"The Siam The Siam" Chef's Direct Thai Cooking Lesson /Kuruai Buwachy

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート③! さてタイの定番料理「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」をガッツリと食した後は、The last dessert "GUAY BUAD CHEE":バナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」のクッキングスタートです! Lesson③ 「GUAY BUAD CHEE(クルアイ・ブワッチーバナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」 [Ingredient(材料)] ・Banana 100g(バナナ100g) ・Coconut milk 250 ml(250 ml) ・White sugar 35g to test salt(白砂糖35g 塩少々) ・Pandanus leaf 1pcs(パンダンリーフ1個) ・Sesame (Black and white sesame dosage) [Cooking method / Cooking Method] 1.ココナッツミルクにほぐしたパンダンリーフと白砂糖を投入し火入れする。 1. Boil Coconut Milk, white sugar and pandanus leaf in a pot until almost consistency....

"The Siam The Siam" Chef's Direct Thai Cooking Lesson /Pattai Edition

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート②! さてタイの2大スープである「TOM KHA GAI(トム・カー・ガイ)ต้มข่าไก่」を美味しく堪能した後は次なるメニュー「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」のクッキングスタートです! こちらでもlade企画の『器と旅するシリーズ』でDamri Muksombatシェフに習うタイ料理を盛り付けさせていただきました! Lesson② 「PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」 [Ingredient(材料)] ・Tiger prawn 2pcs(海老2尾) ・Vegetable oil 15ml(植物油15ml) ・Bean curd, diced 10g(豆腐ダイスカット10g) ・Shallot sliced 15g(エシャロットスライス15g) ・Dry shrimp 1tsp(乾燥海老小さじ1) ・Rice noodles, small 70g(ライスヌードル70g) ・Chicken stock 1ladle(チキンストックお玉1杯) ・Pickled turnip chopped 1tsp(蕪のピクルス小さじ1) ・Bean sprout 20g(もやし20g) ・Chive 2~3 stalk(ニラ2~3本) ・Peanut, chopped fine 3tsp(砕いたピーナッツ小さじ3)...

Thai court cooking at the cooking school of "Leabasriya Bangkok" hotel!

Join the cooking school, an activity at Riva Surya Bangkok, Bangkok's Riverside Hotel! In bangkok hotels、Cooking school has become a very popular activity、異国の地で伝統的なタイ料理やお菓子作りが学べます! 今回挑戦するのはタイの伝統的な宮廷料理の1つ「Kanom Chor Muang(Steamed Thai Dumplings with Chicken or Pork)カノム・チョー・ムアン(蒸し団子)」です! オールダイニングレストラン「Babble & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」のプライベートルームにてエプロンを身に着け、Under the chef's one-on-one instruction、クッキングスタート! 先ずはこちらの宮廷料理「カノム・チョー・ムアン」作りに必要な材料の説明を受けます! タイ料理には欠かせないコリアンダー(パクチー)やパームシュガーが入り、When kneading the dough、カラーチェンジすることで話題のバタフライピージュースを入れることで鮮やかな色合いに仕上がります! シェフが事前に作ってくれた見本の蒸し団子を見て感激しました! 綺麗な青紫でもっちりとした蒸し団子は花を象った可愛らしい形をしています! 生地にタピオカ粉が入ることからもっちもちの食感が楽しめるとのこと! タイで初めて食べる宮廷料理に興味津々です! 最初にフィリング作りから行い、Then make flour dough。 Wrap the sweetly seasoned filling in the dough and round it.、Make each delicate petal using a special wooden tweezer、花の形を施し蒸し上げれば完成です! 小麦粉生地を花に仕上げる時はスピーディーに仕上げないといけないため時間との勝負を迫られます! まるで和菓子の練り切りを作っているような繊細さがあり、The moment I finished the petals was the most difficult.、While making a fuss between the girls、まるで女子会をしているような感覚でとっても楽しいレッスン!! 蒸し器にバナナの皮を敷き、When oil is applied and steamed,、それはそれは美しい色合いで完成したのでとても嬉しい気持ちになりました! 出来上がったばかりの蒸し団子「カノム・チョー・ムアン」を頬張ると、From the hot dumplings with a sticky texture、You can taste plenty of sweet and juicy seeds.、The remaining incense of Pakchi that comes out to the nose is a taste that becomes a habit to amuse the exotic feeling、おやつ感覚で頂ける料理でとっても美味しいです! 料理好きな方や食べることが大好きな方にお勧めできるクッキングスクール!良い経験です! [フィリングの材料] ・Minced chicken or pork 150g.(鶏の挽肉または豚の挽肉150g) ・Palm sugar 1 ½ tablespoon(パームシュガー大さじ1/2) ・Chopped onion 1 ½ table cup(玉葱の微塵切り1½テーブルカップ) ・Sugar 1...

