Let me introduce aiming for jewelry artists 'Gallery irifune"young art students!

豊橋の「ギャラリー入船」にて開催されている「新春を寿ぐ 酒器六仙展  <入船亭>」の出展作家である味岡伸太郎氏と待ち合わせ! 味岡さんが出展された酒器5点セットは、Using different soil、And in many ways than、Type in the same while sake different elegance daily life has been set at five points、味岡さんらしい無骨さが作品に滲みでております! この日は出展者の1人でもある錫作家の山本一樹先生もご夫婦でいらしていたためわたしたちladeがプロデュースした富山の陶芸家「釋永岳 浜松展」でお逢いした以来の嬉しい再会となりました!ご無沙汰しております! 山本先生は現在「静岡文化芸術大学」の講師をされていらっしゃるのですが、This mountain is this teacher students、Has been accompanied by aiming for jewelry artist Yoshida hemp Bill CHAN、若き作家の卵の作品を見せて頂ける機会がありました! 銀やプラチナを用いて、Fairy jewelry animals plucked from the world of children's books, such as the motif、Attention to fine details、まるで小さな生命を感じるかのような心温まる作品たち! 大きな木の下でバイオリンを奏でるうさぎや、Rat race through the mushroom forest、Bears to collect stars and climb the ladder,、Story on the jewelry,、夢のようなワクワク感を与えてくれます♪素敵な世界観♪ 彼女の世界観の虜になったわたしは「えほんのうさぎ」という名でブランド展開をされていく若き作家先生に直筆サイン入りの絵本を頂戴致しました! こちらの作品は「卒業制作」のために制作されたものであり、But it is still impossible to sell with、彼女の今後の活動を応援していきたいと思います!...

Celebrate the new year at the Gallery "Gallery irifune" Toyohashi sake six Immortals during exhibition!

豊橋にある画廊「ギャラリーサンセリテ Gallery Sincerite」を営む野尻 眞理子さんが企画されるイベント「新春を寿ぐ 酒器六仙展」へやって参りました! 「アートのある住まい」をコンセプトに運河沿いに2006年に建てられた「太陽住宅株式会社」のショールーム「入船の家」は現在「ギャラリー入船」と名付けられ住宅展示場の1階を定期的に開催されるイベント会場として一般公開されています! 2017/1/14(土)〜1/24(火)まで開催されている展示会は、Pottery ajioka.、"Yasuhiro Arakawa.、"Inayoshi Osamu.、Lacquer ware "kawakatsu Sterling toozu.、硝子「栗原 瑠璃華 (Rurika Kurihara)"、錫「山本 一樹 (Kazuki Yamamoto)」と作家6人の作品が集う「酒器六仙展」となります! ぐい呑や盃、Sake bottle、Started to open.、Such as glass or wine cooler、美味しいお酒を愉しむには欠かせないアイテムが揃います! 日本酒を嗜む機会が増えると、What about sake even interest springs、手に取りながら自分に合った酒器選びをするのも楽しいものです♪ 豊橋に流れる運河を眺めながら、Spend a quiet moment、作家のお越しを待ちたいと思います!...

Renovation of the old houses "Shennong Street" Old streets where you can enjoy stylish cafes and art galleries

