尼泊爾 tribuvan 國際機場到泰國素萬那普機場

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へ渋滞もなく到着!最後の最後まで天候に恵まれこの日も格好のフライト日和です! 一同、他們的行李, 手、Departure airportへ向かいます! 空港内では象足のように腫れ上がった負傷中の両足首の負担を軽減させるために車椅子を申請していただきました! 偶然にもナレス(Naresh)さんと内藤ゆみ子(Yumiko Naito)先生の知る著名な写真家の大村次郷(Tugusato Omura)さんに遭遇しました!大村(Omura)さんは、由一個主要在亞洲活躍的攝影師、1977年には「聖なるカトマンズ ネパール(山と溪谷社)」というネパールで撮り納めた写真集を出版されています! 行きと同じく帰りの便も「タイ国際航空」にてタイの首都バンコク(Bangkok)の「スワンナプーム国際空港」でのトランスファーとなります! 車椅子は最優先にて案内していただけるようで、當大家都在看、第一次登機 如果你不能攀登梯子是靠自己、即使用樓梯升降機可隨身攜帶輪椅、我慢慢地被武力的無助的手上去了! 你最好趕緊急躁等待其他乘客去和、"慢慢地, 我沒事! "和機艙船員不斷服務員給我們! 身體殘疾的人通常什麼感覺不、可能會收到這樣的感覺。這一次,、它在巡演時傷了腳、我們很抱歉對旅行團的不便、在不便、能觸及每個人的善意、像這樣的場景將去滿足、只要我想成為的人可以採取行動取代自己與所有。比什麼都重要、我的丈夫是最接近、我的分鐘、我無法入睡在痛苦我的腳涼快、我與我跳舞, 以利用、真的救了我的恩情! 偶然、"我不知道, 如果老年護理安全現在? "過rimashita 頭、全てお互い様の精神で生きていければ幸せですね♪ 窓から伺えるカトマンドゥ(Kathmandu)の景色ともお別れです!フェリベトウラ!(फेरि भेटौला)また会いましょう! 座席も最前列にしてくださったおかげで、你可以自由伸展你的雙腿、俯瞰飛行, 並告訴醫生, 以防止壓迫! 小屋總是希望酒精、從淘汰賽它需要幾天的禁欲。為肉桂與大量的好溫暖的霜凍 (尼泊爾奶茶)。、ほっこりと身体を温めます♪ 「タイ国際航空」の機内食はいつも楽しみにしています!今回はチキンを選びました! バンコクの「スワンナプーム国際空港」までおよそ3時間30分のフライト。照片看、楽しかったネパールツアーを思い返しながらのフライトとなりました!...

加德滿都杜巴廣場在咖啡店的入口處尼泊爾茶館

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「ダルバール広場(Durbar Square)」の入口にはお土産を購入できるショップが立ち並んでおります!今回ネパールツアー中に何度も頂いた「チヤ(砂糖入りのミルクティー)」がとても美味しかったため帰国後に自宅でも「チヤ」が楽しめるよう「ネパール紅茶」もお土産にしようと思っておりました!「ネパール紅茶」を取り扱う茶葉専門店をあちらこちらで見掛けるものの、姐姐決定沒有選擇一個好、畢竟、ガイドのナレス(Naresh)さんのお勧めのお店へ伺うことにしました! 首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「ダルバール広場(Durbar Square)」の入口に立ち並び、1983年に開店されたネパール紅茶専門店「ネパール・ティー・ハウス(Nepal Tea House)」へ!怪しい手書きで「いらっしゃいませ」と日本語や中国語で書かれた看板が目印です(笑) 店内を奥に進むと、許多牆上都排滿了茶! 在櫃檯、為霜, 茶葉阿薩姆邦 CTC 茶、阿薩姆邦金葉、伊拉姆茶、除了大吉嶺茶、非常罕見的白茶和銀提示、Puwamai 綠茶以及一些交易! "霜" 茶葉 "CTC"、粉碎 (粉碎))、淚花 (淚花)、是名字 Agnetha 在捲曲 (圓)。茶葉、それぞれ100g単位での購入が可能です! オーナーにお勧めの茶葉を伺うと、所以他讓我聞到茶的香味、挑任何東西, 甚至聞到最高貴的味道、こちら「Himalayan Shangri-la Gold(Breakfast Tea)」を購入します!ちなみに、這家餐館的老闆不打折。。「誰が来ても値引きしない!」がこちらのオーナーのマイルールだそうです! カラフルなボックス入りや細やかな木彫りの入った木箱入りは茶葉の価格に+αが入りますが贈答用に購入♪ さらに、他告訴我們這家店裡最貴的茶葉、やはり希少価値の高い茶葉が出て来ました! 「ヒマラヤン・シルバー・チップス(Himalayan Silver Tips)」は、戴著白色絨毛的頭髮 (銀色小貼士)、只有核心芽還沒有打開、他們精心手工採摘、自然に乾燥させた茶葉になります! 「ゴールデン・ニードル(Golden Needle)」は、甜如巧克力、風味豊かな紅茶となります! 店内でオーナーとの会話を楽しんでいると表が急に騒がしくなり不思議に思っていると「大統領がお帰りになるよ!」と教えてくれたおかげで、只是一目了然、車内の後部座席にいらっしゃったビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領をお見掛けすることができました!偶然にも素敵な思い出となりました♪...

咖啡豆峰咖啡店 "套索珠峰" 作為紀念品!