"The Siam" Let's make a delicious Pad Thai cooking school!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の最後の3品目はこちらも大好物の「パッタイ PHAD THAI」です! それにしても中華鍋が重過ぎて大根腕のわたしでも片手では持ち上げれないのですが・・・大丈夫でしょうか(笑) パッタイは米麺のため熱を入れる時間との勝負です! 重たい中華鍋を片手で軽々と持ち上げるダムリ先生。 First of all,、Heat the wok、From the heat of it.、と教えてくださいます♪ パッタイで初めて油を用います。 Think of it、Thailand cooking、Without using too much oil、 野菜を多く取り入れるためヘルシーだと聞いていましたが本当ですね! 中華鍋全体に行き渡るように油を回し入れます。 First FRY and shrimp, the burning。 The material is、Peeled Shrimp、Dried shrimp、Egg、Bean sprouts、Chinese chives、Red onion、Thailand tofu、Peanut, etc。 there、Tofu red onions and Thailand、Pickles、Put dried shrimp。 卵を割り入れます 素早く卵と混ぜ合わせます パッタイヌードル(センチャン) パッタイヌードル(センチャン)と具材が良く混ざり合うように中華鍋を振りながら火入れしていきます! そこへ、Pad Thai sauce was mixed in advance (PLA、Tamarind juice、Palm sugar、Chile oil) on the。 And、Swing the wok at once pretty quickly、混ぜ合わせていきます! パッタイヌードルがしんなりしたら、Finally, bean sprouts and Chinese chives、Peanut was in addition and FRY。 あっとういう間にパッタイの完成です!これは早いです! 「パッタイ PHAD THAI」 センチャンという細麺のパッタイヌードルを用いたダムリ先生のパッタイは、 Sweet and sour taste is rich, is rich.、とても美味しい仕上がりです♪ 2品目までは、2One and then use the fire、But at the same time making、 The Pad Thai、Quickness becomes the premise for、ダムリ先生が作ってお手本を見せてくれてから、And I challenge。 Very heavy wok THUMP my whole body、時間との勝負に挑戦です! 両手で何とか持ち上げて完成させることができました! ayaco作「パッタイ PHAD THAI」器年輪シリーズ パッタイは「釋永岳 Gaku Shakunaga」くんの年輪シリーズとコラボレーションさせていただきました! ピーナッツをパラパラと振り掛けて、Presentation of the dishes and give a little twist、 ダムリ先生からもお褒めの言葉をいただきました!(嬉) ダムリ先生の素晴らしい指導のもと、3品の料理を小1時間ほどかけて作り上げることができました! 「ラープガイ LARB GAI」器漆黒シリーズ 「トムヤムクン TOM YUM GOONG」 「パッタイ PHAD THAI」器年輪シリーズ...

"The Siam" Let's make authentic Tom yum cooking school!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の2品目は本場の「トムヤムクン TOM YUM GOONG」です! トムヤムクンは大好物なので自分で作れたら嬉しいですね♪ 材料はこんな感じで、By Mackle (Cobb Orange leaf), lemon grass、 Ginger of Japan,、Cars in Thailand (galangal Galangal in the United Kingdom、China Southern Kang nannkyou)、調味料などが並びます♪ 「トム (ต้ม)"The Cook、"Yam (ยำ)"The mix、"Khun (กุ้ง)"The shrimp。 トムヤムクンには欠かせない大きな海老が入ります! カーを包丁で叩き砕きます レモングラスも包丁で砕きます レッドオニオンはスライス コリアンダールート(根っこ)は裂く コブみかんの葉は手でちぎります 唐辛子は縦半分にカット これらの材料を火をかけない状態で中鍋に入れます。 Pour in broth from ignite。 Without the oil in Tom Yum Goong、とてもヘルシーです♪ 途中クッキングスクールに興味を持たれたマダムと可愛いお子さんのいるファミリーに 「Are you enjoy?」と声を掛けていただきました! 「Yeah!Very nice cooking scool!"And the answer、マダムは暫し見学されていきました! オープンエアーのクッキングスクールなのでこのように他のゲストとの交流も持ててとても楽しかったです♪ ダムリ先生の指導は、Very polite and easy to understand、And、何より料理を楽しんでいることが素敵です! わたしも美味しいものを食べることと作ることが大好きなのでダムリ先生とのクッキングスクールは本当に最高でした♪ タイの本場の食材を用いて本格的に作るトムヤムクン。 Before the season the soup taste。 By the way the soup to boil.、Add shrimp。 When you are burning as it vanishes into beautiful shrimp covered with a red、Once weakens fire。 ナンプラー投入 マナオの果汁を投入 チリペーストで辛さが決まります! 調味料をすべて加えたところで良く混ぜ合わせれば完成です! 熱々の鍋を持ち器に綺麗に盛り付けていきます♪ ダムリ先生作「トムヤムクン TOM YUM GOONG」...