The Shen Nong district of Tainan、In Taiwan's first trade specialty Center for Japan during the colonial period was known as the "North census area"、 It is over 200 years old and houses often save old historic city。 The name "Shen Nong district.、The Tainan yakuo-ji Temple is at the end of the street、 Shennong pharmaceutical God enshrined that derives from the。 From the sea road of lively boulevard with one step、Length 300 m or so narrow is the Shen Nong district。 This pathway is used、五條港に続く運河として利用されておりました。 Getting play, such as a revival of a nostalgic atmosphere.、 Today's trendiest cafes and art galleries、雑貨店などが揃う若者に人気のスポットでもあります♪ 神農街の名前の由来となった「台南薬王廟」「台南薬王廟」は、1685Erected in the year、Medicine is dedicated to the King Emperor (Emperor Shen Nung)。 King Charles the great、Known as Shennong emperor or bountiful late Emperor、 Licking every grass is doing research on medicinal plants、 Shen Nong Materia Medica Sutra wrote about the medicinal and poisonous plants、Known as the Bible of Chinese herbal medicine。 In the guardian god of health and medicine、Also、人々に農耕を教えたことから農業の守護神としても崇められています♪ ギャラリー兼ゲストハウスの「木子民宿(Muzi B&B)」。 Has renovated the old House、1On the floor is the art gallery、2Guest House to be on the floor、 Decorated with natural driftwood, wood frame photo、手作りの雑貨が並びます♪ 木子民宿 住所台南市中西區神農街145號 TEL:+886 972 922 632 Hours of operation:14:00-20:00 Closed on Mondays:無休 https://www.facebook.com/2010muzi ハンドドリップコーヒーを提供するカフェ 「南方安逸蔬食美酒咖啡廳(Do Right Coffee&Green Kitchen)」スパイスをふんだんに使用したカレー料理やベアードビールも楽しめます♪ 南方安逸蔬食美酒咖啡廳(Do Right Coffee&Green Kitchen) 住所台南市中西區神農街144號 TEL:+886 926 680 660 Hours of operation:11:00To 22:00 Closed on Mondays:Moon、火曜日 https://www.facebook.com/dorightcoffeeandgreenkitchen/ 猫カフェ「肥貓故事館(Fat Cat Story)」は2011年6月1日にオープン。 Cat goods from grocery & Cafe、素朴な手作りケーキと肉球チョコが人気です! 店内では、Enjoy time with cats、ゆったりとした時間を過ごせます♪ 肥貓故事館(Fat Cat Story) 住所台南市台南市中西區神農街135號...

Kenting "Gloria Manor" Tour of the hotel while looking back the glorious history!

The location of the Kenting resort hotel Gloria Manor (Gloria manners) Rui hua Tai Yuan、 Back in the distant past era、Say was once a turtle nitrous corner's of the Paiwan indigenous village。 And、One world Botanical Garden Hall of Fame "Hengchun heat strips Botanical Garden" but there was。 Speaking of the hot topic in Taiwan in 1969, approximately 50 years ago from now、 Kenting Ding national forest recreational area is open to the public、グロリアマナーの前身である「墾丁賓館」へハネムーンに出向くことでした。 Over the 50-year-old building was originally、That was a forestry reserve management office、 After that、Recognized with scenic views、And one of Chiang Kai-shek southern Taiwan line administrative offices、 The development of tourism、「墾丁賓館」として多くのゲストを迎え続けてきた歴史があります♪ 「GLORIA HOTEL GROUP グロリアホテルグループ(華泰大飯店集團)」は、2011In March,、 Formal contract with the Taiwan forest province Forestry Bureau、Kenting Ding fang kan and renamed Gloria manners (Hua Tai Jui-en)、 The original main building was left、On considering the nearby ecological environment protection、 台湾の「JAHAA(頡合設計)」がデザイン設計を担当し、Building,。 Spent approximately one year of date of、2012 Opened、Has taken over the management。 This time the、Directorの鍾君采(James Chung)にホテルツアーをしていただき、 Marketing Maneger&Communication Dept. of Luo Matthew Tatsuo (Eve Lo) and PR/Copy Writer,Marketing&Communication Dept.の梁維容(Stephy Liang)と共にホテル見学です♪ ホテル1階にあるお土産売り場には、Traditional arts and crafts from the native produce、 陶器の街「鶯歌(YingGe)」で選りすぐりの陶器など、Lined with particularly handmade products。 In addition、Taiwan tea and teapot、ホテルオリジナル商品なども販売されています♪ 鶯歌(YingGe)とは、New Taipei Taiwan in Yingge district、 And the small town flourished in the pottery and ceramics。 From the Qing dynasty has produced various things in the soil of Yingge Yingge people。 As Taiwan is now more than 60 pottery of the biggest ceramics、 陶芸好きの観光地としても有名な場所となっています♪ 原住民作家が作るアクセサリー! ホテルのオリジナルグッズたち! 紫外線の強い墾丁だけにUVケア! 渡り廊下は自然溢れる景観を楽しめるよう左右全面をガラス張りにしています♪ 渡り廊下には、By displaying black and white photos taken at the time of renovation、 過去と現在を見事に繋げています♪ エレベーターホール前にも続く展示されたモノクロ写真。 Combining natural beauty with building、So does not impair the landscape、Also、Such as losing good time memories、 大切に残されている部分を色濃く感じることができます♪ 写真に収められた当時の輝かしい光景を想い描きながら現在のグロリアマナーで大切にされているテーマ「自然と共存」を肌で感じより楽しく過ごしていただきたいと思います♪ 館内には元中華民国総統である「蒋介石総統の書斎」を残されています「蒋介石総統の書斎」は、Over four times daily, tours are offered for、次回ご紹介致します♪ Gloria Manor(グロリアマナー)華泰瑞苑 屏東県恆春鎮公園路101号 TEL:+886 8 886...