ネパールの豊かな大地に育まれた珈琲豆「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」を取り扱う珈琲豆卸専門店として日本へ輸入販売も行う「ラッソー・エベレスト・インターナショナル(LHASSO EVEREST INTERNATIONAL)」へ!こちらでは、除了批發咖啡豆一直徒步旅行指南, 餐廳、多角経営で活躍されています! 「清水ライオンズクラブ」と「カトマンドゥ・ライオンズクラブ」との交流会でご縁のあったサンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長にお願いし会社訪問させていただきました! 「清水ライオンズクラブ」で今回のツアーリーダーを務める浅井政則(Masanori Asai)さんがサンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長に価格交渉してくださいました! 以前浅井さんはこちらで「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」を購入して日本へ持ち帰ると、它很高興周圍、今回も大量に買ってきて欲しいとお願いされていたそうです♪ 「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」は、將生產的喜馬拉雅山麓稱為北方咖啡豆, 產于尼泊爾 "咖啡豆"。海拔 1000-成熟的豆類種植有機生長在海拔1600年米小心採摘的手、帶仿射的濕法、在陽光下曬乾。採用無農藥的天然農業、平和的心態和熱情湧入提供美味的咖啡。許多參與咖啡豆過程的村民可以、你可以賺取。サンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長は、尤其是在大型農場、在貧窮村莊的小農場裡、コーヒー栽培に関わる人々を支援し続けられているのです! 今回は「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」の「ミディアムロースト」と「ダークロースト」に焙煎された珈琲豆と「生豆」の3種類を購入し、送給日本朋友的禮物! 在尼泊爾、あっさりと仕上がる「ミディアムロースト」が人気のようです♪ サンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長は、這是一個先驅, 尼泊爾出口咖啡豆在日本第一次! 我在尼泊爾喝咖啡味道醇厚、導致尼泊爾貧困村民的獨立。1即使許多人喜歡瞭解尼泊爾咖啡、日本での販売もされています!...

位於加德滿都山谷 "gyrince" Thamel 區的藏菜午餐

在尼泊爾首都加德滿都的心、 世界中のバックパッカーや登山者などをはじめ、遊客聚集。、雑多な雰囲気を醸し出すタメル地区(Thamel Chowk)へ! こちらの地区は、許多廉價的住宿和、從便宜的價格、世界各地的背包客和登山者避難所現在也在尋找、它會在哪裡的便宜的美食世界 ! 作為日本日本、拉麵、烤的雞、巻き寿司などが提供される「東京居酒屋(Tokyo Izakaya)」などもあります! スーパーマーケットの「Shop Right Supermarket」では何でも揃います!100円前後で購入できるバラマキ用のお土産が必要な方は立ち寄ると良いでしょう! 観光客が多いこともありショップも軒並み連なります! 人力三輪車リクシャー(Rickshaw)は、異國情調是有用、有師爺觀光的遊人學習為、事前にきちんと価格交渉を行いましょう! 格安宿や土産物屋、Thamel 區林立的餐館提供國際美食。特に登山者向けのトレッキング用品やスポーツ用品店が多い印象です!ツアーメンバーの皆さんはこちらでネパールの伝統的な織物「パシュミナ・ストール」を大量に大人買いされておりました!パシュミナ100%であれば、在日本,成為奢侈品到超過 10000 日元、現地では1枚3,000円程度とお安く購入できます! 今回ツアー中に初めて自由行動となったため、非利士人在 Thamel 區餐館網、チベット料理の有名店「ギリンチェ(Gillingche)」にランチにやって参りました!場所はとても分かりづらく、變得有點從這條路回到設置位置、Google Mapで確認することをお勧めします! カラフルな店内で明るく、對小的午休時間、店内はわたしたち夫婦のみの貸し切り状態!いつもは大勢の人で賑わう人気店のようですがラッキーです♪ アルコールはドクターストップがかかったため炭酸水「キンリー(Kinley)」60ルピー(日本円にして約64円)にレモンをギュギュッと絞っていただきました! 「テントゥク・チキン(Thenthuk Chicken)」150ルピー(日本円にして約160円) 日本でいうきしめんのような、Hoto 像、像烏冬面、甚至像烤寬麵條 (? ) 麵條清湯蕎麥面藏族灌裝正方形 ! 包含了大量的蔬菜和果凍、香料是周到。、鮮嫩可口,像麵條和平原、一些好的厚雞湯、即使你可以吃美味的食物,仍然是溫暖 ! 在你的選擇、添えられた辛味調味料を足して味変すると良いでしょう♪ 「モモ・野菜(MoMo Vegetable Pan fried)」180ルピー(日本円にして約193円) ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。饅頭、烤、深油炸類型和劃分、似乎使用 bean 果醬在水牛城。有干擾成分:、成為我們的主流和辣醬。"類型蒸"沫沫測試在各種餐廳、所以烤、今回は”焼きタイプ”をオーダー! こんがりと焼かれたモモの皮は薄く、在一個脆皮的紋理、選擇你的蔬菜、這麼多的蔬菜,和辣豆咖喱、香ばしさが堪らなく食欲をそそります!添えられるソースにたっぷりくぐらせて頂くと尚美味しいです!モモは日本人にウケる味わいだと思います♪ お腹も一杯になり大満足なところで、位置和旅遊諮詢的成員、ショップ巡りをしていきたいと思います♪...

在首都加德滿都山谷"總統府"去政治的中心 !

