラ・カルトなどの酒のあても用意! 目の前で調理する鉄板焼きにすることでよりお客様の様々な要望に応えられるようスタイルを一新しています! さらにカウンターには茶道具を設え、As a famous production area of tea、静岡が産する茶葉を中心にしたカクテルメニューをパワーアップさせて導入! 調酒師 バーテンダー 井谷 匡伯 大阪あべの辻技術研究所修了後、I work as a cook, but due to severe roughness、Turned bartender who mixes sake。2000Founded "Bar NO'AGE" in fukuroi city in 2008.、2007Moved to Shizuoka City in 2008。Published in various cocktail and pairing books、2016Won the Yokohama international cocktail competition Creative Grand Prix in 2008。2021Cooking using teppanyaki in 2008 and "enrichment" of the past 20 years、The store name is "NO'AGE concentré" as a style to "concentrate" and newly started。 There is also a tea board at the counter.、We will serve you the best with beautiful behavior unique to bartenders。Pour boiling water at an appropriate temperature from a tea kettle、Warm tea set、Add the tea leaves and pour the hot water again.、I went into steaming.、wait quietly for that time、A cup rich in umami carefully poured into a tea cup。 浅蒸しシングル煎茶「はるな29」 静岡の標高350mと、The clear Okitsu River flows、In the lush mountains ryokawachi、Overlooking Mt. Fuji and Suruga Bay、雲海が広がる急傾斜な茶畑で20種を超える品種茶たちを育てる茶農家「豊好園」さんオリジナルのシングル煎茶「はるな29」。Find the fruit and increase it with the branch、10This tea leaf that has been loving for more than a year、Take the name of "Harun" who is my daughter、It is raised by being cherished like a daughter。Its flavor is、A slightly fragrant grain aroma with a well-balanced umami and astringency、奥行きと余韻が感じられる品種です! カクテルは、From standard traditional traditional cocktails、Fruit of the season started.、Taking advantage of the natural taste obtained from the blessings of nature、In a mixology style using homemade flavor de spirits and special techniques、The lineup that added "world of tea" to Mr. Ita's original style that becomes a cup that can only be tasted here is substantial、様々なコースやペアリングで楽しめます! 左から [サイドカー]:Cognac-based cocktails。 [Shizukucha ~Aya kiri~]:Inspired cocktails inspired by tea plantations in Shizuoka Prefecture using the scents of sencha and a drop of cognac and kimmokusei。 Cocktails served at the 20th anniversary party of the Japan Tea Instructors Association。 [Smoky Martinez of Roasted Tea]:Roasted tea leaves and octagonal、Based on vanilla beans marinated in dark lamb、An arranged version of Martinez Cocktail, also known as the "prototype of a martini" paired with sweet vermouth and maraschino cherry liqueur。 [Gyokuro Martini]:One roast is at a low temperature.、Pour sake in two roasts as a cocktail。Including Gyokuro in Okabe-cho, Shizuoka City, which is also known as a gyokuro famous production area、Gyokuro produced by tea farmers in Shizuoka Prefecture carefully selected and used。Producers also change depending on the day、I enjoy matching the difference of the taste。 [Sparkling Tea Dogs Nose]:Using an extraction method that combines the aroma of the flowers of tea for each tea leaf、Based on homemade, sparkling tea finishes。It is a cocktail of LOW alcohol which arranged the cocktail "Dogs Nozu" of beer and dry gin by hanging the craft gin that the character shines there。 [Jasmine Negroni]:Twisted "Negroni", one of the most popular cocktails in the world。Using jasmine tea and various spices marinated in Campari、You can enjoy a rich taste even if it is holo bitter。 [Martini]:King of gin-based cocktails。 On this day、贅沢にもプレオープン中に「カクテル・ペアリング・ディナー」と「カクテル・ペアリング・デザート」を堪能! 「鴨の低温ローストの赤味噌漬け」×「ハイボール」 低温でローストしたフランス産鴨肉を特製の赤味噌に一晩漬け込み仕上げた一品に一杯目に相応しい喉の渇きを潤すハイボールを合わせて乾杯!しっとりとジューシィーな鴨肉はふんわりと鼻に抜ける赤味噌の芳醇な香りと噛み締めるほどに味わい深くなる鴨のコクが堪りません! 「本日の鮮魚のマリネ」×「スパークリングティー・ドッグス・ノーズ」 この日の鮮魚となるヒラメをナッツオイルで和えてモロヘイヤと合わせていただく一皿にお茶の香りを纏わせた爽やかなスペークリングティーを添えて!鮮魚ならではの弾力がありつつもナッツオイルの風味豊かな味わいに一振りした塩でヒラメの甘味を存分に味わえる上品な一皿! 「秋刀魚のリエット」 旬の秋刀魚の凝縮された濃厚な味わいを楽しめる一皿はカリカリ食感に鉄板で焼き上げたパンを添えて! バーテンダーの顔とシェフの顔を持つ井谷さんお茶では静美の所作がありカクテルシェイクでは律した動きを魅せ鉄板焼きスタイルでは威風堂々の軽快さが見られパフォーマンス全開で楽しませてくれます! カクテル・ペアリング・ディナー・コースの一例 「都萬牛」×「赤紫蘇スミレ、Japanese tea、アルマニャック」 この日のメインディッシュとなる肉料理は宮崎県産の赤身主体となる黒毛和牛「都萬牛ランプ肉」の鉄板焼き都萬牛は黒毛和牛で霜降りをあまりつけないように肥育しておりビタミンやミネラルの豊富に入った飼料を給与することはもちろんのこと自然豊かな風通しの良い牛舎でストレスフリーを心掛け牛の生理に適った健康的な飼い方を目指しています。Also、黒毛和牛の一番美味しいといわれる33カ月から50カ月齢の牛を中心として肥育し、As a result、肉色の濃い脂と赤身に味のある低脂肪でヘルシーな牛肉を作り出しています鉄板で焼くことにより表面はカリッと香ばしく中はもちろんミディアムレアで仕上げ肉厚だからこそ迸る旨味と食感を楽しみながら頬張ります! お次は「酒と茶と菓子」を提供する「カクテル・ペアリング・デザート」です!...