"The Siam" Museum featuring antique men residence facilities

バンコクで注目を浴びるラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル 「ザ・サイアム THE SIAM」のメーンレジデンスの施設内を簡単に紹介します。 Here is、Inspired by the Orsay Museum in Paris for men residence。 And the view from the second floor of a spacious Atrium、 1Nice group of paradise looked up from the floor is、2階から見渡すストレリチアの群も迫力があり圧巻です! ストレリチアは、I and the bird of paradise flower in Japanese、The origin of the name、And so named because the flower is similar to the Crista Galli of the 'bird of paradise'、 In the musaceae blooming anniversary flowers、As a flower that blooms in the greenhouse is a staple。 In the language of flowers、「お洒落な恋」や「輝かしい未来」などがあります♪ 2階コリドール Corridor 客室が39室のみということもあり、Uncommon pass by the time guests、 The hotel is very quiet、休息のためのリフレッシュ空間として最適です♪ 館内に散りばめられたアンティークの数々。 A taste of antiquated Barber chairs、 And、The antique fan、「東京芝浦電気」が発売した真鍮4枚羽の扇風機です!(驚) 日本製が置かれていると妙に嬉しくなります♪ グランドピアノが置かれたこちらの部屋は、It is possible to relax in the room next to the terrace。 孔雀や鷲などの鳥の標本が揃います♪ 2階テラス Terrace クラシカルでエレガントなガーデンセットが揃うテラス席植え込みのカッティング技術も統一されていて気持ち良い空間です♪ 2階コリドール Corridor シンプルな装いでモノトーン調が多く、 Chic, modern and pleasing to the adult、Such a space。 ディレクター・オブ・セールス&マーケティングのMARCOS PIRES(マルコス)さんが、Me down to say hello、 翌日に控えている「クッキング・セミナーを楽しんでくださいね♪」と声掛けしてくださいました♪ 1階ギャラリー Gallery ライブラリーやミーティングルーム、And which leads to the private theater and Gallery。 In the galassea case of the wall、Contains valuable vase or dish and、 とても目の保養になります♪ 1階ライブラリー Library 様々な著書が並ぶライブラリーは自由に読書を楽しめます♪ 1階プライベート シアター private screening room アンティークの映写機やカメラなど、Private Theater room items were involved in film production line。 Here you will、実際に映画鑑賞を楽しむことが可能です♪ 1階ビリヤード台 Billiards ゲストが自由に楽しめる遊び場として、Billiards table equipped with a view window。 But we have taken foreigners had been playing by chance、とても画になる紳士です♪ 1階ギャラリー Gallery ところどころにギャラリーのように、 There are laid out antique lounge。 For those who want to watch carefully、Place the Chair。 Here you will、時間をゆったりと過ごすための愉しみ方を教えてくれるスペースがたくさんあります♪ 1階トレーニングジム Training...