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)の政治の中枢を担う政府機関「大統領府」へ表敬訪問!正門は当然のことながら、奠定了嚴密的保安、入館する際には事前のセキュリティチェックが必要です! この日は、此外前往總統府、沒有一個粗魯的人、你在禦庭、胸元にはネパール国旗のピンバッチを飾っております!ガイドのナレス(Naresh)さんはネパール男性の伝統的な正装の「ドウラ・スルワール(Daura Suruwal)」をお召になっておりとても素敵でした! こちらの「大統領府」も2015年4月25日に見舞われたネパール大震災の大きな被害を受けており、當前、仮設事務所なども設置されています! ガイドのナレス(Naresh)さんと親交が深く、作為駐尼泊爾大使、現在はネパール大統領外交顧問のマダン・クマール・バッタライ(Madan Kumar Bhattarai)さんの事務所へ訪れました! ネパール大統領外交顧問のマダン・クマール・バッタライ(Madan Kumar Bhattarai)さんは、2015在今年的首位女總統誕生、ビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領が就任された際に、在人和任命的總統外交顧問、外交全般に渡り大統領に対して幅広い助言や政策立案を行う立場におられます! ネパールのビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領にお会いできるようガイドのナレス(Naresh)さんが3ヶ月も前からアポイントメントを取り付けてくださっていたようですが、這一天是猝死。、在尼泊爾,這是位傑出的作家死亡、總統突然將出席一場葬禮那裡、我以為我們被授予觀眾做。 Bidya Devi 班達裡 (Vidyā Devī 鑽 ṇḍ ārī) 主席。 這一次我們是 !、ネパール大統領府を訪問するにあたって何か”日本らしさ”や”静岡浜松らしさ”が伝えられる贈り物ができないかと考え、這裡有個禮物到高的溫度中亞熱帶尼泊爾、從江戶時代遠州棉織物的傳統手工藝的處理、大高 旭さんが代表を務められる浜松市「遠州綿紬 ぬくもり工房」の「遠州綿紬扇子」を大統領へ贈呈させていただきました!丈夫でありながら心地良く涼やかな風を繰り出す「遠州綿紬扇子」!ビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領をイメージしお贈りした、美麗的優雅,深藍色紫羅蘭恩典溢出、強大的棱柱形七彩絲虹膜摺扇、きっと大統領に良くお似合いになることでしょう! さらに日本の静岡をこよなく愛してくださっているバッタライ外交顧問には「遠州綿紬 ぬくもり工房」が取り扱う伝統工芸品「静岡巾着飴」を贈呈させていただきました!静岡市の「馬場製菓」とコラボされた「静岡巾着飴」は、Enshū 純棉織物的味道、在可愛的手掌大小的手提袋、わたしの生まれ故郷でもある”静岡”が誇る「富士山、茶、橘子、草莓、甜瓜、わさび」をモチーフにつくられた金太郎飴が忍ばされています! 「清水ライオンズクラブ」を代表してツアーリーダーの浅井政則さんより著名な書家の作品である「心和政自平(政務にあたるには心の平和が第一である)」の書物を大統領へ贈呈され「金蘭之契(極めて固く親密な友人関係)」の書物をバッタライ外交顧問に友好の証として贈呈されておりました! 「牧之原市国際交流協会」からは、上一頁、バッタライさんが駐日ネパール大使の頃牧之原大地にて経験された「茶摘み体験」の時の記念写真を「葛飾北斎」のフォトブックに飾り贈呈されておりました! さらに「牧之原市国際交流協会」の法被も贈呈! ピンクと少々派手なお色ではありますが、富士山和櫻花太陽升起國旗茶園、梅が描かれた静岡らしさを物語る愛らしい法被です! 外交顧問のマダン・クマール・バッタライ(Madan Kumar Bhattarai)さんが敷地内を案内してくださいました!セキュリティ上の関係で要所要所写真撮影は禁止されておりますが、是那鬱鬱蔥蔥的綠色庭院,與美麗的花園。、野外の社交の場として園遊会なども開催される場所とのことで素晴らしい庭園が広がっておりました! この日の午前中に大統領と会合をされていた婦人会の奥方達が正装姿のサリーで艶やかにお見えになりました! 「大統領府」を前に皆で記念撮影させていただくことになりました! ネパールツアー視察団としてバッタライ外交顧問を囲んでの記念撮影!大変貴重なお時間を頂戴し感謝致します!ダンニャバードチャ!(धन्यवाद छ।)ありがとうございます!...

"真格"尼泊爾民間音樂和民間舞蹈是最受歡迎的晚餐秀 !