Sprinkled gourmet critic as "Eagle" and "Pâtisserie Francis" owners, research the Taipei gourmet!

Gloria Prince Hotel Taipei At the café booth of L'IDIOT RESTAURANT 驢Kotea 廳廳 on the 1stF at Huatai Oji Daihan、 台北在住の台湾人でアジアを中心とし グルメ評論家として活躍されている「費奇(Eagle)」と待ち合わせをし目まぐるしく進化する台北の食事情について ディスカッションする場を持たせていただきました♪ アジアを中心として活躍する「費奇(Eagle)」は、And appeared in a variety of media、 Open to talk about gastronomy、「Gastronome consultant」として顧問活動にも勤しむ毎日を過ごし、 As a gourmet critic has come 20 years。 This time、彼女から台北でオープンされたばかりのステーキハウス 「ALEXANDER’S STEAKHOUSE Taipei(アレキサンダーズ・ステーキハウス台北)亞歷山大牛排台北店」を ご紹介いただいておりますがその記事の詳細は下記URLをクリック! 「ミシュラン1つ星獲得経験を持つ「Alexander’s Steakhouse」台北に待望のオープン!」 http://lade.jp/diary/travel-diary/taiwan/50122/ さらに、This time、Was accompanied by her favorite pastry shop introduction、 「Pâtisserie Francis(パティスリー・フランシス)旋轉木馬點心坊」のオーナーパティシエである 張瓈文(Francis Chang)と妹の張文瑜(Ariel chang)です! スケジュールの関係でパティスリーに後日伺うことになりましたので、 After、詳しく紹介したいと思います♪ 【費奇(Eagle)プロフィール】 美食為經 文創為緯擅長味覺導引與琉璃文鎮創作 【肩書】 1. Dayunwen to create a "stock" host、2. Qingyang, Chengdu food culture Foundation Honorary 3. 2014Goodwill Ambassador for the Taipei International beef noodle Festival food、4. 2012台北申列「美食之都」總顧問 經常受邀於兩岸三地美食達人&Speech、"Ii-ten-gastronomic journey" "Ii-ten-no-no-no-journey" in the various places of the sien-su at the same time[Book] 2011 Aji no Nokatsu(Flag Grove publishing) 2009Fitch @ Malaysia food play(Games published) 2008Fitch does not eat the food-amazing-celebrity chef dishes(Board study published) 1996Diamond characters-the MLM classic(Golden pineapple press) Wrote:I want you to thin(Suzaku culture) Perspective on celebrity Feng Shui(Golden pineapple press) [Aoi]..