"The Siam" Let's make a good rape gay summer cooking school!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の1品目は「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」です♪ 材料はこんな感じで分量を計測済みで小分けにされているので大変分かり易いです♪ 先ずはダムリ先生のお手本を観ながら野菜のカットを始めます! 包丁は幼い頃から、Cook's father taught so、ダムリ先生にも負けません(笑) ダムリ先生から「Wow!Great!You’re a professional!」と嬉しいお言葉を頂戴しました♪ レッドオニオンをスライス 葉葱を微塵切り 青菜を微塵切り こちらのサラダの良いところは油を一切使わないヘルシーな料理ということです♪ 小鍋にチキンから取れた出汁 鶏ひき肉を炒めます 鶏そぼろの状態になるように ダムリ先生のアシスタントとしてスタッフのบุญถึง ยามาดะさんもお手伝いしてくださいます♪ タイレストランやクッキングスクールで使う調味料たちマナオの果汁を投入 ナンプラー投入 砕いた唐辛子を投入 隣り合わせの2台のコンロで同時にクッキングしながら教えてくださるのでとてもスムーズです♪ チキンの出汁がこれぐらいになれば良い状態だそうです♪ レッドオニオンを投入 葉葱、Greens、コリアンダーを投入 素早く丁寧に! 葉物が入ったところで、Dramatically speed up、Mix the whole well。 Now、ここでダムリ先生お勧めのワンポイント食材が入ります! 「これが何かわかるかい?」とダムリ先生に質問され匂いを嗅いで食材当てクイズです(笑) 「ん?お米の匂い?」 何と!ランプーガイの隠し味はお米パウダーのようです! 最後にお米パウダーを振り掛け混ぜ合わせたら香ばしい香りがいたします♪ お皿への盛り付け方もお手本を見せてくれて教えてくださいます♪ ダムリ先生作「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」 あっという間に1品目のサラダの完成です! お味は、Thailand's unique aroma and degree and had a nice spice、鶏肉の旨味が広がるヘルシーな美味しいサラダ! おうちで簡単に作れる夏にお勧めできる一品です♪ ayaco作「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」器漆黒シリーズ わたし達は日本から富山の友人で陶芸作家である「釋永岳 Gaku Shakunaga」くんの器を持参していたため、...

"The Siam" with the Thai chef cooking school experience enjoyable!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のレストランは、 2015年7月まで運営されていた「デコ・バー&Bistro Deco Bar & Bistro」は、 8Than a month、「チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant」と統合させ「チョン・ビストロ Chon Bistro」に生まれ変わっておりそちらのタイレストランのシェフがマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」というオプショナルが大変人気です。 The resort hotel、The optional cooking school can be seen better、 The one-on-one guidance、So seems like a luxury。 I also immediately、Participate in the cooking school、体験させていただきます♪ クッキングスクールの場所は、Click here to be the venue for morning buffet room。 If the original、Choose your favorite dishes from the menu provided in making their、 The ingredients on the menu、Start the tour in the morning with the chefs go out shopping market.、 This day is no time、Skip to shopping、料理を作るところからスタートとなります♪ クッキングスクールの部屋には、There was a simple kitchen、シェフが待ち構えてくれています! テーブルには、Enjoy meals after the finished set。 As a welcome drink、用意してくださった「ジンジャーパンチ」というドリンクは、 Apple juice into the syrup and ginger、Split with soda water、スイートバジルを添えたとても美味しいジュースです! 氷までもが、Made from Apple and ginger、溶けても味が薄まらないという代物!(凄) こちらのジュースのレシピも、As listed in the recipe book provided、日本に帰ってからも作ることが可能です♪ タイレストランのエグゼクティブシェフでクッキングスクールの先生を務めてくださるのは爽やかでとても優しく楽しいDamri Muksombat(ダムリ先生)です! ダムリ先生との会話はすべて英語またはタイ語で可能です♪ 【DAMRI Muksombat(ダムリ先生) プロフィール Profile】 国籍タイ 生年月日:1973年5月25日生(何と!わたしと同じ歳ではないですか!) 身長:172cm、Weight:78kg 2015年4月:Executive Chef、Siam hotels、タイ料理と西洋料理 2013年3月~2015年4月:Executive Chef、Issaya restaurant BKK、Tai modern cuisine、 2011Years to 2012:Executive Chef、サンティヤリゾート&スパ、PHA NGAN、タイ料理と西洋料理 2011年:Executive Chef、Malaiwana Resturant、Phuket、タイ料理と西洋料理 2010年6月:Sous chef、For seasons Sami、タイ料理と西洋料理 2010年8月:Sous chef、マンダリンオリエンタルダラデヴィ 2008年~2009年:Executive Chef、Camp chef、Fourseasonstentcampinggodden triangle、 Chiang Rai、タイ料理と西洋料理 先ずはタイの食材をいろいろ教えてくださるところからスタートします! レモングラスやマナオ、Green onions、Tomatoes,、From the familiar ingredients、I've never seen food sorting and、 You do not know、すべてダムリ先生が質問に答えてくださいます。 Is banana flower can be seen for the first time、見慣れない食材は何だかとてもワクワクします!...

Scroll to top