カトマンドゥ(Kathmandu)にあるネパール民謡の生演奏と民族舞踊のショーが繰り広げられるレストラン「ボージャン・グリーハ(Bhojan Griha)」へ! 入口では歓迎祝福のティカ(Tika)を頂戴しました! こちらは、150在一年多前在紐約皇后區裝修好老房子是具有歷史意義的建築物 ! 大約 6 年有否則花在改造和修復這裡是瀕臨崩潰、在走廊裡、国王と王妃の自画像などが飾られています! 広々としたダイニングスペースを各部屋用意し、在所有的座位可容納大約 250 人。在這裡,在、ネパール料理がコース仕立てで提供される高級レストランとなります! セッティングされた長テーブルの座椅子に腰掛けると、將送達開胃酒 ! 餐前飲料倒從一個罐子薄黃銅嘴、壯麗的拱彩繪玻璃 ! 請關閉倒滿、停下來,立即敲手腕動作是美麗、截至放映的開始看起來像、思わず魅了されてしまいます! 食前酒の地酒にて乾杯! 「ポップコーン(Popcorn)」ネパールでは、乳酪的爆米花一樣蔓延、在每幢房子的陽臺上,大量的玉米乾燥伺etari、移動販売も良く見掛けます! 「ピーナッツのフライドポテト(BADAMALOO TAREKO)」スパイスを用いたネパールのジャガイモ料理で食欲が湧くテイスト! 「Ventisquero Reserva Carmenère 2013(Chili)」2,400ルピー(日本円にして約2,570円) チリのカルメネールをスパイシーな料理に合わせます! ランチタイムが遅かったため、晚餐是少不感到饑餓。少しずつ提供される小皿の料理をお酒の当てに赤ワインをいただきます! 「肉入り餃子(MOMO)」ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。饅頭、烤、深油炸類型和劃分、似乎使用 bean 果醬在水牛城。有干擾成分:、成為我們的主流和辣醬。在皮膚褶皺與曲線完全平等、地面的水牛肉和蔬菜用大量、おつまみに最適! こちらでは毎晩ネパール大使館から派遣されている楽団がネパール民謡を生演奏してくださいます! さらにネパール民謡の生演奏とコラボレーションする民族舞踊のショーが大人気です! 「豆スープ(Kwatti ko Jhol)」優しい味わいの温かな豆スープ! 民族舞踊は男女一組となり、丈夫和妻子每個人扮演的故事。捕魚的漁民都擅長捕獲大量的魚、接近女人"一生的人."、農民收割水稻,培養水稻"永遠安全。"還有,他的故事、生演奏に合わせてテンポよく軽快な楽しい踊りが観られます! 民族楽器のサランギ(Sārangī)を奏でるオジサンがとてもユニークで坂本九の「上を向いて歩こう」や童謡の「チューリップ」を弾きながら、暫用笑,模仿山羊和青蛙的叫聲、御自身の「CD(500ルピー)」と玩具の民族楽器「サランギ(5,000ルピー)」の販売に繋げていました! 「ミックス野菜カレー(MISMAS TARKARI)」野菜の甘味が凝縮されたカレー! 「チキンカレー(KUKHURA KO MASU)」ゴロッとしたチキン入りのボリューム感のあるスパイシーなチキンカレー! 「ハーブで香り付けされた蒸し米(SADA BHUJAJHANEKO MAS KO DAL)」「フライドフィッシュ(MACHHA TAREKO)」「ほうれん草のクミンソテー(JEERA PALUNGO)」「季節の野菜(MOUSHAMI TARKARI)」を盛り合わせワンプレートです! 「ヨーグルト(Sikarni)」デザートはやはりヨーグルト! 「イラムティー(Ilam Tea)」インドのダージリン地方と国境を挟んで接している隣接するネパールのイラム地域で採れた最高級茶葉を使った珍しいネパールの紅茶「イラムティー」をいただきました!高貴な香りがありまろやかな風味で食後にホッとするミルクティーです! 食後のドリンクをいただきながら寛いでいると、餐館老闆請去問候 ! 是你享受日本集團在尼泊爾的食物還有我們的視線。、ネパールの伝統文化に触れ合える素敵なレストランです!...

從 tribuvan 國際機場在佛陀喬達摩佛機場空氣中

尼泊爾 4 天早上、宿泊先の「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」を6時30分に出発しツーリングバスにてカトマンドゥにある「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へ向かい、乘坐國內航班、仏教の開祖となるブッダ(Buddha)の生誕地とされるルンビニ(Lumbini)の「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」へ! ネパールルツアー視察団の中に仏教徒の方がおられるということまたガイドのナレスさんのお母様のプレマヤ(Premmaya)さんと妹のリタ(Rita)も亡くなられた御父様の墓参りに行かれるとのことで一緒に仏教の聖地へ参ります!この日の前夜に恐ろしいほどの雷雨に見舞われ、沒睡的大雨聲和風太。、更壞的消息?、由於大雨,愛上一個混蛋、通常ルンビニのタライ平原は湿度も高く40℃超えの猛暑と伺っておりましたがこの日のルンビニは何と30℃近くと快適な気温になっているとのこと! トリブヴァン国際空港の国内線ではフェワ湖(Phewa Lake)を望むリゾート地のポカラ(Pokhara)やトレッキングを目指すルクラ(Lukla)、和、今回の目的地バイラワ(Bhairawa)行などがあります!バイラワ(Bhairawa)までの国内線のフライト料金は、1人当たり24,630円でした! フライト時間はたったの40分ほどですが、目的是在汽車和走崎嶇崎嶇的山路、何と9時間以上もかかってしまうというから驚きです! 早朝出発で朝食抜きだったため空港内にある「Tea/Coffee & Confectionery Shop」にて軽食を購入します! 軽食は、三明治和炒飯、但摘桃子、避免生蔬菜、 咖啡和甜點。 RS。 300"杯美式咖啡"(日元日本約 320 日元)、「生クリームコロネ」200ルピー(日本円にして約214円) ザックザクの生地で少々固めのコロネには、鮮奶的油是太豐富了 ! 咖啡是熱的和令人驚歎。、良好的嗅覺和味覺、バランスの良いコーヒーです♪ 空港内には、配備水箱、帶你的寵物如、自由に給水可能です! ウェイティング中に不思議なご縁で、從座位的後面坐著、我聽說日本的詞 ! 他給我們講故事、京都からいらした岸田ひとみさん御夫妻が留学生として迎え入れたジュムラ(Jumla)村出身のAp Adhyaya Devkotaくんの故郷に初訪されるとのこと!岸田さん御夫妻もネパールは初来訪とのことでとても楽しみにしていらしたそうです!出会いを記念して皆で記念撮影!ナマステ!(नमस्ते)こんにちは! 「ブッダ航空(Buddha Air)」のボーディングタイムを待ちますが、無能的國內飛行時間是的 8 看來 (笑) 飛行 851 號登機時間:15為指向、万全を期して待ちましょう! ターミナルビルから飛行機搭乗口まで移動するランプバスに乗り込みます! ランプバス内にてツアーメンバーの点呼をし、確保每個人都騎在平安 ! 所以一天晚上在藍毗尼、你讓我的恩寵商譽秦養老金擁有者手提箱放、1泊2日分の着替えと身軽な旅になりました! ガイドのナレスさんは、尼泊爾,和日本日本以及英語流利、與土耳其美到下一個故事了、我們充分利用 ! 告訴你我們也經營在卡帕多西亞土耳其朋友的洞穴酒店、「トルコはいつか行ってみたい国の1つです!」とここでもまた素敵なご縁をいただきました♪ ブッダ航空(Buddha Air)ATR 72 9N-AJO 全長27,166 m(89 ft 2 在中),、6枚翅のプロペラ機となります! 機内の定員は最大74名、它是小飛機左兩個席位每個和將 ! 飛行時間是 40 分鐘,有時短、當然沒有飯、ミネラルウォーターの配給とブッダ航空の飴1個となります! 雲海上からはヒマラヤ山脈がお目見え! あっという間のフライトでルンビニ(Lumbini)を目指すための「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」へ到着です!まるで蛇のように流れるティナウ川(Tinau River)の他には木々に囲まれた緑豊かな大自然が見られます!...