"Garaku" art and book Café & library

「リバーリトリート雅樂倶」さんの館内にあるカフェ「リヴィエール」さんは午後15時より 宿泊客専用のセルフカフェスペースとなります。 Here you will、Showcasing the works of writers, both domestic and international, has been working、ミュージアムカフェとされています♪ ゆったりとしたテーブル席が設置されたホール内には、 As a summer Museum planning vol.3、ガラス工芸家の高橋禎彦氏の涼しげな作品を展示♪ バー「ミレニアム」 しっとりと大人の空間を演出するバー「ミレニアム」では藤井武さんによる大作「幻花」が壁面にディスプレイされそれに合わせて 「William Warren ウィリアム・ウォレン」のイングリッシュ パブ ソファがコーディネイトされています。 "Good to see the British Pub, old classic sofa.、 "Square in the modern sense in sharp sofa.、 The fusion in a fine balance of this contrasting two sofa、このイングリッシュ・パブ・ソファです。 In the classic appearance、This sofa with nostalgia and novelty、 Also isnt sitting position depends on the depth of the seat surface feature、 You can discover the Constitution to fit position、機能性も優れたソファです♪ 宿泊者用フリードリンク 宿泊者用コーヒー、Tea、ハーブ茶 ワインサーバー(有料) リバーサイドテラス 見渡す限りの山河の長閑な景色に、Place to rest our mind feeling a good breeze。 カフェ「リヴィエール」よりお茶を運びゆったりとしたティータイムを過ごせます♪ ライブラリー ライブラリーが本館施設2階に設置されており、Free immigration is available from。 Is self service、For the freedom to enjoy carefully selected Chamomile and Kaga stick tea、 書籍と共にゆったりとした読書タイムを過ごせます♪ 2階アートウォーク ライブラリー横の扉から駐車場や公園側の外の景色も楽しめます♪ 寛ぎ溢れる雰囲気に満ち満ちた空間で、 Able to browse books in a variety of genres and the art library。 Team by Wellisのロングチェアにゆったり座ってのんびり寛ぐとロビーが見下ろせ良い眺めです♪ 開放的な空間で豊富な品揃えの本で静かに読書タイム。 The next time、スパ&温泉施設の紹介です♪ 2015年初夏の宿泊記はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/diary/travel-diary/toyama-takayama/garaku/37723/ リバーリトリート雅樂倶 富山県富山市春日56-2 TEL:076-467-5550 http://www.garaku.co.jp/ 雅樂倶のお得な宿泊プランご紹介...

Lok sui-Tei Museum Showa era mansion to repair Japan garden art, pleasure and including Museum of art

