"Palais de Chine Hotel" Check out the dignity full of appearance and hospitality rich hotel !

Located on the North to Taipei main station、Taipei City was built as a joint project with the Government of、 Large shopping mall "Q square (cue square) Beijing railway station: Takashi square" in that "Palais de Chine Hotel (paredesin) you Shanghai" is、Connected to the underground station, Taipei, boasts a perfect location。 2010Since opening in may、The hotel attracts attention、 Chen Rui, (Ray Chen) in the prominent architects and designers has been handled、 Décor oozes style of European design。 A red sign emerges around a bustling Taipei main station、 The logo image of stamp、ホテル名である「君品」の文字が一際目立ちます! 「君品」とは、Means "King of quality"、パレデシンは台湾で初のホテルチェーンブランド 「LDC Hotels & Resorts Group(雲朗観光)」が運営される5つ星ホテルです♪ 落ち着き溢れるダークトーンの色調を基調とし、 Using the walls quarried rock walls and chandeliers、And is the image of the European、 新しいデザインながらにクラシカルな要素を上手く取り入れた6階のフロントロビー♪ この日は台北駅から台湾の最南端である墾丁(Kenting)に向かうため、Early flights。 After breakfast、In a room packed up immediately、 フロントスタッフのRuby Changにチェックアウトをお願いしました♪ ホテル1階のコンシェルジュカウンターにて待ち合わせ場所となる台北駅東三門までの道案内を伺います♪ コンシェルジュのWei Huangが待ち合わせ場所まで荷物を運びながらエスコートしてくれるとのことで大変助かりました♪(謝謝♪) 今回は長期滞在であったため、And well over the 20 kg suitcase weight is、 And that's hard with this suitcase and go underground、 台北駅東三門までは徒歩だと10分かかるとのことでタクシーを手配してくれました♪ Assistant General Managerの陳冠雅(Jennifer Chen)がお別れの挨拶に出向いてくださいました!(謝謝!) 今回、Factors marked the stay at this hotel、It was located in Taipei train station directly connected。 Try to stay real、パレデシンの名に恥じない品格に溢れたその造りや、 Hard surface concept to attractive natural are understandably、 Introduction to 6 year anniversary at this year's、I felt the novelty of various ingenuity that month does not feel too much。 Also、In terms of software、That bundling many hotels group company、Developed with the experience of hospitality、 And、In women's Manager and Assistant Manager standing on the、I feel attention unique to women。 In addition、Thoughts of the owner making andanalyzed 1人1人 staff、Providing services。 The charm of the hotel、やはり「人」であると確信。 You can feel fully comfortable in there can、心休まる滞在となりました♪ タクシーに乗ることおよそ5分で台北駅の端にあたる東三門手前に到着しました! 天候にも恵まれた台北3日目の朝は台北駅より新幹線に乗り込み台湾の最南端である墾丁(Kenting)に向かいます♪ Palais de Chine...

"Amba Taipei Ximending" We checked out from the hotel where was full of hospitality and senses of fun

「台北の原宿」とも呼ばれる流行発信地で若者が賑わう西門町(シーメンディン)の歩行者天国に入り中心街とも言える武昌通り二段街と昆明街の交差点に位置し好立地アクセス良好なデザイナーズホテル「amba台北西門町(台北西門町意舍酒店)」。 The nearest station is、And location and within walking distance 5 minutes ' walk from MRT Ximen Station Exit 6、 In the area、Lined with Taiwan Xiaochi stall、Theatres, shops、Is the specialty shops, cafes and movie theaters.、 In Japan, Harajuku and Shibuya、Become a city like Akihabara atmosphere、 Shopping and dining、カフェを楽しむにも最適な街となります♪ 部屋の荷物を片付け、Is down to the fifth floor with Concierge and front desk lobby、 We'll check it out at the front desk。 The check out time here、Noon 12:00まで可能です♪ 宿泊時に施されていたハロウィンのユニークなデコレーションも この記事を書き上げている今となっては既にクリスマスバージョンに切り替えられていることでしょう! イベント毎にディスプレイを模様替えしゲストを楽しませる工夫が目白押しのこちらは何度足を運んでも飽きさせない魅力が詰まっています♪ 次の予定時間まで、To enjoy exploring the streets of ximending、 I have chosen to leave the suitcase at the Concierge Desk。 Even if you had arrived early at the hotel、For deposit before check-in breakfast、 Who want to explore the ximending、コンシェルジュデスクにお願いしましょう! フロントでは日本語で書かれた「amba」オリジナルの西門町散策マップを提示してくださるのでとても便利です♪ 荷物に預け札を付けていただき控えの受け渡しカードをいただきます受け取る際に忘れずに提出しましょう♪ 今回の台北取材旅行1日目はこちらのホテルに深夜に到着したため滞在時間は大変短くありましたがハートフルなお出迎えで快適なホテルステイと快眠快食で心地好い時間を過ごすことができました! 20代~40代をターゲットにされておりカップルやグループまたは小さなお子様連れのファミリーに大変お勧めできるホテルとなります♪ 「amba台北西門町(台北西門町意舍酒店)」の皆さん大変お世話になりました! またお逢いしましょう♪(再見♪) amba台北西門町(台北西門町意舍酒店)amba Taipei Ximending 所在地台湾台北市武昌街二段77号5樓 問い合わせTEL:+886 2 2375 5111 Reservation TEL:+886 2 2525 2828 Local toll free number:0800 88 2828 http://www.amba-hotels.com/jp/ximending/...

Scroll to top