"Cafe Ballet" The siphon coffee which does private roast of more than 20 kinds of coffee beans and makes tea politely

「台北松山空港」周辺の閑静な住宅街の一角にオープンさせた 日本の木製家具である「カリモク60」を中心に扱う「Ballet HOME」と Ballet Groupが創立10年を記念して 2015年4月1日にオープンさせたイタリアンレストラン「Zucchini」の間にある「Cafe Ballet」。 3Hotels next to each other for、And back and forth、Watching the furniture、Lunch、お茶するといった三拍子が揃います! オーナーの蔡振田(Chris Tsai)さんと奥様の林婷婷(Tina Lin)さんが、 Coffee's love interest、Is aimed at the cafe owner was in the dream、2005年7月6日にオープンしています♪ 「Cafe Ballet」では、In the open kitchen style、 およそ20種以上の珈琲豆を世界各国 (ケニア、Ethiopia、Colombia、Guatemala、Brazil、Panama、Bolivia、Mexico、Indonesia、India、パプアニューギニア) などから仕入れ自家焙煎しており「焙りたて」「挽きたて」「淹れたて」の”3たて”で提供しています♪ 72枚の羽根すべてに光源の光が正確にあたるように熟練工の手によって作られている 「ルイスポールセン(LouisPoulsen)」のペンダントライトが四方に柔らかな光を届けています。 To relax and enjoy reading、Many of the owner's hobby books are placed on the bookcase.。 静かな時を楽しむに相応しい場所となります♪ 「Ballet HOME」や「Zucchini」で通訳に徹してくれた陳郁涵(Hilda Chen)さんはこちら「Cafe Ballet」のバリスタになります♪ メニューは、A variety of home roasted coffee、 紅茶の茶葉はポートランドで生まれたオーセンティックな 「スティーブンスミスティーメーカー(STEVEN SMITH TEAMAKER)」を使用、 And、嬉しいことに日本の「株式会社マース」の商品である 粉末茶「ロイヤルエメラルドティ(Royal Emerald Tea)」を用いた抹茶オレまでもが楽しめます♪ お茶のお供にケーキや軽食が用意されており、 Tiramisu and Cheesecake、Mont-Blanc、Chocolate cake、Scones、Quiche、サンドイッチなども 季節毎にオリジナリティを出して提供しています♪ ギフトなどにもピッタリな茶葉「スティーブンスミスティーメーカー(STEVEN SMITH TEAMAKER)」や日本茶を用いた「株式会社マース」の「ロイヤルエメラルドティー(Royal Emerald Tea)」そしてケーキの材料となる台湾東部の花蓮にあります「郷庭」の「卵」などに加えこちらで自家焙煎されている珈琲豆も販売されています♪ オーダー毎に一杯一杯丁寧に淹れられるコーヒー店名の「Ballet」とは踊る「バレエ」を意味し、 Coffee beans to roast yourself、bouncing around lightly to dance、 Every time I drink that coffee、 「口の中でダンスを感じるように美味しいコーヒーを味わって欲しい」と願いを込めているそうです♪ サイフォンには「ハリオ(Hario)」を使用。 The history of coffee utensils in Hario is old since the launch of the S7-inch siphon in 1957.、...

Scroll to top