緑を楽しむという意味を持つ「樂翠 らくすい」。 During a visit here of ginkaku-ji Temple light light 門主、 庭園にある「東屋(あずまや)」を「樂翠亭(らくすいてい)」と名付けたことを今に受け継ぎ、 2011年5月より「樂翠亭美術館」として一般公開(一部有料)されています。 1950年~1957年(昭和25年~32年)にかけて築造された 昭和初期の木造2階建ての純和風建築と鉄筋コンクリート造洋館及び、Collection of the dozo-zukuri buildings、 Those surrounding ponds and gazebo、四季折々の回遊式日本庭園で構成されている 総敷地面積がおよそ1,200坪にも達する広大な富山市を代表する邸宅を 貴重な文化遺産として後世に受け継いでいくために「リバーリトリート雅樂倶」を運営する「izak アイザック」グループの石崎氏が立ち上がり、 In store repairs、Promotion of Arts and culture and community contributions、Is strive to become institutions contribute to the development of the Toyama station North District。 Here、Along with the beautiful Japan garden where you can enjoy the changes of the seasons、 日本建築の和の空間で見る日本の匠の技と癒合させた現代作家さんたちが繰り広げられる アートの世界を堪能できます♪ 入口のエントランスホールには「ミュージアムショップ」が併設されておりますが、 I will introduce later。 Just、開館5周年記念展として2015年3月20日(金)~6月14日(日)まで開催されている 陶芸家内田鋼一さんの個展「手と眼」を鑑賞致します。 Regarding the works be prohibited、素晴らしい邸宅の雰囲気やお庭などの風景をお楽しみください♪ 樂翠亭美術館事務局責任者小西博夫さん この日は樂翠亭美術館事務局の責任者である小西博夫さんにお時間をいただき、Using our facilities。 Here is、Appointed as the Museum more than、During the Japan House in nature by placing works of art、 As if his home atmosphere、 アートがより身近に感じられるようにと願われる石崎氏の意向を汲まれて展示されています。 Many visitors from afar、You forget the time、Only in the latter slowly、 The splendor of the、Seems to have spread in the introduction of the fore people。 「人間を取り戻した」と口にされる方もいらしたとのこと小西さん自身も、Beauty isn't the day to change the landscape of the heart healed feelings although have。 来月の5月14日(木)~17日(日) に特別に開催される4日間限定の夜間ライトアップ特別開館イベント「−K.Uchida’s BAR−」 の夜の雰囲気も素敵だとお勧めくださいました♪ 脂松廊下からの中庭 肥松(こえまつ)とは、Among the pine trees especially greasy stains, refers.、 Strong and persistent、Has excellent water resistance, insect repellent、That can be used as structural members such as beams or hallway Panel。 屋久杉の天井 天井には、1993年に世界遺産登録されている鹿児島県屋久島の屋久杉を用いられ、Charity highlight。 1970年に入ると自然保護の動きがあり、Would be a valuable one for logging is forbidden completely off the hands。 欄間(和鶴) 欄間とは、In between the ceiling and the kamoi mounted lattice or fretwork panels, etc.、 Also decorations, such as lighting and ventilation in。 畳縁側 定期的に畳の張替えも行われているため、Good feet、Beautiful porch。 Views of the manicured luxurious wall-to-wall glass Vista.、Pleasant chirping of birds music。 畳縁側からの眺望 定期的に庭のお手入れは施されるものの、Just dare and pruning、 That is maintained while leaving the natural body to feel the fascination with the natural、Lok Cui Ting garden and femininity。 檜風呂 石崎氏が増築された檜風呂は、Not in use from Gallery、You can watch free。 Soak in the bathtub、This fully self contained lower back、So can exactly good looking overlooking the garden。 In the garden、Azaleas and rhododendrons、And blooming camellias、四季毎の花々が楽しめるようです♪...

Koya hut Nepal coffee&Pre-open gallery cafe enjoy the Chai!