邀請參加總統外交顧問馬丹 · 庫馬爾 · 巴特拉伊家聚會

在尼泊爾旅遊、2011從 4 年到 2015 年將年、作為駐尼泊爾大使、現在はネパール大統領外交顧問のマダン・クマール・バッタライ(Madan Kumar Bhattarai)邸にお招きいただきました!御自宅前に伺うと光栄にもバッタライさんが直々にお出迎えくださり歓迎してくださいました!ナマスカール!(नमस्कार)目上の人への挨拶! 静岡県焼津市在住のネパール団体「ナマステ・ネパールしずおか」会長であり「ふじのくに親善大使」のマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)她與巴特拉伊的友誼,、巴特拉伊的同時一直擔任尼泊爾大使、「清水ライオンズクラブ」や「牧之原市国際交流協会」「吉田町国際交流協会」の方々との交流があったこともあり日本の静岡県とは親交のあるバッタライさん! 応接間にて、巴特拉伊在尼泊爾、 日本、 國際事務和對外政策的關係、いろいろなお話を伺う貴重なお時間をいただきます! 今回もネパールの民間放送で取材してくださるテレビ局のカメラマンのグンラジュ・シャカ(Gunaraj Shakya)さんも取材に入られます! 日本に長く滞在されていたバッタライさんは、答案是肯定的、都是在房子裡、日本からの贈り物として贈呈された雛人形たちをとても大切そうに応接間に飾ってくださっています! 2015年に初の女性大統領が誕生しビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)さんが就任された際に、在人被任命為總統外交顧問、忙碌的一天飼料、巴特拉伊一直是我們的成功、這是一個非常好和友好 ! 參觀過 104 個國家、巴特拉伊的經驗了。、而日本的文化和熱情好客銘記、還、和很深的印象的設施和設備增強、在日本所有說特別喜歡泡溫泉的好經驗、嬉しい限りです! ネパールツアー視察団を代表して「清水ライオンズクラブ」の杉山昇さんよりバッタライさんに浜松を代表する銘菓「春華堂」の「うなぎパイ」を贈呈! その他にもバッタライさんがネパール大使として駐日していた際の懐かしい記念写真や記念品なども贈呈! 「牧之原市国際交流協会」からは、上一頁、你會記得茶經驗在經歷了牧之原整固特拉資料在一起、牧之原茶や名産品と共に贈呈! ネパールツアー視察団からのプレゼントはまだまだ続き焼津を代表する魚河岸シャツを贈呈!バッタライさんには扇子柄奥様のアンビカ(Ambika)さんには桜柄を!職人の手作業で染色から縫製まで仕上げられる涼し気な魚河岸シャツが御2人ともとても良くお似合いです! 御自宅のキッチンではお手伝いさん達が既にランチの準備をしていてくださいました! バッタライ御夫妻はベジタリアンということもあり、通常是不吃的肉菜、正常、它為遊客提供肉。然而,、在這一天、你的親戚不滿在哀悼從那 · 巴特拉伊的房子是那套衣服、他說是能夠提供任何肉菜。バッタライさんは「次は是非我が家の肉料理も食べに来て欲しい!」と優しく言葉を添えお気遣いくださいました♪ 野菜だけでも充分なほどに沢山用意してくださりホクホクと焚かれたジャガイモやヘルシーな豆料理が嬉しいです! お腹を空かせたわたし達は順に並んで、廚師是採取 ! 在尼泊爾家常菜、巴厘阿裡房子開始的第一天。、これで2回目となりますが本当に貴重な経験となります! 「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」は、Dal (豆湯)、巴特 (水稻)、Tarkari (配菜)、蔡板 Achar (鹹菜)、它基本上成為尼泊爾主食 ! 在尼泊爾、更密集的蔬菜類菜肴、為進一步更多甚至燃燒香料、在非常健康、往往以適應日本的舌頭和溫柔的味道 ! 特別是、トマトを用いた酸っぱ辛いアチャール(漬け物)がわたしのお気に入りです♪ミトチャ(मिठो छ)美味しいです♪ この日も二胡奏者の内藤ゆみ子先生から歓迎してくださったバッタライ夫妻に御礼としての生演奏をプレゼント!奥様のアンビカ(Ambika)さんは、而在智慧手機拍攝視頻、それはそれは嬉しそうに聴いておられました! バッタライ邸の見晴らしの良い屋上にて、正如尼泊爾旅遊代表團、バッタライ御夫妻を囲んでの記念撮影!ダンニャバードチャ!(धन्यवाद छ।)ありがとうございます!...

