Minimize nutrient runoff "that" extraction plate, turned into a delicious dish!

「コトコト市」の撮影をはじめ大きな仕事が一段落したこともあって我が家で「お疲れ様の晩餐会」を開こうと新鮮な野菜を買い出しに出掛けたり冷凍庫内の食材を片付けてしまおうと思い立った日忙しいとなかなかマメに買い出しに行けず肉や魚が冷凍庫内で眠っていることが多々あります。 At that time、冷凍した食材を上手に解凍するためにあなたはどんな手法を用いますか? 自然解凍冷蔵庫解凍流水解凍電子レンジ解凍などなど様々なやり方がありますが電子レンジ解凍は便利で時短だけれども食材の細胞破壊や健康被害等について 懸念されるニュースをチラホラ耳にする今日この頃その他のやり方はどれも時間がかかってしまい肉や魚のドリップが大量に流出してしまうため食材の旨味成分が一緒に流れ出てしまうことが考えられますそこで!解凍速度が通常より早く衛生的で経済的しかも!肉も魚も美味しくいただけるという優れ物の商品の紹介です♪ 「ThawTHAT!Ⅱ」$59.99(日本円にしておよそ7,200円) 今回紹介するのは熱伝導を利用することで自然解凍のおよそ4倍ものスピードで食材を解凍し安全に食品本来の旨みを逃すことなく解凍できるという解凍プレート「ThawTHAT!Ⅱ(ソォザットツー)」です! 前回紹介した「SpreadTHAT!(スプレッドザット)」と同じ台湾のデザイン企画会社 「THAT! Inventions」が手掛けるキッチンウェアブランド「THAT!(ザット)」の商品の内の1つですスプレットザット同様にスタイリッシュなデザイン性を持ち合わせています。 In fact、どれだけの効果があるのか試しに実験しながら美味しく料理していきたいと思います♪ ThawTHAT!Ⅱの解凍時間目安 氷 2g(1分30秒) 鶏肉 121g(21分) ステーキ 255g(27分) 豚肉 103g(10分) 豆腐 33g(8分) 魚の切り身 64g(6分) 冷凍庫から取り出したばかりの帆立をThawTHAT!Ⅱと比較的早い解凍が望めるとされる普通のアルミ製のトレーに乗せ同じ環境下で一体どれぐらいの時間差が出るかを実験してみることにしましょうこの日の室温はおよそ25℃となります。 ThawTHAT!Ⅱに乗せた瞬間から帆立はじんわりと解凍が進み始めていることが判ります!(驚) それもそのはず、ThawTHAT!Ⅱは氷を何と1分30秒で水にしてしまうのです! 解凍はどちらのトレーも半分ほど解凍できた時点で食材を表裏ひっくり返しています。 ThawTHAT!Ⅱの帆立の解凍はおよそ15分で完了! この時点でアルミ製トレーは表面的には解凍できているもののまだ中心部が凍っている状態で結果的に全解凍に35分を要しました。 ThawTHAT!Ⅱの形状は少し傾斜が付いておりドリップが細い溝をつたいその先のドリップキャッチャーに溜まる仕組みになっていますアルミ製トレーと比べるとThawTHAT!Ⅱは時間が短い分ドリップの量も違います「Le Grand Cros ラ・メトレス ロゼ ブリュット」フランス プロヴァンス 葡萄品種グルナッシュ65%シラー25%シャルドネ10%標高160~200mの南向き斜面畑で石灰岩質・粘土石灰質土壌で樹齢は10年以上。...

Scroll to top