浜松市美術館に向かう途中の浜松城公園入口の脇道にある古き良き時代を感じさせる長屋。And standing there divided small tenant shops across the Board、Photo shop and sundries shop、While utilizing the individuality of each architectural design office,、Is there like a small-town。Also that weekend、Bustling with families heading to the Museum and Park Street lane。Current、この長屋の中の喫茶店ポンさん跡地で2014年7月4日(金)~7月13日(日)の期間中は作家さんがまめまめしく作り揃えた作品たちがズラリと並ぶ「マメマメ市」を開催されています♪ その長屋の一角に2014年7月9日(水)オープン予定の「Gallary & Cafe Koya 小屋」さん。Interior、オーナー自らの手で生み出した完全なるセルフビルドのお店。In the lush green landscape、Somewhere relaxing and chillin with gentle air flow。On this day、Pre-open invites for you、お祝いを兼ねてお邪魔することにしました♪ 店内は土壁(珪藻土やアメリカンクレイ)のぬくもりが溢れ、Logs and tables、One plate or use stools、Space for structures other than all the owners new breathed life。土間の1階フロアを今後ギャラリー兼カフェとして運営していく予定。Take off your shoes and step up onto the attic hideaway of stairwell to the steep staircase will appear、2階スペースで寛ぎながらカフェすることも可能です♪ 店内を見渡すと、Over here the tiles are embedded、You can see a variety of facial。It took about half a year will be completed in-store、Is sought on the Interior side using the holiday。However,、こちらにはまだまだ手を少しずつ加えていくようで「造る過程が楽しいからずっと完成しないかもね♪」と、Inflated dreams of making、To be excited when the boy heart、Moistened with a playful spirit shop。 オーナーである馬場大輔くん(写真右)とカフェとギャラリーを任された彼女の中野雅代ちゃん(写真左)。Between two people is they have a common hobby that enters the sea air、Creates very warm, soft breeze and time。Daisuke had anything handmade、It equally is handmade with love, masayo-CHAN。それぞれの味のある2人の世界観で作り出されたKoyaさん変化が見れるギャラリーとして楽しめそうです♪ 2階に上がり屋根裏部屋にも是非訪れてみてください!きっと昔懐かしい空気があなたをそっと包み込んでくれるはすです♪ 「マサラチャイ」と「クッキー」 プレオープンではスパイスの香り高いマサラチャイとお茶菓子に雅代ちゃん手づくりのオリジナルクッキーをご馳走になりました。The other day、Masala Chai brought in two people enjoying a trip in Nepal、It is mellow, rich、Guests can enjoy rich tasting。The original cookies、Cinnamon charm、Pistachios and dried fruit contains plenty of、Crispy ones texture。Glass glass、Masayo Chan attended Shizuoka Glass Studio、Was created so that、1つ1つ顔の違う味のあるグラスとなっています♪ 大輔くんの店づくりのお手伝いをした友達(写真左)と招待された友人・長谷守保氏(写真右)。 Click here for Cafe menu。全てワンコインの500円でいただけます♪ 照明1つ取っても手づくりで味のある作品大輔くんが手掛けるブランド「Stoked」は、The use of custom-made pipes、Furniture and lighting。The space in the、違和感をおぼえない木造りのエムズシステムの波動スピーカーがひっそりと天井から吊るされ添えられています。While soaking up the soft, rich acoustic depths of this speaker was employed at the Ritz-Carlton、Feels warm and loose time、美味しいカフェをいただきながらアートに触れる時間を過ごすのもお勧めです♪ Gallary&Cafe Koya 小屋 浜松市中区松城町107-15 営業時間:13:00-19:00 Closed on Mondays:月・火曜日...

Tanaami teacher rate Professor ikenobo flower head is ' ippo-step meeting ' works exhibition

3月よりプレオープンされていますビオラ田町1階の「Porte Bonheurv ポルテボヌール」内ギャラリーにて本日2014年3月7日(金)より9日(日)までの3日間池坊 いけのぼう「いっぽ・一歩の会」の作品展を開かれています。In the Gallery、Epic saga of Dana nets three TOMOYO Professor ikenobo Hamamatsu far Yang branch advisor to started.、先生が開かれている教室「いけばな田名網」の生徒さんたち45名の作品を出品されています。In the works、Gerbera Hamamatsu's production amount nationwide and weeping cherry trees、Your tulips.、It is just great work guys you can feel the season to enjoy the arrival of spring! To see a beautiful jar floral arrangement、Learning harmony and beauty.、One wants to cultivate rich minds。Event is held for 3 days from today、In the city that will benefit from、生まれ変わったビオラ田町の見学と共に花を愛でる癒しの時間を作ってみてはいかがでしょうか♪ 池坊 いけばな田名網 いけばな教室 『いっぽ・一歩』 の会の作品展 開催日時:2014On March 7, (Friday)、8Day (Saturday)、9Over three days, (Sunday):10:00To 18:00 ※観覧無料 会場ビオラ田町 Porte Gallery ポルテギャラリー 主催田名網 三知代 「いっぽ・一歩」の会 後援:Chunichi Shimbun (Tokai). / 華道家元池坊 浜松遠陽支部 協賛:Round eight real estate group / 一般社団法人 池坊華道 住所:Hamamatsu-Shi Naka-ku, 223-21 Viola, 1st floor TEL:053-413-0880(お申し込み・お問い合わせ専用番号) http://porte.cc/...

Scroll to top