第一次在尼泊爾酒店獲得了 5 星級"布林"稱號

在首都加德滿都的尼泊爾、初めて5つ星のホテルの称号を得た「ホテル・アンナプルナ(Hotel Annapurna)」は、1965在成立、今年で開業52周年を迎え歴史あるホテルとなります! 観光客に人気のタメル(Thamel)地区が徒歩圏内となるダルバール・マルグ(Durbar Marg)王宮通りに位置し近隣には「ナラヤンヒティ王宮博物館(Narayanhiti Palace Museum)」もあり、內襯的購物商場、 精品店和餐廳,等等。、カトマンドゥを観光するには便利な立地です! 客室は、高級 66 房、81 間客房、和共 155 客房套房 4 間、每一間客房,提供在深處的理由、而市、安靜的時間來放鬆。所有的房間都裝修和、シンプルで落ち着く雰囲気の客室を誇ります! 館内には、中國餐館"鋁鎳鈷房間白塔寺。、(加爾-e-Kabab) 的印度菜火車站 et 烤肉串、咖啡店的主要三明治和小吃、Juneli 酒吧、提供了蛋糕店、享受各種菜肴、安らぎのひとときを過ごすことができます! ホテル中庭には、尼泊爾的五個星在最大的室外游泳池設備齊全的 ! 還、商務中心和會議室、健身房、美容美髮、鮮花店、包括賭場,、充実の施設です! 野外のイベント会場もあり、定期舉行活動 ! 幾天前、お会いしたネパールの民族楽器のサランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さん率いる民族楽器バンド「KUTUMBA(クトゥンバ)」も数日前にこちらでライブを開催され大盛況であったとお聞きしました! ネパールの5つ星ホテルは、5 星級的酒店,並與日本為客人提供一些比較荒謬的低價格、ネパールでリッチな気分に浸るのも良いでしょう♪...

探索在舊的皇家宮殿在加德滿都的杜巴廣場尼泊爾王國的歷史 !

ネパールの首都となるカトマンドゥ中心には世界遺産に登録されたカトマンドゥの「ダルバール広場(Durbar Square)」があります!「ダルバール(Durbar)」とはネパール語で「宮廷または王宮」を意味し、三個兄弟每個馬拉王朝國王與法院的美競爭、你構建華麗裝飾宮殿和廟宇、現在もカトマンドゥ、模式、バクタプールの3つの王宮広場がネパールの一大観光名所となっております! しかしながらこちらの広場も2015年4月25日に見舞われたネパール大震災の大きな被害を受けほとんどの建物や寺院が崩壊してしまっています。現在、多くの国からの支援により復旧作業が進められているもののまだその完成が見られるのはおそらく6年程を要するとのことで少し先の話となりそうですそれぞれの「ダルバール広場(Durbar Square)」は地元住民の生活道路にもなっているため観光客も加わりとても賑わいを見せております地元住民に入場料はありませんが観光客のみ入場料が発生するためチケット売り場にて購入致しましょう!カトマンドゥの入場料は、2017年9月の時点にて、1,000rs (日本日元1070日元) * 2017年9* 現期匯率 (1 rs = 1.07 日元)。票、「ハヌマン・ドカ(Hanuman Dhoka)」の入場料込みとなります! ニューロード(New Road)側から入場すると「マヘンドラ博物館(King Mahendra Memorial Museum)」など12世紀~13世紀の歴史的建造物が建ち並び赤煉瓦造りに繊細な木彫りの彫刻が見られるものの足場が組まれるその姿は震災による甚大な被害を物語っております「バサンタプル・ダルバール(Basantapur Durbar)」前の「バサンタプル広場(Basantapur Square)」では市場が開かれ賑わっています! 土産物が多くヒンドゥー教や仏教にまつわる神様のミニチュアにはじまり象の頭を持つ商売の神様となるガネーシャ(Ganesha)をモチーフにした飾り物などが並ぶ中数珠やブレスレットにペンダントトップなどのアクセサリーなどがギッシリと並びます!興味を示すと少々しつこく営業されるので要注意! バサンタプル広場を進むと「クマリの館(Kumari Bahal)」があります!窓枠の木彫りの彫刻は見事なもので、2頭の獅子に守られた館にはネパールで女神クマリの化身生き神として崇められる少女「クマリ(kumari)」が住んでおり、奇怪的是、こちらの館は震災の影響が最小限であったことが話題になりニュースで取り上げられたほど!数本の木で支えられてはいるものの倒壊を逃れられたのは奇跡と言われています! 入口を進むと「クマリ・チョーク(Kumari Chowk)」と呼ばれる中庭があり見事な木彫り彫刻を施したバルコニーが伺えます! 男性が顔を出している場所は通常クマリが顔を出してくれる窓になります普段は定時となる11:00-12:00在這兩者之間、或、16:00~ 17:00天、館の住人となるクマリのお世話係に御布施を渡すことでクマリが御見えになるとのことですがこの日は生憎「厄日」ということでその御姿を捉えることはできませんでしたカトマンドゥのクマリは写真撮影が一切禁止されており窓に出られたとしてもその御姿を写真に収めることはできません。 每年一次、雨季明けとなる9月に、8日間に渡り開催される大祭「インドラ・ジャトラ(Indra Jātrā)」にて生き神クマリはこちらの山車に乗り、3日間街中を巡り人々へ祝福を与えます! クマリの館を進むと広場北側には「シヴァ・パールヴァティ寺院(Shiva-Parvati Mandir)」があります!こちらは、18世紀後半にゴルカ王朝のバハドゥル王によって建てられたものとなり緻密な彫刻が施されています!上層窓からはシヴァ神とその妃であるパールヴァティ妃が街の人々を見下ろしていらっしゃいます!仲睦まじく寄り添うその御姿をよくよく観察するとシヴァ神の左手はパールヴァティ妃の肩を引き寄せているのではなく左胸をガッチリと掴んでいらっしゃる様子が伺えます!(驚)シヴァ神が多くの女神様を妃に召されてきた理由が此処に!?(笑) 広場中央にある「マジュ・デワル(Maju Deval)シヴァ寺院」は完全に倒壊されてしまい三重の塔で一際高い建物であったにも関わらずその見るも無惨な状況が震災の恐ろしさを物語っています手前の三輪車の乗り物は「リクシャー(Rickshaw)」といい人力車のようなものになります料金は事前交渉で価格は様々ですが広い王宮広場や市内観光を希望する方は乗ってみるのも良いでしょう♪ 17世紀末にパールティベントラ・マッラ王によって建てられた「ナラヤン寺院(Narayan Temple)Trailokya Mohan」前にはインド神話に登場する神鳥「ガルーダ(Garuda)像」があります! 12世紀頃の建造物とされておりネパール最古の建造物の寺院となる「カスタマンダプ寺院(Kasthamandap Temple)」も悲しくも倒壊しています震災当時この前にて献血をされていた方々を含め、200名ほどが尊い命を亡くされています「カスタマンダプ」とは「木の家」という意味を持ち、1本の沙羅の木から切り出された木材のみで造られたと言われておりカトマンドゥの地名はこの寺院に由来するのです! 同じく「インドラ・ジャトラ(Indra Jātrā)」の祭りの際に御姿を現す神「セト・バイラヴァ(Seto Bairav)」を観ることができました!バイラヴァとは破壊の神シヴァの恐ろしい暗黒面の性格を表した呼び名になります! 巨大なバイラヴァ神の大きな口中から伸びる棒はネパールの地酒であるチャンが注がれるとのことで祭りではその酒を飲む儀式があるそうです! 無数の鳩の群れが広がるのは「ジャガナート寺院(Jagannath Mandir)」前鳩が一斉に飛び立つ様子と古き良き時代の歴史的建造物となる背景の融合が抜群の撮影スポット! 1670年にプラタップ・マッラ王により建てられた石柱「プラタップ・マッラ王の石柱(King Pratap Malla’s Column)」には王の像を中心に2人の妻と5人の息子の像が施されていたのですが微笑ましいその王家の姿は今も倒壊したままとなっていますネパール人には「輪廻転生」を信じる人が多く「もしかしたら自分の前世は鳩かもしれないから」と鳩に餌を与える人が多いようでこちらの鳩は餌に困ることはなくふっくらとしています♪ 「ジャガナート寺院(Jagannath Mandir)」ではガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)さんが面白い話を聞かせてくれました! こちらに施された彫刻に注目すると、有、男女や動物の交わりを描いたものが多く見られます!何故このような男女交合像が施されるのかは諸説あるようですがひとつには一種の性教育の一環で「この行為は神様もお認めになっています」と示唆する説。和、もう1つには雷神は女神であるためこの像を恥ずかしがり近寄らないのでは?と「避雷」のために掲げているのだとか!物事には何らかしらの意味があるとは思いますが後説に思わず納得してしまいました(笑) 旧王宮となる「ハヌマン・ドカ(Hanuman Dhoka)」へ入場します! 「ハヌマン(Hanuman)」とはヒンドゥー教のサルの神であり「ドカ(Dhoka)」とは門のことを表します門の脇に真っ赤な傘を被った「ハヌマン像」があることからこの名で呼ばれているそうです! 「ハヌマン・ドカ(Hanuman Dhoka)」内の「ナサル・チョーク(Nassal Chowk)」では今でも海外からの元首が訪れた時などにはこの中庭にて国家行事が行われます!宮廷の起源はリッチャヴィ王朝時代にまで遡りますが現在の建造物のほとんどは、17世紀のマッラ王朝時代に完成したものになります赤煉瓦とは対象的となり真っ白な西欧風の建造物は、19世紀のラナ家専制時代に増築されたもので周囲とは一風変わった雰囲気を醸し出しています! 回廊には、1743年~2008年まで活躍された歴代王の写真がズラリと展示! 歴代王の中には、2001年6月に開かれた王族の晩餐会にて銃を乱射し、9名もの王族の命を奪った後自ら命を断ち危篤状態のまま名目上国王に即位しその3日後に死亡してしまったことでたった数日しか王でいられなかったという第11代君主の「ディペンドラ・ビール・ビクラム・シャハ・デーブ(Dipendra Bir...

從尼泊爾首都加德滿都從旁邊的天際線鎮

ネパールの首都カトマンドゥの「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」から予約してくださってあったツーリストバスにツアーメンバーで乗り込み隣町のパタンまで車でおよそ30分ほどの距離となります! ツーリストバスはドライバーを1人雇用しエアコン付きなどの条件を提示することが可能で、1日の拘束時間により料金が異なります今回はメンバー全員が1台で行動できるよう比較的新しく綺麗な車種でお願いしワゴンタイプ(エアコン付)の車で、1日のレンタル料が約4万円程度(一人当たり1日約3,000円負担)となりました。(請注意:ガソリン価格の変動に伴いレンタル料も多少変動致します)タクシー等で分散してしまうよりかは、1台で全員が乗車でき移動も楽な上にワイワイと楽しく便利かと思います! 首都カトマンドゥの空港周辺の郊外は街路樹も多く比較的舗装された道路が見受けられます。 然而,、車やバイクなどが賑わいを見せ始めると舗装された道路でも歩道側の舗装されていない場所からの砂埃や土埃を巻き上げてしまい何度も目の前が砂嵐に写真にこそ写りませんが窓を開けての走行は困難となります! 街中で見掛ける光景とは思えない放置された牛たち道路脇に無残にも放たれたゴミの山に残飯でもあるのかそれらを漁る牛の姿がいたたまれませんネパールの道路では何故か設置されているはずの信号が役に立たず大きな交差点には交通警備員が誘導しています車とバイクが多くその入り乱れ具合が日本の交通事情では考えられないほどのものとなります。2人乗り、3人乗りは当たり前のバイクが車の横スレスレを通り抜けていく姿に何度もヒヤッとさせられました!しかしネパールのドライバーテクニックは素晴らしくクラクションを鳴らしながらスイスイと車やバイクを避けて走り抜けて行きます! ネパールの街並みで衝撃を受けたのは電線がはびこる状態です!まだまだインフラが整わず漏電の心配もあり電線がショートしてしまうことで停電してしまうことも少なくはないそうです全てがこれからとなる発展途上の国ネパールです! バグマティ川を跨ぐバグマティ橋を境にカトマンドゥからパタンへと突入します! プルチョウク・ロードを走ると「パタン市役所」が見えて参りました!こちらは翌日に表敬訪問に伺い、20年振りに誕生した市長にお会いする予定です!パタン市役所の前には新しく建設された大きなショッピングモール「ラビム・モール(LABIM MALL)」もあり活気に溢れています! パタンの賑わう街並みを抜け一歩路地へと入れば雑多な雰囲気を醸し出しながらも旧市街に隣接するプルチョウク地区になり民家が立ち並ぶ長閑な風景に出会えます今回お世話になる宿泊先はこのプルチョウク地区となりネパールに在住する日本人が運営するゲストハウス「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」となります!ツアーメンバーには英語が苦手な方もいらっしゃるため慣れない旅路で言語に困ることのないよう日本語が通じるゲストハウスを同行ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)さんが手配してくださいました!感謝!...

泰國素萬那普國際機場抵達尼泊爾 tribuvan 國際機場

タイの空の玄関口となるバンコクの「スワンナプーム国際空港」より「タイ国際航空」のトランスファーにて「ネパール連邦民主共和国」へ旅立ちます! 時刻はタイ時刻の朝9時35分に搭乗時刻を迎え、10時15分発のTG319便・Boeing 777に搭乗! 今回ネパールツアーをご一緒する皆さんに加えタイから合流された桐原悦雄さんを含め計14名での出発です! ネパールの首都カトマンドゥの「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へはフライト時間3時間25分を予定しており、完美的天氣、安心安全の快適なフライトです! ネパールの首都カトマンドゥの街並みが見えて参りました!ネパール盆地を流れインド・ビハール州を通って「ガンジス川」に合流する河川「バグマティ川」が流れています! ネパール時間の午後12時35分に無事到着! ネパールの気候は、6月~9月前半が雨季となり、9月中盤~5月までは乾季となりますわたしたちが訪れた9/9は丁度乾季に突入するシーズンとなり気温は最高32℃前後最低20℃前後となり湿度が日本のようには無いため比較的過ごしやすく恵まれた気候です!日本との時差はさほど無く-3時間15分となります! 「トリブヴァン国際空港」は現在ではネパール唯一の国際空港となり「カトマンドゥ空港」と呼ばれる事もあります国際空港とはいえさほど大きくない空港のため移動がとてもしやすいです! 出迎えてくださる神鳥ガルーダ像の前にて手を合わせてナマステ(नमस्ते)!(こんにちは!) 出入国審査カウンターへ向かいネパールへ入国しますネパール入国にはビザが必要になります。這一次、Maharjan 奈爾斯 (Maharjan 納雷什)さんが事前にツアーメンバー全員分のビザ申請をしてくださっていたおかげでスムーズに入国できました! 2階から1階へ手荷物受取場(Baggageclaim)にて自身の荷物を受け取りましょう受取の際には必ずスーツケースに故障等が無いかお調べ下さい空港外では観光客の客引きの姿も多く見られます優しい声で話しかけられ親切心で荷物を持ってくれると思ったら大間違いなため注意が必要です!自分の荷物は自分できちんと守りましょう! 今回のネパール視察ツアーをネパールの民間放送で取材してくださるテレビ局のカメラマンのグンラジュ・シャカ(Gunaraj Shakya)さんもカメラを抱えて出迎えてくださいました!シャカさんは、參觀期間、要所要所で同行され日本人が視察に出向いている状況を編集し放送してくださるとのこと!海外での民間放送に出演するのはこれで2回目となります♪ 家族や友人のお出迎えや客引き等で地元ネパール人が多く出迎える玄関口は人で溢れかえっております! 現地ではナレスさんのお母様のプレマヤ(Premmya)さんと妹のリタ(Rita)が手厚く出迎えてくださいました!ツアー中はツーリストバスとドライバーをチャーターし移動します! ネパールの交通機関は整っておらず鉄道はありません主要な街にはローカルバスまたは乗合のジープやトラックタクシーが走っていますがグループで滞在する場合は人数に応じて車を用意すると良いでしょう! 日本ではあまり考え難いのですがスーツケースはバスの屋根に乗せていきます舗装されていない悪路で荷物を振り落とされないようきちんと場所を確保してもらいましょう! ネパールの風習でナレスさんのお母様より歓迎の儀式を受けマフラーのようなカラフルな「カダ(布)」を首に掛けていただきましたネパールではゲストを歓迎する時や旅の安全を祈願する時旅の終わりの無事を祈る時など想いを込めて「カダ(布)」を首から掛けてくださるそうです!温かな歓迎を受けいざネパールツアーの始まりです!...

滾動到頂部